ポール・ヘイメズ

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/21 09:55
 
アバター
研究者氏名
ポール・ヘイメズ
eメール
haimestmu.ac.jp
URL
http://haimes.jp
所属
首都大学東京
部署
システムデザイン学部

プロフィール

ポール・ヘイメズ(博士)は首都大学東京のシステムデザイン学部の研究者で日本学術振興会の特別研究員です。研究テーマは災害情報のアクセス可能、面白い音楽のソフトとデジタルアートです。

研究分野

 

経歴

 
2015年5月
 - 
現在
首都大学東京 システムデザイン学部 PD
 
2012年2月
 - 
2015年5月
Edith Cowan University 大学院奨学生
 
2014年6月
 - 
2014年7月
University of California Berkeley Department of Environmental Science, Policy, and Management 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2014年5月
首都大学東京 IDEEA Lab 客員研究員
 

学歴

 
2012年2月
 - 
2015年5月
Edith Cowan University コミュニケーションと芸術学部 博士
 

受賞

 
2014年8月
Edith Cowan University 副学長の賞にノミネート
 
2014年7月
Western Australian Information Technology and Telecommunications Alliance (WAiTTA) Regional award MyFireWatch application
 
2013年
Edith Cowan University 大学院の留学の奨学金
 
2013年
オーストラリア政府 Asiabound 留学の奨学金
 
2014年9月
National iAwards Regional award MyFireWatch application
 

講演・口頭発表等

 
Mobile map applications and the democratisation of hazard information [招待有り]
ポール・ヘイメズ
Paul Haimes   2015年11月2日   
Mapping Hazards in Japan: Increasing the accessibility of geo-spatial hazard information [招待有り]
ポール・ヘイメズ
Paul Haimes   2015年8月26日   
Mapping Hazards in Japan [招待有り]
ポール・ヘイメズ
Paul Haimes   2015年8月20日   
Engaging with communities as a design process: redesigning the FireWatch interface [招待有り]
ポール・ヘイメズ
Paul Haimes   2013年4月29日   
Geo Spatial Simplicity: Designing Map Interfaces for Bushfire Planning [招待有り]
ポール・ヘイメズ
Paul Haimes   2013年3月5日   

競争的資金等の研究課題

 
Designing Accessible Disaster Information for Public Awareness
研究期間: 2015年5月 - 2017年5月    代表者: ポール・ヘイメズ
Research project to look at ways to make disaster information more accessible for the public. Go to http://hazards.jp for more information.
Redesigning the FireWatch interface
研究期間: 2012年2月 - 2015年2月    代表者: ポール・ヘイメズ
Collaborative research project that aimed to make near real-time bushfire information more accessible for users in remote and regional Australian communities.