長谷川靖哉

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/30 14:04
 
アバター
研究者氏名
長谷川靖哉
 
ハセガワ ヤスチカ
eメール
hasegawayeng.hokudai.ac.jp
URL
http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/amc/index.html
所属
北海道大学
部署
工学(系)研究科(研究院)
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪大学)
科研費研究者番号
80324797

プロフィール

2010.4 北海道大学大学院工学研究院 教授
2005.4 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 助教授 → 2006.4 准教授
1999.12 大阪大学大学院工学研究科 助手 → 2004.10 学内講師
1994.4 新日本理化株式会社 研究開発本部 研究員

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院工学研究院 教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
大阪大学 大学院工学研究科 
 
1992年4月
 - 
1994年3月
静岡大学 大学院院工学研究科 
 
1988年4月
 - 
1992年3月
静岡大学 工学部 材料精密化学科
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
高分子学会  理事
 
2014年5月
 - 
現在
日本希土類学会  理事
 
2012年4月
 - 
現在
日本化学会  化学フェスタ実行委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本化学会  代議員
 
2015年4月
 - 
現在
錯体化学会  将来計画委員会委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
高分子学会  「高分子」編集委員会委員
 
2014年1月
 - 
2015年12月
光化学協会  理事
 
2014年4月
 - 
2016年3月
複合系の光機能研究会  副会長
 
2012年1月
 - 
2013年12月
光化学協会  常任理事
 
2012年4月
 - 
2014年3月
複合系の光機能研究会  副会長
 

受賞

 
2016年6月
日本画像学会 コニカミノルタ科学技術振興財団研究奨励賞 希土類錯体の光機能創出と画像技術応用
 
2014年3月
日本化学会 日本化学会第31回学術賞 光機能を示す希土類ナノ物質に関する研究
 
2013年9月
光化学協会 光化学協会賞 希土類物質のナノ構造制御と光機能に関する研究
 
2010年3月
平成21年度NAIST学術賞 希土類を基盤とした光機能ナノ物質の創成
 
2006年9月
光化学協会 光化学協会奨励賞 希土類元素を基盤とする光機能材料の開拓
 

論文

 
Luminescent EuIII coordination zippers linked with thiophene-based bridges
Y. Hirai, T. Nakanishi, Y. Kitagawa, K.i Fushimi, T. Seki, H. Ito, Y. Hasegawa
Angew. Chem. Int. Ed      2016年   [査読有り]
Three-photon-induced Luminescence of Europium Acetylacetonate-type Complexes
Y. Suzuki, H. Moritomo, A. Fuji, K. Satomi, J. Kawamata, M. Yamamoto, Y. Hasegawa
Chem. Lett.   45 538-540   2016年   [査読有り]
Synthesis of DipyridinogermoleCopper Complex as Soluble Phosphorescent Material
K. Murakami, Y. Ooyama, S. Watase, K. Matsukawa, S. Omagari, T. Nakanishi, Y. Hasegawa, K. Inumaru, J. Ohshita
Chem. Lett   45 502-504   2016年   [査読有り]
Hyper-stable organo-EuIII luminophore under high temperature for photo-industrial application
A. Nakajima, T. Nakanishi, Y. Kitagawa, T. Seki, H. Ito, K. Fushimi, Y. Hasegawa
Scientific Reports   6 24458   2016年   [査読有り]
Molecular Design Guidelines for Large Magnetic Circular Dichroism Intensities in Lanthanide Complexes
Y. Kitagawa, S. Wada, K. Yanagisawa, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Hasegawa
ChemPhysChem   17 845-849   2016年   [査読有り]
The connection between magneto-optical properties and molecular chirality
S. Wada, Y. Kitagawa, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Morisaki, K. Fujita, K. Konishi, K. Tanaka, Y. Chujo, Y. Hasegawa
Nature Publication Group (NPG) Asia Materials   8 e251   2016年
M. Yamamoto, T. Nakanishi, Y. Kitagawa, K. Fushimi, Y. Hasegaw
Mater. Lett.   167 183-187   2016年
Y. Hirai, T. Nakanishi, Y. Hasegawa
J. Lumin.   170 801-807   2016年
M. Miyano, Y. Kitagawa, S. Wada, A. Kawashima, A. Nakajima, T. Nakanishi, J. Ishioka, T. Shibayama, S. Watanabe, Y. Hasegawa
Photochem. Photobio. Sci.   15 99-104   2016年
H. Onodera, Y. Kitagawa, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Hasegawa
J. Mater. Chem. C   4 75-81   2016年

Misc

 
長谷川靖哉
希土類   (61) 11-22   2012年10月
長谷川靖哉
ガラスおよびフォトニクス材料討論会講演要旨集   53rd 174-175   2012年10月
前田将司, 中西貴之, 伏見公志, 長谷川靖哉
ガラスおよびフォトニクス材料討論会講演要旨集   53rd 92-93   2012年10月
渡部和音, 中西貴之, 上田純平, 伏見公志, 田部勢津久, 長谷川靖哉
ガラスおよびフォトニクス材料討論会講演要旨集   53rd 96-97   2012年10月
乙川陽子, 中西貴之, 伏見公志, 長谷川靖哉
表面技術協会講演大会講演要旨集   126th 20   2012年9月

書籍等出版物

 
新時代を切り開く希土類錯体ポリマー
長谷川靖哉
科学と工業   2016年   
ナノ材料解析の実際
長谷川靖哉 (担当:共著, 範囲:第26章 磁気光学効果)
講談社   2016年   
元素ブロック材料の創出と応用展開
長谷川靖哉 (担当:共著, 範囲:新型発光体創成を目指した希土類元素ブロックの三次元空間配列)
シーエムシー出版   2016年   
発光の辞典 基礎からイメージングまで
長谷川靖哉 (担当:共著, 範囲:5.5.4 希土類物質の発光)
朝倉書店   2015年   
希土類物質のナノ構造制御と光機能
長谷川靖哉
化学工業   2015年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年10月 - 2017年3月    代表者: 長谷川 靖哉
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 長谷川 靖哉
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 長谷川 靖哉
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 長谷川 靖哉
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 伏見 公志
本研究の目的は、実用材料界面構造ゆらぎのin situ解析を目指した超高分解能走査型電気化学ナノ顕微鏡(SECN)を開発と「材料下地金属組織および組成の不均一性を要因とする金属溶解反応および不働態皮膜形成反応の不均一性発現機構および局部反応速度分布の定量」への適用である。今年度、以下の事項について検討、研究成果を得た。1)前年度に引き続き、LIGA技術による電極代表長さ1μm以下のプローブ微小電極の作製と走査型レーザー変位計への組み込みによるSECNシステムの構築を試みた。電極代表長さ0....

特許

 
特願2016-135217 : キラル型希土類錯体ポリマーおよびそれを用いた光学機能材料
長谷川靖哉, 北川裕一, 中西貴之, 伏見公志, 小礒尚之
特願2016-019164 : キラル型希土類錯体ポリマーおよびそれを用いた光学機能材料
長谷川靖哉, 三浦由衣, 北川裕一, 中西貴之, 伏見公志, 小礒尚之
特願2015-45416 : 高分子錯体及びその製造方法,長谷川靖哉
中島綾子、中西貴之、北川裕一、伏見公志
特願2015-046001 : 希土類錯体及びその製造方法、並びにプラスチック成形体
長谷川靖哉、小野寺宏光
特願2015-045930 : 希土類錯体および発光素子
北川裕一, 大野良輔, 長谷川靖哉, 伏見公志, 中西貴之

その他

 
2016年3月   経産業新聞3面
「大学解剖:北大 理工学融合した新産業に 照明やセンサー、光化学に光明」
2016年   日刊工業新聞
キラリ研究開発
2015年   日経新聞
「太陽電池、効率2%向上 紫外線に反応 発光素材を装着」
2015年   朝日新聞 30面
「太陽電池の効率化フィルム」
2015年   日本テレビ
「世界一受けたい授業:新素材」