田辺 秀之

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/02 21:25
 
アバター
研究者氏名
田辺 秀之
 
タナベ ヒデユキ
URL
http://www.esb.soken.ac.jp/
所属
総合研究大学院大学
部署
先導科学研究科
職名
准教授
学位
理学博士

プロフィール

 東京大学理学部生物学科人類学課程、東京大学大学院理学系研究科人類学専攻を経て、1998年、北海道大学理学研究科にて論文博士(理学博士)。国立医薬品食品衛生研究所・変異遺伝部(細胞バンク)研究員、同主任研究官を経て、総合研究大学院大学・先導科学研究科へ。1999年から2001年にかけてドイツ・ミュンヘン大学(Thomas Cremer 教授)へ留学し、帰国後、3D-FISH法、マルチカラーFISH法などを駆使した研究を展開する。細胞核内における染色体テリトリーがどのように仕組みで空間的に配置され、秩序化されているのか、様々な生物種における染色体観察を通して、多様なアプローチにより探っている。

研究分野

 
 

Misc

 
田辺 秀之
生体の科学   55(1) 82-89   2004年1月
田辺 秀之
環境変異原研究   25(1) 11-22   2003年4月
The individual chromosomes in animal and plant interphase cell nuclei are discretely highly compartmentalized called "chromosome territories" that are visualized by 3D-FISH techniques. The chromosome territories are mutually exclusive without mixi...

書籍等出版物

 
生物の科学 遺伝 別冊No.21 日本の遺伝学の潮流-日本遺伝学会第78回大会ハイライト-, pp171-175, 染色体動態とエピジェネティクス 1-4 「染色体テリトリーの3次元核内配置解析」
田辺秀之
裳華房   2007年   
実験がうまくいく蛍光・発光試薬の選び方と使い方, pp55-65, Ⅱ.実践編 1章 (2)「FISH法」
田辺秀之 In: 三輪佳宏 編
羊土社   2007年   
クロマチン・染色体研究プロトコール, pp148-158, 「核内染色体の3次元FISH」
田辺秀之 In: 押村光雄, 平岡 泰 編
羊土社   2004年   

講演・口頭発表等

 
Dynamics of chromosome territories: Chromosome kissing for gene regulation and genomic evolution. [招待有り]
Tanabe, H.
The 3rd Asian Chromosome Colloquium   2008年12月   
Chromosome structure from micro- to macro-scopic views and its dynamics. [招待有り]
Tanabe, H.
The 58th Annual Meeting of the Society of Chromosome Research and the 17th Annual Meeting of Chromosome Colloquium   2007年11月   
Radial positioning of chromosome territories: Development of peripheral and interior pooled DNA probes for detecting the disordered nuclear architecture and environment. [招待有り]
Tanabe, H.
The 8th International Symposium on Chromosomal Aberrations   2007年10月   

担当経験のある科目

 

論文

 
Sunamura N, Ohira T, Kataoka M, Inaoka D, Tanabe H, Nakayama Y, Oshimura M, Kugoh H
Scientific reports   6 20690   2016年2月   [査読有り]
Wu J, Kohno N, Mano S, Fukumoto Y, Tanabe H, Hasegawa M, Yonezawa T
PloS one   10(9) e0136398   2015年   [査読有り]
Maejima T, Inoue T, Kanki Y, Kohro T, Li G, Ohta Y, Kimura H, Kobayashi M, Taguchi A, Tsutsumi S, Iwanari H, Yamamoto S, Aruga H, Dong S, Stevens JF, Poh HM, Yamamoto K, Kawamura T, Mimura I, Suehiro J, Sugiyama A, Kaneki K, Shibata H, Yoshinaka Y, Doi T, Asanuma A, Tanabe S, Tanaka T, Minami T, Hamakubo T, Sakai J, Nozaki N, Aburatani H, Nangaku M, Ruan X, Tanabe H, Ruan Y, Ihara S, Endo A, Kodama T, Wada Y
PloS one   9(5) e96005   2014年   [査読有り]
Japanese Archipelago Human Population Genetics Consortium, Jinam T, Nishida N, Hirai M, Kawamura S, Oota H, Umetsu K, Kimura R, Ohashi J, Tajima A, Yamamoto T, Tanabe H, Mano S, Suto Y, Kaname T, Naritomi K, Yanagi K, Niikawa N, Omoto K, Tokunaga K, Saitou N
Journal of human genetics   57(12) 787-795   2012年12月   [査読有り]
Sato T, Chiba T, Ohno S, Sato C, Sugoh T, Miyashita K, Akatsuka H, Hozumi K, Okada Y, Iida Y, Akatsuka A, Agata Y, Chiba M, Kohu K, Satake M, Tanabe H, Saya H, Habu S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   189(9) 4426-4436   2012年11月   [査読有り]