伊藤 秀樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/14 18:21
 
アバター
研究者氏名
伊藤 秀樹
所属
東京学芸大学
部署
教育学部 総合教育科学系 教育学講座
職名
講師
学位
博士(東京大学)

プロフィール

不登校、学業不振、非行などの背景をもち、社会的自立に向けた困難を抱える子どもへの、教育支援・自立支援のあり方について研究しています。これまでは、上記の困難に直面している生徒が多く集まる高等専修学校でのフィールドワークをもとに、彼ら/彼女らの学校適応と進路形成のプロセスをどのように支えていけばよいのかについて、研究を行ってきました。現在は上記の関心を引き継ぎながら、学校での生徒指導に焦点を当て、子どもたちのよいところへの着目を基盤とした生徒指導の意義と課題について、さまざまな実践事例をもとに検討を進めようとしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東京学芸大学教育学部 講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化センター 助教
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京大学社会科学研究所 特任研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東京大学社会科学研究所 学術支援専門職員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会特別研究員 DC1
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 教育学研究科 比較教育社会学コース 博士課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 教育学研究科 比較教育社会学コース 修士課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
東京大学 教育学部 比較教育社会学コース
 

書籍等出版物

 
半径5メートルからの教育社会学
片山悠樹・内田良・古田和久・牧野智和編 (担当:分担執筆, 範囲:第6章「学校の外で学ぶ子どもたち」)
大月書店   2017年9月   ISBN:4272412388
教育問題の「常識」を問い直す――いじめ・不登校から家族・学歴まで
須藤康介 (担当:分担執筆, 範囲:コラム3「『チームとしての学校』は多忙化を解消するか?」、コラム5「非行少年の『立ち直り』」、コラム9「セクシュアル・マイノリティと学校」)
明星大学出版部   2017年9月   
Globalization and Japanese "Exceptionalism" in Education: Insider's Views into a Changing System
Ryoko Tsuneyoshi (Ed.) (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 12. "Japanese schooling and the global and multicultural challenge: Globalization from below"(共著者:Ryoko Tsuneyoshi, Fumiko Takahashi, Lee Seulbi, Maiko Sumino, Tate Kihara, Satsuki Kubodera, and Hikaru Ishiwata))
Routledge   2017年8月   ISBN:1138915351
佐藤香 編 (担当:分担執筆, 範囲:第3章「親元にとどまる若者」、第5章「分化するフリーター像」(山口泰史と共著))
勁草書房   2017年3月   ISBN:4326648848
林尚示・伊藤秀樹 編 (担当:共編者, 範囲:第7章「不登校」、第11章「キャリアプランについて考える」)
学文社   2016年10月   ISBN:4762026204
平野朝久 編 (担当:分担執筆, 範囲:第7章「生徒指導って何だろう?」)
学文社   2016年10月   ISBN:4762026115
Kaori H. Okano (Ed.) (担当:分担執筆, 範囲:6. "Alternative Schools: An Educational Safety-net for Long-term Absent Students")
Routledge   2015年9月   ISBN:0415745306
ダルク研究会 編著[南保輔・平井秀幸 責任編集] (担当:分担執筆, 範囲:第5章「スタッフのストレスと喜び」、第11章「ダルクにいれば安心」、第13章「スイッチを入れるための覚せい剤」)
知玄舎   2013年12月   ISBN:4434187007

論文

 
伊藤 秀樹
東京学芸大学紀要 総合教育科学系Ⅰ   68 71-82   2017年2月
相良 翔・伊藤 秀樹
年報社会学論集   (29) 92-103   2016年7月   [査読有り]
酒井 朗・伊藤 秀樹・谷川 夏実
上智大学教育学論集   (50) 15-37   2016年3月
伊藤 秀樹
東京大学大学院教育学研究科紀要   54 551-563   2015年3月
伊藤 秀樹
子ども社会研究   20 61-74   2014年6月   [査読有り]
伊藤 秀樹
教育社会学研究   93 69-90   2013年12月   [査読有り]
伊藤 秀樹
Sociology Today   (20) 1-12   2013年4月   [査読有り]
伊藤 秀樹
東京大学大学院教育学研究科紀要   52 117-126   2013年3月
伊藤 秀樹
東京大学大学院教育学研究科紀要   50 13-21   2011年3月
伊藤 秀樹・堀下 歩美・保坂 亨
千葉大学教育学部研究紀要   59 29-34   2011年3月
木村 文香・伊藤 秀樹
情報と社会   (21) 113-127   2011年3月
伊藤 秀樹
教育社会学研究   84 207-226   2009年5月   [査読有り]

Misc

 
どのような教員が経済的困難に直面する児童・生徒に配慮を行っているのか
伊藤 秀樹・小澤 昌之
附属学校等と協働した教員養成系大学による『経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒』へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト 平成28年度報告書   13-21   2017年3月
伊藤 秀樹
東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ   (89) 1-17   2015年8月
※同じ内容の論稿が、石田浩研究代表,2015,『現代日本における若年層のライフコース変容と格差の連鎖・蓄積に関する総合的研究 平成22~26年度科学研究費補助金基盤研究(S)研究成果報告書』,pp. 116-133にも掲載されています。
Ryoko Tsuneyoshi, Hideki Ito
Working Paper Series in the 21st Century International Educational Models Project   (1) 1-16   2015年2月
鈴木 富美子・元濱 奈穂子・伊藤 秀樹
東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ   (83) 1-15   2014年10月
伊藤 秀樹
青少年問題   (654) 34-41   2014年4月   [依頼有り]
伊藤 秀樹・鈴木 富美子・元濱 奈穂子
東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ   (71) 1-12   2013年9月
「不登校トラック」化の意図せざる帰結――後期中等教育のセーフティネットへの入学機会に着目して
伊藤 秀樹
酒井朗研究代表 「学校に行かない」子どもの教育権保障をめぐる教育臨床社会学的研究 平成22年度~平成24年度科学研究費補助金報告書   59-74   2013年3月
イギリス・マンチェスター エクステンディッド・スクール視察報告
酒井 朗・木村 文香・伊藤 秀樹
酒井朗研究代表 「学校に行かない」子どもの教育権保障をめぐる教育臨床社会学的研究 平成22年度~平成24年度科学研究費補助金報告書   131-171   2013年3月
伊藤 秀樹
東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ   (54) 1-12   2012年3月
スクールソーシャルワーカー活用事業は不登校支援をどのように変えるのか
伊藤 秀樹・木村 文香
酒井朗研究代表 不登校現象の社会・文化的多様性と支援ネットワーク構築に関する教育臨床社会学 平成19年度~平成21年度科学研究費補助金報告書   19-39   2010年3月
The Non-mainstream Upper Secondary Track in Japan
Hideki Ito
恒吉僚子研究代表 Equity in Education and the Japanese Model of Ability Grouping & Tracking: A Comparative Perspective(教育における平等と日本版能力別指導・トラッキングの国際比較研究) 平成19年度~平成20年度科学研究費補助金報告書   22-28   2009年3月
伊藤 秀樹
東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ   (13) 1-19   2008年3月
専門高校からの進学
伊藤 秀樹
佐藤博樹研究代表 厚生労働科学研究費補助金 政策科学推進研究事業 若年者の就業行動・意識と少子高齢社会の関連に関する実証研究 平成18年度 総括研究報告書   228-241   2007年3月
伊藤 秀樹
SPSS OPEN HOUSE 2006(応募論文)      2006年11月   [査読有り]
高校生の登校意欲を支える要因――専門学科の職業教育に着目して
伊藤 秀樹
本田由紀研究代表 特色ある高校学科の教育内容の職業的・社会的レリバンスに関する研究 平成15年度~平成17年度科学研究費補助金報告書   85-95   2006年3月

講演・口頭発表等

 
ゼロトレランス対抗言説が見逃してきた論点
伊藤 秀樹
日本教育学会第76回大会   2017年8月   
学校教員の貧困に対する対応(1)――質問紙調査の結果から
伊藤 秀樹
東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト 平成28年度成果報告シンポジウム ~教育支援の循環が創りだす包摂型社会をめざして~   2017年2月   
「回復」し続ける自己物語の維持——ダルクメンバー/スタッフの「回復」 における困難とその克服(2)
伊藤 秀樹
第89回日本社会学会大会   2016年10月   
酒井 朗・伊藤 秀樹・谷川 夏実
日本教育学会第74回大会   2015年8月   
Educational Safety Net for the Long-term Absent Students in Japan
Hideki Ito
The 4th Congress of the International Society for Cultural and Activity Research (ポスター発表)   2014年10月   
「実証主義」的フィールドワーカーの憂鬱――表象の危機とどう向き合うか
伊藤 秀樹
関東社会学会2013年度第2回研究例会「自己/語り/物語の社会学・再考」   2014年3月   
ダルクにおける「回復」の社会学的検討Ⅱ (1)――誰がダルクに満足しているのか
伊藤 秀樹・平井 秀幸
第86回日本社会学会大会   2013年10月   
伊藤 秀樹
日本教育社会学会第65回大会   2013年9月   
親元にとどまる若者たち
伊藤 秀樹
東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト研究成果報告会2013(シンポジウム)   2013年2月   
薬物依存における孤独と「仲間」――ダルクにおける「回復」の社会学的検討(2)
伊藤 秀樹
第85回日本社会学会大会   2012年11月   
高等専修学校における生徒指導の受容過程――教師不信から信頼へ
伊藤 秀樹
日本子ども社会学会第19回大会   2012年7月   
伊藤 秀樹
日本教育社会学会第63回大会   2011年9月   
後期中等教育におけるセーフティネットでの不平等――高等専修学校へのヒアリング調査より
伊藤 秀樹
日本子ども社会学会第18回大会   2011年7月   
Limited Inclusion into Non-Mainstream Upper Secondary Schools in Japan
Hideki Ito
Searching for the New Wave of Japanese Studies in Social Sciences (Workshop for Young Scholars)   2010年11月   
酒井 朗・加藤 美帆・坪井 瞳・伊藤 秀樹
日本教育社会学会第62回大会   2010年9月   
働く若年者の葛藤――高卒パネルの自由記述に注目して
伊藤 秀樹
東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト研究成果報告会2010   2010年2月   
酒井 朗・保坂 亨・木村 文香・伊藤 秀樹・川畑 俊一・加藤 美帆・伊藤 茂樹
日本教育社会学会第61回大会   2009年9月   
伊藤 秀樹
日本教育学会第68回大会   2009年8月   
The Non-mainstream Upper Secondary Track in Japan
Hideki Ito
Association for Asian Studies 2009 Annual Meeting   2009年3月   
伊藤 秀樹
日本教育社会学会第60回大会   2008年9月   
本田 由紀・香川 めい・有海 拓巳・伊藤 秀樹
日本教育社会学会第58回大会   2006年9月   

Works

 
国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター   2017年3月
※作成協力委員として作成に携わりました。
・1 高校生の頃にしてほしかったキャリア教育って何?――卒業後に振り返って思うキャリア教育の意義
国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター   2016年3月
※協力者委員として作成に携わりました。

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 伊藤 秀樹
日本学術振興会: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2013年8月 - 2015年3月    代表者: 伊藤 秀樹
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 伊藤 秀樹

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2017年8月
 - 
現在
北区教育委員会 子ども・子育て会議  委員
 
2017年7月
 - 
現在
日本子ども社会学会 研究交流委員会  委員
 
2015年10月
 - 
現在
日本教育社会学会 企画部  部員
 
2016年6月
 - 
2017年3月
北区教育委員会  「(仮称)東京都北区子どもの貧困対策に関する支援計画」の策定のための検討会 委員
 
2015年5月
 - 
2017年3月
国立教育政策研究所 キャリア教育に関する調査データ二次分析委員会  委員
 
2015年5月
 - 
2016年3月
東京都教育委員会 不登校・中途退学対策検討委員会 高等学校部会  委員
 
2013年12月
 - 
2016年3月
練馬区教育委員会 小中一貫教育校検証部会  協力委員
 
2013年10月
 - 
2015年9月
日本教育社会学会 教育部  部員
 

その他

 
非常勤講師
2016.6~2016.8 東京大学教育学部(進路指導・生徒指導)
2014.4~2015.3 拓殖大学国際学部(コンピュータ演習Ⅰ・Ⅱ)
教員免許状更新講習 講師
2016.8 必修講習「国の教育政策や世界の教育の動向」「教員としての子ども観、教育観等についての省察」
東京都教育職員免許法認定講習 講師
2017.8 生徒指導の理論及び方法(林尚示と担当)
2016.8 進路指導の理論及び方法(林尚示と担当)
ティーチングアシスタント
2008.4~2009.3 東京大学教育学部(教育社会学調査実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)