疋田貴俊

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/12 14:39
 
アバター
研究者氏名
疋田貴俊
所属
大阪大学
部署
蛋白質研究所 蛋白質高次機能学研究部門
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)

プロフィール

1997年、京都大学医学部卒業。京都大学医学部附属病院精神科で研修。2002年、京都大学大学院医学研究科博士課程修了(中西重忠教授)。2002年3月25日、京都大学博士(医学)。2003年よりジョンズ・ホプキンス大学医学部神経科学部門にて統合失調症モデルマウスの作製と解析を行う。2005年より大阪バイオサイエンス研究所システムズ生物学部門研究員。大脳基底核神経回路研究に取り組む。2009年よりJSTさきがけ研究者兼任。2011年より京都大学大学院医学研究科特定准教授。2017年より大阪大学蛋白質研究所高次脳機能学研究室教授、現在に至る。

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
大阪大学 蛋白質研究所 教授
 

受賞

 
2016年9月
日本生物学的精神医学会 若手研究者育成プログラム最優秀奨励賞
 
2014年9月
日本生物学的精神医学会 学術賞
 
2012年9月
日本生物学的精神医学会 若手研究者育成プログラム奨励賞 意思決定と薬物依存における大脳基底核神経回路機構
 
2011年9月
日本神経科学学会 日本神経科学学会奨励賞 大脳基底核神経回路の制御機構
 

論文

 
Endocytosis following dopamine D2 receptor activation is critical for neuronal activity and dendritic spine formation via Rabex-5/PDGFRβ signaling in striatopallidal medium spiny neurons.
Shioda N, Yabuki Y, Wang Y, Uchigashima M, Hikida T, Sasaoka T, Mori H, Watanabe M, Sasahara M, Fukunaga K
Molecular Psychiatry   22(8) 1205-1222   2017年8月   [査読有り]
Hayashi Y, Yawata S, Funabiki K, Hikida T
PloS ONE   12(7) e0180452   2017年7月   [査読有り]
Tomoda T, Hikida T, Sakurai T
Neurotherapeutics : the journal of the American Society for Experimental NeuroTherapeutics   14(3) 623-629   2017年7月   [査読有り][招待有り]
疋田貴俊, MACPHERSON Tom, 森田真規子
日本神経精神薬理学雑誌   37(2) 35‐38   2017年4月
Shimizu Y, Son C, Aotani D, Nomura H, Hikida T, Hosoda K, Nakao K
Neuroscience letters   640 60-63   2017年1月   [査読有り]
Sumitomo A, Ueta K, Mauchi S, Hirai K, Horike K, Hikida T, Sakurai T, Sawa A, Tomoda T
Neuroscience research   117 54-61   2017年4月   [査読有り]
疋田貴俊
精神科臨床Legato   2(4) 190‐192   2016年10月
Aotani D, Son C, Shimizu Y, Nomura H, Hikida T, Kusakabe T, Tanaka T, Miyazawa T, Hosoda K, Nakao K
Neuroscience letters   633 141-145   2016年10月   [査読有り]
Jaaro-Peled H, Altimus C, LeGates T, Cash-Padgett T, Zoubovsky S, Hikida T, Ishizuka K, Hattar S, Mongrain V, Sawa A
Neuroscience research   112 63-69   2016年6月   [査読有り]
Kitanishi T, Ito HT, Hayashi Y, Shinohara Y, Mizuseki K, Hikida T
The journal of physiological sciences : JPS   67(2) 247-258   2017年3月   [査読有り][招待有り]
Morita M, Wang Y, Sasaoka T, Okada K, Niwa M, Sawa A, Hikida T
Molecular neuropsychiatry   2(3) 124-132   2016年10月   [査読有り]
Macpherson T, Morita M, Wang Y, Sasaoka T, Sawa A, Hikida T
Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.)   23(7) 359-364   2016年7月   [査読有り]
Hikida T, Morita M, Macpherson T
Neuroscience research   108 1-5   2016年7月   [査読有り][招待有り]
Hayashi Y, Sawa A, Hikida T
Neuroscience research   106 70-73   2016年5月   [査読有り]
疋田貴俊
日本神経回路学会誌   23(1) 35-40   2016年3月   [招待有り]
森田真規子, 疋田貴俊
日本神経精神薬理学雑誌   35(5/6) 107-111   2015年11月   [査読有り][招待有り]
Sakurai T, Gamo NJ, Hikida T, Kim SH, Murai T, Tomoda T, Sawa A
Progress in neurobiology   134 178-201   2015年11月   [査読有り][招待有り]
[Distinct roles of the direct and indirect pathways in the basal ganglia circuit mechanism].
Morita M, Hikida T
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   35(5-6) 107-111   2015年11月   [査読有り]
Yamaguchi T, Goto A, Nakahara I, Yawata S, Hikida T, Matsuda M, Funabiki K, Nakanishi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(36) 11383-11388   2015年9月   [査読有り]
Nakajima H, Kubo T, Ihara H, Hikida T, Danjo T, Nakatsuji M, Shahani N, Itakura M, Ono Y, Azuma YT, Inui T, Kamiya A, Sawa A, Takeuchi T
The Journal of biological chemistry   290(23) 14493-14503   2015年4月   [査読有り]
疋田貴俊
日本生物学的精神医学会誌   25(2) 91-93   2014年6月
Nakanishi S, Hikida T, Yawata S
Neuroscience   282C 49-59   2014年4月   [査読有り][招待有り]
Macpherson T, Morita M, Hikida T
Frontiers in psychology   5 1301   2014年   [査読有り]
大脳基底核の直接路と間接路の機能分離
疋田貴俊
MDSJ letters   6(2) 4-7   2013年10月   [招待有り]
報酬・忌避行動と意思決定における大脳基底核神経回路機構 (特集 予測と意思決定の神経科学)
疋田 貴俊
生体の科学   64(4) 314-318   2013年7月   [招待有り]
Yamaguchi T, Danjo T, Pastan I, Hikida T, Nakanishi S
Neuron   78 537-544   2013年5月   [査読有り]
Sano H, Chiken S, Hikida T, Kobayashi K, Nambu A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33 7583-7594   2013年4月   [査読有り]
Hikida T, Yawata S, Yamaguchi T, Danjo T, Sasaoka T, Wang Y, Nakanishi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110 342-347   2013年1月   [査読有り]
Niwa M, Jaaro-Peled H, Tankou S, Seshadri S, Hikida T, Matsumoto Y, Cascella NG, Kano S, Ozaki N, Nabeshima T, Sawa A
Science (New York, N.Y.)   339 335-339   2013年1月   [査読有り]
Hikida T, Gamo NJ, Sawa A
Expert opinion on therapeutic targets   16 1151-1160   2012年12月   [査読有り][招待有り]
精神疾患モデル動物の作製と治療法スクリーニング
疋田貴俊、友田利文
実験医学増刊   30(13) 94-99   2012年8月   [招待有り]
Yawata S, Yamaguchi T, Danjo T, Hikida T, Nakanishi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109 12764-12769   2012年7月   [査読有り]
大脳基底核神経回路の制御機構解析
疋田貴俊
分子精神医学   12(1) 50-51   2012年1月   [招待有り]
精神疾患の分子遺伝学:最新の知見
疋田貴俊
脳神経外科速報   21(11) 1250-1254   2011年11月   [招待有り]
Kimura K, Hikida T, Yawata S, Yamaguchi T, Nakanishi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108 9981-9986   2011年6月   [査読有り]
精神疾患モデル動物の可能性-遺伝子から神経回路へ
疋田貴俊、神谷篤
実験医学   28(14) 2205-2210   2010年9月   [招待有り]
Hikida T, Kimura K, Wada N, Funabiki K, Nakanishi S
Neuron   66(6) 896-907   2010年6月   [査読有り]
Schretlen DJ, Vannorsdall TD, Winicki JM, Mushtaq Y, Hikida T, Sawa A, Yolken RH, Dickerson FB, Cascella NG
Schizophrenia research   118 224-231   2010年5月   [査読有り]
疋田 貴俊
ファルマシア   46(1) 82   2010年1月   [査読有り][招待有り]
Hikida T, Mustafa AK, Maeda K, Fujii K, Barrow RK, Saleh M, Huganir RL, Snyder SH, Hashimoto K, Sawa A
Biological psychiatry   63(10) 997-1000   2008年5月   [査読有り]
Hikida T, Jaaro-Peled H, Seshadri S, Oishi K, Hookway C, Kong S, Wu D, Xue R, Andradé M, Tankou S, Mori S, Gallagher M, Ishizuka K, Pletnikov M, Kida S, Sawa A
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104 14501-14506   2007年9月   [査読有り]
Fujii K, Maeda K, Hikida T, Mustafa AK, Balkissoon R, Xia J, Yamada T, Ozeki Y, Kawahara R, Okawa M, Huganir RL, Ujike H, Snyder SH, Sawa A
Molecular psychiatry   11(2) 150-157   2006年2月   [査読有り]
疋田貴俊, 澤村直哉, 尾関祐二
細胞   37(14) 573-576   2005年12月   [招待有り]
Kitano T, Matsumura S, Seki T, Hikida T, Sakimura K, Nagano T, Mishina M, Nakanishi S, Ito S
Neurochemistry international   44(2) 83-90   2004年1月   [査読有り]
Kitabatake Y, Hikida T, Watanabe D, Pastan I, Nakanishi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100 7965-7970   2003年6月   [査読有り]
Hikida T, Kitabatake Y, Pastan I, Nakanishi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100 6169-6173   2003年5月   [査読有り]
Hikida T, Kaneko S, Isobe T, Kitabatake Y, Watanabe D, Pastan I, Nakanishi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   98 13351-13354   2001年11月   [査読有り]
Synaptic integration mediated by striatal cholinergic interneurons in basal ganglia function.
Kaneko S, Hikida T, Watanabe D, Ichinose H, Nagatsu T, Kreitman RJ, Pastan I, Nakanishi S
Science (New York, N.Y.)   289 633-637   2000年7月   [査読有り]
Hormone-induced apoptosis by Fas-nuclear receptor fusion proteins: novel biological tools for controlling apoptosis in vivo.
Takebayashi H, Oida H, Fujisawa K, Yamaguchi M, Hikida T, Fukumoto M, Narumiya S, Kakizuka A
Cancer research   56 4164-4170   1996年9月   [査読有り]

Misc

 
Psychiatric Lecture 病態 大脳基底核神経回路からみた薬物依存症の病態
疋田 貴俊
精神科臨床Legato   2(4) 190-192   2016年10月
依存性薬物は側坐核/線条体のドーパミン濃度を増加させ、直接路と間接路に異なる可塑性変化をもたらし、薬物依存症が形成される。このように、薬物依存状態において変化した大脳基底核神経回路機構から薬物依存症の病態を考察する。(著者抄録)
青谷大介, 孫徹, 清水彬礼, 清水彬礼, 野村英生, 疋田貴俊, 細田公則, 細田公則, 中尾一和
肥満研究   22(Supplement) 224   2016年9月
清水彬礼, 孫徹, 青谷大介, 野村英生, 疋田貴俊, 細田公則, 中尾一和
肥満研究   22(Supplement) 180   2016年9月
ob/obマウスの高脂肪食嗜好性はレプチンによって低下する
清水 彬礼, 孫 徹, 青谷 大介, 野村 英生, 疋田 貴俊, 細田 公則, 中尾 一和
肥満研究   22(Suppl.) 180-180   2016年9月
レプチン抵抗性の発症におけるオピオイドシグナルの意義
青谷 大介, 孫 徹, 清水 彬礼, 野村 英生, 疋田 貴俊, 細田 公則, 中尾 一和
肥満研究   22(Suppl.) 224-224   2016年9月
疋田貴俊
脳の医学・生物学研究会抄録   61st 25‐40   2016年8月
王天, 溝口博之, 犬束歩, 片平健太郎, 疋田貴俊, 山中章弘, 山田清文
応用薬理   90(5-6) 160   2016年6月
側坐核直接路の活性化はリスク志向な行動選択に関与する
王 天, 溝口 博之, 犬束 歩, 片平 健太郎, 疋田 貴俊, 山中 章弘, 山田 清文
応用薬理   90(5-6) 160-160   2016年6月
マジンドールは脂質嗜好性の低下により肥満を抑制する
青谷 大介, 孫 徹, 清水 彬礼, 野村 英生, 疋田 貴俊, 細田 公則, 中尾 一和
糖尿病   59(Suppl.1) S-155   2016年4月
ドーパミンD2L受容体は視覚弁別学習に関与する
森田 真規子, 笹岡 俊邦, Wang Yanyan, 澤 明, 疋田 貴俊
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P1291]-[1P1291]   2015年12月
清水彬礼, 清水彬礼, 孫徹, 青谷大介, 野村英生, 疋田貴俊, 細田公則, 中尾一和
日本内分泌学会雑誌   91(2) 512   2015年9月
住友明子, 坂安優未, 間内清香, 疋田貴俊, 櫻井武, 澤明, 友田利文
統合失調症研究   4(1) 124   2014年3月
青谷大介, 孫徹, 清水彬礼, 清水彬礼, 野村英生, 疋田貴俊, 細田公則, 中尾一和
肥満研究   21(Supplement) 147   2015年9月
堀家康太, 住友明子, 平井加津子, 植田啓頌, 疋田貴俊, 櫻井武, 澤明, 谷垣健二, 友田利文
日本生化学会大会(Web)   88th 3P1249 (WEB ONLY)-[3P1249]   2015年12月
疋田貴俊
日本アルコール関連問題学会大会プログラム・抄録集   37th 157   2015年8月
植田啓頌, 住友明子, 堀家康太, 間内清香, 疋田貴俊, 澤明, 友田利文
日本生化学会大会(Web)   88th 3P1254 (WEB ONLY)-[3P1254]   2015年12月
疋田貴俊
統合失調症研究   4(1) 61   2014年3月
疋田貴俊
日本生物学的精神医学会誌   107   2014年
森田真規子, 笹岡俊邦, WANG Yanyan, 澤明, 疋田貴俊
日本生物学的精神医学会誌   158   2014年

書籍等出版物

 
Annual Review神経2013のI. Basic Neuroscience、 1. 神経生理、2) 大脳基底核の直接路と間接路の機能分離、の章(pp10-16)を担当
鈴木則宏、祖父江元、荒木信夫、宇川義一、川原信隆編
中外医学社   2013年1月   ISBN:4498128974