日置寛之

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/12 08:29
 
アバター
研究者氏名
日置寛之
ハンドル
hioki
eメール
hioki-nsumin.ac.jp
URL
http://www.mbs.med.kyoto-u.ac.jp
所属
順天堂大学
部署
医学部
職名
准教授
学位
医学博士(2008年9月)(京都大学)
科研費研究者番号
00402850

プロフィール

『構造無き機能は無い』という旗標を掲げ、脳が認知・思考・記憶・感情といった高次機能を実現する仕組みの謎に、形態学的視点から挑みます。皮質構築のグランドデザインを解読し、新たなコンセプトを打ち建てます。また、形態解析で得られた知見をもとに、分子生物学・生理学・理論神経科学などへと分野横断的に研究を展開する『攻めの形態学』を推進します。形態解析を基点とした研究体系を創成し、高次機能を実現する大脳新皮質の動作原理解明を目指しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年9月
   
 
授 京都大学博士(医学)
 
2007年4月
 - 
現在
京都大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2005年1月
 - 
2007年3月
京都大学 医学(系)研究科(研究院) 助手
 
2003年4月
 - 
2004年12月
京都大学大学院医学研究科 博士課程
 
2003年3月
   
 
京都大学医学部医学科 卒業
 

受賞

 
2012年7月
包括脳ネットワーク 若手優秀発表賞
 
2014年3月
日本解剖学会 H25年度 日本解剖学会奨励賞 パルブアルブミン発現皮質抑制性神経細胞に対する、細胞種特異的シナプス入力様式の解明
 

論文

 
Sohn J, Takahashi M, Okamoto S, Ishida Y, Furuta T, Hioki H
PloS one   12(1) e0169611   2017年1月   [査読有り]
Safari MS, Mirnajafi-Zadeh J, Hioki H, Tsumoto T
Scientific reports   7(1) 12764   2017年10月   [査読有り]
Sohn J, Okamoto S, Kataoka N, Kaneko T, Nakamura K, Hioki H
Frontiers in neuroanatomy   10 124   2016年12月   [査読有り]
Hirai D, Nakamura KC, Shibata KI, Tanaka T, Hioki H, Kaneko T, Furuta T
Brain structure & function      2017年10月   [査読有り]
Hamamoto M, Kiyokage E, Sohn J, Hioki H, Harada T, Toida K
The Journal of comparative neurology   525(3) 574-591   2016年8月   [査読有り]
Kuramoto E, Iwai H, Yamanaka A, Ohno S, Seki H, Tanaka YR, Furuta T, Hioki H, Goto T
The Journal of comparative neurology      2017年9月   [査読有り]
Kuramoto E, Pan S, Furuta T, Tanaka YR, Iwai H, Yamanaka A, Ohno S, Kaneko T, Goto T, Hioki H
The Journal of comparative neurology   525(1) 166-185   2016年6月   [査読有り]
Kuramoto E, Iwai H, Yamanaka A, Ohno S, Seki H, Tanaka YR, Furuta T, Hioki H, Goto T
The Journal of comparative neurology      2017年8月   [査読有り]
Ueda S, Niwa M, Hioki H, Sohn J, Kaneko T, Sawa A, Sakurai T
Molecular neuropsychiatry   1(2) 94-104   2015年7月   [査読有り]
Hama H, Hioki H, Namiki K, Hoshida T, Kurokawa H, Ishidate F, Kaneko T, Akagi T, Saito T, Saido T, Miyawaki A
Nature neuroscience   18(10) 1518-1529   2015年9月   [査読有り]
Takahashi A, Islam MS, Abe H, Okubo K, Akazome Y, Kaneko T, Hioki H, Oka Y
The Journal of comparative neurology   524(4) 896-913   2015年8月   [査読有り]
Peirs C, Williams SP, Zhao X, Walsh CE, Gedeon JY, Cagle NE, Goldring AC, Hioki H, Liu Z, Marell PS, Seal RP
Neuron   87(4) 797-812   2015年8月   [査読有り]
Nakamura H, Hioki H, Furuta T, Kaneko T
The European journal of neuroscience   41(10) 1294-1310   2015年5月   [査読有り]
Ito T, Hioki H, Sohn J, Okamoto S, Kaneko T, Iino S, Oliver DL
The Journal of comparative neurology   523(15) 2277-2296   2015年4月   [査読有り]
Hioki H
Anatomical science international   90(1) 7-21   2014年12月   [査読有り]
Ebina T, Sohya K, Imayoshi I, Yin ST, Kimura R, Yanagawa Y, Kameda H, Hioki H, Kaneko T, Tsumoto T
Cell reports   9(5) 1896-1907   2014年11月   [査読有り]
Suzuki Y, Kiyokage E, Sohn J, Hioki H, Toida K
The Journal of comparative neurology   523(2) 262-280   2014年9月   [査読有り]
Kumar S, Zimmermann K, Hioki H, Pfeifer A, Baader SL
Histochemistry and cell biology   143(1) 109-121   2014年8月   [査読有り]
Kataoka N, Hioki H, Kaneko T, Nakamura K
Cell metabolism   20(2) 346-358   2014年8月   [査読有り]
J. Sohn; H. Hioki; S. Okamoto; T. Kaneko
Journal of Comparative Neurology   522(7) 1506-1526   2014年5月   [査読有り]

Misc

 
組織の透明化技術
濱裕、日置寛之、並木香奈、星田哲志、黒川裕、宮脇敦史
生体の科学   68(1) 85-93   2017年2月   [依頼有り]
脳透明化技術の現状と今後の発展—ScaleS法に焦点を当てて—
日置寛之, 濱裕, 孫在隣, 黄晶媛, 並木香奈, 星田哲志, 黒川裕, 宮脇敦史
日本薬理学雑誌      2017年   [査読有り][依頼有り]
介在ニューロン
日置寛之
脳科学辞典      2016年3月   [査読有り][依頼有り]
Takahiro Furuta, Keiko Okamoto-Furuta, Hiroyuki Hioki
Neuromethods   110 267-275   2016年2月   [依頼有り]
© Springer Science+Business Media New York 2016.Anterograde tracing using Sindbis virus vector resolves several problems of conventional tracers. Usage of the Sindbis virus as a neural tracer prevents the axons passing through the injection site f...
Hiroyuki Hioki, Hisashi Nakamura, Takahiro Furuta
Neuromethods   110 247-266   2016年2月   [依頼有り]
© Springer Science+Business Media New York 2016.Elucidating neuronal circuits is fundamental issue for understanding how the brain works and implements higher-order functions. Various viral vectors have been developed and become valuable tools for...
ウイルスベクターを用いた遺伝子導入による単一ニューロン標識
日置寛之
細胞   47 46-49   2015年   [依頼有り]
日置寛之
Clin Neurosci   32(7) 743-746   2014年7月   [依頼有り]
パルブアルブミン発現皮質抑制性神経細胞に対する、細胞種特異的シナプス入力様式の解明
日置寛之
解剖学雑誌   89 41-42   2014年   [依頼有り]
松田和郎, 松田和郎, 古田貴寛, 薗村貴弘, 大原信司, 布施郁子, 武内重二, 山上達人, 安田宗義, 本間智, 中村公一, 日置寛之, 藤山文乃, 金子武嗣, 宇田川潤
機能的脳神経外科   51 60-66   2012年12月
倉本恵梨子, 古田貴寛, 日置寛之, 藤山文乃, 藤山文乃, 金子武嗣
顕微鏡   46(2) 125-131   2011年6月

講演・口頭発表等

 
大脳新皮質のグランドデザイン解読を目指して [招待有り]
日置寛之
「適応回路シフト」「記憶ダイナミズム」「マイクロ精神病態」 三領域合同若手シンポジウム   2016年12月21日   
大脳新皮質GABA細胞が構成する特異的ネットワーク構造 [招待有り]
日置寛之
第57回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2016年9月4日   
Basic architecture of neocortical circuits [招待有り]
日置寛之
LEICA MEETS SCIENCE   2016年6月14日   
かたちの意味 –形態解析から迫る神経機構の原理– [招待有り]
日置寛之
第121回日本解剖学会・全国学術集会   2016年3月30日   
Dual innervation modes of inhibitory inputs to vasoactive intestinal polypeptide-positive neurons in mouse primary somatosensory cortex [招待有り]
日置寛之
Neural Diversity and Neocortical Organization   2016年2月12日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
透明化技術を基軸とした全脳レベルから超微細構造レベルへのズームイン法の確立
AMED: 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 日置寛之
新規感染指向性の獲得に向けたアデノ随伴ウイルスキャプシド構造の改変
文部科学省: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年7月 - 2020年3月    代表者: 日置寛之
大脳新皮質の基本構築をシナプス結合則から読み解く
文部科学賞: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 日置寛之
マクロからミクロに至る多階層構造情報を束ねる観察・解析技術の基盤創成
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 日置寛之
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 日置 寛之
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 日置 寛之
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 日置 寛之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 日置 寛之
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 金子 武嗣
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 日置 寛之