平沢 達矢

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/08 17:11
 
アバター
研究者氏名
平沢 達矢
所属
国立研究開発法人理化学研究所
部署
神戸研究所 倉谷形態進化研究室
職名
研究員
学位
博士(理学)(東京大学)

プロフィール

古生物学者
2010年3月 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了,博士(理学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年11月
 - 
現在
理化学研究所 倉谷形態進化研究室 研究員
 
2013年4月
 - 
2014年11月
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員
 
2010年10月
 - 
2011年1月
University of Chicago Visiting Researcher
 
2010年4月
 - 
2013年3月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員DC1
 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程
 

受賞

 
2015年
日本進化学会 研究奨励賞
 
2013年8月
日本進化学会 第15回若手口頭発表賞最優秀賞
 
2013年1月
理化学研究所 基礎科学・国際特別研究員研究成果発表会 ポスター賞(生物学)
 
2010年3月
東京大学大学院理学系研究科 研究奨励賞(博士)専攻1位
 
2008年10月
Society of Vertebrate Paleontology Edwin H. and Margaret M. Colbert Award
 
2006年10月
Society of Vertebrate Paleontology Runner-up (2nd place winner) of Student Poster Prize
 

論文

 
Hirasawa T, Oisi Y, Kuratani S
Zoological Letters   2(20) 1-9   2016年9月   [査読有り]
Higashiyama H, Hirasawa T, Oisi Y, Sugahara F, Hyodo S, Kanai Y, Kuratani S
Journal of Morphology   277(9) 1146-1158   2016年5月   [査読有り]
Takechi M, Kitazawa T, Hirasawa T, Hirai T, Iseki S, Kurihara H, Kuratani S
Congenital Anomalies   56(1) 12-17   2016年1月   [査読有り]
Hirasawa T, Fujimoto S, Kuratani S
Development Growth and Differentiation   58(1) 143-153   2016年1月   [査読有り]
Hirasawa T, Pascual-Anaya J, Kamezaki N, Taniguchi M, Mine K, Kuratani S
Journal of Experimental Zoology Part B (Molecular and Developmental Evolution)   324(3) 194-207   2015年5月   [査読有り][招待有り]
Kitazawa T, Takechi M, Hirasawa T, Adachi N, Narboux-Nême N, Kume H, Maeda K, Hirai T, Miyagawa-Tomita S, Kurihara Y, Hitomi J, Levi G, Kuratani S, Kurihara H
Nature Communications   6 6853   2015年4月   [査読有り]
Hirasawa T, Kuratani S
Zoological Letters   1(2) 1-17   2015年1月   [査読有り]
Pascual-Anaya J, Hirasawa T, Sato I, Kuraku S, Kuratani S
International Journal of Developmental Biology   58(10/11/12) 743-750   2014年12月   [査読有り][招待有り]
Poelmann RE, Gittenberger-de Groot AC, Vicente-Steijn R, Wisse LJ, Bartelings MM, Everts S, Hoppenbrouwers T, Kruithof BP, Jensen B, de Bruin PW, Hirasawa T, Kuratani S, Vonk F, van de Put JM, de Bakker MA, Richardson MK
PLoS One   9 e106569   2014年9月   [査読有り]
Nagashima H, Hirasawa T, Sugahara F, Takechi M, Usuda R, Sato N, Kuratani S
Journal of Anatomy   223(6) 547-556   2013年9月   [査読有り]
Hirasawa T, Nagashima H, Kuratani S
Nature Communications   4 2107   2013年7月   [査読有り]
Hirasawa T, Kuratani S
Journal of Anatomy   222(5) 504-517   2013年3月   [査読有り]
Hirasawa T
Acta Palaeontologica Polonica   54(1) 49-59   2009年   [査読有り]
荻原 成騎, 平沢 達矢
Researches in Organic Geochemistry   23 131-138   2008年12月   [査読有り]

Misc

 
Kuratani S, Hirasawa T
Nature      2016年4月   [依頼有り]
カメの甲の起源と初期進化
平沢 達矢
生体の科学   66(3) 240-245   2015年6月
カメの甲の初期進化:約2億5000万年前に何がおきたのか?
平沢 達矢, Juan Pascual-Anaya, 倉谷 滋
細胞工学   33(2) 208-213   2014年2月   [依頼有り]
Society of Vertebrate Paleontology 第70回年会参加報告
平沢 達矢
化石   89 63-66   2011年3月   [査読有り]
平沢 達矢
科学   80(11) 1091-1097   2010年11月
http://www.cdb.riken.jp/emo/japanese/pubj/pdf/Hirasawa_10.pdf
小寺 千絵, 池内 桃子, 岩崎 渉, 榎戸 輝揚, 生出 秀行, 音野 瑛俊, 佐々木 浩, 砂田 麻里子, 手塚 真樹, 豊田 丈典, 永村 直佳, 浜地 貴志, 平沢 達矢, 松尾 信一郎, 宮武 広直, 横山 広美
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication   6 69-81   2009年9月   [査読有り]
報告

書籍等出版物

 
平沢達矢, Juan Pascual-Anaya, 倉谷滋 (担当:分担執筆, 範囲:カメの甲の初期進化:約2億5000万年前に何が起きたのか?)
学研メディカル秀潤社   2015年8月   ISBN:4780909228
モンゴル恐竜化石展図録
平沢 達矢 (担当:分担執筆, 範囲:恐竜たちが吸っていた空気)
大阪市立自然史博物館   2012年11月   
恐竜博2011(国立科学博物館)図録
平沢 達矢 (担当:分担執筆)
朝日新聞社   2011年7月   
小林 快次, 小田 隆, 平山 廉, カレン カー, 田渕 良二, ゲイリー スターブ, 徳川 広和 (担当:分担執筆)
学習研究社   2008年8月   ISBN:4054036228
小林 快次 (担当:分担執筆)
日本放送出版協会   2006年7月   ISBN:4144071448
David E.Fastovsky, David B.Weishampel (真鍋真, 藤原慎一, 平沢達矢, 久保泰 訳)
丸善   2006年7月   ISBN:4621077341

講演・口頭発表等

 
Evolutionary origin of the diaphragm [招待有り]
Hirasawa T, Fujimoto S, Kuratani S
Symposium: Paleo Evo-Devo: the New Science of the Very Old at the 76th Annual Meeting, Society of Vertebrate Paleontology (Salt Lake City, UT)   2016年10月28日   
シンポジウム「進化における発生の役割」(企画者)
平沢 達矢
日本進化学会第18回東京大会   2016年8月26日   
Developmental basis behind the evolutionary origin of the diaphragm
Hirasawa T, Fujimoto S, Kuratani S
11th International Congress of Vertebrate Morphology (Washington DC, USA)   2016年7月2日   
古生物学と発生学をつなぐ [招待有り]
平沢 達矢
京都大学大学院理学研究科生物科学専攻生物多様性コロキウム   2015年11月10日   
Timing of skeletal muscle development during primary body wall transformation in amniotes
Hirasawa T, Fujimoto S, Kuratani S
CDB Symposium 2015 (Kobe, Japan)   2015年3月25日   
Development of the vertebral column in amphibians reveals mechanisms for evolutionary transition from water to land
Böhmer C, Hirasawa T, Kuratani S, Fröbisch N
74th Annual Meeting, Society of Vertebrate Paleontology (Berlin, Germany)   2014年11月5日   
Evolutionary origin of the diaphragm: a novelty acquired by homeotic duplication of shoulder muscles [招待有り]
Hirasawa T
Symposium at the 16th Annual Meeting of the Society of Evolutionary Studies, Japan: Evolutionary Developmental Changes Behind Novel Adaptations (Osaka, Japan)   2014年8月22日   
Positions of hearts and their surrounding muscles: problems of evolutionary origins of the neck and the diaphragm [招待有り]
Hirasawa T
1st International Meeting of Evolutionary Developmental Biology of Heart and Head Muscles (Washington DC, USA)   2014年5月12日   
The evolutionary derivation of the diaphragm from a shoulder muscle: a new hypothesis
Hirasawa T, Kuratani S
10th International Congress of Vertebrate Morphology (Barcelona, Spain)   2013年7月   
Ribcage anatomy, skeletal constraint and kinematics in extant and extinct archosaurs
Claessens LPAM, Hirasawa T
Society of Vertebrate Paleontology (Pittsburgh, PA)   2010年10月   
The evolution of ribcage anatomy and breathing function in the Mesozoic theropods
Hirasawa T
Society of Vertebrate Paleontology (Pittsburgh, PA)   2010年10月   
Reconstruction of ribcage kinematics in the tyrannosaurid and other non-avian theropod dinosaurs, based on fossil skeletons
Hirasawa T
9th International Congress of Vertebrate Morphology (Punta del Este, Uruguay)   2010年7月   
The evolution of ribcages in Mesozoic theropods: an analysis of skeletal elements using parsimony
Hirasawa T
Society of Vertebrate Paleontology (Cleveland, OH)   2008年10月   
Evolution of breathing mechanisms in Mesozoic theropods.
Hirasawa T
3rd International Symposium of the IGCP Project No. 507 (Ulaanbaatar, Mongolia)   2008年8月   
The ribcage of tyrannosaurid dinosaurs and an interpretation of potential breathing mechanisms
Hirasawa T
8th International Congress of Vertebrate Morphology (Paris, France)   2007年7月   
Kinematics of theropod rib cages and their implications for the respiratory systems
Hirasawa T
Society of Vertebrate Paleontology (Ottawa, Canada)   2006年10月   

Works

 
国立科学博物館 地球館地下1階展示室解説映像出演
平沢 達矢   教材   2015年
国立科学博物館等 特別展・生命大躍進 解説パネル
平沢 達矢   教材   2015年
国立科学博物館 地球館地下1階展示室解説ポスター
平沢 達矢   教材   2010年
国立科学博物館所蔵タルボサウルス骨格標本組み立て監修
平沢 達矢   その他   2009年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 平沢 達矢
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 平沢 達矢
武田科学振興財団: ビジョナリーリサーチ助成
研究期間: 2013年       代表者: 平沢 達矢
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 平沢 達矢
Jurassic Foundation: Research Grant
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: Hirasawa, T

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻(博士課程)
 
2007年3月
 - 
2005年4月
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻(修士課程)
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学 理学部 地学科(地質学・鉱物学)
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学 教養学部 理科II類
 

社会貢献活動

 
日経産業新聞「次世代の先導者」
【インタビュイー】  日本経済新聞社  日経産業新聞  2016年6月16日
月刊科学雑誌Newton・特集「地球と生命:46億年をさかのぼる旅」
【取材協力】  Newton Press  Newton (ニュートン)  2015年5月26日
【インタビュイー】  理化学研究所  理研ニュース  2014年2月5日
中生代獣脚類恐竜から探る鳥類のからだの起源
【講師】  杉並区立科学館  自然科学ワークショップ「地球環境と生物多様性の変動史part 2」  2011年2月11日

その他

 
[Museum Collections Studied]
American Museum of Natural History, New York, USA
Black Hills Institute of Geological Research, Hill City, South Dakota, USA
Field Museum of Natural History, Chicago, Illinois, USA
Hayashibara Museum of Natural Sciences, Okayama, Japan
Institute of Vertebrate Paleontology and Paleoanthropology, Chinese Academy of Sciences, Beijing, China
Kanagawa Prefectural Museum of Natural History, Kanagawa, Japan
Las Hoyas Collection, Museo de las Ciencias de Castilla-La Mancha, Cuenca, Spain
Mongolian Paleontological Center, Ulaanbaatar, Mongolia
Muséum National d’Histoire Naturelle, Paris, France
Museum of Comparative Zoology, Harvard University, Cambridge, USA
Museo Argentino de Ciencias Naturales “Bernardino Rivadavia”, Buenos Aires, Argentina
Natural History Museum, London, United Kingdom
National Museum of Natural History, Washington DC, USA
National Science Museum, Tokyo, Japan
Ohio University, Athens, Ohio, USA
Royal Tyrrell Museum of Palaeontology, Drumheller, Canada
University Museum, Tohoku University, Sendai, Japan
University Museum, the University of Tokyo, Tokyo, Japan
University of Chicago, Chicago, Illinois, USA
[Major Field Experience]
Japan-Mongolian Joint Paleontological Expedition (JMJPE); Lower Cretaceous of East Gobi, Mongolia (September, 2008)
Lower Cretaceous of Omoto Region, Iwate, Japan (June – November, 2004)