太田 大樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/17 12:53
 
アバター
研究者氏名
太田 大樹
 
オオタ ヒロキ
eメール
ootaucjt.teikyo-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10712432.ja.html
所属
帝京大学
部署
医療技術学部 柔道整復学科
職名
助教
学位
博士(医学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
帝京大学 医療技術学部 柔道整復学科 助教
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学大学院 医学系研究科 細胞情報医学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
名古屋大学大学院 医学系研究科 リハビリテーション療法学専攻
 
2003年4月
 - 
2007年3月
信州大学 医学部保健学科 理学療法学専攻  
 

論文

 
EP2 receptor plays pivotal roles in generating mechanical hyperalgesia after lengthening contractions
Ota H, Katanosaka K, Murase S, Furuyashiki T, Narumiya S, Mizumura K
Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports   (in press)   2017年7月   [査読有り]
伸張性収縮直後の超音波照射による遅発性筋痛への鎮痛効果の可能性
榎並大樹, 大木祥平, 黒澤隼人, 小竹佑磨, 中山誉也, 太田大樹
帝京大学医療技術学部紀要   6 (in press)   2017年7月   [査読有り]
Ota H, Katanosaka K, Murase S, Kashio M, Tominaga M, Mizumura K
PLoS One   8 e65751   2013年6月   [査読有り]
Murase S, Terazawa E, Hirate K, Yamanaka H, Kanda H, Noguchi K, Ota H, Queme F, Taguchi T, Mizumura K
The Journal of physiology   591 3035-3048   2013年6月   [査読有り]
Taguchi T, Ota H, Matsuda T, Murase S, Mizumura K
Pain   151 771-782   2010年12月   [査読有り]

Misc

 
太田大樹
日本生理学雑誌   78(6) 142-143   2016年9月
能動的学習習慣獲得のための授業例
太田大樹
帝京大学ラーニングテクノロジー開発室年報   13 91-94   2016年7月
遅発性筋痛におけるTRPチャネルV1, V4の役割
太田大樹, 片野坂公明, 村瀬詩織, 加塩麻紀子, 富永真琴, 水村和枝
日本運動器疼痛学会誌   5(3) 5043   2013年12月
遅発性筋痛発生にEP2受容体が寄与する
太田大樹, 水村和枝
Pain Research   27(2) 97   2012年7月
遅発性筋痛に対するTRPV1, V4の関与について―ノックアウトマウスを用いた検討―
太田大樹, 那須輝顕, 加塩麻紀子, 富永真琴, 水村和枝
日本生理学雑誌   73(5) 131   2010年10月
繰り返し寒冷ストレスの運動時筋血流増大反応への影響
那須輝顕, 堀田典生, 太田大樹, 水村和枝
日本生気象学会雑誌   46(3) 5014   2009年10月
Aging reduced mechanical sensitivity of unmyelinated afferents electrically identified in the rat skin-saphenous nerve preparations in vitro
Taguchi T, Ota H, Matsuda T, Murase S, Mizumura K
Neuroscience Research   65(Suppl) 215   2009年9月
ラット皮膚における機械感受性C線維受容器活動の加齢による影響
田口徹, 太田大樹, 松田輝, 村瀬詩織, 水村和枝
Pain Research   24(2) 94   2009年7月
遅発性筋痛に関与するEP受容体の検討
太田大樹, 田口徹, 那須輝顕, 水村和枝
Pain Research   24(2) 92   2009年7月
Decreased sensitivity to heat by aging in mechanically sensitive cutaneous C-fibers recorded from rat skin-saphenous nerve preparations in vitro
Taguchi T, Matsuda T, Murase S, Ota H, Mizumura K.
The Journal of Physiological Sciences   59(Suppl) 379   2009年7月
遅発性筋痛におけるCOX-1およびEP受容体の関与について
太田大樹, 妹尾詩織, 水村和枝
日本生理学雑誌   71(5) 201   2008年10月

講演・口頭発表等

 
遅発性筋痛に対する超音波照射の鎮痛効果
太田大樹、榎並大樹、黒澤隼人、小竹佑磨、中山誉也、大木祥平
第9回日本運動器疼痛学会   2016年11月   
遅発性筋痛に対する超音波照射の有効性
榎並大樹、黒澤隼人、小竹佑磨、中山誉也、太田大樹
第25回日本柔道整復接骨医学会学術大会   2016年11月   
遅発性筋痛におけるプロスタグランジン受容体の関与 [招待有り]
太田大樹
第3回筋性疼痛研究会   2016年1月   
遅発性筋痛発症に対するEP2受容体の関与
太田大樹、片野坂公明、村瀬詩織、成宮周、水村和枝
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
Identification of silent nociceptors responsible for pathological muscle pain
Matsubara T, Ota H, Ozaki N, Yamanaka A, Mizumura K, Taguchi T
第7回名古屋グローバルリトリート   2015年2月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
骨格筋新規侵害受容器の活性化機構の解明
公益財団法人中冨健康科学振興財団: 研究助成金
研究期間: 2015年3月       代表者: 太田 大樹
骨格筋における「非活動性侵害受容器」の解明
公益財団法人上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2015年1月       代表者: 太田 大樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 太田 大樹

社会貢献活動

 
痛みとの向き合い方~慢性的な痛みとその治療アプローチ~
【講師】  宇都宮市役所  宇都宮市民大学  2015年12月15日
模擬講義「神経のカラクリを運動に取り入れよう!」
【講師】  帝京大学宇都宮キャンパスオープンキャンパス  2015年7月19日
体験型イベント『生理学的に効果的なストレッチを考えよう』
【実演】  帝京大学宇都宮キャンパスオープンキャンパス  2014年8月3日
運動後の筋肉痛の発症メカニズム~ミクロの視点から~
【講師】  作新学院高校総合進学部「出張講義」  2013年11月15日
運動後の筋肉痛の発症メカニズム~ミクロの視点から~
【講師】  宇都宮南高等学校「出張講義」  2013年10月24日

その他

 
2007年5月
理学療法士免許取得(登録番号:第62668号)
2009年3月
トータルヘルスプランナー(THP)認定(第7号、名古屋大学)