廣瀬 英雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/17 07:49
 
アバター
研究者氏名
廣瀬 英雄
URL
http://hirose.cc.it-hiroshima.ac.jp
所属
広島工業大学
部署
環境学部建築デザイン学科
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学)
その他の所属
データサイエンス研究センター

プロフィール

専門分野としてはデータサイエンスに興味を持っています。具体的には、寿命モデルや統計的パラメータ推定。データマイニング、機械学習など。大学教育の方法論などにも興味があります。最近工学系から芸術系にシフトして統計を教えていて新鮮。キーワードは、「trunsored model」トランザードモデル、「bump hunting」バンプ探索、「recommendation system」推薦システム、「pandemic simulation」パンデミックシミュレーション、新型インフルエンザ予測、「item response theory」IRT、「homotopy」ホモトピー法など。奇想天外デザインコンテスト主催。IEC/TC112 国際エキスパート。「愛あるって」というオンラインアダプティブIRTシステムと大学教科書との連携を行っています。広島工大では、アダプティブオンラインIRTを用いたテスティングシステム、フォローアップシステムを構築し運用中です。全学生対象CBT利用の教育支援システムです。@hirosehideo。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
広島工業大学 環境学部建築デザイン学科 教授
 
2015年10月
 - 
現在
広島工業大学 データサイエンス研究センター センター長
 
2015年7月
 - 
現在
九州工業大学情報工学部名誉教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
広島工業大学 環境学部環境デザイン学科 教授
 
1998年
 - 
2015年
九州工業大学情報工学部 教授
 
2008年
   
 
九州工業大学大学院情報工学研究院システム創成情報工学研究系 教授
 
2006年
 - 
2007年
九州工業大学情報工学部 システム創成情報工学科長
 
2005年
 - 
2006年
九州工業大学情報工学部 システム創成情報工学科長
 
2004年
 - 
2005年
 九州工業大学情報工学部 副学部長
 
2003年
 - 
2004年
 九州工業大学 評議員
 
2003年
   
 
 九州工業大学情報工学部 制御システム工学科長
 
2001年
 - 
2002年
 九州工業大学情報工学部 制御システム工学科長
 
1995年
 - 
1998年
 広島市立大学情報科学部情報数理学科 教授
 
1988年
 - 
1995年
 (株)高岳製作所, 技術本部 副技師長
 
1991年
 - 
1992年
 三重大学工学部情報工学科 非常勤講師
 
1989年
 - 
1990年
 スタンフォード大学統計学科 研究員
 
1986年
 - 
1988年
 (株)高岳製作所, 技術本部, 数値情報センター センター長, 首席研究員
 
1977年
 - 
1986年
 (株)高岳製作所 研究員
 

受賞

 
2015年
電気学会 優秀論文発表賞 アダプティブオンラインIRTによる大学数学教育への準備
受賞者: 野口, 大山, 桑幡, 作村, 田上, 廣瀬
 
2014年
Certificate of Merit
 
2014年
Best Paper Award
 
2014年
第1回データビジネス創造コンテスト未来創造賞
 
2013年
IEEE Reliability Society Japan Chapter 論文賞
 
2013年
九州工業大学 職員評価表彰(特に優れている)
 
2012年
IEEE Reliability Society Japan Chapter Awards(学術奨励賞)
 
2012年
日本信頼性学会奨励賞
 
2011年
日本信頼性学会設立20周年「記念論説(提言)」 優秀賞
 
2010年
九州地区における若手OR研究交流会2010ロングトーク部門
 
2010年
九州地区における若手OR研究交流会2010ショートトーク部門
 
2010年
最優秀論文賞 Int Conf Comp & Adv Tech in Education
 
2010年
日本信頼性学会2009年度優秀記事コラム賞
 
2009年
CIEC論文賞
 
2006年
IEEE Reliability Society Japan Chapter Awards(Best Paper)
 
1988年
電気学会学術振興論文賞
 
1985年
技術奨励大賞
 
1983年
技術功績賞
 

論文

 
Rediscovery of Initial Habituation Importance Learned from Analytics of Learning Check Testing in Mathematics for Undergraduate Students
   2017年7月   [査読有り]
A Bias Reduction of Abilities for Adaptive Online IRT Testing Systems
International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence   1(1) 59-72   2017年4月   [査読有り]
Dually Adaptive Online IRT Testing System
Bulletin of Informatics and Cybernetics Research Association of Statistical Sciences   48(1) 1-17   2016年12月   [査読有り]
災害による被害拡大の予測について―感染症流行の予測を中心に―
廣瀬 英雄
IEICE Fundamentals Review   10(4) 1-9   2017年4月   [査読有り][招待有り]
Meticulous Learning Follow-up Systems for Undergraduate Students Using the Online Item Response Theory
5th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments (LTLE2016)   427-432   2016年   [査読有り]
Questions and Answers Database Construction for Adaptive Online IRT Testing Systems: Analysis Course and Linear Algebra Course
5th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments (LTLE2016)   433-438   2016年   [査読有り]
Learning Analytics to Adaptive Online IRT Testing Systems ``Ai Arutte'' Harmonized with University Textbooks
5th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments (LTLE2016)   439-444   2016年   [査読有り]
Evaluation of Abilities by Grouping for Small IRT Testing Systems
5th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments (LTLE2016)   445-449   2016年   [査読有り]
Bias Reduction of Abilities for Adaptive Online IRT Testing Systems
5th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments (LTLE2016)   450-455   2016年   [査読有り]
An Active Learning Method using the Problem of Optimum Saury Layout on a Gridiron by Using the Interdisciplinary Scientific Methods
International Conference on Electrical Engineering 2016 (ICEE2016)   1-6   2016年   [査読有り]
Matrix Approach for the Seasonal Infectious Disease Spread Prediction
IEICE   E98-A(10) 2010-2017   2015年10月   [査読有り]
Foundation of Mathematical Deterioration Models for the Thermal Stress
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   22(1) 482-487   2015年2月   [査読有り]
Optimum and Semi-optimum Life Test Plans of Electrical Insulation for Thermal Stress
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   22(1) 488-494   2015年2月   [査読有り]
Optimum Life Test Plan under the Thermal Stress Deterioration Using the Mechanical Strength
ACIS International Conference on Computational Science and Intelligence 2015 (CSI2015)   1-6   2015年   [査読有り]
A Probabilistic Solution for the Mystery of Japanese Blood Type Prediction Accuracy
The Fifth Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences (ACP2015)      2015年   [査読有り]
Monthly Maximum Accumulated Precipitation Forecasting using Local Precipitation Data and Global Climate Modes
Junaida Sulaiman, Herdianti Darwis, and Hideo Hirose   18(6) 999-1006   2014年11月   [査読有り]
NNRMLR3: Further Improved Combination Method of Nearest Neighbor Regression and Multiple Linear Regression
2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2014)      2014年   [査読有り]
Dually Adaptive Online IRT Testing System to the Large Scale Data
2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2014)      2014年   [査読有り]
Early Risk Detection Analysis using the PoP, Prediction on Predictions
2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2014)      2014年   [査読有り]
Seasonal Infectious Disease Spread Prediction via the Large Scale Matrix Approach
2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2014)      2014年   [査読有り]
Prediction on Predictions with Application to Infectious Disease Spread Analysis
The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2013年   [査読有り]
Bias Correction of Tradeoff Curve in the Bump Hunting Using the Tree-GA
The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2013年   [査読有り]
An Avian Influenza Mathematical Model
The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2013年   [査読有り]
Prediction of Infectious Disease Spread using Twitter: A Case of Influenza
the 5th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms and Programming (PAAP'12)   100-105   2013年   [査読有り]
F. Zaman, H. Hirose
ARTIFICIAL INTELLIGENCE REVIEW      2012年
F. Zaman, Monira S.S., H. Hirose
Intelligent Information and Database Systems 4th Asian Conference, ACIIDS 2012   7196 291-300   2012年
DF-ReaL2Boost: A Hybrid Decision Forest with Real L2Boosted Decision Stumps
F. Zaman, S. Sumi, H. Hirose
Recent Progress in Data Engineering and Internet Technology      2012年
A Comparative Study in the Bump Hunting between the Tree-GA and the PRIM
Hideo Hirose, Genki Koga
International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2012)      2012年
Item Response Prediction for Incomplete Response Matrix Using the EM-type Item Response Theory with Application to Adaptive Online Ability Evaluation System
H. Hirose, T. Sakumura
IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering   8-12   2012年
H. Hirose
European Journal of Operational Research   223(3) 722-731   2012年
NNRMLR: A Combined Method of Nearest Neighbor Regression and Multiple Linear Regression
Hideo Hirose, Yusuke Soejima, Kei Hirose
6th International Workshop on e-Activity   351-356   2012年
A rainfall forecasting method using machine learning models and its application to Fukuoka city case
S. Monira SUMI, M. Faisal ZAMAN, Hideo HIROSE
International Journal of Applied Mathematics and Computer Science   22(4)    2012年
Prediction of Infectious Disease Spread using Twitter: A Case of Influenza
Hideo Hirose, Liangliang Wang
5th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms and Programming      2012年
An Application of Artificial Neural Networks for Forecasting Heavy Precipitation
Sulaiman Junaida, Hideo Hirose
7th International Conference on Computing and Convergence Technology      2012年
The Extended Cumulative Exposure Model (ECEM) and Its Application to Oil Insulation Test
H. Hirose, T. Sakumura
IEEE Trans., RELIABILITY   61(3) 625-633   2012年
An optimal test design to evaluate the ability of an examinee by using the stress-strength model
廣瀬 英雄
Journal of Statistical Computation and Simulation   81(1) 79-87   2011年
Validities of The Signed and Unsigned Lecture Questionnaires using the Item Response Theory
廣瀬 英雄
The 9th Annual Hawaii International Conference on Education      2011年
DF-ReaL2Boost: A Hybrid Decision Forest with Real L2Boosted Decision Stumps - An Application to Credit Scoring Classification and Short Term Rainfall Forecasting
F. Zaman,S.M. Sumi,and H. Hirose
2011International Conference on Data Engineering and Internet Technology (DEIT 2011)   PID728    2011年
A Novel Hybrid Forecast Model with Weighted Forecast Combination with Application to Daily Rainfall Forecast of Fukuoka City
S.M. Sumi, F. Zaman, and H. Hirose
LNAI 6592   262-271   2011年
Estimation of Optimal Sample Size in Decision Forest of SVM with Embedded Cross-validation Method
F. Zaman, H. Hirose
LNAI 6592   272-281   2011年
Parameter Estimation for the Truncated Weibull Model Using the Ordinary Differential Equation
H. Hirose
International Conference on Computers, Networks, Systems, and Industrial Engineering (CNSI 2011)   396-399   2011年
感染病拡大予測モデルとその考察
廣瀬,松隈,作村
情報処理学会論文誌, 数理モデル化と応用   4(3) 102-109   2011年
A Neural Network Ensemble Incorporated with Dynamic Variable Selection For Rainfall Forecast
Sumi S. Monira, Zaman M. Faisal, H. Hirose
International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2011)   7-12   2011年
Zaman M. Faisal, H. Hirose
New Generation Computing   29(3) 277-292   2011年
An Adaptive Ensemble Method for Quantitative Rainfall Forecast
Sumi S. Monira, Zaman M. Faisal, H. Hirose
SICE2011   WeA07-02 149-154   2011年
Bump Hunting using the Tree-GA
H. Hirose
Information   14(10) 3409-3424   2011年
Validities of the Signed and Unsigned Lecture Questionnaires Using the Item Response Theory
H. Hirose
US-China Education Review   1(5) 627-635   2011年
H. Hirose, F. Zaman
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   18(5) 1584-1590   2011年
Auction Price Estimation for Used Cars by Regression Methods
Y. Soejima, H. Hirose
Joint Meeting of the Korea-Japan Conference of Computational Statistics and the 25th Symposium of Japanese Society of Computational Statistics   9-12   2011年
An Adaptive Online Ability Evaluation System Using the Item Response Theory
T. Sakumura, T. Kuwahata and H. Hirose
Education& e-Learning (EeL2011)   51-54   2011年
Assessment of the Trade-off Curve Accuracy in the Bump Hunting Using the Tree-GA
廣瀬 英雄
The 3rd International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining   597-600   2010年
Test Evaluation System Via The Web Using The Item Response Theory
H. Hirose and T. Sakumura
8th annual Hawaii International Conference on Education      2010年
S. Okabe,T. Tsuboi,G. Ueta,J. Takami,H. Hirose
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   17(1) 2-4   2010年
H. Hirose and F. Zaman
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   17(1) 271-279   2010年
A Comparative Study on the Performance of Several Ensemble Methods with Low Subsampling Ratio
F. Zaman,H. Hirose
The 2nd Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2010)   LNAI 5991 320-329   2010年
On Selecting Additional Classifier Models in Double Bagging Type Ensemble Method
F. Zaman,H. Hirose
The 2010 International Conference on Computational Science and Its Applications (ICCSA 2010)   199-208   2010年
Test evaluation system via the Web using the item response theory
T. Sakumura,H. Hirose
Information   13(3) 647-656   2010年
G. Ueta,T. Tsuboi,J. Takami,S. Okabe,H. Hirose
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   17(4) 1336-1345   2010年
An Accurate Ability Evaluation Method for Every Student with Small Problem Items Using The Item Response Theory
H. Hirose and T. Sakumura
the International Conference on Computer and Advanced TEchnology in Education (CATE 2010)   865-868   2010年
Student Ability Evaluation using the Stress-Strength Model When Ability is the Random Variable
T. Sakumura and H. Hirose
the 2010 International Congress on Computer Applications and Computational Science (CACS 2010)   865-868   2010年
Comparison of Artificially Intelligent Methods in Short Term Rainfall Forecast
Sumi S. Monira,Zaman M. Faisal,H. Hirose
the 13th International Conference on Computer And Information Technology (ICCIT 2010)   PID728    2010年
Estimation for the size of fragile population in the trunsored and truncated models with application to the confidence interval for the case fatality ratio of SARS
廣瀬 英雄
Information   12(1) 33-50   2009年
An optimal test design to evaluate the ability of an examinee using the stress-strength model and the up-and-down method
H. Hirose and T. Sakumura
8th Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields      2009年
The pandemic simulations by the combination of the SEIR and the MAS models
H. Hirose and Y. Toyosaka
8th Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields      2009年
A new double bagging via the support vector machine with application to the condition diagnosis for the electric power apparatus
F. Zaman,H. Hirose
International Conference on Data Mining and Applications (ICDMA'09)"   654-660   2009年
Estimation for the parameters in the step-up voltage test under the Weibull power law model
K. Tsuru and H. Hirose
International Conference on Electrical Engineering (ICEE'09)   1402-1406   2009年
Double SVMBagging: A new double bagging with support vector machine
F. Zaman and H. Hirose
Engineering Letters   17(2) 128-140   2009年
Estimation for the Weibull power law parameters in the step-up voltage test
K. Tsuru and H. Hirose
Engineering Letters   17(2) 141-145   2009年
Y. Toyosaka,H. Hirose
IEICE Transactions on Fundamentals   E92-A(7) 1558-1562   2009年
電力機器の異常状態同定における同定精度
廣瀬,鶴,北村,坪井,岡部
日本信頼性学会誌   31(5) 371-376   2009年
Evaluation of the trade-off curve in the bump hunting using the tree genetic algorithm
廣瀬 英雄
1st IMS Asia Pacific Rim Meetings   166-166   2009年
An experimental study on a new ensemble method using robust and order statistics
F. Zaman,H. Hirose
The 2009 International Conference on Data Mining (DMIN'09)   333-339   2009年
Pandemic simulations by MADE: a combination of multi-agent and differential equations
Y. Toyosaka and H. Hirose
The 2009 International Conference on Parallel & Distributed Processing Techniques & Applications (PDPTA2009)   331-335   2009年
T. Tsuboi,S. Okabe,J. Takami,and H. Hirose,K. Tsuru
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   16(5) 1393-1396   2009年
Pandemic simulations by MADE: the hybrid of multi-agent and differential equations
Y. Toyosaka and H. Hirose
Asia Simulation Conference 2009 (JSST2009)      2009年
Test Evaluation System via Web using the Item Response Theory
T. Sakumura and H. Hirose
The Fifth International Conference on Information" INFO2009   112-115   2009年
Recommendation systems and their preference prediction algorithms in a large-scale database
S. Takimoto and H. Hirose
Information   12(5)    2009年
H. Hirose,K. Tsuru,T. Tsuboi,and S. Okabe
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   16(6) 1755-1760   2009年
An optimal test design to evaluate the ability of an examinee by using the stress-strength model
廣瀬 英雄
Journal of Statistical Computation and Simulation      2009年
Effect of subsampling rate on subbagging and related ensembles of stable classifiers
F. Zaman,H. Hirose
3rd International Conference on Pattern Recognition and Machine Learning (PReMI'09)   331-335   2009年
The accuracy of the trade-off curve in the bump hunting
H. Hirose,T. Yukizane,T. Deguchi
7th Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields      2008年
決定木とワイブルべき乗則とを組み合わせた電力ケーブルの劣化要因分析とその余寿命推定
廣瀬,鶴
信頼性   30    2008年
Robust bagging algorithm in small sample classification
F. Zaman,H. Hirose
The 3rd International Nonlinear Sciences Conference (INSC)      2008年
A Robust Bagging Method Using Median as a Combination Rule
F. Zaman,H. Hirose
IEEE 7th International Conference on Computer and Information Technology 2008 (CIT2008)   55-60   2008年
Accuracy assessment for the trade-off curve and its upper bound curve in the bump hunting using the new tree genetic algorithm
H. Hirose,T. Yukizane and F. Zaman
7th World Congress in Probability and Statistics   159-159   2008年
項目反応理論による評価を加味した数学テストとe-learningシステムへの実装の試み
月原,鈴木,廣瀬
コンピュータ&エデュケーション(CIEC)   24 70-76   2008年
Diagnosing the Electric Power Apparatuses using the Decision Tree Method
H. Hirose,M. Hikita,S. Ohtsuka,S. Tsuru and J. Ichimaru
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   15(5) 1252-1261   2008年
The consistency between the two kinds of pandemic simulations of the SEIR model and the MAS model
Y. Toyosaka and H. Hirose
ICCCS2008, International Conference on Computers, Communications and Systems   89-92   2008年
A New Bagging Method using Four Ms with Application to Linear Classifiers
F. Zaman,H. Hirose
IASC2008, the Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASC on Computational Statistics & Data Analysis   1777-1785   2008年
A new multiple classifier system design based on subsampling and validation step
F. Zaman,H. Hirose
International Conference on Recent Development in Statistical Sciences   248-253   2008年
Assessment of the prediction accuracy in the bump hunting procedure
H. Hirose,S. Ohi,T. Yukizane
6th Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields      2007年
Estimation for the number of fragile samples in the trunsored and truncated models with application to the case fatality ratio for the infectious diseases
廣瀬 英雄
6th Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields      2007年
廣瀬 英雄
European Journal of Operational Research   177(1) 406-419   2007年
S. Nadarajar,S. Kotz,and H. Hirose
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   3(1) 43-55   2007年
The mixed trunsored model with applications to SARS
廣瀬 英雄
Mathematics and Computers in Simulation   74(6) 443-453   2007年
The bump hunting method and its accuracy using the genetic algorithm with application to real customer data
Hirose,H.,Yukizane,T.,and Deguchi,T.
7th International Conference on Computer and Information Technology   128-132   2007年
The Bump Hunting Using the Decision Tree Combined with the Genetic Algorithm: Extreme-value Statistics Aspect
Hirose,H.,Yukizane,T.
7th International Conference on Machine Learning and Data Analysis   713-717   2007年
A Bump Hunting Method and Its Accuracy Using the Decision Tree with the Genetic Algorithm
Hirose,H.,Deguchi,T.,Yukizane,T.
The INFORMS Annual Meeting 2007      2007年
The bump hunting method using the genetic algorithm and the extreme-value statistics with application to a messy customer database
H. Hirose,T. Yukizane,E. Miyano
5th Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields      2006年
Mixed trunsored model of Type II with application to the lifetime estimation of malcondition items
廣瀬 英雄
5th Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields      2006年

Misc

 
川崎 英文, 来嶋 秀治, 平山 克己, 廣瀬 英雄
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   61(2) 112-115   2016年2月
廣瀬 英雄
広島工業大学紀要. 教育編   15 39-43   2016年2月
The item response theory (IRT) is often used in modern educational evaluation scene. However, if the two groups are different from each other, the estimated IRT parameters such as item difficulty parameters, discriminant parameters, and students' ...
廣瀬 英雄
広島工業大学紀要. 教育編   15 25-33   2016年2月
To undergraduate mathematics classes, flipped classrooms were performed. The theme is an application for the Taylor expansion to find the approximate probabilities for a normal distribution. There is a critical issue in applying the Taylor expansi...
廣瀬 英雄
広島工業大学紀要. 教育編   15 35-38   2016年2月
It is considered to be difficult to design mathematics lectures for undergraduate classes if a variety of students exist in the same class. To grasp the structure of the classes as early as possible, placement tests are often performed. Using the ...
廣瀬 英雄, 中倉 章祥
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2015 138-139   2015年9月
小柳 祐貴, 廣瀬 英雄
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2015 136-137   2015年9月
作村,徳永,廣瀬
情報処理学会論文誌, 数理モデル化と応用   7(2) 17-26   2014年11月
項目反応理論(IRT)は,あるテストの問題を受験者が解答したときの解答パターンのマトリクスから,テストの問題項目特性値および受験者能力評価値を推定することができる.IRTは通常,すべての問題に全員が解答している完全マトリクスを用いるが,ここでは未解答部分を含む不完全マトリクスにIRTが適用できるEMタイプIRTを提案する.まず,テストの問題項目特性および受験者能力が分かっているときに不完全マトリクスを模擬したデータを用いて,提案法が元のパラメータを再現できることを確認し,次に実際に行ったテ...
廣瀬 英雄, 愛澤 優
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (28) 69-72   2014年11月
田淵 直樹, 廣瀬 英雄
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   114(256) 31-36   2014年10月
製品の寿命を測定する場合,実際に使用する条件下では故障までに長時間かかるため,試験時間を短縮させる目的で実使用時に比べて厳しいストレスを加え,製品の劣化を加速させる加速劣化試験により実使用での寿命予測を行っている.ここでは,温度劣化試験において,アレニウス則の下での寿命の確率分布を3つ仮定し,指定された温度での試験片の最適配分を求めるシミュレーションを行った.確率分布には,正規分布,一般化ロジスティック分布,一般化パレート分布を考えた.いくつかの素子の最小値で寿命が決まるような分布は極値分...
瀬口 竜大, 佐藤 大樹, 是成 裕太, 小林 史典, 小林 順, 廣瀬 英雄
工学教育研究講演会講演論文集   26(62) 624-625   2014年8月
徳貞 美子, 作村 建紀, 廣瀬 英雄
日本計算機統計学会大会論文集   (28) 49-52   2014年5月
Dually Adaptive Online IRT Testing System with Application to High-School Mathematics Testing Case
Hirose, Hideo; Aizawa, Yu; Tokusada, Yoshiko; Noguchi, Kazuhisa
Proceedings of 2014 IEEE International Conference on Teaching, Assessment and Learning for Engineering      2014年
A Simulation Study to the Dually Adaptive Online IRT Testing System
Hirose, Hideo; Tokusada, Yoshiko
Proceedings of 2014 IEEE International Conference on Teaching, Assessment and Learning for Engineering      2014年
Automatically Growing Dually Adaptive Online IRT Testing System
Hirose, Hideo; Aizawa, Yu
Proceedings of 2014 IEEE International Conference on Teaching, Assessment and Learning for Engineering      2014年
Optimum and Semi-optimum Life Test Plans of Electrical Insulation for Thermal Stress
Hideo HIROSE, Takenori SAKUMURA, and Naoki TABUCHI
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation      2014年
Foundation of Mathematical Deterioration Models for the Thermal Stress
Hideo Hirose, Takenori Sakumura
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation      2014年
Mathematical Deterioration Model Derivation for the Thermal Stress: Generalized Pareto Distribution
Hideo Hirose, Naoki Tabuchi, Takeru Kiyosue
6th Asia-Pacific International Symposium on Advanced Reliability and Maintenance Modeling      2014年
Matrix Approach for the Seasonal Infectious Disease Spread Prediction
Hideo Hirose,Masakazu Tokunaga, Takenori Sakumura, Junaida Sulaiman, Herdianti Darwis
6th Asia-Pacific International Symposium on Advanced Reliability and Maintenance Modeling      2014年
Bias Correction for the Trade-off Curve in the Tree-GA Bump Hunting
Y. Aizawa, H. Hirose
5th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2014)      2014年
NNRMLR2: An Improved Combined Method of Nearest Neighbor Regression and Multiple Linear Regression
Hideo Hirose
3rd IMS Asia Pacific Rim Meetings      2014年
PoP: Prediction on Predictions with Ensemble Method
Hideo Hirose, Yuki Koyanagi
IAENG International Journal of Applied Mathematics   44(2) 103-108   2014年
Prediction on Predictions by Ensemble Method
Hirose and Y. Koyanagi
The 2014 IAENG International Conference on Operations Research (ICOR'14)      2014年
Optimum Life Test Plans of Electrical Insulation for Thermal Stress
H. Hirose, T. Sakumura, N. Tabuchi, and T. Kiyosue
The 2014 IAENG International Conference on Electrical Engineering (ICEE'14)      2014年
Score allotment optimization method with application to comparison of ability evaluation in testing between classical test theory and item response theory
H. Hirose, T. Sakumura, T. Kuwahata
Information   17(2) 391-410   2014年
Prediction on Predictions with Application to Infectious Disease Spread Analysis
Hideo Hirose
The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2014年
Bias Correction of Tradeoff Curve in the Bump Hunting Using the Tree-GA
Yu Aizawa, Hideo Hirose
The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2014年
An Avian Influenza Mathematical Model
Supri bin Amir, Hideo Hirose
The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2014年
小林 順, 廣瀬 英雄
工学教育   62(4) 4_19-4_21   2014年
作村 建紀, 徳永 正和, 廣瀬 英雄
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2013(24) 1-6   2013年12月
IRT (項目反応理論) はテストの問題項目特性および受験者能力評価に対して有益な情報を与える.これを不完全マトリクスに適用する EM タイプ IRT が提案されている.この方法は,不完全マトリクスの観測された値を用いて空要素の値を予測する.不完全マトリクスの一般的な予測法としてマトリクス分解を用いた方法が挙げられるが,受験者の特性が強く反映されるような不完全マトリクスの場合,EM タイプ IRT はより有効に働く可能性がある.ここでは,実際に得られた不完全マトリクスデータに対して EM ...
作村 建紀, 徳永 正和, 廣瀬 英雄
研究報告バイオ情報学(BIO)   2013(24) 1-6   2013年12月
IRT (項目反応理論) はテストの問題項目特性および受験者能力評価に対して有益な情報を与える.これを不完全マトリクスに適用する EM タイプ IRT が提案されている.この方法は,不完全マトリクスの観測された値を用いて空要素の値を予測する.不完全マトリクスの一般的な予測法としてマトリクス分解を用いた方法が挙げられるが,受験者の特性が強く反映されるような不完全マトリクスの場合,EM タイプ IRT はより有効に働く可能性がある.ここでは,実際に得られた不完全マトリクスデータに対して EM ...
清末 尊, 作村 建紀, 廣瀬 英雄
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (27) 139-142   2013年11月
The Arrhenius-log-normal model has been used, in general, for the deterioration model due to the thermal stress. The Arrhenius law is based on the chemical reaction theory between the absolute temperature and the activity of materials. In the Inte...
桑幡 隆行, 廣瀬 英雄
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (27) 107-110   2013年11月
作村 建紀, 廣瀬 英雄
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (27) 27-30   2013年11月
IRT(項目反応理論)は学力テストの問題項目特性および被験者能力評価に対して有益な情報を与える.さらに,これを適応型試験に適用することで,被験者の能力に合わせたレベルの問題を出題することが可能となり,少ない問題数でも精確な能力評価が期待できる.適応型試験は被験者ごとに情報端末を通して受験するため,筆記試験では観測が困難な回答ごとの時間計測が可能となる.今回,オンライン上で動作する適応型試験システムを実装し,IRTによる評価と同時に回答ごとの時間計測を行った.扱う試験問題は高校数学とし高校生...
田淵 直樹, 作村 建紀, 廣瀬 英雄
信頼性シンポジウム発表報文集   2013(26) 29-32   2013年11月
We assume the Arrhenius law between the thermal stress and the lifetime, and the lifetime follows the generalized logistic distribution at a constant stress. By using a real experimental case, we obtained the estimates first. Then, we made a simul...
作村 建紀, 徳永 正和, 廣瀬 英雄
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   113(249) 53-58   2013年10月
IRT(項目反応理論)はテストの問題項目特性および被験者能力評価に対して有益な情報を与える.通常,IRTは完全マトリクスIRTに適用されるが,不完全マトリクスに適用できるEMタイプIRTも提案されている.この方法は,不完全マトリクスの観測された値を用いて空要素の値を予測する.不完全マトリクスから完全マトリクスを推定する別な方法にマトリクス分解法が挙げられる.被験者の特性が強く反映されるような不完全マトリクスの場合,EMタイプIRTはマトリクス分解法よりも有効に働く可能性がある.ここでは,実...
DARWIS Herdianti, 廣瀬 英雄
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   113(249) 47-51   2013年10月
Multiple-input Transfer Functionモデル(MTFモデル)は因果関係を結びつける.入力が単一でないときには多入力を用いる.これまで降雨予測には時系列回帰分析が用いられてきた.そこでは入力が独立変数で出力が従属変数と単純に仮定している.ここでは,降雨予測に対してMTFモデルが従来の方法よりも優れているかどうかを検証する.入力としては,湿度,温度,気圧,風力を用い,これにランダムノイズが加わる.提案法を2001-2010年Makassar地方の降雨予測に適用した結果...
徳貞 美子, 徳永 正和, 作村 建紀, 廣瀬 英雄
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   113(249) 41-45   2013年10月
SARSに似たMERSが中東で発生して感染者数と死者が増え続けている.MERSは致死率が50%とSARSよりももっと高いため,メッカ巡礼後のMERS感染拡大が懸念されている.ここでは,2013年8月30日現在までに報告されている感染者数の推移から,SIRモデルにおけるパラメータを推定し,そのパラメータを参考にして,メッカ巡礼中の人口集中を想定したシナリオによるMERS感染拡大予測を行なった結果について述べる.これまでの様相が変化しなければ感染者数は最終的に数1000人程度までにしか増えない...
廣瀬 英雄, 作村 建紀
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   113(249) 13-18   2013年10月
温度ストレスによって劣化する電気絶縁体を対象にストレスと劣化の度合いを表す数学モデルの構築を試みる.温度ストレスによる劣化に対しては,これまでアレニウス-対数正規分布によるモデルが一般的に用いられている.アレニウス則は,環境温度(絶対温度)と物質の活性(酸化など)との関係を化学反応速度論から表したもので物理的根拠を持つ.一方,対数正規分布は,一定温度の下で劣化が時間とともに進む確率分布モデル化として,時間を対数で表すとそれは正規分布に従うという統計的な取り扱いを踏襲したものによっている.こ...
SULAIMAN Junaida, HERDIANTI Darwis, HIROSE Hideo
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   113(249) 7-12   2013年10月
Several days of precipitation can increase the magnitude of accumulated water in a basin. This can cause the lower area of community and housing over flooded with rainfall water in a short time. Many researchers are using precipitation data for fo...
廣瀬 英雄, 作村 建紀, 小柳 祐貴
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   113(249) 1-6   2013年10月
時間とともに増加していく感染症の患者数や機器の故障数などが観測されている途中で最終的な総数を予測したい.これには,打ち切り時間を考慮した統計的推定法(尤度原理の利用),微分方程式を利用した決定論的方法(SIRモデルやロジスティック分布)などさまざまな方法が提案されている.時刻Tまでの観測値をもとにした時点での最終予測値はTの関数(トレンド)になる.このトレンドを用いることによって再度最終値を予測する方法について考察する.同じデータを使っているので予測精度は上がらないことが推測されるが,複数...
徳永 正和, 廣瀬 英雄
信頼性シンポジウム発表報文集   2013(21) 69-72   2013年6月
マトリクス分解法は推薦システムに用いられる最も強力な解法の1つである.マトリクス分解法を用いることにより,ユーザの評価値を使って未評価な部分がどう評価されるかを予測することができる.この方法は,映画推薦,音楽推薦,書籍推薦などいろいろな推薦システムに適用されている.ここでは,A群溶血性レンサ球菌咽頭炎,インフルエンザのような季節性感染症拡大の予測にマトリクス分解法を適用し,早期時期での感染規模予測の可能性を探った.その結果,季節性が明瞭である場合,従来時系列解析として用いられていたARIM...
愛澤 優, 廣瀬 英雄
日本計算機統計学会大会論文集   (27) 185-188   2013年5月
2011年 統計検定2級・3級試験結果の分析 ―項目反応理論による解析
廣瀬英雄
統計教育の質保証と検定問題の分析(研究叢書)、統計教育大学間連携ネットワーク   59-75   2013年
Statistical Lifetime Estimation for Electrical Power Apparatus due to Electrical and Thermal Stresses
Hideo Hirose
IEEE DEI Fukuoka Chapter Invited Lecture      2013年
Some Methods to Predict Risks Earlier
H. Hirose
Ishigaki International Conference on Modern Statistics Theories, Practices, and Education in the 21st Century      2013年
Forecasting monthly maximum 5-day precipitation using artificial neural networks with initial lags
Junaida Sulaiman, Herdianti Darwis, Hideo Hirose
International Symposium on Computational Intelligence and Design (SCID2013)      2013年
Seasonal Rainfall Prediction Using the Matrix Decomposition Method
H. Hirose, J. Sulaiman, M. Tokunaga
14th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2013)      2013年
Pandemic Simulations by MADE: A combination of Multi-agent and Differential Equations, with Novel Influenza A(H1N1)
H. Hirose
Information   16(7B) 5365-5390   2013年
Pandemic analysis using SIR stochastic differential equation
Yoshihiro Maki, Hideo Hirose
The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2013年
A seasonal infectious disease spread prediction method by using the singular-value decomposition
Hideo Hirose
The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering      2013年
Seasonal Infectious Disease Spread Prediction Using Matrix Decomposition Method
H. Hirose, T. Nakazono, M. Tokunaga, T. Sakumura, S.M. Sumi, J. Sulaiman
the 4th International Conference on Intelligent Systems, Modelling and Simulation (ISMS 2013)      2013年
Infectious Disease Spread Analysis Using Stochastic Differential Equations for SIR Model
Yoshihiro Maki, Hideo Hirose
the 4th International Conference on Intelligent Systems, Modelling and Simulation (ISMS 2013)      2013年
桑幡 隆行, 作村 建紀, 廣瀬 英雄
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (26) 67-70   2012年11月
河野 翼, 廣瀬 英雄
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   112(252) 29-32   2012年10月
パンデミックによる感染モデル,故障モデルとして用いられる確率分布に対して,パンデミック初期,あるいは故障がはじまって間もない時期の観測データを用いて,パンデミック終息時の予測,あるいは故障終息時の予測を行なう際,統計的打ち切りモデル(truncatedモデル)を用いることがある.このとき,終息予測値は低めに見積もられることがあり,これは災害対策上は危険側に予測されることになる.ここでは,背後に仮定した確率分布に対応した微分方程式を解くことにより得られた終息予測値の特性,SIRモデルにより得...
作村 建紀, 廣瀬 英雄
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   112(252) 23-28   2012年10月
機器にストレスを一定時間与え,その時間耐えたら段階的にストレスレベルを上げ,これを機器が破壊するまで繰り返す段階的上昇法の破壊確率を表すモデルには蓄積疲労モデルがよく用いられている.与えられたストレス時間に応じて疲労が蓄積するモデルは信頼性分野で広く受け入れられている.一方,ストレスを一定時間与えてもストレスを一旦休止した段階で疲労は解消してしまうという忘却モデルも考えられる.これら両者を含むモデルとして拡張蓄積疲労モデルが提案されている.ここではこのモデルに基づくシミュレーション結果につ...
スライマン ジュナイダ, 廣瀬 英雄
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   112(252) 17-22   2012年10月
豪雨により洪水が起こりその経済的損失は大きい,ニューラルネットは最近水文学の分野で活発に用いられており,適切な入力パラメータを選択することで予測精度を上げることができる.ここでは,ニューラルネットを用いたマレーシア気候の季節毎の予測を行う.
廣瀬 英雄, 作村 建紀, 桑幡 隆行
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   40 1-2   2012年9月
王 亮亮, 廣瀬 英雄
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2012 250-251   2012年9月
河野 翼, 廣瀬 英雄
信頼性シンポジウム発表報文集   2012(20) 41-44   2012年6月
パンデミックによる感染モデル,ソフトウエアの故障成長モデルとして用いられるコンタクトモデルの確率分布に対して,パンデミック初期,あるいは故障がはじまって間もない時期の観測データを用いて,パンデミック終息時の予測,あるいは故障終息時の予測を行なう際,統計的打ち切りモデル(truncatedモデル)を用いることがある.このとき,終息予測値は低めに見積もられることがあり,このとき災害対策上は危険側に予測されることになる.ここでは,このような推定現象についての考察を行ない,より正確な予測法について...
Sulaiman Junaida, Hirose Hideo
信頼性シンポジウム発表報文集   2012(20) 37-40   2012年6月
The purpose of this paper is to study the effect of seasonal variations using artificial neural network (ANN) and support vector machine (SVM) prediction models. It is important to consider the seasonal effect because the predictors will be able t...
シンポジウム実行委員会, 高橋 聖, 横川 慎二, 横山 真弘, 山下 俊恵, 山本 渉, 鈴木 和幸, 熊崎 千晴, 鈴木 浩一, 齋藤 博之, 中村 真理子, 澤田 孝, 孫 佳, 望月 寛, 中村 英夫, 平賀 拓磨, 石田 勉, 青木 雄一, 長谷部 光雄, 村岡 哲也, 若松 洋一, 池田 弘明, 戸次 圭介, 謝 国, 張 暁曦, 杉山 聡, 澤田 孝, 貝瀬 徹, 廣瀬 英雄, 作村 建紀, 岩田 浩司, 周 杰, YUN Won Young, PARK Goeun, HAN Young Jin, 井上 淳太, 田口 研治, 相馬 大輔, 喜多 和, 夏目 武, 山内 愼二, 久郷 信俊, 幸田 武久, 水口 大知, 黒田 豊
日本信頼性学会誌 : 信頼性   34(1) 94-100   2012年1月
廣瀬 英雄
日本信頼性学会誌 : 信頼性   34(1) 27-29   2012年1月
安全、安心な高信頼社会をめざす私の提言
廣瀬 英雄
日本信頼性学会誌   34(1) 27-29   2012年
The Extended Cumulative Exposure Model (ECEM) and Its Application to Oil Insulation Test
H. Hirose, T. Sakumura
IEEE Trans., RELIABILITY   61(3) 625-633   2012年
An Application of Artificial Neural Networks for Forecasting Heavy Precipitation
Sulaiman Junaida, Hideo Hirose
7th International Conference on Computing and Convergence Technology      2012年
Prediction of Infectious Disease Spread using Twitter: A Case of Influenza
Hideo Hirose, Liangliang Wang
5th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms and Programming      2012年
A rainfall forecasting method using machine learning models and its application to Fukuoka city case
S. Monira SUMI, M. Faisal ZAMAN, Hideo HIROSE
International Journal of Applied Mathematics and Computer Science   22(4)    2012年
NNRMLR: A Combined Method of Nearest Neighbor Regression and Multiple Linear Regression
Hideo Hirose, Yusuke Soejima, Kei Hirose
6th International Workshop on e-Activity   351-356   2012年
Estimation of the number of failures in the Weibull model using the ordinary differential equation
H. Hirose
European Journal of Operational Research   223(3) 722-731   2012年
Item Response Prediction for Incomplete Response Matrix Using the EM-type Item Response Theory with Application to Adaptive Online Ability Evaluation System
H. Hirose, T. Sakumura
IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering   8-12   2012年
A Comparative Study in the Bump Hunting between the Tree-GA and the PRIM
Hideo Hirose, Genki Koga
International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2012)      2012年
DF-ReaL2Boost: A Hybrid Decision Forest with Real L2Boosted Decision Stumps
F. Zaman, S. Sumi, H. Hirose
Recent Progress in Data Engineering and Internet Technology      2012年
DRFLogitBoost: A Double Randomized Decision Forest Incorporated with LogitBoosted Decision Stumps
F. Zaman, Monira S.S., H. Hirose
Intelligent Information and Database Systems 4th Asian Conference, ACIIDS 2012   291-300   2012年
F. Zaman, H. Hirose
ARTIFICIAL INTELLIGENCE REVIEW      2012年
Soejima Yusuke, Hirose Hideo
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (25) 9-12   2011年11月
In predicting the prices for auctions, we often use linear regression methods where the objective variable is the price. To find the estimate for price, we apply regularization methods in regression such as the ridge, lasso, and their relatives. I...
廣瀬 英雄, 作村 建紀
信頼性シンポジウム発表報文集   2011(24) 61-64   2011年11月
電気材料はストレスによってその寿命が変化する.ストレスと平均寿命との関係にはベキ乗則やアレニウス則などが成立していることが経験的に知られているので,高いストレスによる試験を行った結果から,使用ストレスにおける寿命を予測することができる.試験材料や試験時間などのコストを最小にする意味での最適寿命試験を詳細に調べても,設定可能なパラメータが多く存在するため試験現場ではこの最適試験法に従った実用的な試験は行いにくい.そこで,実際の加速試験によって求められる物理定数を参考にしながら,実用的な最適寿...
廣瀬 英雄, 作村 建紀
電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   111(253) 29-34   2011年10月
機器にストレスを一定時間与え,その時間耐えたら段階的にストレスレベルを上げ,これを機器が破壊するまで繰り返す「段階的上昇法」の破壊確率を表すモデルには「蓄積疲労モデル」がよく用いられている.与えたストレス時間に応じて疲労が蓄積するというモデルは信頼性分野で広く受け入れられている.一方,ストレスを一定時間与えてもストレスを一旦休止した段階で疲労は解消してしまうというモデル「忘却モデル」も考えられる.観測データの中には,疲労蓄積は観測されるが過去の疲労をすべて引き継いでいる訳ではなくある程度は...
廣瀬 英雄, 松隈 和広, 作村 建紀
情報処理学会論文誌 論文誌トランザクション   2011(1) 102-109   2011年10月
廣瀬 英雄, 松隈 和広, 作村 建紀
情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)   4(3) 102-109   2011年7月
感染症拡大を予測するパンデミックシミュレーションはシナリオによるシミュレーションとして取り扱われてきたが,実際にパンデミックが起こり始めると,観測データを使いながら将来どのようになるかを予測できるかということが重要になってくる.モデルの構造を仮定し,観測データを利用してモデルのパラメータを同定しながら予測を進める方法論は,データ同化とかグレーボックスとも呼ばれているが,パンデミック予測を行ううえでもこのことが必要になってくる.ここでは,微分方程式によるSIRモデルのパラメータを観測データか...
廣瀬 英雄, 作村 建紀
信頼性シンポジウム発表報文集   2011(19) 65-68   2011年6月
機器にストレスを一定時間与え,その時間耐えたら段階的にストレスレベルを上げ,これを機器が破壊するまで繰り返す「段階的上昇法」の破壊確率を表すモデルには「蓄積疲労モデル」がよく用いられている.与えたストレス時間に応じて疲労が蓄積するというモデルは信頼性分野で広く受け入れられている.一方,ストレスを一定時間与えてもストレスを一旦休止した段階で疲労は解消してしまうと考えるモデル「独立モデル」も電気絶縁の分野では用いられている.観測データの中には,疲労蓄積は観測されるが過去の疲労をすべて引き継いで...
An Adaptive Online Ability Evaluation System Using the Item Response Theory
T. Sakumura, T. Kuwahata and H. Hirose
Education& e-Learning (EeL2011)   51-54   2011年
Auction Price Estimation for Used Cars by Regression Methods
Y. Soejima, H. Hirose
Joint Meeting of the Korea-Japan Conference of Computational Statistics and the 25th Symposium of Japanese Society of Computational Statistics   9-12   2011年
More Accurate Diagnosis in Electric Power Apparatus Conditions Using Ensemble Classification Methods
H. Hirose, F. Zaman
IEEE Trans., Dielectrics and Electrical Insulation   8(5) 1584-1590   2011年
Validities of the Signed and Unsigned Lecture Questionnaires Using the Item Response Theory
H. Hirose
US-China Education Review   1(5) 627-635   2011年
Bump Hunting using the Tree-GA
H. Hirose
Information   14(10) 3409-3424   2011年
An Adaptive Ensemble Method for Quantitative Rainfall Forecast
Sumi S. Monira, Zaman M. Faisal, H. Hirose
SICE2011   WeA07-02 149-154   2011年
Classification Performance of Bagging and Boosting Type Ensemble Methods with Small Training Sets
Zaman M. Faisal, H. Hirose
New Generation Computing   29(3) 277-292   2011年
A Neural Network Ensemble Incorporated with Dynamic Variable Selection For Rainfall Forecast
Sumi S. Monira, Zaman M. Faisal, H. Hirose
International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2011)   7-12   2011年
感染病拡大予測モデルとその考察
廣瀬,松隈,作村
情報処理学会論文誌, 数理モデル化と応用   4(3) 102-109   2011年
Parameter Estimation for the Truncated Weibull Model Using the Ordinary Differential Equation
H. Hirose
International Conference on Computers, Networks, Systems, and Industrial Engineering (CNSI 2011)   396-399   2011年
Estimation of Optimal Sample Size in Decision Forest of SVM with Embedded Cross-validation Method
F. Zaman, H. Hirose
LNAI 6592   272-281   2011年
A Novel Hybrid Forecast Model with Weighted Forecast Combination with Application to Daily Rainfall Forecast of Fukuoka City
S.M. Sumi, F. Zaman, and H. Hirose
LNAI 6592   262-271   2011年
DF-ReaL2Boost: A Hybrid Decision Forest with Real L2Boosted Decision Stumps - An Application to Credit Scoring Classification and Short Term Rainfall Forecasting
F. Zaman,S.M. Sumi,and H. Hirose
2011International Conference on Data Engineering and Internet Technology (DEIT 2011)   PID728    2011年
Validities of The Signed and Unsigned Lecture Questionnaires using the Item Response Theory
廣瀬 英雄
The 9th Annual Hawaii International Conference on Education      2011年
An optimal test design to evaluate the ability of an examinee by using the stress-strength model
廣瀬 英雄
Journal of Statistical Computation and Simulation   81(1) 79-87   2011年
廣瀬 英雄, 松隈 和広, 作村 建紀
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2010(15) 1-6   2010年12月
疫病感染拡大を予測するパンデミックシミュレーションはシナリオによるシミュレーションとして取り扱かわれてきたが,実際にパンデミックが起こり始めると,観測データを使いながら将来どのようになるかを予測できるかということが重要になってくる.モデルの構造を仮定し,観測データを利用してモデルのパラメータを同定しながら予測を進める方法論は,データ同化とかグレーボックスとも呼ばれているが,パンデミック予測を行う上でもこのことが必要になってくる.ここでは,微分方程式による SIR モデルのパラメータを観測デ...
廣瀬 英雄, 松隈 和広, 作村 建紀
研究報告バイオ情報学(BIO)   2010(15) 1-6   2010年12月
疫病感染拡大を予測するパンデミックシミュレーションはシナリオによるシミュレーションとして取り扱かわれてきたが,実際にパンデミックが起こり始めると,観測データを使いながら将来どのようになるかを予測できるかということが重要になってくる.モデルの構造を仮定し,観測データを利用してモデルのパラメータを同定しながら予測を進める方法論は,データ同化とかグレーボックスとも呼ばれているが,パンデミック予測を行う上でもこのことが必要になってくる.ここでは,微分方程式による SIR モデルのパラメータを観測デ...
廣瀬 英雄
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (24) 159-162   2010年11月
微分方程式によるSIRモデルと統計的なtruncatedモデルを用いて,口蹄疫(FMD)感染拡大予測を行い,SIRモデルとtruncatedモデルの結果を比較した.十分に推定可能なデータ数があれば,truncatedモデルは精度の良い推定を行うことができるが,データ数が少ないパンデミック初期では推定が不安定になる.一方,簡単なSIRモデルでも,適切なパラメータチューニングにより精度の良い予測が可能になり,パンデミック初期でもある程度の危険側の情報を示してくれる点はSIRモデルの魅力である.
作村 建紀, 廣瀬 英雄
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (24) 143-146   2010年11月
項目反応理論(IRT: item response theory)は,TOEFLのような試験などで広く使用されている.それにもかかわらず,日本の教育機関ではあまり知られていない.これまでの研究で,項目反応理論は古典的テスト法よりも優位であることが多くの試験で明らかになっている.しかし,数学の試験のように問題数に量的制約がある場合などでは,より公正に公平に学生能力を評価する方法がこれまで以上に必要とされている.ここでは,学生能力および問題の難易度の両方に確率変数を仮定したときの学生能力値を推...

書籍等出版物

 
理工系学生のための 微分積分-Webアシスト演習付
桂 利行(編), 岡崎 悦明, 岡山 友昭, 齋藤 夏雄, 佐藤 好久, 田上 真, 廣門 正行, 廣瀬 英雄 (共著) (担当:共著)
2017年4月   
理工系学生のための基礎物理学-Webアシスト演習付
大澤智興 桑田精一 田中公一 藤原真 廣瀬英雄 小田部荘司 (担当:共著)
2017年4月   
廣瀬 英雄, 藤野 友和 (担当:共著)
培風館   2015年11月   ISBN:4563010219
池田 敏春, 佐藤 好久, 廣瀬 英雄 (担当:共著)
培風館   2015年5月   ISBN:456300491X
廣瀬英雄
日本評論社   2014年3月   ISBN:4535787565
二宮嘉行, 大西俊郎, 小林 景, 椎名 洋, 笛田 薫, 田中研太郎, 岡田謙介, 大屋幸輔, 廣瀬英雄, 折笠秀樹 (担当:共著)
東京図書   2013年4月   ISBN:448902150X
九工大世界トップ技術 Vol.1(共著)
西日本新聞社   2006年   
新版 信頼性ハンドブック(共著)
日科技連出版社   2014年   
統計学ガイダンス(共著)
日本評論社   2014年   
Lecture Notes in Computer Science
Springer   2009年   
Lecture Notes in Computer Science
Springer   2009年   
Lecture Notes in Computer Science
Springer   2011年   
Lecture Notes in Computer Science
Springer   2011年   
Lecture Notes in Computer Science
Springer   2012年   
Studies in Computational Intelligence
Springer   2013年   ISBN:978-3-642-32172-6_2
Lecture Notes in Electrical Engineering
Springer   2013年   
Studies in Computational Intelligence
Springer   2013年   ISBN:978-3-319-00738-0

講演・口頭発表等

 
アダプティブテスト結果から得られる不完全マトリクスの欠測値推定
計算機統計学会第28回大会   2014年   
アダプティブオンラインIRTによる大学数学教育への準備
電気学会教育フロンティア研究会   2014年   
アダプティブオンラインIRTによる数学教育システム
情報処理学会火の国シンポジウム2014   2014年   
アダプティブ試験における項目選択についての一考察
情報処理学会火の国シンポジウム2014   2014年   
EM タイプ IRT による不完全マトリクスの完全化とその応用
情報処理学会MPS   2013年   
寿命分布に一般化パレート分布を仮定したときの温度劣化最適試験法
日本計算機統計学会第27回シンポジウム   2013年   
IRT 普及のための mini adaptive online system 構築とその広報
日本計算機統計学会第27回シンポジウム   2013年   
IRT を用いた adaptive online system の実装と評価
日本計算機統計学会第27回シンポジウム   2013年   
温度劣化試験に関する最適試験法
日本信頼性学会第26回秋季信頼性シンポジウム   2013年   
A Neural Network Model for Forecasting Precipitation Extreme
IEICE Technical Report   2013年   
Rainfall Intensity Forecasting using the Multiple-input Transfer Function with Application to Makassar Case from 2001 to 2010
IEICE Technical Report   2013年   
EMタイプIRTを用いて不完全マトリクスから完全マトリクスを推定する方法について
IEICE Technical Report   2013年   
PoP: Prediction on Prediction
IEICE Technical Report   2013年   
メッカ巡礼後のMERS感染拡大予測
IEICE Technical Report   2013年   
A Mathematical Deterioration Model for the Thermal Stress
IEICE Technical Report   2013年   
研究室活性化SNS、pAAs
九州地区における若手OR研究交流会2013   2013年   
Prediction on Predictions, PoP
九州地区における若手OR研究交流会2013   2013年   
ARIMA、ANN、推薦システムによる降雨予測の比較
九州地区における若手OR研究交流会2013   2013年   
温度ストレスによる劣化モデル構築と寿命予測
九州地区における若手OR研究交流会2013   2013年   
項目反応理論を用いた能力評価法の広報
九州地区における若手OR研究交流会2013   2013年   
アダプティブオンラインIRTにおける評価と解答時間との関係
平成 25 年度電気関係学会九州支部連合大会   2013年   
Comparative Study for Rainfall Data Analysis by the Recommendation System and the ARIMA
日本応用数理学会2012年度年会   2013年   
Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus Spread Prediction using Differential Equation Methods and Statistical Method
日本応用数理学会2012年度年会   2013年   
温度劣化による寿命の考え方とその推定法
2013年度統計関連学会連合大会   2013年   
アレニウス則に従う温度劣化最適試験法
第43回信頼性・保全性シンポジウム   2013年   
マトリクス分解法を用いたインフルエンザ流行の予測
日本信頼性学会第21回春季信頼性シンポジウム   2013年   
Tree-GAを用いたbump huntingにおけるトレードオフ曲線のバイアスについて
計算機統計学会第27回大会   2013年   
研究室を活性的に維持するためのプロジェクト活性化加速システムpAAs
情報処理学会火の国シンポジウム2013   2013年   
疑似シリンダーマトリクスを使った推薦システムとその季節性感染症拡大予測への応用
情報処理学会火の国シンポジウム2013   2013年   
EMタイプ項目反応理論を用いた季節性感染拡大予測
情報処理学会火の国シンポジウム2013   2013年   
対数正規-アレニウス則を持つ拡張累積疲労モデル
情報処理学会火の国シンポジウム2013   2013年   
アレニウス則における最適寿命試験法について
日本信頼性学会第25回秋季信頼性シンポジウム   2012年   
コンタクトモデルにおける予兆観測値を用いた終息値の予測
日本信頼性学会第25回秋季信頼性シンポジウム   2012年   
IRTにおける能力評価について
日本計算機統計学会第26回シンポジウム   2012年   
寿命推定に関する最適試験法
九州地区における若手OR研究交流会2012   2012年   
エアラインランキング問題
九州地区における若手OR研究交流会2012   2012年   
SIR確率微分方程式によるパンデミック解析
九州地区における若手OR研究交流会2012   2012年   
災害・故障の早期予測について
九州地区における若手OR研究交流会2012   2012年   
Seasonal Prediction of Climate in Malaysia using the Artificial Neural Networks
IEICE信頼性研究会   2012年   
早期観測データによる故障パラメータの推定値に関する考察
IEICE信頼性研究会   2012年   
拡張蓄積疲労モデルにおけるシミュレーション
IEICE信頼性研究会   2012年   
音楽療法に向けた音楽の選定に対する考察:高齢者を中心に
平成 23 年度電気関係学会九州支部連合大会   2012年   
IRT 結果を基準とした事前配点最適決定法とその結果
日本行動計量学会第40回大会   2012年   
Rank Estimation by Making up Incomplete Questionnaire Matrix: A Case of Online Word of Mouth of Service Quality in Airlines
日本オペレーションズ・リサーチ学会2012年秋期研究発表会   2012年   
Prediction of Infectious Disease Spread using Twitter: A Case of Influenza
日本オペレーションズ・リサーチ学会2012年秋期研究発表会   2012年   
早期観測データによるコンタクトモデルパラメータの推定値に 関する考察
2012年度統計関連学会連合大会   2012年   
早期観測データによるコンタクトモデルパラメータの推定値に 関する考察
2012年度統計関連学会連合大会   2012年   
研究室内SNSを用いた教育研究推進
2012PCカンファレンス   2012年   
Seasonal Prediction of Malaysia Climate Data
日本信頼性学会第20回春季信頼性シンポジウム   2012年   
早期観測データによる故障モデルパラメータの推定値に関する考察
日本信頼性学会第20回春季信頼性シンポジウム   2012年   
パンデミック解析と信頼性解析
第16回情報・統計科学シンポジウム 特別講演   2011年   
アイデア実現型物作り教育とそのためのチュートリアルウェブサイト
大学ICT推進協議会2011年度年次大会   2011年   
実用的な最適加速寿命試験法:温度劣化の場合
日本信頼性学会第24回秋季信頼性シンポジウム   2011年   
An Adaptive Online Ability Evaluation System Using the Item Response Theory
九州地区における若手OR研究交流会2011   2011年   
Auction Price Estimation for Used Cars by Regression Methods
九州地区における若手OR研究交流会2011   2011年   
項目反応理論を使ったアダプティブオンラインテスト
平成 23 年度電気関係学会九州支部連合大会   2011年   
power lawに従う材料の最適寿命予測法
平成 23 年度電気関係学会九州支部連合大会   2011年   
微分方程式を用いた信頼性分布のパラメータ推定法
平成 23 年度電気関係学会九州支部連合大会   2011年   
推薦システムにおけるマトリクス分解法の一方法
平成 23 年度電気関係学会九州支部連合大会   2011年   
An Adaptive Ensemble of Neural Networks for Rainfall Forecasting
平成 23 年度電気関係学会九州支部連合大会   2011年   
An Ensemble of Weighted 1-Nearest Neighbor (1-NN) Classifiers Based on Bimodal Perturbation
平成 23 年度電気関係学会九州支部連合大会   2011年   
即興の俳句・川柳に感情を込めてうたうボーカロイドシステムの試作
平成 24 年度電気関係学会九州支部連合大会   2011年   
SIR確率微分方程式によるパンデミック解析
日本応用数理学会2011年度年会   2011年   
打ち切りデータのある場合の微分方程式を用いたワイブルパラメータの推定
2011年度統計関連学会連合大会   2011年   
日本と韓国の口蹄疫流行の予測結果と観測結果の比較
2011年度統計関連学会連合大会   2011年   
背後確率分布を仮定した推薦システム
2011年度統計関連学会連合大会   2011年   
ストレス・ストレングスモデルを用いたe-Educationによる学生の能力評価
2011PCカンファレンス   2011年   
奇想天外デザインコンテストと超 PBL プロジェクト
2011PCカンファレンス   2011年   
Estimation of the Number of Failures Using Ordinary Differential Equations to Reliability Models, with Applications to SARS, A(H1N1), and FMD Cases
科研費シンポジウム 2011 - 生命科学と統計学   2011年   
拡張蓄積疲労モデル
日本信頼性学会第19回春季信頼性シンポジウム   2011年   
SIR法を用いた日本と韓国の口蹄疫感染拡大の比較
情報処理学会火の国シンポジウム2011   2011年   
中古車オークション価格の予測法
情報処理学会火の国シンポジウム2011   2011年   
確率構造を仮定したときの推薦システムとそのアンケート評価への適用
情報処理学会火の国シンポジウム2011   2011年   
感染病拡大予測モデルとその考察
情報処理学会研究報告「数理モデル化と問題解決(MPS)   2010年   
パンデミック解析の周辺
研究集会「計算機支援による統計手法,理論・応用およびその周辺」   2010年   
超PBL教育システムにおける奇想天外デザインコンテスト
2010九州PCカンファレンス   2010年   
口蹄疫感染拡大の解析から
日本計算機統計学会第24回シンポジウム論文集   2010年   
能力を確率変数としたときのSSモデルよる能力判定
日本計算機統計学会第24回シンポジウム論文集   2010年   
項目反応理論を使った最適能力判定システムについて
九州地区における若手OR研究交流会2010   2010年   
中古車のオークション価格について
九州地区における若手OR研究交流会2010   2010年   
感染拡大予測と最近の実例
九州地区における若手OR研究交流会2010   2010年   
感染病拡大予測と最近の実例
電子情報通信学会信頼性研究会, IEICE Technical Report   2010年   
SIR モデルにおけるパラメータ最適決定法
成 22 年度電気関係学会九州支部連合大会   2010年   
mall Random Sampling to Construct Diverse Parallel Ensembles with Higher Accuracy
成 22 年度電気関係学会九州支部連合大会   2010年   
SIR モデルを用いた口蹄疫拡大予測とパラメータ決定法
成 22 年度電気関係学会九州支部連合大会   2010年   
truncated モデルを用いた口蹄疫拡大予測とパラメータ推定
成 22 年度電気関係学会九州支部連合大会   2010年   
A Hybrid Ensemble Method for Numerical Rainfall Forecasting of Fukuoka
成 22 年度電気関係学会九州支部連合大会   2010年   
確率微分方程式を用いたパンデミック解析の基礎モデル
成 22 年度電気関係学会九州支部連合大会   2010年   
説明変数間に相関がある場合のGA-Tree Bump Huntingの精度
成 22 年度電気関係学会九州支部連合大会   2010年   
I R Tを用いた解析学試験評価とe - l e a r n i n g支援の試み
2010PCカンファレンス   2010年   
インフルエンザ感染拡大モデルとその周辺
日本信頼性学会第18回春季信頼性シンポジウム報文集   2010年   
Statistical Analysis for Climatic Data in Bangladesh
日本信頼性学会第18回春季信頼性シンポジウム報文集   2010年   
中古車のオークション価格
日本計算機統計学会第24回大会論文集   2010年   
新型インフルエンザ感染拡大シミュレーションと打ち切りデータ
第14回情報・統計科学シンポジウム   2009年   
A(H1N1)インフルエンザパンデミックシミュレーション
日本計算機統計学会第23回シンポジウム論文集   2009年   
新型インフルエンザA(H1N1)におけるパンデミック解析
電子情報通信学会信頼性研究会, IEICE Technical Report   2009年   
中古車オークション価格を決定する主要因探索
日本オペレーションズ・リサーチ学会2009年秋期研究発表会   2009年   
地球環境を守る大規模シミュレーション
日本オペレーションズ・リサーチ学会2009年秋期シンポジウム   2009年   
上昇法による破壊試験データの評価法
日本信頼性学会第17回春季信頼性シンポジウム報文集   2009年   
オークションの価格モデル
日本信頼性学会第17回春季信頼性シンポジウム報文集   2009年   

Works

 
https://www.slideshare.net/HideoHirose/
廣瀬 英雄   芸術活動   2017年
奇想天外デザインコンテスト2013
2014年
ストレス・ストレングスモデルによる新能力評価法とそのe-ラーニング化
2011年 - 2013年
让我们试下 IRT 吧
2013年
Why don't you use the IRT?
2013年
使ってみよう IRT
2013年
偏差値よりも進んだIRT評価法があなたの真の能力を教えてくれる
2013年
災害予兆発見時における災害終息状況予測
2012年
奇想天外デザインコンテスト2012
2012年
即興の短歌や俳句からその心象風景を音楽で表現する
2012年
バンプ探索法を用いた主要リスク要因抽出によるリスク解析
2008年 - 2011年
IRTアダプティブオンラインシステム
2011年
奇想天外デザインコンテスト2011
2011年
Swine Flu spread estimation
2011年
Japan's Foot-and-Mouth disease spread analysis using a mathematical model Author:
2011年
奇想天外デザインコンテスト2010
2011年
「第62回シンポジウムルポ」、オペレーションズ・リサーチ
2010年
Japan's FMD spread analysis using a mathematical model
2010年
奇想天外デザインコンテスト2009
2010年
「殻を破る技術者を目指してくれるには」、第4回技術者導入教育研究会
2009年
swine flu spread estimation
2009年
swine flu propagation animation
2009年
混合trunsoredモデルと決定木とを組合せた不完全データの高精密解析法
2005年 - 2008年
変移する要素間の関係を条件とする組合せ最適化モデル
2004年 - 2008年
出荷前(加速)試験データと使用中inspectionデータを統合した新寿命推定法
2003年 - 2005年
「科学と技術への一導入法の試み」、第10回技術者導入教育研究会
2005年
「技術者導入教育再考」、第3回技術者導入教育研究会
2005年
新打ち切りデータ(Trunsored data)を用いた寿命推定の研究
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
2015-2016, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構「委託研究課題番号:15fk0108032h0002」
代表者: 廣瀬 英雄
2014-2014, 厚生労働科学研究費補助金「委託研究課題番号:201447016A」
代表者: 廣瀬 英雄
2012-2014, 科学研究費補助金「基盤研究(B)課題番号:24310121」
代表者: 廣瀬 英雄
2011-2012, 科学研究費補助金「挑戦的萌芽研究課題番号:23650543」
代表者: 廣瀬 英雄
2008-2010, 科学研究費補助金「基盤研究(C)課題番号:20510159」
代表者: 廣瀬 英雄
2005-2008, 科学研究費補助金「特定研究課題番号:16092223」
代表者: 廣瀬 英雄
2005-2007, 科学研究費補助金「基盤研究(C)課題番号:17510127」
代表者: 廣瀬 英雄
2003-2004, 科学研究費補助金「基盤研究(C)課題番号:15510134」
代表者: 廣瀬 英雄
2001-2002, 科学研究費補助金「基盤研究(C)課題番号:13680524」
代表者: 廣瀬 英雄
2017-2020, 科学研究費補助金「基盤研究(B)課題番号:17H01842」
科学研究費補助金
代表者: 廣瀬 英雄

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本オペレーションズ・リサーチ学会  中国四国支部 顧問
 
2014年9月
 - 
2015年9月
日本OR学会  2015年度秋季研究会実行委員長
 
2012年
 - 
2013年
日本オペレーションズ・リサーチ学会  九州支部 支部長
 
2013年
 - 
2014年
日本オペレーションズ・リサーチ学会  支部理事
 

その他

 
奇想天外デザインコンテスト
https://www.youtube.com/watch?v=qjp7YNXM5Lo
https://www.youtube.com/watch?v=BBFiYQJ7AG0
https://www.youtube.com/watch?v=GAUQpwd6pU8
http://www.youtube.com/watch?v=mJVLiI0fHe4
http://www.youtube.com/watch?v=0o6MhMa55Ss
http://www.ces.kyutech.ac.jp/kisoten/
2012年7月
日本テレビ「世界一受けたい授業」に出演しました。社会: 「キケンから身を守る!想定内の対策」