井田浩之

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/04 12:13
 
アバター
研究者氏名
井田浩之
所属
UCL Institute of Education, University College London
学位
文学士(青山学院大学), 修士(学術)(東京大学), 修士(教育学)(東京大学)
その他の所属
東京大学大学院教育学研究科

プロフィール

佐賀県出身。青山学院大学文学部英米文学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。2014年9月よりロンドン大学大学院教育学研究所博士課程在籍中。現在の研究テーマは以下の通りです。

1) リテラシー研究 (Literacy studies)
2) テクノロジと高等教育 (Technology in Higher Education)
3) 学生の参加を促す英国の大学図書館の研究(the UK's academic libraries toward fostering Student Engagement)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年9月
 - 
現在
UCL Institute of Education, University College London MPhil/PhD in Education
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 生涯学習基盤経営コース 修士課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻 修士課程
 
2004年4月
 - 
2008年3月
青山学院大学文学部
 

委員歴

 
2016年2月
 - 
現在
IAFOR  LibrAsia2016 Senior Reviewer
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース 紀要編集委員
 

論文

 
Analysis on the New Role of Academic Libraries
井田浩之
The Asian Conference on Literature, Librarianship & Archival Science 2016 Official Conference Proceedings   219-232   2016年6月   [査読有り]
Evaluation on Inquiry-Based Learning through Libraries -A Case Study on Inquiry-Based Learning Competition in Japan
IDA Hiroyuki, KIM So-Young, ASAISHI Takuma and NEMOTO Akira
Proceedings of A-liep 2011 (Asia-Pacific Conference on Library & Information Education and Practice)      2011年6月   [査読有り]
「知識創造型」の情報リテラシー教育の構築に向けて
井田浩之
情報の科学と技術   64(1) 8-14   2014年1月   [査読有り]
21世紀型スキル」をめぐる理論と実践に関する研究ー協調学習を実践する教師の振り返りからー
井田浩之・相良好美・中垣力也
『「社会に生きる学力形成をめざしたカリキュラム・イノベーション」研究プロジェクト報告書』(東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター)   161-193   2014年3月

書籍等出版物

 
英語へのまなざし
井田浩之 (担当:分担執筆, 範囲:情報時代における英語・英文学をめぐる知識作法)
ひつじ書房   2016年6月   
リーディングのシラバスを書きながら(『英語教育』5月号)
井田浩之
大修館書店   2016年4月   
探究学習と図書館 調べる学習コンクールがもたらす効果
井田浩之 (担当:分担執筆, 範囲:pp.87-111(第5章 受賞者はどのように振り返っているか))
学文社   2012年3月   

講演・口頭発表等

 
Analysis on the New Role of Academic Libraries
井田浩之
ACAH/LibrAsia 2016   2016年4月10日   
The roles of academic libraries for student engagement [招待有り]
井田浩之
日本国際教養学会   2016年3月13日   
Theoretical Framework toward Realizing Information Literacy In Higher Education: Visualizing of 'Complexity'
井田浩之
LIS2016   2015年7月14日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
Theorizing about information literacy education for knowledge construction
UCL Institute of Education: Institute of Education International Student Bursary
研究期間: 2014年9月 - 2015年    代表者: 井田浩之
「21世紀型スキル」をめぐる理論と実践に関する研究―協調学習を実践する教師の振り返りから―
東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化センター: 
研究期間: 2013年6月 - 2014年3月    代表者: 井田浩之