真野 博

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 08:45
 
アバター
研究者氏名
真野 博
 
マノ ヒロシ
所属
城西大学
部署
薬学部 医療栄養学科 食品機能学
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
城西大学 薬学部 医療栄養学科 教授
 
2005年
 - 
2009年
城西大学 薬学部 医療栄養学科 准教授
 
2001年
 - 
2004年
城西大学 薬学部 医療栄養学科 講師
 
1998年
 - 
2001年
東京農業大学 応用生物科学部 バイオサイエンス学科 講師
 
1994年
 - 
1998年
明海大学 歯学部 助手
 

学歴

 
1991年
 - 
1994年
東京農業大学 大学院 農学研究科 農芸化学専攻 博士後期課程
 
1989年
 - 
1991年
東京農業大学 大学院 農学研究科 農芸化学専攻 博士前期課程
 
1985年
 - 
1989年
東京農業大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
毛呂山町  毛呂山町都市計画審議委員
 
2015年
 - 
現在
毛呂山町  毛呂山町社会教育委員会
 
2015年
 - 
現在
毛呂山町  毛呂山町学校教育環境等検討委員
 
2014年
 - 
現在
日本食生活学会  評議員
 
2015年
 - 
2016年
大学基準協会  大学評価委員会
 
2009年
 - 
2013年
埼玉県食の安全県民会議委員(埼玉県)
 
2008年
 - 
現在
食を通じた健康づくり応援店検討委員会委員(坂戸市)
 
2007年
 - 
現在
日本病態栄養学会  評議員
 
2007年
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  評議員
 

受賞

 
1998年
日本栄養・食糧学会 奨励賞 栄養状態の変化によるレチノイド受容体の発現調節
 

論文

 
Association between skin condition and sleep efficiency in Japanese young adults.
真野 博
J Nutr. Sci. Vitaminol   62 15-20   2017年   [査読有り]
管理栄養士養成実験実習におけるアクティブ・ラーニングの活用 ―科学的リテラシーと社会人基礎力の観点から―
任 良爀、神田 晃、真野 博、根岸 聡美、松本 直樹、亀山こころ、斉藤弘樹、秋元 誠、荒木達夫
科学教育研究   41 179-192   2017年   [査読有り]
Mangiferin positively regulates osteoblast differentiation and suppresses osteoclast differentiation.
真野 博
MOLECULAR MEDICINE REPORTS   doi: 10.3892/mmr.2017.6752    2017年   [査読有り]
Vitamin B12 deficiency-induced bone disorders caused by abnormal renal resorption of inorganic phosphorus via Napi2a.
真野 博
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   80 510-513   2016年   [査読有り]
栄養士養成教育における科学的リテラシーの観点を活用する試み ―遺伝子解析技術体験を介した食と健康に関する学び―
任 良爀、早川 恵、根岸 聡美、松本 直樹、真野 博、秋元 誠
科学教育研究   40 98-112   2016年   [査読有り]
Glucosamines attenuate bone loss due to menopause by regulating osteoclast function in ovariectomized mice.
真野 博
Biol. Pharm. Bull.   39 1035-1041   2016年   [査読有り]
Age-related decrease of IF5/BTG4 in oral and respiratory cavities in mice.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   10.1080/09168451.2015.1008976    2015年   [査読有り]
Oral collagen-derived dipeptides, prolyl-hydroxyproline and hydroxyprolyl-glycine, ameliorate skin barrier dysfunction and alter gene expression profiles in the skin.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   456 626-630   2015年   [査読有り]
Collagen-derived dipeptide prolyl-hydroxyproline promotes differentiation of MC3T3-E1 osteoblastic cells.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   453 498-501   2015年   [査読有り]
機能性食品と骨•軟骨:エビデンスはあるのか?〜コラーゲンペプチドの骨•軟骨への作用のエビデンス〜
君羅好史、真野 博
CLINICAL CALCIUM   25(7) 59-66   2015年   [招待有り]
Citrus limonoid nomilin inhibits osteoclastogenesis in vitro by suppression of NFATc1 and MAPK signaling pathways.
真野 博
Phytomedicine   22 1120-1124   2015年   [査読有り]
Oral collagen-derived dipeptides, prolyl-hydroxyproline and hydroxyprolyl-glycine, ameliorate skin barrier dysfunction and alter gene expression profiles in the skin.
Jun Shimizu, Naoto Asami, Aya Kataoka, Fumihito Sugihara, Naoki Inoue, Yoshifumi Kimira, Masahiro Wada, Hiroshi Mano
   2014年   [査読有り]
Collagen-derived dipeptide prolyl-hydroxyproline promotes differentiation of MC3T3-E1 osteoblastic cells.
Yoshifumi Kimira, Kana Ogura, Yuri Taniuchi, Aya Kataoka, Naoki Inoue, Fumihito Sugihara, Sachie Nakatani, Jun Shimizu, Masahiro Wada, Hiroshi Mano
   2014年   [査読有り]
Transcriptome of ATDC5 Cultured with Glucosamine Hydrochloride and Collagen Hydrolysate Indicates a New Candidate Gene for the Differentiation of Chondrocytes.
Sachie Nakatani, Kenji Kobata, Hiroto Nakajima, Yoshifumi Kimira, Hiroshi Mano, Fumihito Sugihara, Masahiro Wada
Journal of Chitin and Chitosan Science   2 1-5   2014年   [査読有り]
コラーゲンペプチドの食品機能性
君羅好史、真野 博
日本食生活学会誌   25(1) 5-8   2014年   [査読有り][招待有り]
デキストラン硫酸ナトリウム誘導大腸炎モデルマウスに与えるセルロース粉末の影響
清水 純、紙谷ひとみ、大竹一男、内田博之、小林 順、真野 博
ルミナコイド研究   16 71-79   2012年   [査読有り]
Oral administration of N-acetyl Glucosamine alters the mRNA expression profile of hyaluronan-related genes in mouse skin.
Sachie Nakatani, Hiroshi Mano, Hiroto Nakajima, Tun Shimizu, Kenji Kobata and Masahiro Wada
Chitin and Chitosan Research   18 14-24   2012年   [査読有り]
Anti-proliferative effects of Salacia reticulata leaves hot-water extract on interleukin-1β-activated cells derived from the synovium of rheumatoid arthritis model mice.
Yuusuke Sekiguchi, Hiroshi Mano, Sachie Nakatani, Jun Shimizu, Kobata Kobata , Masahiro Wada
BMC Res Notes   5 198   2012年   [査読有り]
コラーゲンペプチド摂取の意義と効果的な活用法 
真野 博
Health Science   28 68-71   2012年   [査読有り]
Ryota Saito, Yuji Ishii1, Ryusuke Ito, Keisuke Nagatsuma, Ken Tanaka, Masaya Saito, Haruka Maehashi, Hideki Nomoto, Kiyoshi Ohkawa, Hiroshi Mano, Mamoru Aizawa, Hiroshi Hano, Katsuhiko Yanaga, Tomokazu Matsuura
Artificial Organs   35(1) 80-83   2011年   [査読有り]
Polyamine metabolism is involved in adipogenesis of 3T3-L1 cells.
Ikumi Ishii, Yoshihiko Ikeguchi, Hiroshi Mano, Masahiro Wada, Anthony E. Pegg, Akira Shirahata
Amino Acids   42 619-626   2011年   [査読有り]
Sri Lankan medicinal plant, “Salacia reticulata.” ameliorated the destruction of skeletal tissues in rheumatoid arthritis in CAIA mice.
Yuusuke Sekiguchi, Hiroshi Mano, Sachie Nakatani, Jun Shimizu, and Masahiro Wada
Genes & Nutrition   5 89-96   2010年   [査読有り]
Chondroprotective effect of the bioactive peptide prolyl-hydroxyproline in mouse articular cartilage in vitro and in vivo.
Sachie Nakatani, Hiroshi Mano, Chiho Sampei, Jun Shimizu, Masahiro Wada
Osteoarthritis and Cartilage   17 1620-1627   2009年   [査読有り]
Mechanisms of blood glucose-lowering effect of aqueous extract from stems of Kothala himbutu (Salacia reticulata) in the mouse.
Ryanghyok Im, Hiroshi Mano, Tomokazu Matsuura, Sachie Nakatani, Jun Shimizu and Masahiro Wada
J. Ethnopharmacol.   121 234-240   2008年   [査読有り]
Ryanghyok Im, Hiroshi Mano, Sachie Nakatani, Jun Shimizu, and Masahiro Wada
Journal of Health Science   54(6) 645-653   2008年   [査読有り]
Ryanghyok IM, Hiroshi MANO, Sachie NAKATANI, Jun SHIMIZU, and Masahiro WADA
Biol. Pharm Bull.   72(12) 3075-3083   2008年   [査読有り]
グルコサミン及びN-アセチルグルコサミンの生体における吸収と排泄
清水 純,真野 博,中谷祥恵,和田政裕
キチン・キトサン研究   14 243-250   2008年   [査読有り]
Sachie Nakatani, Hiroshi Mano, Ryanghyok Im, Jun Shimizu and Masahiro Wada
Biol. Pharm Bull.   30(3) 433-438   2007年   [査読有り]
Jun Shimizu, Mariko Ozawa, Hiroshi Mano, Shigetsugu Okayasu and Masahiro Wada
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   54(12) 546-552   2007年   [査読有り]
グルコサミン塩酸塩がマウス硬組織に与える影響
山崎恭枝、中谷祥恵、真野 博、清水 純、和田政裕
グルコサミン研究   3 1-6   2007年
グルコサミン塩酸塩およびグルコサミン類似糖が軟骨細胞ATDC5に及ぼす影響
中谷祥恵、真野 博、清水 純、和田政裕
グルコサミン研究   2 8-14   2006年
グルコサミン塩酸塩およびグルコサミン類似糖が軟骨細胞ATDC5に及ぼす影響
中谷祥恵、真野 博、清水 純、和田政裕
グルコサミン研究   2 8-14   2006年
Sachie Nakatani, Hiroshi Mano, I.M. Ryanghyok, Jun Shimizu, Masahiro Wada
Biochem. Biophys. Res. Commun   348(3) 1157-1162   2006年
Effect of immunity in wet-type negative ion sauna.
Mitsuo Terasawa, Kazuki Uemori, Hiroyuki Udagawa, Kazuhide Kosugi, Isao Minowa, Jun Shimizu, Masahiro Wada, Hiroshi Mano and Kenji Torigoe
Technical Report of Ieice   3 13-16   2005年
Hiroshi Mano, Jun Shimizu, Im Ryang Hyok, Sachie Nakatani, Yuki Noguchi, Kazunari Masuda and Masahiro Wada
J. Jpan. Soc. Nutr. Sci.   59(3) 177-183   2005年
IF3, a novel cell-ditterentiation factor, highly expressed in murine liver and ovary
Biochem, Biophys, Res, Commun   297, 323-328    2002年
Ettects of dietary polyamines on the promotion of mammauy tumor in rats
J. Health Suèna   48, 376-380    2002年

Misc

 
豆のキホン
真野 博
SALUS   199 6-9   2017年10月   [依頼有り]
コラペプJBの特徴と生理機能について
井上直樹、杉原富人、真野 博
ジャパンフードサイエンス   50 17-23   2011年
コラーゲンペプチドの吸収と関節症への効果
杉原富人、井上直樹、真野 博
フードスタイル21   15 52-57   2011年
知りたかった食品成分の機能とエビデンス
真野 博、清水 純、和田政裕
食生活      2010年
グルコサミンおよびN-アセチルグルコサミンの生体における吸収と排泄
清水 純、真野 博、中谷幸恵、和田政裕
日本キチン・キトサン研究   14 243-250   2008年
機能性コラーゲンペプチドの開発とその効果
高崎 一、中谷祥恵、真野 博、和田政裕、杉原富人
食品工業   51 62-71   2007年
真野 博
日本栄養・食糧学会誌   52(2) 113-121   1999年
骨 Ca receptor の局在と機能
腎と透析   47 627-631   1999年
カルシウム感受性の制御と臨床応用
8 1447-1451   1998年
脂溶性リガンドと代謝(5)
臨床栄養   93 697   1998年
脂溶性リガンドと代謝(4) 骨代謝
臨床栄養   93 577   1998年
脂溶性リガンドと代謝(3) 脂質代謝とPPAR
臨床栄養   93 261   1998年
脂溶性リガンドと代謝(2) 脂溶性リガンドのクロストーク
臨床栄養   93 133   1998年
脂溶性リガンドと代謝(1) 脂溶性リガンドとは
臨床栄養   93 13   1998年
骨細胞のカルシウムセンシング
腎と骨代謝   11 37   1998年
エストロゲン受容体のサブタイプについて
5 749   1997年
骨細胞(Osteocyle)の培養法と機能解析
組織培養工学   23 426   1997年
破骨細胞の分離培養とその機能解析
日薬理誌   109 75   1997年
Common Diseaseの分子機構,骨粗鬆症/破骨細胞の関与
臨床科学   32 1210   1996年
骨形成・吸収のシグナルと骨疾患:骨細胞(Osteocyte)を介するシグナリング
実験医学別冊   103   1996年
「骨粗鬆症」分子メカニズムから病態・診断・治療まで:破骨細胞
羊土社   18   1995年
破骨細胞の起源と発生
細胞   27 32   1995年

書籍等出版物

 
機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集
中谷祥恵、真野 博、古旗賢二
シーエムシー出版   2017年   
牛乳と健康〜わが国における研究の軌跡と将来展望〜
君羅好史、真野 博
ライフサイエンス出版株式会社   2015年   
コラーゲンからコラーゲンペプチドへ
君羅好史、真野 博 (担当:分担執筆, 範囲:外因性と内因性のコラーゲンペプチド —第7番目の栄養素としてのコラーゲンペプチドの可能性ー )
日本ゼラチン•コラーゲン工業組合   2014年   
コラーゲンの製造と応用展開II
君羅好史、真野 博
株式会社シーエムシー出版   2013年   
すごい!ゼラチンふりかけ健康レシピ
藤野良孝、真野 博、浜内千波 (担当:分担執筆)
扶桑社   2013年   
コラーゲン完全バイブル
真野 博
幻冬舎   2011年10月   
機能性食品素材の骨と軟骨への応用
杉原富人、井上直樹、真野 博 (担当:共著, 範囲:コラーゲン)
シーエムシー出版   2011年10月   
らくらく突破 管理栄養士国家試験対策問題集
真野 博 (担当:共著)
技術評論社   2011年   
医薬品-食品相互作用ハンドブック(第2版)
真野 博 (担当:共訳, 範囲:薬理効果を最適化する医薬品ー食品(栄養素)相互作用)
丸善   2011年   
現代栄養学を理解するための分子生物学入門
真野 博 (担当:共著, 範囲:核酸(DNAとRNA))
光生館   2010年   

講演・口頭発表等

 
カットポイント法を用いた長距離走選手に不足する栄養素の抽出
藤雅文、櫛部誠二、小林亮介、君羅好史、真野 博
第71回 日本栄養・食糧学会   2017年5月20日   
長距離走選手のトレーニング期における膝痛発生に対するコラーゲンペプチド摂取の効果
君羅好史、斎藤雅文、櫛部静二、小林涼介、清水 純、中谷祥恵、小泉聖子、井上直樹、森 芳久、小林 順、真野 博
第71回 日本栄養・食糧学会   2017年5月20日   
骨芽細胞におけるコラーゲンペプチド結合因子群の網羅的探索とその性状解析
野村佳歩、君羅好史、谷内友梨、井上直樹、真野 博
第71回 日本栄養・食糧学会   2017年5月20日   
コラーゲンペプチドPro-Hyp (PO)はFoxG1/Runx2シグナルを介して骨芽細胞分化を誘導する
大平はる香、谷内友梨、井上直樹、君羅好史、真野 博
第71回 日本栄養・食糧学会   2017年5月20日   
未利用部位活用ユズの抗肥満•抗炎症作用に関する影響
山崎優貴、金 賢珠、飯塚 譲、君羅好史、真野 博、松本明世
第71回 日本栄養・食糧学会   2017年5月20日   
かくれ老化対策として注目集めるコラーゲンペプチド [招待有り]
真野 博
コラーゲンペプチドシンポジウム   2016年11月12日   
コラーゲンペプチドの骨・関節における働 [招待有り]
真野 博
コラーゲンペプチドシンポジウム   2016年10月4日   
コラーゲンペプチドが骨芽細胞のmTORシグナルに及ぼす影響
大山恵里奈、大平はる香、井上直樹、君羅好史、真野 博
第52回 日本食生活学会   2016年6月4日   
培養骨芽細胞におけるFOXG1とコラーゲンジペプチドPro-Hyp(PO)の作用
大平はる香、谷内友梨、井上直樹、君羅好史、真野 博
第70回 日本栄養・食糧学会   2016年5月15日   
前駆軟骨細胞に及ぼすコラーゲンペプチド由来トリペプチド(Glu-Hyp-Gly)の作用
清水美好、君羅好史、片岡 綾、杉原富人、井上直樹、真野 博
第70回 日本栄養・食糧学会   2016年5月15日   
柚子ペースト抽出物および柑橘リモノイドによる破骨細胞分化抑制作用
真野 博君羅好史、清水美好、大平はる香、大山恵里奈、谷内友梨、真野 博
第70回 日本栄養・食糧学会   2016年5月15日   
コラーゲン加水分解物が間葉系幹細胞に与える作用の検討
保谷朱美、遠藤悠斗、中谷祥恵、古旗賢二、君羅好史、真野 博、和田政裕
第70回 日本栄養・食糧学会   2016年5月15日   
前駆軟骨細胞に及ぼすコラーゲンペプチド由来トリペプチド(Glu-Hyp-Gly)の作用
清水美好、君羅好史、片岡 綾、杉原富人、井上直樹、真野 博
第9回 日本アミノ酸学会   2015年10月23日   
活性型コラーゲンぺプチド”Pro-Hyp”はERKリン酸化を促進し、骨芽細胞株MC3T3-E1の分化を促進する
君羅好史、片岡 綾、真野 博
第33回 日本骨代謝学会   2015年7月24日   
骨•軟骨組織における活性型コラーゲンペプチドの分子レベルでの作用発現機構の解明の試み [招待有り]
真野 博
コラーゲンペプチド機能研究会   2015年5月14日   
骨芽細胞におよぼすコラーゲンオリゴペプチドの作用
谷内友梨、清水美好、君羅好史、片岡 綾、杉原富人、井上直樹、真野 博
第49回 日本食生活学会   2014年11月29日   
前駆軟骨細胞におけるコラーゲントリペプチド(Glu-Hyp-Gly)の作用
清水美好、谷内友梨、君羅好史、片岡 綾、杉原富人、井上直樹、真野博
第49回 日本食生活学会   2014年11月29日   
柑橘リモノイドによる破骨細胞形成抑制作用
君羅好史、谷内友梨、清水美好、真野 博
第49回 日本食生活学会   2014年11月29日   
Glu-Hyp-Glyが破骨細胞の分化に与える影響
君羅好史、谷内友梨、片岡 綾、清水 純、中谷 祥恵、杉原 富人、和田 政裕、真野 博
第68回 日本栄養・食糧学会   2014年5月31日   
骨芽細胞に直接作用する新規コラーゲンオリゴペプチドの探索
谷内友梨、君羅好史、片岡 綾、杉原富人、真野 博
第68回 日本栄養・食糧学会   2014年5月31日   
骨芽細胞の分化に対するmangiferinの効果
関口佑介、真野 博、君羅好史、中谷祥恵、清水 純、和田政裕
第68回 日本栄養・食糧学会    2014年5月31日   
コラーゲンオリゴペプチドがHR-1マウスの長管骨に及ぼす影響
倉香名、片岡 綾、清水 純、中谷祥恵、杉原富人、和田政裕、真野 博
第67回 日本栄養・食糧学会   2014年5月25日   
骨元気メニューの開発のためのコラーゲンペプチド効果の検討—破骨細胞形成に及ぼすコラーゲンペプチド(Glu-Hyp_Gly)の影響について
大平はる香、大山恵里奈、谷内友梨、清水美好、君羅好史、真野 博
第48回 日本食生活学会   2014年5月24日   
コラーゲンペプチド由来ジペプチド(Pro-Hyp)によるマウスの骨・関節軟骨への作 [招待有り]
真野 博
第93回日本栄養・食糧学会関東支部大会 平成26年度日本食品科学工学会関東支部大会 合同シンポジウム   2014年3月1日   
コラーゲンペプチ由来ジペプチド(Pro-Hyp)によるマウスの骨・関節軟骨への作用
真野 博
第16回「アミノ酸セミナー:基礎と臨床を結ぶ会」国際アミノ酸科学協会 ICAAS Japan   2013年7月12日   
培養骨細胞様細胞株(MLO-Y4)におけるequol鏡像異性体のアポトーシス抑制作用
君羅好史、小倉香名、石見桂子、勝間田真一、鈴木和春、上野友美、内山成人、上原万里子
第67回 日本栄養・食糧学会   2013年5月25日   
培養骨細胞様細胞株(MLO-Y4)におけるコラーゲンペプチドのアポトーシス抑制作用
君羅好史、小倉香名、片岡 綾、清水 純、中谷祥恵、杉原富人、和田政裕、真野 博
第67回 日本栄養・食糧学会   2013年5月25日   
骨芽細胞及び破骨細胞に対するmangiferinの影響
関口祐介、真野 博、君羅好史、中谷祥恵、清水 純、和田政裕
第67回 日本栄養・食糧学会   2013年5月25日   

競争的資金等の研究課題

 
地域コミュニティに開かれた「安全•安心な城西大学」を志向した教育•研究
城西大学: 城西大学学長所管研究奨励金
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
桂木ゆず調査
毛呂山町: 業務委託
研究期間: 2016年7月 - 2017年2月    代表者: 真野 博
健康長寿と「こま川めし」プロジェクト
城西大学: 城西大学学長所管研究奨励金
研究期間: 2013年       代表者: 真野 博
骨格系疾患予防に関する食育のためのエビデンスに関する研究
日本学術振興科学研究費補助: 
香辛料による摂食・嚥下障害改善に関する基礎的研究
浦上食品・食文化振興財団: 
納豆に含まれる生理活性物質による細胞分化と初期発生の調節
タカノ農芸化学研究助成財団: 
ヘッジホッグの構造と機能:間質細胞ー破骨細胞相互作用制御因子の分子生物学的解析
文部省科学研究費補助金: 
骨代謝における骨細胞(osteocyte)の機能解析とその重要性に関する研究
文部省科学研究費補助金: 
破骨細胞の分化過程で特異的に発現している膜タンパク質の分離とその解析
文部省科学研究費補助金: 
骨構成細胞による脂溶性生理活性物質の生理作用発現機構の分子生物学的解析
文部省科学研究費補助金: 
分子レベルでの破骨細胞の作用発現制御機構の解析〜破骨細胞におけるエストロゲンの作用〜
骨粗鬆症財団研究助成金: 
破骨細胞におけるビタミンDとヘッジッホグタンパク質の作用機構の解析
東京生化学会: 

特許

 
特願US2012/0258919 : COLLAGEN PEPIDE, DIPEPTIDE AND MALADY INHIBITOR
特願5704103 : タネまで柚子らん
真野 博
特願P2015-59087A : 変形性関節症または骨粗鬆症の治療剤もしくは予防剤
特願P5778692 : Glu-Gly-Asp-Gly-His-Leu-Gly-Lys-Pro-Gly -Arg-Hyp-Gly-GluもしくはGlu-Lys-Asp-Gly-His- Pro-Gly-Lys-Pro-Gly-Arg-Hyp-Gly-Gluで表される アミノ酸配列からなるペプチドまたはその薬学上許容される塩
特願WO 2010/038328 A1) : コラーゲンペプチド、ジペプチドおよび疾病抑制剤
特願PCT/JP2008071164 : COLLAGEN PEPTIDE, DIPEPTIDE, AND AGENT FOR PREVENTION OF DISEASE

社会貢献活動

 
ハッピーエイジングと食
【講師】  坂戸市 城山公民館  2017年8月18日
コラーゲンペプチドの骨・関節における働き
【講師】  健康食品管理士会関東支部群馬地方会  2017年7月2日
ボーンブロス
【編集, 寄稿】  and GIRL  2017年5月
捨てないで食べる食品の皮や種子〜毛呂山町「桂木ゆず」を例にして
【講師】  毛呂山町  いきいき大学もろやま  2017年3月18日
コラーゲンからコラーゲンペプチドへ
【編集】  日経ヘルス  2017年2月

その他

 
2013年   高麗川かわガール(かわかどカヌー倶楽部)
奥武蔵を流れる高麗川の魅力発信と美化活動を行う任意団体:[高麗川かわガール(かわかどカヌー倶楽部)]の代表
2013年8月創設
2003年   DHA
食育サークル:DHAの顧問
2003年創設