松山 秀明

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/30 22:24
 
アバター
研究者氏名
松山 秀明
 
マツヤマ ヒデアキ
eメール
hmatsukansai-u.ac.jp
所属
関西大学社会学部
職名
助教
学位
学際情報学(修士)(東京大学)

プロフィール

関西大学社会学部 助教

専門:メディア論、テレビ文化論
研究テーマ:テレビ・アーカイブを活用したテレビ番組研究、東京論

参加プロジェクト:記録映画アーカイブプロジェクト(東京大学)、NNNドキュメント共同研究(東京大学・日本テレビ)、NHK共同研究(東京大学・NHK放送文化研究所)、放送文化アーカイブプロジェクト(NHK放送文化研究所)、番組eテキストプロジェクト(NHK放送文化研究所)、Visualizing Postwar Tokyo(東京大学edX)など

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
関西大学社会学部 助教
 
2015年6月
 - 
2017年3月
東京大学大学院情報学環 特任助教
 
2014年9月
 - 
2017年3月
共立女子大学 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会特別研究員(DC2、社会学)
 
2011年4月
 - 
2015年5月
東京大学大学院学際情報学府 博士課程
 
2011年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院学際情報学府RA
 

受賞

 
2011年3月
東京大学大学院 学際情報学府長賞(最優秀修士論文賞)
 

論文

 
松山 秀明
放送研究と調査   67(2) 44-63   2017年2月
松山秀明
マス・コミュニケーション研究   (85) 103-121   2014年7月   [査読有り]
松山秀明
丹羽美之・藤田真文編『メディアが震えた――テレビ・ラジオと東日本大震災』(東京大学出版会)   73-117   2013年5月
松山秀明
マス・コミュニケーション研究   (80) 153-170   2012年1月   [査読有り]
松山秀明(共同執筆)
放送研究と調査   62(1) 46-55   2012年1月
松山秀明
放送メディア研究   (8) 121-154   2011年3月
テレビと都市空間-テレビ・ドキュメンタリーにみる東京イメージの変遷
松山秀明
学位論文(修士)東京大学      2011年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
都市出版   2017年2月   
都市出版   2015年2月   
東京大学出版会   2013年5月   ISBN:4130530194

Misc

 
松山 秀明
東京人   116-123   2017年3月
松山 秀明
週刊読書人(2016年10月7日号)      2016年10月   [依頼有り]
松山 秀明
吉見俊哉監修・南後由和編『建築の際――東京大学情報学環連続シンポジウムの記録』   300-303   2015年8月
松山秀明
東京人   46-51   2015年2月   [依頼有り]
松山秀明
GALAC   196 14-17   2013年9月   [依頼有り]
テレビ・ドキュメンタリー(研究)の意義――1960年代の東京から考える
松山秀明
社会研究   43 11-12   2013年4月   [依頼有り]
松山秀明(共同執筆)
東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究・調査研究編   29 177-220   2013年3月
松山秀明(共同執筆)
東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究・調査研究編   28 203-242   2012年3月
“How Television Portrays People: From the Rapid Economic Growth Period Human Drama Documentaries”
Hideaki MATSUYAMA
NHK BROADCASTING STUDIES   9 98-101   2011年2月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
松山 秀明
日本マス・コミュニケーション学会 2016年度春季研究発表会   2016年6月18日   
テレビが描く“東京の地政学”――高度成長期,少女に仮託した都市の記憶
松山 秀明
第64回関東社会学会大会   2016年6月5日   
ワークショップ 「放送100年史」を構想する [招待有り]
松山 秀明
文研フォーラム2016   2016年3月2日   
テレビジョンの時間性――1960年代後半の新宿をめぐって
松山 秀明
2015年社会情報学会(SSI)学会大会   2015年9月13日   
ワークショップ「初期テレビドラマの形成とその変容~「実験の時代」から「安定の時代」へ」 [招待有り]
松山秀明
日本マス・コミュニケーション学会   2014年6月1日   
“Nationalism of Synchronism: The Characteristics of Japanese Television in the 1950s-1960s”
Hideaki MATSUYAMA
The 2nd Annual University of Tokyo-GSII Graduate Student Conference, The University of Tokyo   2013年11月22日   
松山秀明
山形国際ドキュメンタリー映画祭   2013年10月13日   
“Tokyo in Experimental Television Documentaries of the 1960s” [招待有り]
Hideaki MATSUYAMA
Media Histories/ Media Theories& East Asia, University of California, Berkeley   2013年2月8日   
テレビ・ドキュメンタリー研究の意義――1960年代の東京から考える [招待有り]
松山秀明
シンポジウム「ドキュメンタリー研究への出発――事例から考える/理論から考える」,法政大学   2012年12月14日   
『震災遺構』と『震災遺映』
松山秀明
シンポジウム「映画、建築、記憶」   2012年11月17日   
眼でみる日本地理――岩波写真と岩波映画の接点
松山秀明
表象文化論学会   2012年7月8日   
松山秀明
日本マス・コミュニケーション学会   2012年6月2日   
“Space and Architecture in Un Couple Parfait” [招待有り]
Hideaki MATSUYAMA
Todai Forum 2011, ENS Lyon   2011年10月20日   
“The Images of Tokyo: Television Portrayals of Urban Space” [招待有り]
Hideaki MATSUYAMA
12th APRU Organizing Committee, Tsinghua University   2011年7月7日   
高度経済成長期のテレビ的人間像――『ある人生』で描かれる人物像分析
松山秀明
NHK放送文化研究所2010年春の研究発表・シンポジウム   2010年3月16日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
テレビ・アーカイブを活用したテレビ番組研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 松山秀明

その他

 
2014年8月
松山秀明(構成)伊藤滋「オリンピック前夜の東京改造」丹羽美之・吉見俊哉編『戦後復興から高度成長へ――民主教育・東京オリンピック・原子力発電』東京大学出版会
2010年10月
松山秀明(共同執筆)「建築の際 第7回 映像の際」『新建築』2010年10月号,pp.28-29.
2010年6月
松山秀明「高度経済成長期のテレビ的人間像――『ある人生』で描かれる人物像分析」『放送研究と調査』2010年6月号,pp.10-11.