小川宏人

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/26 14:54
 
アバター
研究者氏名
小川宏人
URL
http://www.sci.hokudai.ac.jp/~hogawa/index.html
所属
北海道大学
部署
大学院理学研究院
職名
教授
学位
博士(理学)
その他の所属
独立行政法人科学技術振興機構

プロフィール

専門研究分野
神経生物学,神経行動学,動物生理学

研究テーマ
コオロギの気流感覚系をモデルとした単一神経細胞の樹状突起内でのシナプス入力の統合と演算に関する研究

経歴
1992年 3月 岡山大学大学院自然科学研究科修了 博士(理学)(岡山大学)
1992年 4月 株式会社富士通研究所 研究員
1995年 2月 科学技術振興事業団 創造科学推進事業 河内微小流動プロジェクト 研究員
1997年 10月 埼玉医科大学医学部生物学教室 講師
2002年4月〜2003年3月 米国モンタナ州立大学 Visiting Research Assistant Professor
2008年 10月 北海道大学大学院理学研究院 准教授
2009年10月〜2013年3月 JSTさきがけ「脳情報の解読と制御」研究者 兼任
2016年 4月 北海道大学大学院理学研究院 教授

所属学会
Society for Neuroscience(北米神経科学会),日本神経科学会,日本動物学会,日本比較生理生化学会,日本生物物理学会

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院理学研究院生物科学部門 教授
 
2010年10月
 - 
2013年3月
科学技術振興機構 さきがけ 脳情報の解読と制御 領域 研究者 (兼任)
 
2009年10月
 - 
2016年3月
北海道大学 大学院理学研究院生物科学部門 准教授
 
2002年4月
 - 
2003年3月
Montana State University, Center for Computational Biology Visiting Research Assistant Professor
 
1997年10月
 - 
2009年9月
埼玉医科大学 医学部 講師
 

受賞

 
2004年7月
日本比較生理生化学会 吉田奨励賞 カルシウムイメージングによる昆虫の気流感覚情報処理システムの研究
 

論文

 
Fukutomi M, Someya M, Ogawa H
The Journal of experimental biology   218(Pt 24) 3968-3977   2015年12月   [査読有り]
Ogawa H, Mitani R
Biochemical and biophysical research communications   467(2) 185-190   2015年11月   [査読有り]
Ogawa H, Oka K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(33) 11644-11655   2015年8月   [査読有り]
Ogawa H, Kajita Y
Neuroscience letters   584 282-286   2015年1月   [査読有り]
Matsumoto CS, Shidara H, Matsuda K, Nakamura T, Mito T, Matsumoto Y, Oka K, Ogawa H
Journal of insect physiology   59(12) 1235-1241   2013年12月   [査読有り]
Ogawa H, Kawakami Z, Yamaguchi T
Journal of insect physiology   57(10) 1358-1367   2011年10月   [査読有り]
Suzuki M, Kimura T, Ogawa H, Hotta K, Oka K
PloS one   6(4) e18244   2011年4月   [査読有り]
Ogawa H, Kagaya K, Saito M, Yamaguchi T
Journal of insect physiology   57(2) 326-338   2011年2月   [査読有り]
Baba Y, Tukada A, Ogawa H
Zoological science   27(6) 506-513   2010年6月   [査読有り]
Suzuki M, Kimura T, Ogawa H, Hotta K, Oka K
Invertebrate neuroscience : IN   9(3-4) 185-193   2009年12月   [査読有り]
Ogawa H, Cummins GI, Jacobs GA, Oka K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28(18) 4592-4603   2008年4月   [査読有り]
Homma K, Kitamura Y, Ogawa H, Oka K
Journal of neuroscience research   84(2) 316-325   2006年8月   [査読有り]
Ogawa H, Cummins GI, Jacobs GA, Miller JP
Journal of neurobiology   66(3) 293-307   2006年2月   [査読有り]
Kubota T, Shindo Y, Tokuno K, Komatsu H, Ogawa H, Kudo S, Kitamura Y, Suzuki K, Oka K
Biochimica et biophysica acta   1744(1) 19-28   2005年5月   [査読有り]
Watanabe H, Takaya T, Shimoi T, Ogawa H, Kitamura Y, Oka K
Neurobiology of learning and memory   83(2) 151-157   2005年3月   [査読有り]
Investigation of intracellular magnesium mobilization pathways I PC12 cells B simultaneous Mg-Ca fluorescent imaging.
Kubota T, Shindo Y, Tokuno K, Komatsu H, Ogawa H, Kitamura Y, Suzuki K, Oka K
Journal of the American College of Nutrition   23(6) 742S-4S   2004年12月   [査読有り]
Ogawa H, Baba Y, Oka K
Neuroscience letters   358 185-188   2004年4月   [査読有り]
Mizutani K, Shimoi T, Ogawa H, Kitamura Y, Oka K
Neuroscience research   48(4) 457-462   2004年4月   [査読有り]
Kitamura Y, Ogawa H, Oka K
Talanta   61(5) 717-724   2003年12月   [査読有り]
Kubota T, Tokuno K, Nakagawa J, Kitamura Y, Ogawa H, Suzuki Y, Suzuki K, Oka K
Biochemical and biophysical research communications   303(1) 332-336   2003年3月   [査読有り]
Ogawa H, Baba Y, Oka K
Journal of neurobiology   53 44-56   2002年10月   [査読有り]
Spike-triggered dendritic calcium transients depend on synaptic activity in the cricket giant interneurons.
Ogawa H, Baba Y, Oka K
Journal of neurobiology   50 234-244   2002年2月   [査読有り]
Fictive locomotion induced by octopamine in the earthworm.
Mizutani K, Ogawa H, Saito J, Oka K
The Journal of experimental biology   205 265-271   2002年1月   [査読有り]

Misc

 
小川宏人
比較生理生化学   25(1) 21-22   2008年
小川宏人, 岡浩太郎
生物物理   45(4) 198-202   2005年7月
近年光学測定や樹状突起部でのホールセル記録法により, 神経細胞の樹状突起は能動的性質をもつことが明らかになってきた.しかし, ほとんどの知見はほ乳類脳スライス榎本における研究によるもので, 樹状突起の能動的性質がその神経細胞の演算課題(computational task)にどのように貢献するのか不明であった.本稿では, 感覚性介在ニューロンにおける樹状突起活動に関する研究を紹介し, その特性が感覚情報処理にどのように関与するのかを考察する.
北村美一郎, 鵜澤智之, 駒井豊, 小川宏人, 瀧澤直定, 小林弘祐, 谷下一夫, 岡浩太郎
生物物理   41(1) 32-34   2001年1月
斎藤淳一, 清水亮作, 水谷賢史, 鈴木啓介, 小川宏人, 谷下一夫, 岡浩太郎
生物物理   39(1)    1999年9月
清水亮作, 金子仁, 小川宏人, 岡浩太郎
生物物理   39(1)    1999年9月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年
本研究は,昆虫の行動を制御する脳・神経機能の解明に向けて,行動下にある昆虫の脳神経節の神経活動を光学的に測定することを目的とする。本年度はフタホシコオロギ脳神経節のキノコ体傘部の神経活動をカルシウムイメージングによって計測することを具体的な研究課題とした。年度前半は,これまで研究実績のある最終腹部神経節を用いて,カルシウム感受性色素の導入方法の検討を行った。その結果,多数のニューロンによる集団的な神経活動をモニタするためには,神経節のシース下にAM体色素をマイクロインジェクションする方法が...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年
本研究は,コオロギの気流感覚系をモデルとして,カルシウムイメージングと電気生理を併用して,空気流方向に関する情報の抽出・統合過程を解析することを目的とした。平成16年度は,気流応答性機械感覚毛の求心性神経終末群の選択的カルシウムイメージングを行い,気流方向情報が神経終末群の活動の空間パターンで表現されていることを明らかにした。さらに応答画像の平均化・フィルタリング処理等を行って,刺激方向毎に求心性神経終末の興奮領域を特定し,機械感覚ニューロンの神経節内での活動パターンマップを作成した。平成...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年
昆虫単一細胞内の局所的演算機能を明らかにするために、コオロギ気流応答性巨大介在ニューロン(giant interneuron : GI)の樹状突起部での細胞内電位記録と高速Caイメージングの同時記録を行い、活動電位の波形とCa応答パターンの関係を調べた。GIの上向性軸索への逆行性刺激によるbackpropagating spikeと、GIに興奮性入力を持つ1次感覚ニューロンへのシナプス刺激によるsynaptic spikeは、ともに一過性の細胞内Ca濃度上昇を引き起こすが、樹状突起末端での...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年
コオロギの巨大介在ニューロン(giant intemeuron : GI)を材料として、単一神経細胞内活動を高速イメ一ジング法によって可視化し、細胞内の局所的演算機能を明らかにすること試みた。その結果、カルシウム濃度感受性蛍光色素Oregon green BAPTA-1とフォトダイオード・アレイおよびIntensified CCDカメラシステムを用いて、単発の活動電位に伴う一過性の細胞内カルシウム濃度上昇(Ca transient)を捉えるのに成功した。このCa transientは活動電...