筒井 弘

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/12 12:13
 
アバター
研究者氏名
筒井 弘
 
ツツイ ヒロシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30402803.ja.html
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻
職名
准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年5月
 - 
現在
北海道大学 情報科学研究科 准教授
 
2010年4月
 - 
2013年4月
京都大学 大学院・情報学研究科 助教
 
2007年4月
 - 
2010年3月
大阪大学 情報科学研究科 特任助教
 
2005年4月
 - 
2007年3月
京都大学 情報学研究科 特任助手
 

委員歴

 
2012年5月
 - 
2014年5月
電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ スマートインフォメディアシステム研究会  幹事
 
2013年
 - 
2013年
2013 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2013)  Technical Program Committee Member
 
2013年
 - 
2013年
ISPACS 2013  Publicity Chair
 
2010年5月
 - 
2012年5月
電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ スマートインフォメディアシステム研究会  幹事補佐
 
2012年
 - 
2012年
2012 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2012)  Technical Program Committee Member
 

受賞

 
2013年10月
SASIMI Organizing Committee SASIMI 2013 Outstanding Paper Award Place-and-Route Algorithms for a Reliability-Oriented Coarse-Grained Reconfigurable Architecture Using Time Redundancy
受賞者: Takashi Imagawa, Masayuki Hiromoto, Hiroshi Tsutsui, Hiroyuki Ochi, Takashi Sato
 
2009年10月
IEEE/ACM/IFIP 7th IEEE/ACM/IFIP Workshop on Embedded Systems for Real-Time Multimedia (ESTIMedia2009) Best Paper Award A high-throughput pipelined architecture for JPEG XR encoding
受賞者: Koichi Hattori, Hiroshi Tsutsui, Hiroyuki Ochi, and Yukihiro Nakamura
 
2008年7月
情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム優秀論文賞 メディアストリーミングにおける高速移動通信網に適した動的符号化レート制御手法の検討
受賞者: 廣本 正之, 筒井 弘, 越智 裕之, 小佐野 智之, 石川 憲洋, 中村 行宏
 
2007年9月
電子通信情報学会 電子情報通信学会ソサイエティ大会基礎・境界ソサイエティ特別企画「若手研究者のための映像圧縮コンテスト」最優秀賞 古いフィルム映像を模擬した劣化動画像の符号化手法
 
2005年9月
電子通信情報学会 電子情報通信学会平成17年度学術奨励賞 JPEG2000 エントロピ符号器における SRAM の構成方法
受賞者: 筒井 弘, 菅野 裕揮, 増崎 隆彦, 越智 裕之, 尾上 孝雄, 中村 行宏
 

論文

 
Robust Isolated Phrase Recognition System Using Running Spectrum Analysis
Xiaonan Jiang, Tatsuya Nakagoshi, George Mufungulwa, Hiroshi Tsutsui, Yoshikazu Miyanaga, Shini-ichi Abe
Proceedings of Intelligent Transportation Society of America World Congress (ITS 2017)      2017年10月   [査読有り]
An Evaluation of Phrase Rejection Using K-means Clustering for Robust Speech Recognition
Xiaonan Jiang, Tatsuya Nakagoshi, Noboru Hayasaka, Hiroshi Tsutsui, Yoshikazu Miyanaga
Proceedings of International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA)   154-157   2017年9月   [査読有り]
An Accuracy Evaluation of WiFi Based Indoor Positioning System Using Estimated Reference Locations
Myat Hsu Aung, Hiroshi Tsutsui, Yoshikazu Miyanaga
Proceedings of International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA)   321-326   2017年9月   [査読有り]
An Evaluation of Foreground Extraction Using Background Subtraction and GrabCut
Kentaro Yamada, Hiroshi Tsutsui, Yoshikazu Miyanaga
Proceedings of International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC)   27-30   2017年8月   [査読有り]
Low-Cost Adaptive Block-Based Lossless Compression Method for Memory Bandwidth Reduction
So Tsuyuguchi, Hiroshi Tsutsui, Yoshikazu Miyanaga
Proceedings of International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC)   97-100   2017年8月   [査読有り]

Misc

 
今川 隆司, 池下 貴大, 筒井 弘, 宮永 喜一
電子情報通信学会 信学技報      2017年11月
Myat Hsu Aung, Hiroshi Tsutsui, Yoshikazu Miyanaga
GI-CoRE GSQ, GSB & IGM Joint Symposium      2017年7月
変分法を用いた透過マップ推定によるヘイズ除去における環境光推定の一検討
杉山 健太, 今川 隆司, 筒井 弘, 宮永 喜一
第30回 回路とシステムワークショップ   57-60   2017年5月
MIMO-OFDM復調のためのガウスジョルダン法を用いたFPUベースの逆行列演算のハードウェア実装
池下 貴大, 今川 隆司, 筒井 弘, 宮永 喜一
電気・情報関係学会北海道支部連合大会   174-175   2016年11月
変分法を用いた透過マップ推定によるヘイズ除去の一検討
杉山 健太, 今川 隆司, 筒井 弘, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会      2016年9月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 越智 裕之
人類がこれまでアナログメディアで蓄積してきた書物、音楽、映像等の文化遺産のデジタル化や、増えつつあるオンラインコンテンツの散逸防止が急務であるが、既存の光ディスクや磁気ディスク等の寿命は数10年と言われている。そこで研究代表者らは、長寿命なデジタル記憶メディアとしてマスクROMに注目し、その長期信頼性を更に高めるべく、マスクROMの実装されたシリコンチップ全体を完全に絶縁層で封止し、エネルギー供給やデータの取り出しを全て非接触で行うことを考え、更に、各記憶メディアに相互通信する機構を持たせ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 佐藤 高史
今年度は昨年度に引き続き、モンテカルロ法による統計的タイミング解析を高速化するための並列計算アルゴリズムの検討、および、時間的にパラメータが変動するばらつきモデルについての基礎検討を実施した。1)タイミング解析アルゴリズムに関しては、昨年度検討した回路の最遅到着時間の伝搬をFPGA上にタイミンググラフの構造通りに実現する方法、を発展させ、汎用のタイミング計算専用演算器を定義し、これがメモリに数値を読み書きするプロセッサ型の実装方法を提案した。この実装では、モンテカルロ試行レベルでの並列化を...