ウィルソン イアン

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 11:57
 
アバター
研究者氏名
ウィルソン イアン
ハンドル
Ian
URL
http://www.u-aizu.ac.jp/~wilson
所属
会津大学
部署
語学研究センター

研究分野

 
 

論文

 
Emiko KANEKO, Younghyon HEO, Gregory K. IVERSON, Ian WILSON
Journal of Second Language Pronunciation   1(1) 65-85   2015年4月   [査読有り]
Second language learners show various forms of mispronunciation, or modification, of target pronunciation, most perhaps due to direct native language transfer, but others, summarized here, to deflected contrast, hypercorrection and covert contrast...
Wilson I, Gick B
Journal of speech, language, and hearing research : JSLHR   57 1-13   2014年4月   [査読有り]
ウィルソン イアン
音声研究   18(2) 106-109   2014年8月   [査読有り]
ウィルソン イアン
日本音響学会誌   70(10) 560-564   2014年   [査読有り][招待有り]
ウィルソン イアン
Acoustical Science and Technology   35(6) 285-289   2014年   [査読有り][招待有り]
Ian WILSON, Donna ERICKSON
Proceedings of Meetings on Acoustics   19    2013年   [査読有り]
William ROZYCKI, Ian WILSON
IEEE Proceedings of the International Professional Communication Conference (IPCC 2010): Communication in a Self-Service Society   222-225   2010年   [査読有り]
Junichi Fujinuma,Ian Wilson
International Conference on Humans and Computers, HC '10, Aizu-Wakamatsu, Fukushima-ken, Japan, December 6-10, 2010   89-93   2010年   [査読有り]
Campbell F, Gick B, Wilson I, Vatikiotis-Bateson E
Language and speech   53 49-69   2010年   [査読有り]
B Gick, P Bacsfalvi, B M Bernhardt, S Oh, S Stolar, I Wilson
Proceedings of Meetings on Acoustics   1    2008年   [査読有り]
ウィルソン イアン
Canadian Journal of Linguistics   52 43-70   2007年   [査読有り]
John Brine, Ian Wilson, Debopriyo Roy
Seventh International Conference on Computer and Information Technology (CIT 2007), October 16-19, 2007, University of Aizu, Fukushima, Japan   1059-1064   2007年   [査読有り]
Gick B, Bird S, Wilson I
Clinical linguistics & phonetics   19 503-514   2005年9月   [査読有り]
Shi R, Gick B, Kanwischer D, Wilson I
Journal of psycholinguistic research   34 341-364   2005年7月   [査読有り]
Gick B, Wilson I, Koch K, Cook C
Phonetica   61 220-233   2004年10月   [査読有り]
C E Johnson, I L Wilson
International Journal of Bilingualism   6 271-289   2002年   [査読有り]
Bryan Gick, Ian Wilson
EUROSPEECH 2001 Scandinavia, 7th European Conference on Speech Communication and Technology, 2nd INTERSPEECH Event, Aalborg, Denmark, September 3-7, 2001   273-276   2001年   [査読有り]

Misc

 
WILSON Ian, KANADA Sunao
音声研究   18(2) 106-109   2014年8月
本研究はEMAを用いて発話直前及び発話中の舌の冠状面形状を英語母語話者3名と非母語話者4名に対して計測した。非母語話者は日本語母語話者3名とスペイン語母語話者1名で,英語調音習熟度が低い2名と母語話者に匹敵する高さの2名である。英語母語話者と高習熟度非母語話者では,発話開始直前の準備態勢にある舌側面形状が発話中の中央値付近に分布したものの,低習熟度非母語話者では舌幅に関して効率の低い準備態勢にあることが示された。
守屋 周祐, 矢口 勇一, 照沼 直樹, 佐藤 綜洋, ウィルソン イアン
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   113(308) 53-57   2013年11月
本研究は発声の違いを舌の動きから抽出し,数値化することで,L1スピーカーとL2スピーカーの違いを見つけることが主な目的である.舌の動きの違いは,発声者の発音の違いに直接影響する.そのことから,発声者の母国を特定したり,L2スピーカーが苦労する発音の克服をL1スピーカーの舌の動きと直接比較することが出来るため,適切なアプローチで指導できると考える.それを達成するにあたり,我々は超音波を用いた舌の断面映像を使用し,以下の手法を用いた.まず,対象とするスピーカーから,『The boy who c...
矢口 勇一, 堀口 尚哉, ウィルソン イアン
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   111(431) 149-154   2012年2月
Wilson Ian, Hashimoto Yurika
名古屋学院大学論集. 言語・文化篇 = Journal of Nagoya Gakuin University   24(2) 15-22   2013年
Much crosslinguistic research exists on the production and perception of voice onset time (VOT). However, most research on the perception of VOT uses synthetic stimuli instead of natural speech stimuli. Effects of synthetic speech on the percept...
矢口 勇一, 堀口 尚哉, ウィルソン イアン
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   111(431) 149-154   2012年2月
本稿では,第二言語習得者の発音学習のために,学習者が発声した時の舌の形状の推定を行うシステムを作成するための一考察として,超音波による舌の画像系列と音声によるフレームワイズな音素片に対する特徴空間を作成し,その特徴空間内で一つの文の発話がどの様な軌跡を描いているかを検証する.本研究の意義は,音声波形から舌や口腔の形状を推定する事を目的とするため,その特徴空間を如何に混合し,またこの特徴空間によってどの様な知見が得られるかを見つける事である.実験の結果,超音波舌画像による特徴空間内でも,音韻...

書籍等出版物

 
Bryan Gick, Ian Wilson, Donald Derrick
Wiley-Blackwell   2013年1月   ISBN:1405193204