一川誠

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/19 08:39
 
アバター
研究者氏名
一川誠
eメール
michikawachiba-u.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=一川誠
所属
千葉大学
部署
大学院人文科学研究院
職名
教授
学位
博士(文学)(大阪市立大学)
その他の所属
山口大学時間学研究所

プロフィール

1994年大阪市立大学文学研究科後期博士課程修了.博士(文学).学術振興会特別研究員,York UniversityでのPostdoctoral Fellow,山口大学工学部講師・助教授,千葉大学文学部助教授・准教授を経て,現在,千葉大学人文科学研究院教授.山口大学時間学研究所客員教授.人間の知覚認知過程や感性の特性についての実験心理学的研究に従事.日本心理学会,日本基礎心理学会,日本視覚学会,日本感性工学会,日本認知心理学会,日本時間学会,日本写真学会,Vision Sciences Society,Association for Research in Vision and Ophthalmology各会員.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
千葉大学 大学院人文科学研究院 教授
 
2013年11月
 - 
2017年3月
千葉大学 文学部 行動科学科 教授
 
2011年6月
 - 
現在
山口大学時間学研究所 客員教授
 
2009年4月
 - 
2013年10月
千葉大学 文学部 行動科学科 准教授
 
2006年10月
 - 
2009年3月
千葉大学 文学部 行動科学科 助教授
 
2000年4月
 - 
2006年9月
山口大学 理工学研究科 感性デザイン工学専攻 助教授
 
1997年8月
 - 
2000年3月
山口大学 工学部 感性デザイン工学科 講師
 
1995年4月
 - 
1997年7月
Centre for Vision Research, York University Postdoctoral fellow
 
1994年4月
 - 
1995年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
1993年11月
 - 
1994年3月
ATR人間情報通信研究所 学外研究員
 

受賞

 
2013年5月
一般社団法人日本写真学会 小島裕研究奨励賞 大型ディスプレイを用いたコミュニケーションにおけるリアリティーの諸側面に関する実験心理学的研究
 
2010年11月
日本基礎心理学会 錯視コンテストグランプリ 道路写真の角度錯視
受賞者: 長篤志,長田和美,三池秀敏,一川誠,松田憲
 
2009年3月
中央公論編集部 新書大賞2009 11位入賞 『大人の時間はなぜ短いのか?』集英社新書
 
2002年12月
第1回ITS 優秀対面発表論文賞 ポールの設置による傾斜弁別閾の変化
受賞者: 後藤宗一郎, 長篤志, 木下武志, 一川誠, 三池秀敏
 
1999年10月
10th Danube Adria Association for Automation & Manufacturing, International Symposium Award for the Best Paper Presented Solving random-dot stereograms with a reaction-diffusion model under the Turing instability.
受賞者: Nomura, A., Ichikawa, M., & Miike, H.
 

論文

 
Makoto Ichikawa, Yuko Masakura
Perception      2017年7月   [査読有り]
When observers move the head backwards and forwards while fixating on the center of the concentric circles that consist of oblique lines, they see illusory rotation of those circles. If several dots are superimposed on the proximity to the inner c...
Satoshi Okazaki, Makoto Ichikawa
Acoustical Science and Technology   38(4) 185-192   2017年7月   [査読有り]
This paper provides a phenomenological quantitative function of the perceptual simultaneity range (PSR) in terms of the frequency separation and a possible explanation. The PSR for two pure tones was measured with the frequency separation between ...
一川誠
時間学研究   7(1) 31-46   2016年12月   [査読有り]
時間に関する知覚過程は,一義的な解のない不良設定問題を解決する過程とみなすことができる.すなわち,時間知覚は,時間進行のペースや事象間の間隔についての確かな情報がないのに,0 次元もしくは0.5 次元的に得られる諸事象についての知覚情報を一次元的な進行する時間軸上に位置付ける過程と見なすことができる.普段の時間知覚において,何らかの巧妙な方略を用いることによって知覚系はこの不良設定問題に一応の解を与えていると考えられる.本研究では,知覚系がこの不良設定問題解決に用いている方略を理解するため...
Satoshi Okazaki, Makoto Ichikawa
The Journal of the Acoustical Society of America   140(4) 3263-3263   2016年11月   [査読有り]
Present study investigated the range of perceptual simultaneity, within which listeners perceive two asynchronous tones as simultaneous, as a function of frequency separation and fundamental frequency of the tones. This function was obtained with ...
Misa Kobayashi, Makoto Ichikawa
Japanese Psychological Research   58(3) 273-283   2016年7月   [査読有り]
We examined how impression (such as safety, pleasantness, and impact), as well as emotional arousal and valence, evoked by viewing a picture affects temporal resolution of visual processing and perceived picture duration. In the first experiment a...

書籍等出版物

 
자기전15분미니멀시간사용법
一川誠
毎経出版㈜   2017年9月   ISBN:979-11-5542-722-4(03320)
一川誠
PHP研究所   2016年7月   ISBN:4569831257
一川 誠, 池上 彰 (担当:共著)
宝島社   2015年8月   ISBN:4800243696
一川誠(文),吉野晃希男(絵) (担当:共著)
福音館書店   2014年4月   ISBN:4910159230547

担当経験のある科目

 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
大阪市立大学 文学研究科後期博士課程 
 
1988年4月
 - 
1990年3月
大阪市立大学 文学研究科前期博士課程 
 
1984年4月
 - 
1988年3月
大阪市立大学 文学部 人間関係学科
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
日本時間学会  会長
 
2015年3月
 - 
現在
日本基礎心理学会  編集委員
 
2010年7月
 - 
現在
日本視覚学会  幹事
 
2009年6月
 - 
2016年6月
日本時間学会  理事
 
2003年7月
 - 
2010年7月
日本視覚学会  世話人
 

特許

 
特開2003-101690 : 画像処理方法及びデジタルカメラ並びに記録媒体
三池 秀敏, 長 篤志, 木下 武志, 一川 誠
特開2004-364420 : 傾斜要素配列を用いた静止画像媒体における運動表現手法
一川 誠, 宗近 孝吉, 政倉 祐子