2015/06/23

木原均小伝(木原ゆり子著)

Tweet ThisSend to Facebook | by ki7
北海道大学総合博物館ボランティア・ニュース 抜粋特別号(2015)
「木原均先生小伝 〜研究と探検とスポーツと〜」

植物遺伝学者木原均氏(1893-1986)の膨大な功績・足跡について、氏の三女にあたる木原ゆり子氏が非常にわかりやすく紹介したものです。貴重な写真や身内ならではの素敵なエピソードも。

http://www.museum.hokudai.ac.jp/wp-content/uploads/2016/06/vnews_kihara_201506.pdf
(リンクをアップデートしました 2016/10/16)
15:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2015/04/02

医学史 reading list

Tweet ThisSend to Facebook | by ki7
鈴木晃仁先生の大学院授業参考資料(医学史)です。

「一般向け」として、以下の3冊が紹介されています。


・Roy Porter, The Greatest Benefit to Mankind: A Medical History of Humanity from Antiquity to the Present (London: Harper & Collins, 1997).
・William Bynum & Helen Bynum eds., Great discoveries in medicine (London: Thames & Hudson, 2011) 『Medicine : 医学を変えた70の発見』鈴木晃仁・鈴木実佳訳(東京:医学書院, 2012).
・Mary Dobson, Disease : the extraordinary stories behind history's deadliest killers (London: Quercus, 2007) 『Disease : 人類を襲った30の病魔』小林力訳(東京:医学書院, 2010).

その他、以下のリンクに(教科書やもっと上級編のものも含め)多数の文献紹介があります。

http://akihitosuzuki.hatenadiary.jp/entry/2015/04/02/141738


22:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/12/20

Readings

Tweet ThisSend to Facebook | by ki7
伝記から読む科学の歴史:
・ジャネット・ブラウン(長谷川眞理子訳)『ダーウィンの"種の起源"』(邦訳2007).
・ブレンダ・マドックス(鹿田 昌美訳、福岡 伸一監訳)
 『ダークレディと呼ばれて―二重らせん発見とロザリンド・フランクリンの真実』(邦訳2005).
・ジェラルド・ギーソン(長野敬・太田英彦訳)
 『パストゥール―実験ノートと未公開の研究』(邦訳2000).
・R Iliffe, Newton: A Very Short Introduction (2007).

「伝記」というもの自体について考えたい方は↓
・H Lee, Biography: A Very Short Introduction (2009).

科学・技術・医学の歴史〜通史的入門テキスト:
・LM Principe, Scientific Revolution: A Very Short Introduction (2011).
・PJ Bowler and IR Morus, Making Modern Science: A Historical Survey (2005).
・R Porter, The Greatest Benefit to Mankind: A Medical History of Humanity (1999).
・P Fara, Science: A Four Thousand Year History (2010).
・古川安『科学の社会史:ルネサンスから20世紀まで』(1989).
・J Endersby, A Guinea Pig's History of Biology (2007).
・BT Moran, Distilling Knowledge: Alchemy, Chemistry, and the Scientific Revolution (2005).
19:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)