飯田 香穂里

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/11 15:47
 
アバター
研究者氏名
飯田 香穂里
eメール
iida_kaorisoken.ac.jp
所属
総研大
部署
先導科学研究科 生命共生体進化学専攻「科学と社会」分野
職名
准教授
学位
PhD

プロフィール

主に日本の遺伝学の歴史(1920-1950年代)を研究しています。

総研大(葉山)では、生物科学系の大学院生が「科学と社会」に関するトピックで副論文を書く制度があり、その副論文指導を主に担当しています。

(総研大授業「科学と社会副論文入門」ウェブサイト:https://sites.google.com/site/subthesis/home)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
総合研究大学院大学 先導科学研究科 生命共生体進化学専攻
 

論文

 
Iida, K.
In: New Perspectives on the History of Life Sciences and Agriculture, ed. D. Phillips and S. Kingsland, Chapter 21, Springer      2015年   [査読有り]
Iida, K.
Journal of the History of Biology   43(3) 529-570   2010年   [査読有り]
Iida, K., Cox-Foster, D.L., Yang, X., Ko, W-Y., Cavener, D.R.
BMC Evolutionary Biology   7 75   2007年   [査読有り]
Iida, K., Li, Y., McGrath, B.C., Frank, A., Cavener, D.R.
BMC Cell Biology   8 38   2007年   [査読有り]
Zhang, W., Feng, D., Li, Y., Iida, K., McGrath, B., Cavener, D.R.
Cell Metabolism   4 491-497   2006年   [査読有り]
Iida, K. and Cavener, D.R.
Journal of Experimental Biology   207 675-681   2004年   [査読有り]
Li, Y., Iida, K., O’Neil, J., Zhang, P., Li, S., Frank, A., Gabai, A., Zambito, F., Liang, S., Rosen, C., Cavener, D.R.
Endocrinology   144 3505-3513   2003年   [査読有り]

Misc

 
【書評】長澤克治著『小児科医ドクター・ストウ伝:日系二世・原水爆・がん治療』
飯田香穂里
科学史研究   55(279) 280-283   2016年10月
標葉隆馬、飯田香穂里、中尾央、菊池好行、見上公一、伊藤憲二、平田光司、長谷川眞理子
研究・技術・計画   29(2/3) 90-105   2014年   [依頼有り]
井ノ上逸朗、米本昌平、市川家國、武藤香織、町野朔、飯田香穂里、標葉隆馬、見上公一
総合研究大学院大学学融合推進センター戦略的共同研究「テクノロジーアセスメント報告の試作—ヒト全ゲノム解読の時代の社会的課題を例に」成果報告書      2014年7月
米国大学院教育の一例:ジョンズ・ホプキンス大学科学技術史専攻の場合
飯田香穂里
生物学史研究   85 65-69   2011年5月
飯田香穂里
『科学と社会 2010』(平田光司編、総合研究大学院大学)   477-498   2011年
飯田香穂里
神奈川新聞      2010年8月

学歴

 
 
 - 
2012年
PhD in History of Science and Technology, Johns Hopkins University, Baltimore, Maryland, USA.  
 
 
 - 
2005年
PhD in Genetics, Pennsylvania State University, State College, Pennsylvania, USA.