今井むつみ

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/16 18:04
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
今井むつみ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/60255601
部署
環境情報学部
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
2010年
慶應義塾大学 環境情報学部 教授
 
2000年
 - 
2006年
慶應義塾大学 環境情報学部 助教授
 
1998年
 - 
2000年
慶應義塾大学 環境情報学部 講師
 
1997年
 - 
2000年
慶應義塾大学 環境情報学部 専任講師
 
1996年
   
 
慶應義塾大学 SFC研究所 所員
 

論文

 
Saji, N & Imai, M
Scientific Research in Reading, Special issue: Reading in Chinese   17(1) 71-88   2013年   [査読有り]
Saalbach, H., Imai, M. & Shalk, L.
Cognitive Science.   (in press)    2012年   [査読有り]
Saalbach, H. & Imai, M.
Language and Cognitive Processes   27 381-428   2012年   [査読有り]
Goksun, T., Hirsh-Pasek, K, Golinkoff, R. M., Imai, M., Konishi, H., & Okada, H.
Cognition   121 176-195   2011年   [査読有り]
Mimetic Vowel Harmony in Japanese
Akita, K. , Imai, M., Saji, N., Kantartzis, K., & Kita, S
Japan/Korean Linguistics      2011年   [査読有り]
Haryu, E., Imai, M., & Okada, H.
Child Development   82 674-686   2011年3月   [査読有り]
Kantartzis, K., Imai, M. & Kita, S.
Cognitive Science   35(3) 575-586   2011年4月   [査読有り]
Saji N, Imai M, Saalbach H, Zhang Y, Shu H, Okada H
Cognition   118 45-61   2011年1月   [査読有り]
L2習得における類義語の使い分けの学習:複数のことばの意味関係理解の定量的可視化の試み
佐治伸郎・梶田祐次・今井むつみ
Second Language   9 83-100   2010年   [査読有り]
Maguire MJ, Hirsh-Pasek K, Golinkoff RM, Imai M, Haryu E, Vanegas S, Okada H, Pulverman R, Sanchez-Davis B
Cognition   114 299-319   2010年3月   [査読有り]
Are Chinese and German children taxonomic, thematic or shape biased?: Influence of classifiers and cultural contexts
Imai M, Saalbach H and Stern E
Frontiers?in Cultural?Psychology   doi: 10.3389/fpsyg.2010.00194    2010年   [査読有り]
Children learn sound symbolic words better: Evolutionary vestige of sound symbolic protolanguage
Kita, S., Kantartzis, K., & Imai, M.
The evolution of language: Proceedings of the 8th International Conference (EVOLANG8)   21 206-213   2010年   [査読有り]
Are Chinese and German children taxonomic, thematic or shape biased?: Influence of classifiers and cultural contexts
Imai M, Saalbach H and Stern E
Frontiers in Cultural Psychology   doi: 10.3389/fpsyg.2010.00194    2010年   [査読有り]
Influence of grammatical gender on deductive reasoning about sex-specific properties of animals
Imai, M., Schalk, L., Saalbach, H. & Okada, H.
In the Proceedings of the Proceedings of the 32nd Annual meeting of the Cognitive Science Society   1160-1165   2010年   [査読有り]
Gesture in language: How sound symbolic words are processed in the brain
Arata, M., Imai, M., Okuda, J., Okada, H. & Matsuda, T.
In the Proceedings of the Proceedings of the 32nd Annual meeting of the Cognitive Science Society   1374-1379   2010年   [査読有り]
Imai M, Kita S, Nagumo M, Okada H
Cognition   109 54-65   2008年10月   [査読有り]
Imai M, Li L, Haryu E, Okada H, Hirsh-Pasek K, Golinkoff RM, Shigematsu J
Child development   79 979-1000   2008年7月   [査読有り]
Malt BC, Gennari S, Imai M, Ameel E, Tsuda N, Majid A
Psychological science : a journal of the American Psychological Society / APS   19 232-240   2008年3月   [査読有り]
Children’s use of argument structure, meta-knowledge of the lexicon, and extra-linguistic contextual cues in inferring meanings of novel verbs
Imai, M.
The Proceedings of HPSG08 conference   417-435   2008年   [査読有り]
Fast-mapping and reorganization: Development of verb meanings as a system
Saji, N., Saalbach, H., Imai, M., Zhang, Y., Shu, H. & Okada, H.
In the Proceedings of the 30th Annual Cognitive Science Society Meeting   35-40   2008年   [査読有り]
Saalbach H, Imai M
Journal of experimental psychology. General   136 485-501   2007年8月   [査読有り]
The scope of linguistic influence: Does a classifier system alter object concepts?
Saalbach, H. & Imai, M.
Journal of Experimental Psychology: General   136 485-501   2007年   [査読有り]
Revisiting language universals and linguistic relativity: language-relative construal of individuation constrained by universal ontology
Imai, M. & Mazuka, R.
Cognitive Science   31 385-414   2007年   [査読有り]
Categorization, Label Extension, and Inductive Reasoning in Chinese and German Preschoolers: Influence of a Classifier System and Universal Cognitive Constraints
Saalbach, H. & Imai, M.
Proceedings of the 28th Annual Conference of the Cognitive Science Society   703-708   2007年   [査読有り]
Imai M, Haryu E, Okada H
Child development   76 340-355   2005年3月   [査読有り]
Noun bias in Chinese children: novel noun and verb learning in Chinese, Japanese and English preschoolers
Haryu, E., Imai, M., Okada, H., Li, L., Meyer, M. Hirsh-Pasek, K., &Golinkoff, R.
Proceedings the 29th Annual Boston University Conference on Language Development   272-283   2005年   [査読有り]
Do Classifier Categories Structure our Concepts?
Saalbach, H., & Imai, M.
Proceedings of the 27th Annual Conference of the Cognitive Science Society   1901-1906   2005年   [査読有り]
Separating the chaff from the oats: Evidence fro a conceptual distinction between count noun and mass noun aggregates.
Middleton, E. Wisniewski, E., Trindel, K., & Imai, M.
Journal of Memory and Language   50 371-394   2004年   [査読有り]
特集「機械学習、それが人に及ばざる理由」
今井むつみ(編)
人工知能学会誌   18(5)    2003年9月   [査読有り]
Reorganizing the lexicon by learning a new word: Japanese children's interpretation of the meaning of a new word for a familiar artifact.
Haryu E, Imai M
Child development   73 1378-1391   2002年9月   [査読有り]
Is verb learning easier than noun learning for Japanese children? : 3-year-old Japanese children’s knowledge about object names and action name
Imai, M., Haryu, E., & Okada, H.
Proceedings of the 26th Boston University Conference of Language Development   1 324-335   2002年   [査読有り]
As time goes by: Evidence for two systems in processing space-time metaphors
Gentner, D., Imai, M., & Boroditsky, L.
Language and Cognitive Processes   17(5) 537-565   2002年   [査読有り]
Learning proper nouns and common nouns without clues from syntax
Imai, M .& Haryu, E.
72(3) 787-803   2001年   [査読有り]
今井むつみ
心理学研究   71(5) 415-433   2000年   [査読有り]
今井 むつみ, 中西 卓哉, 宮下 穂波, 木立 洋隆, 石崎 俊
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   6(2) 207-225   1999年6月
Special Issue on Lexical Development: Evaluation of word-learning constraints
Uchida, N. & Imai, M.
Japanese Psychological Research   41(1)    1999年   [査読有り]
「前」「後」「左」「右」の意味--認知心理学的アプローチによる考察
今井むつみ,石崎俊.
Keio SFC Review   4 72-79   1999年
Uchida, N. & Imai, M.
Japanese Psychological Research   41(1) 50-69   1999年   [査読有り]
Haryu, E. & Imai, M.
Japanese Psychological Research   41(1) 21-34   1999年   [査読有り]
Imai, M.
Japanese Psychological Research   41(1) 5-20   1999年   [査読有り]
Word learning without aid from syntax: How do Japanese children learn proper nouns and common nouns?
Imai, M. & Haryu, E.
The Proceedings of the 23rd Boston University Conference on Language Development   277-288   1999年   [査読有り]
特集「言語獲得」
今井むつみ(編)
認知科学   4(1)    1997年3月   [査読有り]
ことばの学習の制約の起源
今井むつみ
認知科学   4 75-98   1997年   [査読有り]
A crosslinguistic study on constraints on early word meaning: Linguistic influence vs. universal ontology
Imai, M. & Gentner, D.
Cognition   62 169-200   1997年   [査読有り]
内田 伸子, 今井 むつみ
教育心理学研究   44(2) 126-135   1996年6月
This research examined the acquisition of human/animal numerical classifier categories in preschool children. In Experiment 1, using an error detection paradigm, we examined the developmental change of the knowledge 150 children possessed about cl...
Asymmetry in the taxonomic assumption: word learning vs. property induction
Imai, M.
Child Language Research Forum   27 157-167   1996年   [査読有り]
On the equivalence of superoridinate concepts. Cognition, 60, 269-298.
Wisneiwski,E. , Imai, M & Casey, L.
Cognition   60 269-298   1996年   [査読有り]
Further examination of the shape bias in early word learning
Gentner, D. & Imai, M.
Child Language Research Forum   26 167-176   1995年   [査読有り]
Linguistic relativity vs. universal ontology: Cross-linguistic studies of the object/substance distinction
Imai, M. & Gentner, D.
The proceedings of the 29th Chicago Linguistic Society   171-186   1994年   [査読有り]
Children's theories of word meanings: The role of shape similarity in early acquisition
Imai, M., Gentner, D. & Uchida, N.
Cognitive Development   9 45-75   1994年   [査読有り]
外国語学習者の語彙学習における問題点 ------ 言葉の意味表象の見地から ------
今井 むつみ
教育心理学研究   41 245-253   1993年   [査読有り]
Is the future always ahead? Evidence for system-mappings in understanding space-time metaphors'
Gentner, D. & Imai, M.
The Proceedings of the Forteenth Annual Meeting of the Cognitive Science Society   510-515   1992年   [査読有り]
Properties of attention during reading lessons
Imai, M., Anderson, R., Willkinson, I. & Yi, H.
Journal of Educational Psychology   84 160-173   1992年   [査読有り]
Learning to read in Japan
Mason, J. M., Anderson, R. C., Omura, A., Uchida, N. and Imai, M.
Journal of Curriculum Studies   21 389-407   1989年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ことばの発達の謎を解く
今井むつみ
ちくまプリマー新書   2013年1月   
Michele J. Gelfand, Chi-yue Chiu, Ying-yi Hong (担当:共著, 範囲:(Imai, M. & Masuda, T.) The role of language and culture in universality and diversity of human concepts.)
Oxford University Press, USA   2012年   ISBN:0199930449
今井 むつみ
岩波書店   2010年10月   ISBN:4004312787
今井 むつみ, 針生 悦子
岩波書店   2007年7月   ISBN:4000025384
今井 むつみ, 野島 久雄
北樹出版   2003年4月   ISBN:4893849042
Re-evaluation of linguistic relativity: Language-specific categories and the role of universal ontological knowledge in the construal of individuation (In D. Gentner & S. Goldin-Meadow (Eds.), Language in Mind: Advances in the issues of language and thoug
Imai, M. & Mazuka, R.
 MIT Press   2003年   
概念発達と言語発達における類似性の役 (大西・鈴木(編)「類似からみた心」)
今井むつみ
共立出版   2001年   
今井 むつみ
共立出版   2000年7月   ISBN:4320094344
Universal ontological knowledge and a bias toward language-specific categories in the construal of individuatio (In S. Niemeier & R. Dirven (Eds.), Evidence for Linguistic Relativity)
Imai, M.
John Benjamins   2000年   
語意学習のメカニズムにおける制約の役割とその生得性 (「こころの生得性:言語・概念獲得に生得的制約は必要か」第5章)
針生悦子・今井むつみ
共立出版   2000年   
今井 むつみ
共立出版   1997年6月   ISBN:4320028554
Transitivity and the incorporation of Ground information in Japanese path verb  (In K. Lee, E. Sweetwer, & M. Verspoor (Eds.)  Lexical and syntactic  constructions and the construction of meaning)
Muehleisen, V. & Imai, M.
John Benjamins   1997年   
ことばの意味を「習得」するとは何を意味するのか:認知心理学からの言語発達理論への貢献(遊佐典昭(編) 「言語の可能性9:言語と哲学・心理学」)
今井むつみ・佐治伸郎
朝倉書店   2010年   
外国語学習研究への認知心理学の貢献―語意と語彙の学習の 本質をめぐって― (市川伸一(編) 「現代の認知心理学5 発達と学習」)
今井むつみ・佐治伸郎
北大路書房   2010年   
Categories in mind and categories in language: Are classifier categories reflection of the mind? (In B. Malt & P. Wolff (Eds.), Words and the mind: How words capture human experience)
Imai, M. & Saalbach, H
Oxford University Press   2010年   
Lexicalization Patterns and the World-to-Words Mapping (In B. Malt & P. Wolff (Eds.), Words and the mind: How words capture human experience)
Malt,B. Gennari, S. & Imai, M
Oxford University Press   2010年   
事物の認識の普遍性と言語,文化の影響(長谷川寿一・C.ラマール・伊藤たかね(編) 「こころとことば:進化と認知科学のアプローチ」)
今井むつみ
東京大学出版会   2008年   
人はなぜ言語を持つのか-言語学習における推論を可能にする認知基盤(中山剛史・坂上雅道(編) 「脳科学と哲学の出会い: 脳・生命・心」)
今井むつみ
玉川大学出版部   2008年   
Mechanism of lexical development: Implications from Japanese children’s word learning. (In M. Nakayama, R.Mazuka, and Y. Shirai,(Eds.), Handbook of Japanese Psycholinguistics)
Imai, M
Cambridge Uniresity Press   2006年   
Revisiting the noun-verb debate: a crosslinguistic comparison of novel noun and verb learning in English-, Japanese- and Chinese-speaking children (In K. Hirsh-Pasek and R. Golinkoff (Eds.), Action meets word: How children learn verbs)
Imai, M, Haryu, E, Okada, H., Li, L. & Shigematsu, J
Oxford University Press   2006年   
語意獲得研究の新しいかたち (「発達心理学の新しいかたち」第5章)
針生悦子・今井むつみ
誠信書房   2005年   
認知学習論から考える英語教育 (大津由紀雄(編)「小学校での英語教育は必要ない---英語教育のあるべき姿を考える」)
今井むつみ
慶應大学出版会   2005年   
The nature of word learning biases:  From a cross linguistic perspective (In D. G. Hall & S. Waxman, (Eds.), Weaving a lexicon)
Imai, M & Haryu, E
MIT Press   2004年   
データ分析入門
慶應SFCデータ分析教育グループ編
慶應義塾大学出版会   

Misc

 
宮崎 美智子, 岡田 浩之, 針生 悦子, 今井 むつみ
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   110(63) 27-31   2010年5月
本研究の目的は,動詞語意獲得時期の幼児に対して動作の説明をする際,養育者が使用する語彙,特にオノマトペをどのように使用するかを明らかにすることである.具体的には,さまざまな動作が描かれたイラストを養育者に渡し,自らの子どもあるいは成人に対して絵本に描かれた内容について説明してもらった.そして養育者の発話を分析することにより,対成人発話条件とは対照的に,対幼児発話条件においてオノマトペが高頻度で使用されること,動作そのものを表す語彙としてオノマトペを用いることを示した.この結果は,対幼児発話...
どうして子どもはことばの意味を学習できるのか
今井むつみ
大津由紀雄編 「ことばの宇宙への旅立ち 3:10代からの言語学」 ひつじ書房      2010年
特集「対称性」へのコメンタリー:言語の成立にとって対称性はたまごかにわとりか
今井むつみ・岡田浩之
認知科学   15 470-481   2008年
言語学習における領域固有性と社会的能力の役割をめぐって
梶川祥世・今井むつみ
ベビーサイエンス   5 40-44   2006年
乳幼児の言語発達を支える学習メカニズム:音声から意味へ
梶川祥世・今井むつみ
ベビーサイエンス   5 24-33   2006年
OBJECTという語が映す世界観
今井むつみ
月刊「科学」巻頭エッセイ 岩波書店      2005年7月
今井 むつみ
神経心理学 : Japanese journal of neuropsychology   20(2) 125-135   2004年6月
今井 むつみ
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2003(124) 259-264   2003年12月
一般には、大人がひとつひとつのことばを丁寧に繰り返し教え込むことによって子どもはことばを学習していくと、考えられているかもしれない。 しかし、実際には子どもはことばがその指示対象の少数の事例(多くは一事例)と結び付けられるのを観察するだけである。一事例に対する漠然とした指差しから発話されたことばの意味を推論することは論理的には不可能なことである(Goodman,1983; Quine,1960)。それにもかかわらず、子どもは、2〜6歳の間に、一日平均6語、多い時期には10語も新しいことばを...
今井 むつみ, 針生 悦子
言語   32(9) 98-103   2003年9月
岡田 浩之, 今井 むつみ, 針生 悦子, 山川 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   102(627) 19-24   2003年1月
状況に応じた柔軟なヒトの推論能力は実世界の複雑な問題解決において驚くべき力を発揮する。特にヒトが論理的推論と直感的・非論理的推論を併せ持つことは他の動物には無い大きな特徴である。本稿ではヒトにおける認知バイアスの一種と考えられる刺激等価性が、ヒトの非論理的推論の大きな要因であると考え、そのメカニズムの検討を行った。さらに、刺激等価性を一種の不良設定の逆問題ととらえ、それを解決するコネクショニストモデルとしてIterative Inversion法を用いた連想推論モデルを提案する。提案したモ...
今井 むつみ, 針生 悦子
人工知能学会誌   18(1) 31-40   2003年1月
針生 悦子, 今井 むつみ, 岡田 浩之
日本教育心理学会総会発表論文集   (44)    2002年8月
ことばと概念の獲得
今井むつみ
辻幸夫(編)ことばと認知科学の小辞典. 大修館書店   210-225   2001年
今井 むつみ
日本教育心理学会総会発表論文集   (42) S30-S31   2000年7月
小林 郁夫, 尾崎 知伸, 古川 康一, 今井 むつみ
人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI   14 281-284   2000年7月
今井 むつみ, 針生 悦子, 斎藤 静, 岡田 浩之
日本認知科学会大会発表論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society   17 6-7   2000年6月
今井 むつみ
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2000(15) 63-68   2000年2月
幼児は驚異的なスピードでことばを学習していく。その背景には子どもがことばの外延の一事例を示されただけで直ちにそのことばの外延範囲を推論し、暫時的に意味を付与するということばと意味の即時マッピングのプロセスがある。本稿では子どもがどのようなメカニズムで外延の一事例からことばの意味を確定することは不可能であると言うQuineの意味の不確定性の問題を回避し、即時マッピングを行っているのかを議論する。
小林 郁夫, 古川 康一, 今井 むつみ, 尾崎 知伸
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   99(387) 29-36   1999年10月
幼児の名詞語彙獲得のモデルを帰納論理プログラミングの枠組みで試みる。幼児の語彙獲得の過程は、周囲の大人の発話と、目標概念についての感覚器官からの情報を与えられた教師付き学習とみなすことができる。ラベルに関連づけられるべき概念として膨大な解釈の可能性があるように見えるにもかかわらず、幼児は3才までに語彙爆発と呼ばれる習得のピークを迎える。認知的情報は概念記述語彙として用いられるだけでなく、概念の仮説を探索する論理空間を有効に制限するのにも用いることができる。このバイアスを加えることで、提案モ...
針生 悦子, 今井 むつみ
日本教育心理学会総会発表論文集   (41)    1999年7月
今井 むつみ
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   5(3) 1-2   1998年9月
針生 悦子, 今井 むつみ
日本教育心理学会総会発表論文集   (40)    1998年7月
今井 むつみ, 針生 悦子
日本認知科学会大会発表論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society   15 34-35   1998年6月
今井 むつみ
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   98(72) 19-26   1998年5月
物質と物体は本質的に異なる概念クラスに属する。物体においては「同一性」は一つ一つの個体のレベルで論じられる。他方、物質においては「個における同一性」は存在せず、任意の部分あるいは切片の物質的素性の同一性によって同一性は判断される。本研究は、この概念理解、つまり「存在論的認識」の学習に言語固有の文法カテゴリーがどのような役割を果たすのかについて、日米の比較発達実験の結果に照らして議論する。
今井 むつみ, 仲真 紀子, 小林 春美, Markman Ellen, 内田 伸子, 針生 悦子, 湯沢 正通
日本教育心理学会総会発表論文集   (39)    1997年9月
岩田 崇, 今井 むつみ, 石崎 俊
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   96(593) 15-21   1997年3月
多義語の文脈による意味変化を、自然言語処理への応用を念頭に置いて、定量的に表現する方法について検討する。対象語として「壊す、砕く」といった、状態変化を生じさせる日本語動詞を取り上げる。言葉の文脈中における業味やその変化を表現するために、動詞の用法に対してイメージされる特徴を抽出し(意味素性)、これらの組合せと意味素性自体の重み付けによって、言葉の意味変化を表現する。認知心理実験を実施し、このモデルについて検討する。
中西 卓哉, 今井 むつみ, 石崎 俊
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   96(593) 31-38   1997年3月
自然言語を用いて、遠く離れた人どうしが、互いに仮想空間の中のオブジェクトを操作できるようにする臨場感通信会議システムの研究が試みられている。しかし、そこでは、空間記述における自然言語の曖昧性が問題になっている。たとえば、「ボールが黄色い車の左側にある」といった場合、どこまでが左の領域で、どこからが左の領域でないのかという境界をはっきりと決めることはできない。さらに、ボールが話し手にとっての左側にあるのか、車自身にとっての左側にあるのか、特定することも難しい。そこで、本研究は、参照物体の種類...
今井 むつみ
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   4(1) 4-8   1997年3月
今井 むつみ
日本教育心理学会総会発表論文集   (38)    1996年11月
静 洋一郎, 石崎 俊, 今井 むつみ
言語処理学会年次大会発表論文集 = Proceedings of the ... annual meeting of the Association for Natural Language Processing   2 297-300   1996年3月
内田 伸子, 今井 むつみ
日本教育心理学会総会発表論文集   (37)    1995年8月
今井 むつみ, 内田 伸子
日本教育心理学会総会発表論文集   (37)    1995年8月
岩田 崇, 内山 清子, 今井 むつみ, 石崎 俊
日本認知科学会大会論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society   12 62-63   1995年6月
中西 卓哉, 長谷川 修, 山本 和彦, 今井 むつみ, 石崎 俊
日本認知科学会大会論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society   12 80-81   1995年6月
今井 むつみ
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   1(2) 114-115   1994年11月
内田 伸子, 今井 むつみ
日本教育心理学会総会発表論文集   (36)    1994年8月
古川 康一, 今井 むつみ
人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI   8 141-144   1994年6月
石崎 俊, 田中 茂範, 今井 むつみ
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   94(28) 17-24   1994年3月
自然な発話状況における対話では,従来の文法に基づいて判断するとおかしいが,意味は自然でよく分かる文が多く見られる.そのような対話文では意味を主体にした解析手法が望ましい.しかし,従来の意味解析手法や辞書の機能では「固い」ため,そのような意味解析を実行するには不十分なことが多い.そこで,本研究では,従来よりも柔軟な意味解析機構をもつモデルの構築を目標とし,それに適した意味解析法と,概念辞書における距離空間の導入について基礎的な検討を行う.概念辞書において概念間の距離を,従来のように階層構造を...
内田 伸子, 今井 むつみ
日本教育心理学会総会発表論文集   (35)    1993年10月