稲葉 洋芳

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/15 19:03
 
アバター
研究者氏名
稲葉 洋芳
eメール
inababri.niigata-u.ac.jp
所属
新潟大学
部署
脳研究所 基礎神経科学部門 分子神経生物学分野
職名
特別研究員
学位
博士(バイオサイエンス)(東京農業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
新潟大学 脳研究所 基礎神経科学部門 分子神経生物学分野 特別研究員
 
 
 - 
2016年3月
東京農業大学大学院 農学研究科バイオサイエンス専攻 動物分子生物学研究室 (指導教官:喜田聡) 博士後期課程学生
 

受賞

 
2017年2月
日本農芸化学会 2016年BBB論文賞 Vitamin B1-deficient mice show impairment of hippocampus-dependent memory formation and loss of hippocampal neurons and dendritic spines: potential microendophenotypes of Wernicke–Korsakoff syndrome.
 

論文

 
Inaba H, Kishimoto T, Oishi S, Nagata K, Hasegawa S, Watanabe T, Kida S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   80(12) 2425-2436   2016年12月   [査読有り]
Inaba H, Kai D, Kida S
Neurobiology of learning and memory   135 57-65   2016年11月   [査読有り]
メマンチンによる恐怖条件づけ記憶忘却の生化学的性状の解析
石川理絵、稲葉洋芳、喜田聡
日本健康医学会雑誌   25(2) 121-126   2016年7月   [査読有り]
Inaba H, Tsukagoshi A, Kida S
Molecular brain   8(1) 63   2015年10月   [査読有り]
喜田聡、福島穂高、稲葉洋芳
脳科学辞典      2014年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
恐怖記憶固定化及び再固定化に対する海馬におけるタンパク質糖鎖修飾の役割
稲葉洋芳、甲斐大輔、櫻井雅弘、喜田聡
第39回日本神経科学大会(横浜)   2016年   
恐怖記憶制御に対するタンパク質翻訳後修飾の役割
稲葉洋芳
新潟脳神経研究会第307 回例会(新潟)   2016年   
海馬依存性記憶形成に対するN-及びO-結合型糖鎖修飾の役割
稲葉洋芳、櫻井雅弘、甲斐大輔、喜田聡
第38回日本神経科学大会(神戸)   2015年   
海馬におけるポリADPリボシル化による恐怖記憶の制御
稲葉洋芳、塚越昭紀、喜田聡
日本農芸化学会2014年度大会(東京)   2014年   
恐怖条件付け文脈記憶再固定化及び消去に対するポリADPリボシル化の役割
稲葉洋芳、塚越昭紀、喜田聡
第37回日本神経科学大会(横浜)   2014年