稲邑 哲也

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/30 10:51
 
アバター
研究者氏名
稲邑 哲也
 
イナムラ テツナリ
URL
http://www.iir.nii.ac.jp/index_e.html
所属
国立情報学研究所
部署
情報学プリンシプル研究系
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学社会的知能発生学研究会
Twitter ID
t_inamura

プロフィール

1995年東京大学工学部卒業.1997年度日本学術振興会特別研究員(DC1).2000年同大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了.JST CREST研究員,東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻講師を経て.2006年より国立情報学研究所および総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻准教授.現在に至る.

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 准教授
 
2007年4月
 - 
現在
総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻 准教授
 
2013年11月
 - 
2014年2月
ミュンヘン工科大学 Institute for Cognitive Systems 客員研究員
 
2011年8月
 - 
2013年7月
文部科学省研究振興局 学術調査官
 
2007年4月
 - 
2011年6月
東京大学IRT研究機構 特任准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
国立情報学研究所 助教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻 助教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院情報理工学系研究科 特任助教授
 
2003年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院・情報理工学系研究科 講師
 
2000年4月
 - 
2003年3月
科学技術振興事業団 CREST研究員
 

受賞

 
2015年11月
計測自動制御学会 システム・情報部門SSI優秀論文賞 実ロボットによる場所概念と言語モデルの教師なし同時学習
受賞者: 谷口彰, 稲邑哲也, 谷口忠大
 
2013年5月
ロボカップジャパンオープン2013 人工知能学会賞
受賞者: ロボカップ@ホームシミュレーションリーグ(代表:稲邑 哲也)
 
2013年4月
船井科学技術振興財団 船井学術賞
 
2013年4月
日本機械学会 日本機械学会教育賞
受賞者: 教科書ロボティクス出版委員会
 
2011年9月
日本ロボット学会 第4回功労賞
 
2010年12月
IEEE/SICE International Symposium on System Integration: Best Paper Finalist Simulator platform that enables social interaction simulation --SIGVerse: SocioIntelliGenesis simulator--
 
2008年9月
日本ロボット学会 日本ロボット学会研究奨励賞
 
2006年8月
人工知能学会 人工知能学会全国大会優秀賞
 
2003年6月
人工知能学会 人工知能学会全国大会優秀論文賞受賞
受賞者: 稲邑哲也,中村仁彦,戸嶋巌樹
 
2003年3月
船井情報科学財団 船井情報科学奨励賞受賞
 

論文

 
Development of VR Platform for Cloud-based Neurorehabilitation and its application to research on sense of agency and ownership
Tetsunari Inamura, Satoshi Unenaka, Satoshi Shibuya, Yukari Ohki, Yutaka Oouchida and Shin-ichi Izumi
Advanced Robotics   31    2017年   [査読有り]
Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi, Tetsunari Inamura
IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems   -inamura   2016年   [査読有り]
Yutaka Oouchida, Tamami Sudo, Tetsunari Inamura, Naofumi Tanaka, Yukari Ohki, Shin-ichi Izumi
Neuroscience Research   104 38-43   2016年3月   [査読有り]
Understanding brain plasticity on body representations to promote their adaptive functions - embodied brain systems science -
Jun Ota, Eiichi Naito, Shinichi Izumi, Toshiyuki Kondo, Hiroshi Imamizu, Kazuhiko Seki, Kaoru Takakusaki, Hajime Asama, Nobuhiko Haga, Akira Murata, Tetsunari Inamura, and Takashi Hanakawa
Proceedings of World Engineering Conference and Convention (WECC2015)      2015年12月   [査読有り]
Emotionally Expressive Robot Behavior Improves Human-Robot Collaboration
Jekaterina Novikova, Leon Adam Watts, Tetsunari Inamura
Proc. of the 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication   7-12   2015年9月   [査読有り]
Kodama Kodama, Nobuhiro Furuyama and Tetsunari Inamura
PLOS ONE   10(6) -inamura   2015年6月   [査読有り]
Observing Human Movements to Construct a Humanoid Interface
Yuka Ariki, Tetsunari Inamura, Jun Morimoto
Proc. of the IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots   342-347   2014年11月   [査読有り]
Karinne Ramirez-Amaro, Tetsunari Inamura, Emmanuel Dean Leon, Michael Beetz, Gordon Cheng
Proc. of the IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots   438-443   2014年11月   [査読有り]
Tetsunari Inamura and Hikaru Yokono
proc. of the 4th Annual IEEE International Conference on CYBER Technology in Automation, Control, and Intelligent Systems   591-596   2014年6月   [査読有り]
Development of virtual reality interface for phantom limb pain based on modeling of change of body scheme
Tetsunari Inamura, Yutaka Oouchida, Hajime Asama, Jun Ota, Shin-ichi Izumi
the proceedings of ICME International Conference on Complex Medical Engineering   89   2014年6月   [査読有り]
稲邑 哲也,タン ジェフリー, 萩原 良信,杉浦 孔明, 長井 隆行, 岡田 浩之
知能と情報   26(3) 698-709   2014年6月   [査読有り]
谷口 彰,吉崎 陽紀,稲邑 哲也,谷口 忠大
システム制御情報学会論文誌   27(4) 166-177   2014年4月   [査読有り]
Raghvendra Jain and Tetsunari Inamura
Artificial Life and Robotics   18(1-2) 95-103   2013年12月   [査読有り]
Tetsunari Inamura, Jeffrey Too Chuan Tan, Komei Sugiura, Takayuki Nagai and Hiroyuki Okada
Lecture Notes in Computer Science: RoboCup 2013: Robot World Cup XVII   8371 672-680   2013年7月   [査読有り]
Keisuke Okuno and Tetsunari Inamura
Proc. of the 2012 IEEE Int'l Symp. on Robot and Human Interactive Communication   640-645   2012年9月   [査読有り]
奥野敬丞,稲邑哲也
計測自動制御学会論文集   48(7) 406-412   2012年7月   [査読有り]
Jeffrey Too Chuan Tan and Tetsunari Inamura
Proc. of the IEEE International Conference on Robotics and Automation   1310-1315   2012年5月   [査読有り]
Saifuddin Md. Tareeq and Tetsunari Inamura
Advanced Robotics   25(18) 2273-2291   2011年12月   [査読有り]
Keisuke Okuno and Tetsunari Inamura
IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   3381-3386   2011年9月   [査読有り]
Tetsunari Inamura and Keisuke Okuno
Advances in Cognitive Neurodynamics (III)   607-613   2013年1月   [査読有り]
Saifuddin Md. Tareeq and Tetsunari Inamura
Journal of Artificial Life and Robotics   15(4) 515-521   2010年12月   [査読有り]
Simulator platform that enables social interaction simulation --SIGVerse: SocioIntelliGenesis simulator--
Tetsunari Inamura et al
IEEE/SICE International Symposium on System Integration   212-217   2010年12月   [査読有り]
稲邑 哲也,柴田 智広
日本ロボット学会誌   28(4) 512-521   2010年5月   [査読有り]
稲邑哲也,谷江博昭,中村仁彦
日本ロボット学会誌   27(5) 564-574   2009年6月   [査読有り]
HRP-2W: A Humanoid Platform for Research on Support Behavior in Daily Life Environments
Tetsunari Inamura,Kei Okada, Satoru Tokutsu, Naotaka Hatao, Masayuki Inaba and Hirochika Inoue
Robotics and Autonomous Systems   57(2) 145-154   2009年2月   [査読有り]
稲邑哲也,古城直樹,畑尾直孝,得津覚,藤本純也,園田朋之,岡田慧,稲葉雅幸
日本ロボット学会誌   25(6) 813-821   2007年10月   [査読有り]
Cooperative Task Achievement System between Humans and Robots based on Stochastic Memory Model of Spatial Environment
Tetsunari Inamura, T. Kawaji, T. Sonoda, K. Okada, M. Inaba
Lecture Notes in Artificial Intelligence   4384 77-87   2007年2月   [査読有り][招待有り]
A Dialogue Control Model based on Ambiguity Evaluation of Users' Instructions and Stochastic Representation of Experiences
Tetsunari Inamura, Masayuki Inaba and Hirochika Inoue
Journal of Robotics and Mechatronics   17(6) 697-704   2005年11月   [査読有り][招待有り]
PEXIS : Probabilistic Experience Representation Based Adaptive Interaction System for Personal Robots
Tetsunari Inamura, Masayuki Inaba and Hirochika Inoue
Systems and Computers in Japan   35(6) 98-109   2004年9月   [査読有り]
Embodied Symbol Emergence based on Mimesis Theory
Tetsunari Inamura,Yoshihiko Nakamura, Iwaki Toshima
International Journal of Robotics Research   23(4) 363-377   2004年4月   [査読有り]
稲邑 哲也, 中村 仁彦, 戸嶋 巌樹, 江崎 英明
日本ロボット学会誌   22(2) 256-263   2004年3月
稲邑哲也
電子情報通信学会論文誌D-1   84(6) 867-877   2001年6月   [査読有り]
A New Dimension for RoboCup @Home: Human-Robot Interaction between Virtual and Real Worlds
   [査読有り]

書籍等出版物

 
Humanoid Robotics and Neuroscience: Science, Engineering and Society
Tetsunari Inamura and Yoshihiko Nakamura (担当:分担執筆, 範囲:Humanoid Action, Recognition and the Brain: Stochastic Information Processing that Unifies Recognition and Generation of Motion Patterns - Toward Symbolical Understanding of the Continuous World)
CRC Press   2014年12月   ISBN:9781420093667
Robotics
稲邑 哲也 (担当:分担執筆, 範囲:第8章 行動を決定する)
日本機械学会   2011年9月   ISBN:4888982082
「学習・学習進化」ロボット情報学ハンドブック第7章
稲邑 哲也
ナノオプトニクス・エナジー出版局   2010年3月   ISBN:4764955075
稲邑 哲也, 瀬名 秀明, 池谷 瑠絵 (担当:共著)
丸善   2009年1月   ISBN:4621053779
人と共存するコンピュータ・ロボット学 実世界情報システム
稲邑 哲也,稲葉 雅幸, 井上 博允 (担当:共著)
オーム社   2004年4月   ISBN:4274946940

Misc

 
cyber-physical ネットワークロボティクス-社会的・身体的知能シミュレータSIGVerseの展開-
稲邑 哲也
情報処理   54(7) 698-701   2013年7月   [依頼有り]
稲邑 哲也
日本ロボット学会誌   31(3) 240-243   2013年4月   [依頼有り]
社会的知能発生学シミュレータSIGVerseを用いた記号創発ロボティクスの展開
稲邑 哲也
人工知能学会誌   27(6) 619-624   2012年11月   [依頼有り]
物理モデル理解と自然言語処理の統合による理科問題の回答
稲邑 哲也,横野 光
人工知能学会誌   27(5) 479-482   2012年9月   [依頼有り]
稲葉 雅幸, 岡田 慧, 水内 郁夫, 稲邑 哲也
コンピュータソフトウェア   23(2) 45-61   2006年4月
稲邑 哲也, 中村 仁彦
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   12(1) 74-80   2005年3月
稲邑哲也
博士論文, 東京大学      2000年

講演・口頭発表等

 
社会的知能発生学シミュレータを用いた構成論的知能ロボット研究の展開 [招待有り]
稲邑 哲也
NINS/IURIC Colloquium 2015   2015年12月2日   
クラウド型仮想現実を用いた対話型ロボット研究 [招待有り]
稲邑 哲也
第135回産学交流サロン「ひびきのサロン」   2015年3月5日   
The SIGVerse project: Simulator Platform for Cognitive Social Robotics [招待有り]
Tetsunari Inamura
IEEE International Conference on CYBER Technology in Automation, Control, and Intelligent Systems   2014年6月6日   
社会的知能発生学シミュレータ:SIGVerseを用いたRoboCup@Home Simulationの展開 [招待有り]
稲邑 哲也
第38回ISIT技術セミナー   2013年8月6日   
大学入試問題を解く「ロボット」と「知能ロボティクス」 [招待有り]
稲邑 哲也
栢森情報科学振興財団 第13回Kフォーラム   2013年8月1日   
Robotic Coaching System: Behavior Recognition and Demonstration for Human-Robot Cooperation [招待有り]
稲邑 哲也
RSS Workshop: From Experience to Concepts and Back   2013年6月27日   
社会的知能発生学シミュレータ:SIGVerseとその展開
稲邑 哲也
社会的知能発生学研究会公開シンポジウム   2013年3月18日   
社会的知能発生学シミュレータ:SIGVerse [招待有り]
稲邑 哲也
第18回創発システムシンポジウム   2012年9月3日   
全身感覚運動パターンの抽象化に基づく人間ロボット間の動作・言語表現の融合コミュニケーション [招待有り]
稲邑 哲也
京都大学大学院情報学研究科セミナー   2012年2月8日   
身体性に基づく社会的知能研究のためのシミュレータSIGVerse [招待有り]
稲邑 哲也
第67回日本ロボット学会 ロボット工学セミナー   2011年10月   
Behavior Recognition and Demonstration for Human-Robot Cooperation [招待有り]
稲邑 哲也
Dagstuhl Seminar on Plan Recognition (No.11141)   2011年4月   
SIGVerse:社会的知能発生学シミュレータ~身体的運動・認知と社会的コミュニケーションの統合システム~ [招待有り]
稲邑 哲也
デジタルヒューマンシンポジウム2010   2010年3月   

Works

 
ロボカップ@ホームシミュレーション
稲邑 哲也   コンピュータソフト   2012年11月 - 現在
ロボカップ@ホームの目的の一つは,人間と日常生活環境で対話可能な高次レベルの知能を持つロボットの実現にあるが,その競技内容は基本的な移動・認識・把持機能に限定されている.その理由は,ハードウェアの開発に多大なコストが必要なことから,対話経験に基づく推論・計画・対話戦略などの高次機能に着手することが困難である背景がある.そのため,シミュレータ上の仮想ロボットと実際の人間が対話できる没入型仮想環境システムを整備し,高次レベルの知能を持つロボットの競技が実施できる環境を提供した.実際に2013年...
稲邑 哲也   コンピュータソフト   2010年3月 - 現在
人間と知能ロボットの来るべき共存社会をデザイン・検証するためのオープンプラットフォーム「SIGVerse」を開発しました。本システムは複数の任意のユーザが仮想環境の中に自分の設計した仮想ロボットを投入し、互いにコミュニケートすることが可能で、知能ロボットの感覚運動と社会的認知シミュ レーションを世界で初めて技術的に統合し、これまで困難であった,アイコンタクトを伴う対話や口コミでの地域間情報伝播など,社会的コミュニケーション要素の複合的な検証ができるようになりました。知能ロボットのみならず,...

競争的資金等の研究課題

 
社会的身体性知能の共有・活用のためのクラウドプラットフォーム
NEDO(産総研からの再委託): 次世代ロボット中核技術開発
研究期間: 2015年7月 - 2017年3月    代表者: 稲邑 哲也
記号創発ロボティクスによる人間機械コラボレーション基盤創成
JST: CREST
研究期間: 2015年10月 - 2020年3月    代表者: 長井 隆行
脳内身体表現の変容を用いたニューロリハビリテーション
文部科学省: 新学術領域研究(計画研究)
研究期間: 2014年7月 - 2019年3月    代表者: 出江 紳一
多自由度遠隔ロボット制御のための少自由度インタフェースの研究開発
総務省: SCOPE
研究期間: 2013年9月 - 2016年3月    代表者: 森本淳
物理モデル理解と自然言語処理の統合による試験問題の解答生成
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 稲邑 哲也
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 稲邑哲也
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)「伝達創成機構」)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 稲邑哲也
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究「移動知」)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 稲邑哲也
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 稲邑哲也
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究「移動知」)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 稲邑哲也
本研究課題では,ヒューマノイドロボットがあらかじめ数種類の状況に対応する適切な基本行動要素を持ち合わせておく事で,未知の環境・状況においても,それらの基本動作を想起し,それらを組み合わせて実行することで行動を誘発する機構の実現を目指している.平成18年度では,動作・視覚・触覚などの複数のモダリティの感覚運動情報の時系列パターンを,原始シンボル空間とよばれる抽象化された位相空間に射影する数理モデルを提案した.平成19年度では,このモデルを拡張し,より少ない種類の基本動作のレパートリーを用いて...

委員歴

 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門出版委員会  委員長
 

特許

 
特願2013-178885 : リハビリテーション支援装置及びリハビリテーション支援方法
稲邑哲也,他4名

社会貢献活動

 
科学-ロボットが住む未来
【取材協力】  朝日新聞社  朝日新聞  2013年5月20日 - 2013年5月20日
深層断面-人工知能クラウドで育成
【取材協力】  日刊工業新聞社  日刊工業新聞  2015年2月11日 - 2015年2月11日
レーザー
【取材協力】  日刊工業新聞社  日刊工業新聞  2014年12月12日 - 2014年12月12日
探訪先端研究-ロボット頭脳育成
【取材協力】  日刊工業新聞社  日刊工業新聞  2014年11月28日 - 2014年11月28日
失った手足VRで再現-映像見せ幻肢痛緩和
【取材協力】  日刊工業新聞社  日刊工業新聞  2014年11月21日 - 2014年11月21日