接続数

COUNTER98789From 2011/5/25

HAZOP diary(安全分析日誌)

HAZOP >> 記事詳細

2017/03/16

歩行者用グリーンベルト(通学路を含む)

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
道路用語集
「グリーンベルト」道路標示・区画線(標識令で定められていない非正式名称)



「 幅が狭い道路で、通学路などの理由で路側帯の内外の区別を明確にする為に道路に施される緑色の塗装部分のこと。
  (街路樹が立ち並んだ部分を指す場合も多くあります)」

2 自治体のページ
2.1 秋田県
歩道のない道路の交通安全対策事例について(グリーンベルトについて)

「歩道と車道が区分されていない道路では、車道(車が通行できる範囲)と道路の両端にある路側帯(歩行者が通行でき、車が通行出来ない範囲)から構成され、白い連続した区画線で、その境界を路面上に標示しております。グリーンベルトは、そのような道路において、ドライバーが車道と路側帯を視覚的に、より明瞭に区分できるようにして交通事故を防止することを目的として設置するものです。歩行者の多い、歩車道が区分されていない道路においては、交通事故防止をはかるため、よく用いられている対策です。」

3 議会関係者
3.1 大阪府富田林市議会議員岡田ひでき

3.2 京都府京田辺市議会議員・青木こうじろう

 
「2011年度に行われた通学路安全対策事業では、市中部の神屋地域にある通学路を見学しました。昨年度はこの地域で2ヶ所、興戸地域で1ヶ所の計3ヶ所、総延長620m分の道路で歩道と車道の塗り分けが実施され、歩道部分がグリーンになっています。
 カラー塗装を実施するにあたり、車道部分を最低5.5m幅は確保するようにして路肩部分、歩道の部分を1~1.5mはとるように少し広げています。上の写真で、真ん中にノートを置いて撮りましたが、ノートのあるところが以前の路側帯線で、それを少し広げて歩道として拡張してカラー塗装されています。
 経費は総額で696万円です。1平方メートル分の塗装単価が約4千円ですが、あわせて白線の移動・引き直しや修繕なども行われており、道路1m分でみるとおよそ1万1千円になります。」

4 施工事業者等
4.1 株式会社 大神産業

「通学路等の安全歩行エリアにグリーンベルトを設置しました。溶融噴射式カラー塗装です。(横浜市金沢区)」
4.2 アイワロード株式会社

「2013/8/30 名古屋市通学路安全対策工事(瑞-1)完了
工事場所:瑞穂区井の元町始め6か所工事内容:カラー舗装、通学路路面標示路肩側をカラー化し、学童標示と併用して、ドライバーに注意を促し学童を守ります。写真の路肩側のグリーン色に見える部分がカラー舗装です。」

5 市民・住民等
5.1 わが縄張り”ブラリ散策”(愛知県)

「 工事の方に尋ねるとグリーンは“通学路”を示す塗装とのこと、当守山区内で何ヶ所も工事を行っているようだがこれまで見かけた記憶なし。グリーンというカラーの珍しさに見とれながらの質問に“小中高生の通学・歩行者通行”の多い場所にこの塗装をしているという。」(名古屋市)

5.2 そのうち
【第15回】現地から通学校『菊住小学校』までの道のりを歩いてみました!(名古屋市南区)

「学校周辺にはグリーンに舗装された道がいくつもあり、ドライバーの安全意識を高めています。」
06:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)