カウンタ

2129504(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2017/03/17

地下化4年目に際し改めて東横線渋谷駅の不便さを批判する

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

3月16日(木)、東急東横線渋谷駅が地下に移設され、東京地下鉄副都心線との相互直通運転を開始してから満4年が経ちました。


2013年の移設から7年間は駅が完成せず、利用者が以前に比べてJR山手線や銀座線といった重要な路線への乗り換えのために不要な時間を費やさざるを得ないことが利用者の利便性を損なうだけでなく、旧渋谷駅に隣接するという立地条件のよさを特徴としていた東横のれん街などの施設が利点を失うことで競争力を低下させ、最終的には渋谷駅が単なる通過駅となり、渋谷という地域そのものが没落する可能性の高いことは、すでに本欄の指摘するところです1-4


あるいは、2020年までに東急線、JR線、地下鉄銀座線の乗り換え用の通路を整備し、工事の完了後には各線への乗り換え時間が4割削減できるという東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄の三社の見解5は、不要不急の事業を行うことによって利用者に不便を強い、しかも移設以前に比べてもより長い時間を要する乗り換えを「再開発で短縮」と強弁するものでしかありません6


また、渋谷駅前エリアマネジメント協議会による以下のような記述7に至っては、現状に対する理解が抽象的であり、描かれる渋谷の将来像も具体性に乏しいことは、今回の再開発そのものの正当性を怪しませるには十分と言えるでしょう。


駅周辺に広がる歩行者デッキ。JR線や国道246号などで分断されたまちを繋ぎ、上下左右に移動しやすくなることで、まちの一体感が強まります。さらに、JR線ホームと銀座線ホームの移動により、地下化した東横線や副都心線との乗り換えが便利に。立体的な歩行者動線「アーバン・コア」の整備により、多くの交流や、賑わいが感じられる開放的な空間が生まれます。


たとえ利用者への意見の聴取がもとになっているとしても、まさに自らの足で渋谷を歩けば「JR線や国道246号線によって分断されたまち」と捉える機会は乏しいのですから、こうした考えは日々利用する者の実感から乖離した、図面を広げて視覚的に渋谷駅周辺を把握した、実体験に基づかないものといえるでしょう。


さらに、一度でも地下5階にある東急東横線渋谷駅から地上3階にある銀座線への乗り換えを経験した者であれば移動の不自由さを実感しても快適さを感じることはありませんから、「上下左右に移動しやすくなる」あるいは「地下化した東横線や副都心線との乗り換えが便利に」といった将来像についての記述が実体験によらない空想の産物、あるいは主観的な願望の所産でしかないことも明らかです。


渋谷駅そのもののあり方について東急電鉄が注意を払うべきは、利用客が乗降と他の路線への移動の不便な東急線の実態に適応し、可能な限り合理的に乗降と移動を行うために乗車位置を選択しているという事実です8。すなわち、東横線の利用者にとって主たる乗換先であるJR山手線や銀座線への移動がより容易である14番出口を利用する場合に最適な降車位置は8号車となりますから、利用者が8号車に集中するのは当然といえます。これは、東横線からJR山手線や銀座線への乗り継ぎが容易であった旧渋谷駅の時代に、東急電鉄自身が「混雑の集中」を話題にしなかったことからも明らかです8


それにもかかわらず、例えば朝の通勤や通学の時間帯に一部の駅で8号車に乗車しようとする利用者に対して他の号車への移動を促す案内をすることは、利用者が集中せざるを得ないような駅を作った東急電鉄が自らの非を等閑視し、かえって利用者に責任を転嫁するものでしかありません。


不確実な情報に基づいて事業の正当化を図り、将来像を描かねばならないことは渋谷地域の再開発そのものの妥当性を疑わせますし、利用者の利便性を低下させているという事実に目を背け続ける東急電鉄の態度は不誠実の誹りをまぬかれません。


改めて、われわれは東横線渋谷駅の改善を求めるとともに、不要不急の渋谷地域の再開発が至るべき未来の暗澹さを指摘するのです。


1 鈴村裕輔, 憂慮すべき東急東横線と副都心線の「相互直通運転開始」. 2013年3月2日, http://researchmap.jp/jom17v0ue-18602/.
2 鈴村裕輔, 「渋谷の衰亡」を暗示する「新しい東横のれん街」の開設. 2013年4月4日, http://researchmap.jp/jogxu0jxj-18602/.
3 鈴村裕輔, 東横線渋谷駅の空調設備の撤去は何を意味するか. 2014年3月6日, http://researchmap.jp/jo9ui7yrf-18602/#_18602.
4 鈴村裕輔, 地下化1周年に際し再び東横線渋谷駅の改善を求める. 2014年3月16日, https://researchmap.jp/joy0ejian-18602/.
5 渋谷再開発で乗り換え短縮. 日本経済新聞, 2015年7月3日朝刊11面.
6 鈴村裕輔, 改めて渋谷駅の「再開発」の問題を批判する. 2015年7月3日, https://researchmap.jp/joyha8mol-18602/.
7 未来の渋谷はどうなる?. 渋谷駅前エリアマネジメント協議会, 掲載日不詳, http://shibuyaplusfun.com/future/ (2017年3月17日閲覧).
8 鈴村裕輔, 東横線渋谷駅の地下化3周年に際し東急電鉄の傲岸さを責める. 2016年3月17日, https://researchmap.jp/joi7pvxs5-18602/.


<Executive Summary>
New Shibuya Station Shall Be Improved Its Functions and Facilities (4) (Yusuke Suzumura)


On 16th March 2017 is the 4th anniversary of the opening of new Shibuya Station of the Tokyu Toyoko Line. In the Occasion we demand again that Tokyu Corporation shall improve functions and facilities of Shibuya Station.


トラックバックURLhttp://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=59567
14:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 評論