counter678674
(2010 年 4 月 30 日「研究ブログ」に設置)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2017/09/13

モスクワ870周年&選挙

Tweet ThisSend to Facebook | by Takebe
一昨日の日曜日、モスクワの870周年を祝う催しが市の中心部の Tverskaya 通りであると聞いて行ってきました。あまり体調が良くなかったので、ササッと見て帰るつもりだったのですが、猛烈な人出と大量の出し物でゆっくりとしか歩けず、一時間位散歩してしまいました。

870

大通りに大きなセットや舞台を無数に組んで、日曜日の街は大賑わい。「870周年」というから、12世紀以来の歴史を見せてくれるのかと思いきや

まずスポーツのパート:
アクロバット自転車

自転車

体操の学校の生徒と思われる子供達の宙返り

体操

新体操

新体操

ボルダリング

ボルダリング

次は芸術ゾーン:

音楽

オーケストラ  室内楽?

落書き?

落書き?

何故かサモトラケのニケ(プーシキン美術館にあるレプリカのレプリカ?)

ニケ

演劇

劇

マレービッチの絵をモチーフにした像

マレービッチ

チェブラーシカとゲーナ

チェブラーシカ&ゲーナ

次に探検関係:

ラー二世号(日の丸は太陽のシンボルだから、日本以外で使われても不思議じゃない)

ラー二世号

極地探検関係の展示

砕氷船  極地探検隊

南極の模型

ちょっとは「モスクワらしい」展示も有って、これは「クレムリンの塔を正しい所にはめ込みましょう」パズル

クレムリンの塔


これはモスクワの博物館、美術館を正しく配置するパズル

博物館&美術館

この辺りに、モスクワの建設者とされるユーリー・ドルゴルーキー公の像があるんですが、あんまり賑わっていない。

ドルゴルーキー公

ここから科学:

物理、化学、生物関係のミニ講義

講義1  講義2

建築関係のゾーン:

労働者とコルホーズの女性  駅舎

道路模型  スターリン建築模型

高層ビル模型  ショベルカー

宇宙や航空関係:
人類初の宇宙飛行士ガガーリンのボストークや、

ボストーク1号

ソ連崩壊で有人飛行出来なかったソ連版スペースシャトルのブラン

ブラン

その他にも戦闘機?の模型

戦闘機?

宇宙飛行の訓練? (^_^)

飛行訓練1  飛行訓練2

後で地図で確認した所、これで8割程度を見て回ったことになります。

冠みたいなのを被って歩いている人が見えますが、こんなの配ってました。

冠

左は多分ソ連製の車の前、右はスターリン式建築として有名な巨大ビル(モスクワに7つある)を並べたもので、中央はモスクワ大学。「スターリン建築」とひとくくりにされますが、ビル毎にデザインは微妙に異なるので、マニアなら全部名前を言えるはず。スターリン式建築は「スターリン時代の強制労働の産物」、「醜悪」と嫌う人もいますが、モスクワ市民には意外に好かれているようです。


さて、これ、「モスクワ870周年」なんですかねぇ。キャッチフレーズは「モスクワ870年、歴史が出来てきた町」。うーん、モスクワの870年の歴史の中には、例えば13世紀のタタール(モンゴル)による支配とかもありますが、そういう展示は私が歩いた範囲では見当たりませんでした。他の所にあったのかもしれないけれど、展示されていたのは圧倒的に「ソ連」のものが多く、どっちかというと「ロシア革命百周年バンザイ、ソ連の成果展」って感じ。「俺達スゲー」ってのは日本だけじゃないですな。


そして、感じたのが「子供のための催しが多い」。未来志向と言えなくもない?ま、概してロシア人は良く言えば素朴、悪く言えばベタで子供っぽい楽しみ方をするので、子供向けのは大人にも受けます。例えば、スターリン建築の冠はみんな喜んでかぶっているようでした。

さて、その翌日、つまり昨日ですが、朝のニュースを見て「えぇぇぇ?」と思ってしまった。「ロシアでは地方自治体の選挙がありました」。このブログに、いつだったか「モスクワの地方自治体の首長は中央政府の任命制」と書きましたが、2012年から選挙が復活していました。すみません。が、「えぇぇぇ?」と思ったのは、選挙があったこと自体ではなく、「モスクワでの投票率は15%を切りました」という話。みんな、お祭りで遊んで、投票はしなかったの?(最近、汚職の話などで与党への風当たりが強くなりつつあるので、わざと選挙の宣伝をせずに870周年の祭りで『選挙隠し』をした、という話も見ましたが、少なくとも私には確認のしようがありません。)
06:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事