接続数

COUNTER248950FROM 2012/5/16

MISRA-C diary(C言語日誌)

MISRA-C >> 記事詳細

2017/09/13

参考文献3 コンパイラ 大川知

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
週1 参考文献を紹介予定

コンパイラ―言語処理系の基礎からyacc/lexまで  – 2008/10
https://www.amazon.co.jp/dp/product/4764903598/
大川 知 (著), 鈴木 大郎 (著)近代科学社
ISBN-13: 978-4764903593

ソースコードはこちら
http://www.kindaikagaku.co.jp/support.htm

GCC, Linuxを想定している。

LLVM/Clang, Mac OS Xでコンパイルしてみる。

課題
1 日本語コードがEUC

1.1 変換ツールのnkfを使うスクリプトが入っている。
1.2 Mac OS Xではnkf は既定のツールではない。
1.3 brew install nkf
1.4 実行したが大きさが0になった。
1.5 エディタで一つづづ中身を確認しながらutf-8で保存
(後で、編集する作業をする可能性があるため)

2 環境変数など

3X11のヘッダ利用









p.s.
生作業記録

コンパイラについても進まないと心配するといけないのでコンパイルしてみた。
https://researchmap.jp/joozqyq4t-1797580/#_1797580

まだコンパイルエラー取りきれていない。

Mac OS Xへの導入も結構たいへんだった。
https://researchmap.jp/jo3lccq6r-1797580/#_1797580

yacc, lexとC++(LLVM)の組み合わせ

1 yaccのソースがCを想定していて C++を意識していない。(宣言と戻り値)
2 G++を想定していてCLANG++を意識していない。(コンパイラオプション、includeファイル)
3 CPPソースが、#include <iostream>を最初に記述しておらず不要な警告を生成。
4 日本語コードが EUC。コード変換スクリプトが入っているが、標準でないツールを利用。ツールを導入して実行したらファイルの大きさが0に。
06:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)