カウンタ

2125547(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2017/09/13

「北朝鮮問題」の手詰まり感を示唆する国連安保理による制裁決議の可決

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

現地時間の9月11日(月)、国連安全保障理事会は9月2日(土)に北朝鮮が6回目の核実験を行ったことに対する制裁決議を全会一致で可決し、国連加盟国の北朝鮮に対する石油や石油精製品の輸出の上限を設けるとともに、各国に北朝鮮への輸出量を定期的に報告する義務が課せられることなどが決まりました1


今回の制裁決議は、石油の全面禁輸を主張する米国が、北朝鮮への厳密な経済制裁に懐疑的な中国とロシアに譲歩する形で成立したものであり、いわば薄氷を踏む交渉を重ねた産物でした2


それでは、これまでで最も厳しく強力な制裁を科すとしてきた米国のトランプ大統領3が北朝鮮に影響力を持つ中ロ両国に妥協して合意に至った制裁決議は、北朝鮮に対してどこまで実効性を有するでしょうか。


これまでの推移を見れば、今回の制裁措置によっても、北朝鮮は核開発の放棄という方向転換を行うとは考えにくいといえます。


すなわち、北朝鮮は経済的に最も依存する中国が貿易の制限などの制裁を加えても核開発を放棄しませんでしたし、ソ連が崩壊して従来の経済支援が途絶して国内の経済が打撃を受けた後も、北朝鮮は国家の体制を維持してきました。


その意味で、北朝鮮の為政者たちにとっては国家の体制の維持こそが最高の価値を有しているのであり、核開発は国家の体制を維持するための重要な手段であって、自明な価値に代わる大きな価値がもたらされない限り、現実的な手段を放棄すると考えることは難しいといえるでしょう。


まさに、ロシアのプーチン大統領が「核開発計画を中断するよりも草を食べる方を選ぶ」と指摘したのは4、まさに金正恩朝鮮労働党委員長を頂点とする北朝鮮の為政者たちの心持を端的に表現しているといえるでしょう。


その一方で、トランプ大統領は軍事力の行使を含むあらゆる可能性が選択肢にあると述べて北朝鮮に対して強硬な態度を示したことがあったものの5、実際には具体的な方針を明言していないという点からもトランプ大統領の発言は一種の口先介入であり、実際には米国が北朝鮮問題を軍事的に解決する可能性は低いと考えられます。


また、北朝鮮も米国の本土まで届く核ミサイルを開発した、あるいは米軍基地があるグアムまでミサイルを発射する用意があると述べるなど、米国を攻撃する可能性があるかのような態度を示しているとはいえ、もし米国を直接攻撃すれば必ず報復攻撃を受け、壊滅的な打撃を受けることは明らかといえるでしょう。


何故なら、米国を攻撃することで報復を受ければ、北朝鮮の為政者たちが最大の価値を見出している国家体制の維持という目的を達成できなくなるからです。


このように考えれば、今回の制裁措置も北朝鮮問題を根本的に解決することは難しいということが推察されます。


そして、制裁は各国が協調して北朝鮮問題に対処するという象徴的な意味を持つとしても実効性に乏しく、最終的には米朝両国の首脳が直接の交渉を行う以外に局面の打開の方策はないといえるかもしれません。


従って、北朝鮮の核実験から2週間と経たずに国連安保理で制裁決議が可決されたことは、一面においてこれまでにない迅速な対応であるとともに、他面においては制裁決議以外に北朝鮮への現実的な対応策がないことをわれわれに教えるといえるでしょう。


1 Resolution 2375 (2017). United Nations Security Council, 11th September 2017, https://www.un.org/ga/search/view_doc.asp?symbol=S/RES/2375%282017%29 (accessed on 13th September 2017).
2 米、採択へ戦略的譲歩. 日本経済新聞, 2017年9月13日朝刊9面.
3 North Korea 'begging for war' says US, calling for strongest possible sanctions. The Guardian (electronic version), 4th September 2017, https://www.theguardian.com/world/2017/sep/04/north-korea-nikki-haley-sanctions-nuclear-test-begging-for-war (accessed on 13th September 2017).
4 Putin: North Koreans 'will eat grass but will not give up nuclear programme'. Independent (electronic version), 5th September 2017, http://www.independent.co.uk/news/world/asia/putin-north-korea-nuclear-programme-eat-grass-russia-president-test-missilies-icbm-a7930916.html (accessed on 13th September 2017).
5 Trump says 'all options on table' after North Korea fires missile over Japan. CNN (electronic version), 28th August 2017, http://edition.cnn.com/2017/08/28/politics/north-korea-launch-unidentified-projectile/index.html (accessed on 13th September 2017).


<Executive Summary>
UN Sanctions for North Korea Implies the Situation Is Reaching a Deadlock (Yusuke Suzumura)


The UN Security Council passed sanctions for North Korea to punish its nuclear test on 11th September 2017. It implies that no effective resolution is available concerning on the "North Korea problem", since both the US and North Korea do not compromise each other.


トラックバックURLhttp://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=63889
16:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 評論