カウンタ

2125329(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2017/10/13new

安倍内閣の支持率が低下する中で自民党が優勢を保てる3つの理由

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

10月10日(火)に第48回衆議院議員選挙が公示されたのを受け、報道各社が行った選挙戦序盤での情勢調査では、安倍晋三内閣への支持率が低下しているものの、自民党と公明党が選挙戦を優位に進めているという結果が得られました1


各党が首相候補を擁立して選挙戦を行い、議席の多数を占めた政党が政権を担当するという意味での政権選択選挙を考えるなら、自民党の党首である安倍晋三総裁の率いる内閣に対する支持率が低いにもかかわらず自民党の優勢が伝えられることは不思議に思われるかもしれません。


さらに、政権選択選挙を政権の実績を踏まえ、衆議院選挙で有権者が政権の継続か交代かを決める選挙2と考えるなら、やはり内閣への支持率の低さと自民党の優勢という状況とは一致していないように見えます。


こうした疑問については、今回の総選挙で野党の候補の一本化が進まず、希望の党と立憲民主党の候補などが競合する選挙区があるため、自民党への批判の投票が分散し、結果的に自民党が有利になる、あるいは、自民党が組織力を生かして各選挙区の基礎票を固めているのに対し、希望の党が小池百合子代表の人気に陰りが生じていることもあって集票力が伸び悩んでいるため、自民党が有意な状況となっている、という説明がなされています3


この場合、有権者の安倍内閣への支持と政党への支持の関係は以下の4つの類型に集約されます。


(1)安倍内閣を支持し、自民党の候補者を支持する。
(2)安倍内閣を支持せず、自民党の候補者を支持する。
(3)安倍内閣を支持し、自民党の候補者を支持しない。
(4)安倍内閣を支持せず、自民党の候補者を支持しない。


(1)は、安倍首相を支持し、自民党の候補者を支持する有権者であり、「安倍首相が率いるから自民党を支持する」という場合や「自民党政権だから安倍首相を支持する」という場合が考えられます。


(2)は、「安倍首相を支持しないものの自民党が支持政党だから候補者に投票する」、あるいは「支持する候補者だから自民党から出馬していても投票する」、という場合が考えが予想されます。


(3)の場合、安倍首相だから支持するが、自民党そのものは支持していないという、安倍首相個人に対する支持者が想定され、自らが指示する安倍首相が率いているから自民党の候補者に投票する、といいう結果に繋がります。


そして、(4)は、野党、とりわけ立憲民主党や共産党などの安倍内閣を批判する政党の支持者が該当する類型であり、何があっても安倍首相が率いる自民党の候補者には投票しないことになります。


もちろん、有権者の投票の行動は有権者の数だけある、多様なものです。それだけに、上掲の4つの類型以外にも様々な事例があることは明らかです。


それでも、単純化した類型であっても自民党に投票する可能性のある有権者が3/4いるのですから、自民党と公明党の両党で300議席を窺うといった予想がなされることも不思議ではありません。


それだけに、安倍内閣への支持率が低下しても自民党が優位に立つことは論理的に可能であり、むしろ野党側は当初から劣勢に立たされていたというべきなのです。


1 いずれも「自公優勢」. 日本経済新聞, 2017年10月13日朝刊4面.
2 首相交代論 自民幹部「参院選で負けたら小泉さん退陣」. 読売新聞, 2004年4月28日朝刊13面.
3 与党なぜ優位. 日本経済新聞, 2017年10月13日朝刊4面.


<Executive Summary>
Why Is the LDP Superior to the Opposition Parties? (Yusuke Suzumura)


It is reported that approval rating of the Abe Cabinet is falling, but the Liberal Democratic Party (LDP) will have a majority in the General Election. It might seem curious, but in fact it should not be strange. Because there would be four main alternatives for the voters to support the Abe Cabinet and the LDP or not and three of four alternatives tell us that the LDP has a majority of the Lower House.


トラックバックURLhttp://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=64504
16:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 評論