researchmap
 
ピックアップ研究者
富士通研究所
企業の研究所で暗号技術に関する研究開発を行っています。主な研究テーマは、RSA暗号や楕円曲線暗号を含む公開鍵暗号の理論的安全性、および、現...
 

正当なCSSです!

 

研究キーワード  [ 発生 ]

総件数: 212件

英訳Development
意味発生学(はっせいがく、Embryology)は、胚の発生を研究する学問である。胚とは、動物では誕生や孵化の前、植物では発芽の段階にある全ての組織と定義できる。

発生学はでは主に、受精卵の発生と組織や器官への分化を扱っている。分割が起こると、桑実胚から端に極のある胞胚となる。

左右相称動物では、胞胚の発達の仕方には大きく2通りあり、これによって動物界が二分されている。胞胚の最初にできた極が口になるのが旧口動物であり、肛門になるのが新口動物である。旧口動物には、昆虫などの多くの無脊椎動物が含まれ、新口動物には脊椎動物などの進化した動物の多くが含まれる。また、この過程を原腸形成という。

原腸形成が起こるとすぐに細胞は3つの層に分かれ、全ての器官や組織はここから作られる。
内胚葉からは、消化管、肺、膀胱等ができる。
中胚葉からは、筋肉、骨格、血管等ができる。
外胚葉からは、神経管や皮膚等ができる。

ヒトでは、「胚」という言葉は、受精卵が子宮に着床した時から、妊娠後8週目頃までを指し、妊娠8週目を過ぎると胎児と呼ばれるようになる。多くの種で、初期の胚は良く似ている。これは、多くの種が同じ進化の歴史を経てきているからであると説明される。これは相同性と呼ばれる。
(ウィキペディアより)

  • シオタ クニオ
    早稲田大学
    理工学術院  
  • クリハラ トシヒデ
    慶應義塾大学 医学部
    眼科学教室  
    特任准教授
  • アライ カツトシ
    北海道大学
    大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 育種生物学分野  
    特任教授
  • センバ イチロウ
    鹿児島大学
    医歯学域歯学系  
    教授
  • イトウ ユキヒロ
    東北大学
    大学院農学研究科 応用生命科学専攻 環境生命科学講座 環境適応生物工学分野  
    准教授
  • 東京大学
    総合文化研究科  
    教授
  • タムラ コウジ
    東北大学
    大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 細胞機能構築統御学講座 器官形成分野  
    教授
  • フクダ ヒロオ
    東京大学
    大学院理学系研究科 生物科学専攻 生物科学専攻  
    教授
  • ノロ チカコ
    日本大学
    生産工学部応用分子化学科  
    教授
  • サイトウ ショウイチロウ
    岐阜大学
    応用生物科学部 共同獣医学科 基礎獣医学講座 獣医解剖学研究室  
    准教授