川崎 能典

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/15 02:55
 
アバター
研究者氏名
川崎 能典
 
カワサキ ヨシノリ
URL
http://researchmap.jp/inglewoodjack65
所属
統計数理研究所
部署
モデリング研究系/統計科学技術センター
職名
教授
学位
博士(経済学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
統計数理研究所 モデリング研究系 教授
 
2005年12月
 - 
2015年3月
統計数理研究所 モデリング研究系 准教授 (2007年3月迄助教授)
 
1992年4月
 - 
2005年11月
統計数理研究所 予測制御研究系 助手
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京大学 大学院経済学研究科 理論経済学・経済史学専攻 統計学コース
 
1984年4月
 - 
1988年3月
東京大学 経済学部 経済学科
 

委員歴

 
2006年
 - 
2007年
日本統計学会  企画委員
 
2006年
 - 
2007年
日本統計学会  庶務会計担当理事
 
2006年
 - 
2007年
日本統計学会  欧文誌編集委員
 
2006年
 - 
2007年
応用経済時系列研究会  総務担当理事
 
2006年
 - 
2007年
リスク研究ネットワーク  運営委員会委員
 

論文

 
Notsu, Akifumi The Graduate University for Advanced Studies, Kawasaki, Yoshinori The Institute of Statistical Mathematics, Eguchi, Shinto The Institute of Statistical Mathematics
ISRN Probability and Statistics   2013 1-10   2013年12月   [査読有り]
Ueki, Masao Yamagata University, Kawasaki, Yoshinori The Institute of Statistical Mathematics
Computational Statistics and Data Analysis   63 31-41   2013年7月   [査読有り]
Nishiyama, Yoshihiko Kyoto University, Hitomi, Kohtaro Kyoto Institute of Technology, Kawasaki, Yoshinori The Institute of Statistical Mathematics, Jeong, Kiho Kyungpook National University
Journal of Econometrics   165(1) 112-127   2011年11月   [査読有り]
2項モデルの予測による金融リスク最小化:理論と応用
赤司 健太郎 学習院大学, 川崎 能典 統計数理研究所
統計数理   第59巻(第1号) 25-40   2011年6月   [査読有り]
Ueki, Masao Yamagata University, Kawasaki, Yoshinori The Institute of Statistical Mathematics
Electronic Journal of Statistics   5 309-328   2011年4月   [査読有り]

Misc

 
ベンチマーク問題と経済時系列:GDP速報とGDP確報を巡って
国友 直人 東京大学大学院経済学研究科, 川崎 能典 統計数理研究所
経済学論集   第77巻(第1号) 2-19   2011年4月

書籍等出版物

 
経済時系列ハンドブック
刈屋 武昭 明治大学, 前川 功一 広島経済大学, 矢島 美寛 東京大学, 福地 純一郎 学習院大学, 川崎 能典 統計数理研究所
2012年10月   
定量的リスク管理-基礎概念と数理技法-(マクニール, フライ, エンブレヒツ原著翻訳)
塚原 英敦 成城大学, 小林 俊 日本銀行, 三浦 良三 一橋大学, 川崎 能典 統計数理研究所, 山内 浩嗣 三菱UFJトラスト投資工学研究所, 中川 秀敏 一橋大学 (担当:共訳)
2008年7月   ISBN:978-4-320-01863-1
移動平均と時系列成分モデル(「統計データ科学事典」所収)
川崎 能典 統計数理研究所 (担当:分担執筆)
2007年6月   
モデルヴァリデーション
共立出版   2005年   ISBN:4-320-12004-3
日本経済の構造変化と経済予測-経済変動のダイナミズムを読む-
東大出版会   2004年   ISBN:4-13-040213-7

講演・口頭発表等

 
円滑閾値型推定方程式によるリスク因子の探索法とその応用
川崎 能典 (実講演者) 統計数理研究所
応用統計学会2015年度年会   2015年3月14日   
Skewed Kalman filterの平滑化とその応用
栗栖 大輔 (実講演者) 東京大学大学院経済学研究科, 川崎 能典 統計数理研究所
日本統計学会第9回春季集会   2015年3月8日   
先物市場の日周期変動分析
吉田 靖 (実講演者) 東京経済大学, 川崎 能典 統計数理研究所
大阪大学金融・保険教育センターワークショップ『証券市場の諸問題』   2015年2月20日   
地域統計の季節調整問題
川崎 能典 (実講演者) 統計数理研究所, 国友 直人 東京大学
経済統計・政府統計の数理的基礎と応用 2014 (科研費研究集会)   2015年1月30日   
Change in trading rules and its impact on the distributional properties of commodity futures
Kawasaki, Yoshinori (実講演者) The Institute of Statistical Mahematics, Aoki, Yoshimitsu Quick Corp.
8th International Conference on Computational and Financial Econometrics   2014年12月7日   

競争的資金等の研究課題

 
経済リスクの統計学の新展開:稀な事象と再起的事象
科研費基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 国友 直人 東京大学
スパース正則化による判別とグループ化に基づく意思決定システムの構築
科研費基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 川崎 能典
計量経済学におけるコンピュータ・インテンシブな統計手法の開発とその実証研究
科研費基盤研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 谷崎 久志 大阪大学
経済統計・政府統計の数理的基礎と応用
科研費基盤研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 山本 拓 日本大学
科学的政策決定のための統計数理基盤整備とその有効性実証
科研費基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 北川 源四郎 統計数理研究所