石田文彦

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/27 14:46
 
アバター
研究者氏名
石田文彦
eメール
ishida-fnc-toyama.ac.jp
URL
http://www.ishidaflab.com
所属
富山高等専門学校
部署
電気制御システム工学科
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
富山高等専門学校 電気制御システム工学科 准教授
 
2010年10月
 - 
2014年3月
富山高等専門学校 専攻科 准教授
 
2009年10月
 - 
2010年9月
富山高等専門学校 専攻科 助教
 
2009年5月
 - 
2009年9月
富山工業高等専門学校 電気工学科 助教
 
2007年4月
 - 
2009年4月
電気通信大学 大学院・情報システム学研究科 助教
 
2002年5月
 - 
2007年3月
電気通信大学 大学院・情報システム学研究科 助手
 

論文

 
Sakaguchi Y, Ishida F, Shimizu T, Murata A
Journal of neurophysiology   104(6) 3625-3643   2010年12月   [査読有り]
Reinforcement-learning agents with different temperature parameters explain the variety of human action-selection behavior in a Markov decision process task
Ishida F, Sasaki T, Sakaguchi Y, Shimai H
Neurocomputing   72 1979-1984   2009年   [査読有り]
Mtibaa R, Idesawa M, Sakaguchi Y, Ishida F
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   21(7) 936-944   2008年9月   [査読有り]
Ishida F, Sawada YE
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   75(1,Pt.1) 012901   2007年1月   [査読有り]
Muscle synergies extracted from human grasping movements
Ishida F, Karatsu K, Sakaguchi Y
110-113   2007年   [査読有り]
Iguchi N, Sakaguchi Y, Ishida F
Biological cybernetics   92 219-228   2005年4月   [査読有り]
Human hand moves proactively to the external stimulus: an evolutional strategy for minimizing transient error.
Ishida F, Sawada YE
Physical review letters   93 168105   2004年10月   [査読有り]

Misc

 
沢田康次, 石田文彦
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   48(1) 60-65   2009年1月
石田文彦, 村田哲, 阪口豊
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(264) 43-48   2008年10月
石田文彦, 村田哲, 阪口豊
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(264) 43-48   2008年10月
手操作運動における視覚運動変換メカニズムの解明を目的として,サル腹側運動前野F5野ならびに頭頂連合野AIP野から得られた神経スパイクデータの情報量解析を行なった.3次元形状による操作対象の分類と神経活動との間の相互情報量を一定の時間幅ごとに計算することにより,神経活動に含まれる対象形状に関する情報が課題遂行に応じて変化する様子を可視化した.また,その可視化情報を基に手操作運動に関わるF5-AIP野の情報処理の流れについて考察した.
林叔克, 石田文彦, 菅原研, 沢田康次
日本物理学会講演概要集   63(2)    2008年8月
清水崇司, 石田文彦, 村田哲, 阪口豊
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   107(542) 203-208   2008年3月
手操作運動に関する情報が脳の中でどのように表現されているか調べるため,サル頭頂連合野AIP野で記録された神経活動についで情報量解析を行なった.著者らはこれまでAIP野の一部の単一細胞活動が手操作運動の異なる課題区間(注視,到達動作,把持)に応じて異なる情報を表現していることを示した.本稿では,AIP野の計98個の単一細胞についで情報量解析を行い,細胞が保持する情報量の時間変化から細胞を5種類に分類した結果を示す.また,複数細胞の情報量の累積和を計算することで細胞群が保持する情報の時間変化を...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 石田 文彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 石田 文彦
視覚目標追跡運動実験および二者間実時間相互作用実験において,運動速度にリズム成分が存在すると,視覚目標運動に比する運動先行性が強調され,かつ,協調的な相互作用が観測されることを見いだした.追跡運動モデルによる運動先行性再現計算により,感覚運動制御システムがフィードバック要素とフィードフォワード要素が相補的に動作している可能性を明らかにした.
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 石田 文彦
本研究は,人と人のコミュニケーション成立条件の数理的理解に向けての基礎研究である.生物の生存に不可欠な実時間情報処理とコミュニケーションとが密接に関係していることに着目し,実時間情報処理の数理的本質を理解することを目的とする.本年度の成果は以下の通りである.1.前年度に構築した協調追跡運動実験装置で,円運動に関する実験を行った.基準円運動の周波数を0.3,0.5,0.7,0.9Hzの4種類に実験参加者への追跡方針条件として,Reactive条件(相手に正確にあわせる),Anticipato...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 石田 文彦
本研究は,視覚目標運動の臨界周波数において観測された手の間欠的な運動から連続的な運動に切り替り,かつ,視覚目標との位相差がほぼゼロの状態から先行位相へと変化した結果に着目し,視覚目標手動追従運動における臨界周波数での制御様式の変化のメカニズムを明らかにすることを目的とする.本年度の成果は以下の通りである.1.眼球運動について固定条件と追従条件の2条件の下で,2次元目標追従手動運動実験を行った.その結果,楕円運動する視覚目標の運動中心に注視点を設ける固定条件では,被験者の手動運動は目標運動を...

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年4月
東北大学 情報科学研究科 システム情報科学
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東北大学 工学部 
 

特許

 
特許4802329 : 眼球位置計測方法及び眼球位置計測装置
石田文彦