石黒 浩

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/27 14:06
 
アバター
研究者氏名
石黒 浩
 
イシグロ ヒロシ
ハンドル
ishiguro
eメール
ishigurosys.es.osaka-u.ac.jp
URL
http://www.irl.sys.es.osaka-u.ac.jp/
所属
大阪大学
部署
大学院基礎工学研究科
職名
教授(大阪大学特別教授)
学位
工学博士(大阪大学)
その他の所属
ATR石黒浩特別研究所
Twitter ID
hiroshiishiguro

プロフィール

石黒浩/いしぐろひろし(ロボット学者/大阪大学教授(特別教授))1963年生まれ。
大阪大学基礎工学研究科博士課程修了。工学博士。京都大学情報学研究科助教授,大阪大学工学研究科教授を経て,2009年より大阪大学基礎工学研究科教授。ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。社会で活動するロボットの実現を目指し、知的システムの基礎的な研究を行う。ロボット研究においては,従来,ナビゲーションやマニピュレーションという産業用ロボットにおける課題が研究の中心であったが,インタラクションという日常活動型ロボットにおける課題を世界に先駆けて提案し,研究に取り組んできた.そして,これまでに人と関わるヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットや,それらの活動を支援し人間を見守るためのセンサネットワークを開発してきた.そして,2007年には、Synectics社(英)の調査「世界の100人の生きている天才のランキング」で日本人最高位の26位に選出される。2011年に大阪文化賞を受賞。また、2015年には、文部科学大臣表彰を受賞。2013年より大阪大学特別教授。主な著書に「ロボットとは何か」(講談社現代新書),「どうすれば「人」を創れるか」(新潮社)などがある。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年1月
 - 
現在
ATR 石黒浩特別研究所 客員所長
 
2013年7月
 - 
現在
大阪大学 特別教授
 
2010年4月
 - 
現在
ATR フェロー
 
2009年6月
 - 
現在
大阪大学 大学院基礎工学研究科システム創成専攻 教授
 
2008年
 - 
2014年
大阪大学 大学院・基礎工学研究科 教授
 
2011年4月
 - 
2013年12月
ATR 石黒浩特別研究室 客員室長
 
2002年10月
 - 
2011年3月
ATR 知能ロボティクス研究所・第二研究室 客員室長
 
2002年10月
 - 
2009年5月
大阪大学 大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻 教授
 
2001年4月
 - 
2002年9月
和歌山大学 システム工学部情報通信システム学科 教授
 
1999年10月
 - 
2002年9月
ATR 知能映像研究所 客員研究員
 
2000年4月
 - 
2001年3月
和歌山大学 システム工学部情報通信システム学科 助教授
 
1998年4月
 - 
2000年3月
京都大学 大学院情報学研究科社会情報学専攻 助教授
 
1998年3月
 - 
1999年3月
カリフォルニア大学 サンディエゴ校 客員研究員
 
1994年10月
 - 
1998年3月
京都大学 大学院工学研究科情報工学専攻 助教授
 
1992年4月
 - 
1994年9月
大阪大学 基礎工学部システム工学科 助手
 
1991年4月
 - 
1992年3月
山梨大学 工学部情報工学科 助手
 

委員歴

 
2011年6月
 - 
現在
Journal of Robotics and Autonomous SYstems(JRAS)  Editorial Board
 
2011年4月
 - 
現在
Patient@home Project (University of Southern Denmark)  International advisory board
 
2010年1月
 - 
現在
Springer Journal Autonomous Robots  Editorial Board
 
2009年1月
 - 
現在
International Conference on Robotics: Science and System  Board member
 
2005年8月
 - 
現在
(財)大阪科学技術センター  実行委員会委員長
 
2005年4月
 - 
現在
総務省  調査研究会委員
 
2005年4月
 - 
現在
(社)関西経済連合会 都市再生プロジェクト  評価委員
 
2004年6月
 - 
現在
次世代ロボット開発ネットワークRooBO・大阪市  アドバイザー
 
2000年11月
 - 
現在
株式会社Vstone  特別顧問
 
1999年10月
 - 
現在
ATR知能映像研究所  客員研究員
 
1999年10月
 - 
現在
科学技術振興事業団さきがけ21  研究員
 
2013年6月
 - 
2015年5月
独立行政法人 科学技術振興機構  「情報環境と人」領域アドバイザー
 
2013年6月
 - 
2014年3月
国立情報学研究所  客員教授(研究開発連携)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
独立行政法人 情報処理推進機構  「未踏IT人材発掘・育成事業」に係るプロジェクトマネージャー
 
2013年4月
 - 
2014年3月
公益財団法人大阪市都市型産業振興センター  「歪み補正ミラーを用いた広画角・無歪カメラの開発」アドバイザー
 
2012年4月
 - 
2014年3月
公益財団法人 国際高等研究所  (研究プロジェクト)心の起源 参加研究者
 
2011年6月
 - 
2013年6月
独立行政法人科学技術振興機構  「情報環境と人」領域アドバイザー
 
2011年4月
 - 
2013年5月
電子情報通信学会  信学会クラウドネットワークロボット研究専門委員会
 
2012年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人 情報処理推進機構  「未踏IT人材発掘・育成事業」に係るプロジェクトマネージャー
 
2011年11月
 - 
2013年3月
(株)国際電気通信基礎技術研究所 脳情報通信総合研究所  ネットワークBMI研究開発の研究開発に関する運営委員会委員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
財団法人大阪市都市型産業振興センター  アドバイザー
 
2008年10月
 - 
2013年3月
情報・システム研究機構国立情報学研究所  客員教授
 
2011年12月
 - 
2012年11月
文部科学省研究振興局  科学研究費補助金における評価に関する委員会の評価者
 
2011年12月
 - 
2012年10月
日本脳神経学会国際シンポジウム「ブレイン・マシン・インタフェースの臨床応用」  組織委員
 
2011年12月
 - 
2012年3月
独立行政法人 情報処理推進機構  「未踏IT人材発掘・育成事業」に係るプロジェクトマネージャー
 
2010年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人日本学術振興会  「ロボット共生社会実現に向けたロボットの知能発達」に関する先導的研究開発委員会委員
 
2009年6月
 - 
2012年
社団法人関西経済連合会 関西次世代ロボット推進会議  企画委員会委員
 
2011年4月
 - 
2011年11月
独立行政法人 情報処理推進機構  「未踏IT人材発掘・育成事業」に係るプロジェクトマネージャー
 
2010年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人 情報処理推進機構  「未踏IT人材発掘・育成事業」に係るプロジェクトマネージャー
 
2009年12月
 - 
2010年11月
文部科学省研究振興局  科学研究費補助金における評価に関する委員会の評価者
 
2009年5月
 - 
2010年3月
独立行政法人情報処理推進機構  「未踏IT人材発掘・育成事業」プロジェクトマネージャー
 
2008年4月
 - 
2010年3月
独立行政法人科学技術振興機構  浅田共創知能システムプロジェクトグループリーダー
 
2006年4月
 - 
2009年5月
社団法人関西経済連合会 関西次世代ロボット推進会議  評価委員会委員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
財団法人大阪市都市型産業振興センター, 経済産業省近畿経済産業局  アドバイザー
 
2007年4月
 - 
2009年3月
ネットワークロボット時限研究会(NR),電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ  幹事
 
2006年4月
 - 
2009年3月
浅田共創知能システムプロジェクト  グループリーダー
 
2007年1月
 - 
2008年12月
日本認知科学会  運営委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
財団法人大阪市都市型産業振興センター  アドバイザー
 
2005年11月
 - 
2008年3月
科学技術振興機ERATO浅田共創知能システムプロジェクト  グループリーダー
 
2007年1月
 - 
2007年12月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2006年12月
 - 
2007年3月
株式会社日本総合研究所  ロボット分野アカデミックロードマップ委員会
 
2006年4月
 - 
2007年3月
財団法人大阪市都市型産業振興センター  アドバイザー
 
2006年4月
 - 
2007年3月
ロボティクス・メカトロニクス部門  表彰委員会委員
 
2006年2月
 - 
2007年1月
科学技術・学術審議会(文部科学省)  科学技術・学術審議会専門委員
 
2005年1月
 - 
2006年12月
日本認知科学会  運営委員
 
2005年9月
 - 
2006年3月
(財)大阪科学技術センター  次世代フォトニクス情報技術フォーラム学官界協力者
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本ロボット学会  評議員
 
2005年1月
 - 
2005年12月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2004年4月
 - 
2005年3月
(財)大阪市都市型産業振興センター  アドバイザー
 
2004年1月
 - 
2004年3月
ものづくりクラスター協議会研究部会 (財)大阪科学技術センター  アドバイザー
 

受賞

 
2015年5月
The New York Festivals ブランデッドコンテンツ 銀賞
 
2015年4月
放送批評懇談会 4月月間ギャラクシー賞(NTV番組「マツコとマツコ」)
 
2015年4月
文部科学大臣表彰 科学技術賞
 
2015年3月
アジア広告協会連盟 アドフェスト メディア部門 銀賞
 
2014年3月
ナレッジキャピタル ナレッジイノベーションアワード 2013 特別賞
受賞者: 石黒浩(米朝アンドロイド・プロジェクト監修)
 
2013年5月
Springer CTS2013 Outstanding paper award
 
2013年5月
Springer London Springer CTS2013 Outstanding paper award
受賞者: Kazuaki Tanaka, Satoshi Onoue, Hideyuki Nakanishi and Hiroshi Ishiguro
 
2012年8月
大阪大学 大阪大学総長顕彰(研究部門)
 
2012年6月
情報通信月間推進協議会 志田林三郎賞
 
2012年3月
Int. Conf. on Pervasive and Embedded Computing and Communication Systems (PECCS 2012) Best Paper Award
受賞者: Tetsushi Ikeda, Takahiro Miyashita, Hiroshi Ishiguro, and Norihiro Hagita
 
2011年12月
大阪府、大阪市 大阪文化賞
 
2011年7月
第14回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011)(情報処理学会CVIM 研究会主催) デモセッション賞
受賞者: 園田聡葵,長原一(九大),渡邉拓也(デンソー), Changyin Zhou (Columbia University),石黒浩(阪大), Shree K. Nayar (Columbia University)
 
2011年5月
Ars Electronica Prix Ars Electronica 2011 Honorary Mention Interactive Art for Android Theater
受賞者: 石黒浩、平田オリザ
 
2010年10月
2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2010) Finalist of Award for Entertainment Robots and Systems (NTF Award)
受賞者: Martin D. Cooney, Christian Becker-Asano, Takayuki Kanda, Aris Alissandrakis, Hiroshi Ishiguro
 
2010年9月
第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010) FIT2010論文賞
受賞者: 中川佳弥子,篠沢一彦,松村礼央,石黒浩,萩田紀博
 
2009年12月
第52回自動制御連合講演会 優秀発表賞
受賞者: 池本周平, ベンアモル・ヘニ, 石黒浩
 
2009年10月
2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2009) Finalist of Award for Entertainment Robots and Systems (NTF Award)
受賞者: Masahiro Shiomi, Takayuki Kanda, Dylan F. Glas, Satoru Satake, Hiroshi Ishiguro, Norihiro Hagita
 
2009年9月
18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2009) Best Paper Award
受賞者: Shuhei Ikemoto, Heni Ben Amor, Takashi Minato, Hiroshi Ishiguro, Bernhard Jung
 
2009年9月
ARS Electronia 2009 ARS Electronia Festival Featured Artist
 
2009年5月
情報処理学会 平成20年度論文賞
受賞者: 坂本大介, 神田崇行, 小野哲雄, 石黒浩, 萩田紀博
 
2009年3月
the 4th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interacton (HRI2009) Best Paper Award
受賞者: Bilge Mutlu,Toshiyuki Shiwa, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro, Norihitro Hagita
 
2009年2月
大阪大学 大阪大学教育・研究功労賞受賞
 
2009年2月
the 2008 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2008) Finalist of the Best Student Paper Award
受賞者: Kazumichi Shirai, Yoshio Matsumoto, Satoshi Koizumi, Hiroshi Ishiguro
 
2008年12月
第9回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,SI2008 優秀講演賞
受賞者: 石黒浩,萩田紀博
 
2008年10月
情報処理学会関西支部平成20年度支部大会 学生奨励賞
受賞者: 清水俊彦,池本周平,石黒浩
 
2008年8月
ECSIS Symposium on Learning and Adaptive Behaviors in Robotic Systems(LAB-RS2008) Cognitive Developmental Robotics with a Biomimetic Child-robot",LABRS BEST Video Award and $1000 prize
受賞者: Tomoyuki Noda,Shuhei Ikemoto,Daniel Quevedo,Toshihiko Shimizu,Hidenobu Sumioka,Hisashi Ishihara, Yuki Sasamoto,Yuichiro Yoshikawa,Takashi Minato,Hiroshi Ishiguro, Minoru Asada
 
2008年8月
大阪市役所 ロボカップ世界大会5連覇市長表敬及び市長表彰
受賞者: Team Osaka(赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆,萩田紀博,竹田正俊)
 
2008年7月
RoboCup 2008 Best Humanoid
受賞者: Team Osaka(大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,松村礼央,井高秀樹, 横山智彰)
 
2008年7月
AAAI-08 AI Video Competition "CB2: Child Robot with Biomimetic Body",Video Award ファイナリスト(2名)にノミネート
受賞者: Shimizu,Hidenobu Sumioka,Hisashi Ishihara, Yuki Sasamoto,Yuichiro Yoshikawa,Takashi Minato,Hiroshi Ishiguro, Minoru Asada
 
2008年6月
実装技術国際コンファレンス2007(ICEP2007) ベストペーパー賞(最優秀論文賞), 「A Super-flexible Sensor System for Humanoid Robots and Related Applications (TA2-2)」
受賞者: Masahiro INOUE, Yasushi KAWAHITO, Yasunori TADA, Takahiro HONDO, Toshimi KAWASAKI, Katsuaki SUGANUMA, Hiroshi ISHIGURO
 
2008年4月
ギネス ギネス世界記録2008(「ジェミノイド」と「リプリーQ2」がギネスに認定。認定内容「初の実物そっくりなアンドロイド」)
 
2007年10月
Toward Ubiquitos Intelligent Robotics (IROS 2003), International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2007) NTF Award Finalist for Entertainment Robots and Systems
受賞者: Kiyoshi Kogure, Norihiro Hagita, Tasuyuki Sumi, Noriaki Kuwahara and Hiroshi Ishiguro
 
2007年10月
Synectics 「世界の生きている天才」ランキング(英Synectics選出)で日本人最上位の26位に選出されている
受賞者: Hiroshi ISHIGURO
 
2007年8月
経済産業省 第2回ものづくり日本大賞優秀賞、製品・技術開発部門 「ロボカップ世界大会3連覇ロボット「VisiON」の開発と製品への実用化展開」
受賞者: Team Osaka(大和信夫,前田武志,石黒浩,赤澤洋平,高橋智隆,宮下敬宏,今川拓郎)
 
2007年8月
経済産業省 第2回ものづくり日本大賞優秀賞,製品・技術開発部門、「ロボカップ世界大会3連覇ロボット「VisiON」の開発と製品への実用化展開」
受賞者: Team Osaka(大和信夫、前田武志、石黒浩、赤澤洋平、高橋智隆、宮下敬宏、今川拓郎)
 
2007年7月
第64回グループウェアとネットワークサービス研究会 優秀発表賞「ヒューマノイドロボットアバターシステムの提案」
受賞者: 野上大輔、中西英之、石黒浩,
 
2007年7月
RoboCup 2007 Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,松村礼央)
 
2007年4月
International Conference on Adaptive and Natural Computing Algorithums (ICANNGA’07) Best Young Researcher Paper Award in the area of Robotics, “A Neural Framework for Robot Motor Learning Based on Memory Consolidation”
受賞者: Heni Ben Amor, Shuhei Ikemoto, Takashi Minato, Bernhard Jung and Hiroshi Ishiguro
 
2007年3月
Best poster award
 
2007年3月
the 2nd ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2007) Best poster award
受賞者: Emma Svienstins, Noriaki Mitsunaga, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro, Norihiro Hagita
 
2007年3月
the 2nd ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2007) Best paper award
受賞者: Kotaro Hayashi, Daisuke Sakamoto, Takayuki Kanda, Masahiro Shiomi, Hiroshi Ishiguro and Norihiro Hagita
 
2007年3月
インタラクション 2007 ベストペーパー賞
受賞者: 坂本大介, 神田崇行, 小野哲雄, 石黒浩, 萩田紀博
 
2007年1月
関西元気文化圏推進協議会 平成18年度関西元気文化圏賞・ニューパワー賞
受賞者: Team Osaka (大和信夫, 石黒浩, 赤澤洋平, 高橋智隆, 前田武志, 今川拓郎, 高山仁志)
 
2006年6月
RoboCup 2006 Bremen Germany Best Humanoid 賞(Kid size)
受賞者: Team Osaka (大和信夫, 石黒浩, 高橋智隆, 前田武志, 今川拓郎, 高山仁志, 松村礼央)
 
2006年2月
財団法人 中小企業異業種交流財団 平成17年度異業種交流成果表彰事業 優秀製品賞
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平, 大和信夫, 石黒浩, 高橋智隆, 前田武志, 宮下敬宏, 今川拓郎, 高山仁志)
 
2005年7月
RoboCup International Competition 2005 Osaka Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平, 大和信夫, 石黒浩, 高橋智隆, 前田武志, 宮下敬宏, 今川拓郎, 高山仁志)
 
2005年3月
国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)創立記念日表彰
 
2004年12月
大阪商工会議所 大阪活力グランプリ
受賞者: Team Osaka(赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆)
 
2004年6月
RoboCup2004 Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,高山仁志)
 
2004年5月
RoboCup2004 Japan Open Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,高山仁志)
 

論文

 
信号の動きの相関性に注目した知覚の結び付け手法
池田 徹志, 石黒 浩, ディラン グラース, 塩見 昌裕, 宮下 敬宏, 萩田 紀博
電子情報通信学会論文誌      2014年3月   [査読有り]
人はアンドロイドとどのような相互行為を行いうるか:アンドロイド演劇『三人姉妹』のマルチモーダル分析
細馬宏通, 坊農真弓, 石黒浩, 平田オリザ
人工知能学会論文誌      2014年1月
Estimation of Physical Interaction between a Musculoskeletal Robot and Its Surroundings
Kenji Urai, Yuya Okadome, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
   2014年1月   [査読有り]
A feature selection method for a sample-based stochastic policy
Jumpei Yamanaka, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
   2014年1月   [査読有り]
Adaptive LSH based on the particle swarm method with the attractor selection model for fast approximation of Gaussian process regression
Yuya Okadome, Kenji Urai, Yutaka Nakamura, Tetsuya Yomo, and Hiroshi Ishiguro
   2014年1月   [査読有り]
Masahiro Shiomi,Kaoru Kurumizawa,Takayuki Kanda,Hiroshi Ishiguro,Norihiro Hagita
Advanced Robotics   28(7) 441-448   2014年   [査読有り]
Motion Design of Interactive Small Humanoid Robot with Visual Illusion
Kurima Sakai, Hidenobu Sumioka, Takashi Minato, Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro
International Journal of Innovative Computing, Information and Control      2013年12月   [査読有り]
Task Allocation for a Robotic Swarm Based on an Adaptive Response Threshold Model
Eduardo Castello,Tomoyuki Yamamoto,Yutaka Nakamura,Hiroshi Ishiguro
   2013年12月   [査読有り]
Development and Control of a Novel Cylindrical IPM Linear Vernier Motor for Compliant Robot Actuation
Yoshihiro Nakata, Hiroshi Ishiguro, Kenji Kitani, Tatsuya Fujimoto, Katsuhiro Hirata
Proceedings of the 39th Annual Confernce of the IEEE Industrial Society, Austria      2013年11月   [査読有り]
Sumioka, H., Nakae, A., Kanai, R. & Ishiguro, H.
Scientific Reports      2013年10月   [査読有り]
Fast Approximation Method for Gaussian Process Regression Using Hash Function for Non-uniformly Distributed Data
Yuya Okadome, Yutaka Nakamura, Yumi Shikauchi, Shin Ishii and Hiroshi Ishiguro
   2013年9月   [査読有り]
Maryam Alimardani, Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro
Scientific Reports      2013年8月   [査読有り]
人工筋のためのリニアバーニアモータ
仲田佳弘,石黒浩,平田勝弘
日本ロボット学会誌      2013年7月   [査読有り]
Shuichi Nishio, Koichi Taura, Hidenobu Sumioka, Hiroshi Ishiguro
International Journal of Social Robotics      2013年7月   [査読有り]
In this paper, we experimentally examined whether changes in the facial expressions of teleoperated androids could affect and regulate operators’ emotion, based on the facial feedback theory of emotion and the phenomenon of body ownership transfer...
k 近傍法に基づく予測を用いた人物追跡のための複数エージェントの経路計画法
武村 紀子, 中村 泰, 石黒 浩
計測自動制御学会論文集      2013年5月   [査読有り]
ROSlink: Interfacing Legacy Systems with ROS
Fabio DallaLibera, Hiroshi Ishiguro
   2013年5月   [査読有り]
Kin Chung Denny Fu, Yutaka Nakamura, Tomoyuki Yamamoto and Hiroshi Ishiguro
International Journal of Automation and Computing      2013年4月   [査読有り]
Promoting Socialization of Schoolchildren Using a Teleoperated Android: An Interaction Study
Ryuji Yamazaki, Shuichi Nishio, Kohei Ogawa, Kohei Matsumura, Takashi Minato, Hiroshi Ishiguro, Tsutomu Fujinami and Masaru Nishikawa
International Journal of Humanoid Robotics      2013年3月   [査読有り]
人型コミュニケーションロボットのための首傾げ生成手法の提案および評価
劉超然, 石井カルロス寿憲, 石黒浩, 萩田紀博
人工知能学会論文誌      2013年3月   [査読有り]
運動錯視を利用した携帯型遠隔操作ヒューマノイドの運動表現
港隆史, 境くりま, 西尾修一, 石黒浩
ヒューマンインターフェース学会論文誌      2013年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
石黒 浩
朝日新聞出版   2013年4月   ISBN:4023311804
石黒浩
日本評論社   2012年9月   ISBN:4535586241
石黒 浩, ココロ (担当:共著)
オーム社   2011年8月   ISBN:4274210685
石黒 浩
新潮社   2011年4月   ISBN:4103294213
石黒 浩, 鷲田 清一 (担当:共著)
毎日新聞社   2011年3月   ISBN:4620320196

講演・口頭発表等

 
人間型ロボットと未来社会
電気設備学会関西支部 2014年度(第25回)支部総会   2014年5月   一般財団法人 電気設備学会 関西支部
The Future Life Supported by Robotic Avatars
GMIC北京2014   2014年5月   GWC (Great Wall Club)
Studies on Androids
Film Premiere of "the Machine"   2014年3月   Film Premiere of "the Machine"
The Future Life Supported by Robotic Avatars
The 17th SANKEN International Symposium   2014年1月   The Institute of Scientific Industrial Research (ISIR), Osaka University
遠隔操作型ロボットと未来社会
JUAS FUTURE ASPECT 2014   2014年1月   一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 石黒 浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 石黒 浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 石黒 浩
23年度では,22年度に引き続き,遠隔操作システムおよびインターフェースの研究,ジェミノイドを用いた認知科学・脳科学研究に取り組むとともに,強い引き込み感をもたらす,ジェミノイドのミニマルデザインであるテレノイドの対人および社会関係における実験に取り組んできた.遠隔操作システムおよびインターフェースの研究においては,音声から唇動作を生成する機能に,さらなる改良を加えるとともに,ボイスチェンジャ等を導入し,より円滑な遠隔操作を実現してきた.また,一方で,キネクトを用いたジェスチャ認識システム...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 石黒 浩
22年度では,三者間の非言語コミュニケーションを用いた親和的な情報メディアの創出を目的として,病院の診察場面に陪席するアンドロイドを用いた実証実験に取組むと共に,ヒューマノイドロボットを用いたロボット演劇に取組み,アンケートを実施することで演出家による演技指導の中に含まれるロボットの自然な振る舞いについてのルールの抽出に取組んだ.さらに,小型で単純な構造を持つロボットを利用することで,人間がもつ対話に対する印象に与える影響を調査することで三者間でのコミュニケーションの仕組みの理解に取組んだ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 石黒 浩

特許

 
1490233 : テレノイド(50?大)の胴体部意匠
石黒浩
1490232 : テレノイド(50?大)の意匠
石黒浩
特許第5422175号 : リニアアクチェータ
日浦亮太,野沢隆勝,平田勝弘, 石黒浩,仲田佳弘
5037961 : 物体検知センサ
菅沼克昭, 多田泰徳, 石黒浩, 井上雅博, 河崎俊実, 川人康
5296898 : アンドロイド制御システム
石黒浩, 西尾修一, 宮下敬宏, 神田崇行, 光永法明, 石井カルロス寿憲, 萩田紀博