IWAI Keiji

J-GLOBAL         Last updated: Sep 18, 2016 at 13:16
 
Avatar
Name
IWAI Keiji
Affiliation
Hyogo University

Academic & Professional Experience

 
Apr 2014
 - 
Today
Visiting Professor, Kobe Univ. Sch. of Medicine
 

Published Papers

 
岩井 圭司
精神科治療学   31(6) 785-790   Jun 2016
中井久夫による統合失調症の寛解過程論について、その医学的背景と中井が発見した臨界期現象とを中心に概説した。中井の寛解過程論は、遠くヒポクラテスからSelye,H.のストレス学説、Laborit,H.の侵襲学に至る"全身医学"の成果を踏まえ、回復論的治療観と治療的精神病理学の地点に立つ。すなわち、統合失調症の回復は発病過程を逆行することにあるのではなく、回復期においては心身両面に現れてくる統合失調症非特異的症状の消長と推移を、「変化力」と「維持力」、あるいは病気の勢いと回復力といった「2方向...
岩井 圭司
トラウマティック・ストレス : 日本トラウマティック・ストレス学会誌 = Japanese journal of traumatic stress : official journal of the Japanese Society for Traumatic Stress Studies   13(2) 111-121   2015
【阪神・淡路大震災20年】 活かされた経験、活かされなかった教訓
宮崎 隆吉, 岩井 圭司, 藤田 昌子, 田中 究, 加藤 寛
トラウマティック・ストレス   12(2) 175-191   Dec 2014
医療的ケア従事者の協働達成感尺度の開発 特別支援学校の医療的ケア従事者の協働を促進する要因
金山 三惠子, 岩井 圭司
小児保健研究   73(4) 608-612   Jul 2014
本研究の目的は、特別支援学校において医療的ケアに従事している一般教職員、養護教諭および看護師の協働達成感を測定する尺度を作成し、その信頼性、妥当性を検証することである。兵庫県において、看護師を配置して医療的ケアを行っている特別支援学校全25校を対象とした質問紙調査を実施し、19校(149人)から回答を得た。探索的因子分析によって、本尺度の信頼性、妥当性が検証された。協働達成感尺度は「組織・システム的要因」、「専門的対人関係要因」、「日常的対人関係要因」の3下位尺度28項目から構成された。こ...
【精神療法の危機と再生】 構造化されつつある精神科臨床と教育に警鐘を
角野 善宏, 田中 究, 岩井 圭司
治療の声   14(1) 19-28   Nov 2013

Misc

 
傾聴・共感に先立つ(べき)もの、そして制度としての聴く者 <語る>を支えるケアは、初診の前に始まっている
岩井 圭司
臨床精神病理   37(1) 110-110   Apr 2016
岩井圭司
日本トラウマティック・ストレス学会大会プログラム・抄録集   14th 20   Jun 2015
岩井圭司
日本トラウマティック・ストレス学会大会プログラム・抄録集   14th 78   Jun 2015
トラウマ記憶に焦点化しない治療 PTSD治療の新しい潮流 PTSDの精神療法 その歴史と"思想"
岩井 圭司
精神神経学雑誌   (2014特別) S324-S324   Jun 2014

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Keiji IWAI
It is crucial to precisely and correctly evaluate severity of mental injury in victims or plaintiffs in law court. But the task is quite difficult, for they unconsciously, or sometimes consciously complaint "too much" . We tried here to establish ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): Yoshiki TOMINAGA
We carried out the stress management camp for three nights and four days for the fifth grader in an elementary school and sixth grader (65 persons) who lives in a children's home. The child experienced the program which he chose together with the ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): Keiji IWAI
Disaster Prevention Plan and/or Programming should be a learning tool of Disaster Prevention Education as well as be a good plan itself. However in Japan, the situations are still far below. We closely examined the disaster prevention plans of loc...