孫 在隣

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/26 20:51
 
アバター
研究者氏名
孫 在隣
 
ソン チェリン
URL
http://www.nips.ac.jp/circuit/
所属
生理学研究所
部署
大脳神経回路論研究部門
職名
博士研究員
学位
医学博士(京都大学)
その他の所属
独立行政法人日本学術振興会

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員PD
 
2016年4月
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 基盤神経科学研究領域 大脳神経回路論研究部門 研究員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院医学研究科 高次脳形態学 研究員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
京都大学大学院医学研究科 高次脳形態学 大学院博士過程 指導教員 金子武嗣
 

論文

 
Hamamoto M, Kiyokage E, Sohn J, Hioki H, Harada T, Toida K
The Journal of comparative neurology   525(3) 574-591   2017年2月   [査読有り]
Sohn J, Takahashi M, Okamoto S, Ishida Y, Furuta T, Hioki H
PloS one   12(1) e0169611   2017年1月   [査読有り]
Hioki H, Hama H, Sohn J, Won Hwang J, Namiki K, Hoshida T, Kurokawa H, Miyawaki A
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   149(4) 173-179   2017年   [査読有り]
Sohn J, Okamoto S, Kataoka N, Kaneko T, Nakamura K, Hioki H
Frontiers in neuroanatomy   10 124   2016年12月   [査読有り]
Ueda S, Niwa M, Hioki H, Sohn J, Kaneko T, Sawa A, Sakurai T
Molecular neuropsychiatry   1(2) 94-104   2015年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
マウス第一次体性感覚野 VIP陽性抑制性細胞に対する 興奮性・抑制性入力の形態学的解析
孫 在隣
第37回 日本神経科学学会   2014年9月11日   
マウス第一次体性感覚野VIP陽性抑制性細胞に対する興奮性・抑制性入力の形態学的解析
孫 在隣
第119回 日本解剖学会総会全国学術集会   2014年3月27日   
マウス大脳皮質ソマトスタチン陽性抑制性細胞の一部はプレプロダイ ノルフィンを産生する
孫 在隣
第89回 日本解剖学会 近畿支部学術集会   2013年11月30日   
Preprodynorphin-expressing neurons constitute a large subgroup of somatostatin-expressing GABAergic interneurons in the mouse neocortex.
孫 在隣
第36回 日本神経科学大会   2013年6月20日   
大脳皮質ソマトスタチン陽性抑制性介在細胞の一部はプレプロダイノルフィンを産生する
孫 在隣
第118回 日本解剖学会総会・全国学術集会   2013年3月28日