河原純一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/02 11:54
 
アバター
研究者氏名
河原純一郎
 
カワハラ ジュンイチロウ
eメール
jkawalet.hokudai.ac.jp
URL
http://cogpsy.let.hokudai.ac.jp/~f209/index.html
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科
職名
准教授
学位
博士(心理学)(広島大学)
ORCID ID
0000-0002-4096-3923

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院文学研究科 特任准教授
 
2012年4月
 - 
2015年3月
中京大学 大学院心理学研究科 教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部 主任研究員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
独立行政法人産業技術総合研究所 人間福祉医工学研究部門 主任研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
広島大学 大学院教育学研究科 助教授
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本ストレス学会  評議員
 
2015年11月
 - 
現在
日本心理学会  心理学ワールド編集委員会
 
2014年12月
 - 
現在
日本基礎心理学会  常務理事
 
2013年
 - 
現在
The Quarterly Journal of Experimental Psychology  Associate Editor
 
2011年
 - 
現在
Attention and Performance  Advisory Council Member
 
2011年
 - 
現在
Attention, Perception, & Psychophysics  Consulting Editor
 
2011年
 - 
現在
心理学研究,Japanese Psychological Research  編集委員,副編集委員長
 
2011年
 - 
2015年
認知心理学研究(認知心理学会)  編集委員
 

受賞

 
2016年
日本心理学会 学術大会優秀発表賞 低アルコール摂取事態での潜在的気分測定
 
2015年
日本心理学会 日本心理学会特別優秀発表賞 顔の魅力に及ぼす衛生マスクの効果
受賞者: 宮崎由樹・河原純一郎
 
2015年
日本認知心理学会 優秀発表賞(発表力評価部門)
受賞者: 永井聖剛,山田陽平,河原純一郎
 
2015年
日本認知心理学会 優秀発表賞(総合性評価部門)
受賞者: 佐藤史織・河原純一郎
 
2014年
第3回印東太郎賞
 
2009年
日本心理学会 国際賞奨励賞
 
2014年
日本心理学会 日本心理学会特別優秀発表賞 お辞儀は顔の主観的魅力を飛躍的に向上させる
受賞者: 大杉尚之・河原純一郎
 
2014年
日本基礎心理学会 日本基礎心理学会優秀論文賞
受賞者: 河原純一郎,佐藤稔久,永井聖剛,熊田 孝恒・相馬優樹・根本英明・西崎友規子
 
2007年
日本基礎心理学会 優秀論文賞
 
2007年
日本認知心理学会第4回大会優秀発表賞 (総合性評価部門)
 

論文

 
   2017年2月   [査読有り]
Oriet C, Pandey M, Kawahara JI
Consciousness and cognition   48 117-128   2016年11月   [査読有り]
Kawahara J.-I, Kumada T.
The Quarterly Journal of Experimental Psychology      2016年   [査読有り]
Miyazaki Y, Kawahara J.-I.
Japanese Psychological Research   58(3) 261-272   2016年   [査読有り]
Inukai T, Shimomura T, Kawahara J.I.
Attention, Perception, and Psychophysics   78(1) 159-167   2016年   [査読有り]
Osugi T, Kawahara JI
Attention, perception & psychophysics   77(5) 1697-1714   2015年3月   [査読有り]
Ito M, Kawahara J.I.
Acta Psychologica   163 107-113   2016年   [査読有り]
Sato S, Kawahara JI
Psychological research   79(4) 523-533   2014年7月   [査読有り]
Kihara K, Takeuchi T, Yoshimoto S, Kondo H.M, Kawahara J.I.
Frontiers in Psychology   6(JUN)    2015年   [査読有り]
Kawahara JI, Sato H
Attention, perception & psychophysics   75(6) 1096-1102   2013年8月   [査読有り]
Akashi N, Sambai A, Uno A, Kawahara J, Coltheart M.
Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics   55(2) 162-166   2014年   [査読有り]
グループ全体としての顔魅力知覚
鑓水秀和,河原純一郎
認知科学   21 314-324   2014年   [査読有り]
成人の漢字単語書き取りにおける単語属性効果および誤反応特徴
明石法子,三盃亜美,宇野彰,河原純一郎,Cortheart, M.
音声言語医学   55 162-166   2014年   [査読有り]
Kawahara J, Kitazaki M.
Proceedings - SAP 2013: ACM Symposium on Applied Perception      2013年   [査読有り]
Osugi T, Kawahara JI
Quarterly journal of experimental psychology (2006)   66(1) 69-90   2013年   [査読有り]
Kawahara J, Yanase K, Kitazaki M
Journal of vision   12(12)    2012年11月   [査読有り]
Kihara K, Kawahara JI
Attention, perception & psychophysics   74(2) 312-321   2012年2月   [査読有り]
Sato H, Takenaka I, Kawahara JI
Quarterly journal of experimental psychology   65(4) 617-623   2012年   [査読有り]
Sato H, Kawahara J
Anxiety, stress, and coping   24(4) 359-367   2011年7月   [査読有り]
Atsunori Ariga, Jun ichiro Kawahara, Katsumi Watanabe
Visual Cognition   19(5) 553-584   2011年5月   [査読有り]
The visual system dynamically modulates attention to identify a target embedded in a rapid sequence of nontargets. Typically, the accuracy of target identification increases as the number of preceding items increases and is maintained at this incr...
Kawahara JI, Kihara K
Quarterly journal of experimental psychology (2006)   64(5) 991-1008   2011年5月   [査読有り]
Olivers CN, Hulleman J, Spalek T, Kawahara J, Di Lollo V
Journal of experimental psychology. Human perception and performance   37(2) 396-408   2011年4月   [査読有り]
Sato H, Kawahara JI
Cognition & emotion   26(1) 1-7   2011年3月   [査読有り]
Kihara K, Yagi Y, Takeda Y, Kawahara JI
Journal of experimental psychology. Human perception and performance   37(1) 168-179   2011年2月   [査読有り]
Osugi T, Kumada T, Kawahara J
Attention, perception & psychophysics   72(8) 2144-2156   2010年11月   [査読有り]
Kihara K, Kawahara J, Takeda Y
Behavior research methods   42(4) 1105-1113   2010年11月   [査読有り]
Kawahara J
Acta psychologica   135(1) 38-49   2010年9月   [査読有り]
Akiko Oh-Uchi, Jun Ichiro Kawahara, Likio Sugano
Psychologia   53(2) 114-124   2010年6月   [査読有り]
Recent studies on metaattention have demonstrated a tendency toward overestimating one's performance on attentionally demanding tasks. However, the extent to which such metacognitive failures apply to all attentional phenomena remains unclear. The...
Inukai T, Kumada T, Kawahara J
Attention, perception & psychophysics   72(4) 939-950   2010年5月   [査読有り]
Inukai T, Kawahara J, Kumada T
Attention, perception & psychophysics   72(3) 658-666   2010年4月   [査読有り]
Kawahara J
Consciousness and cognition   19(1) 107-124   2010年3月   [査読有り]
Spalek TM, Kawahara J, Di Lollo V
Canadian journal of experimental psychology = Revue canadienne de psychologie experimentale   63(4) 319-322   2009年12月   [査読有り]
Leber AB, Kawahara J, Gabari Y
Journal of experimental psychology. Human perception and performance   35(5) 1385-1397   2009年10月   [査読有り]
熊田 孝恒, 河原 純一郎, 武田 裕司, 永井 聖剛, 瀧田 正寿
JASMA : Journal of the Japan Society of Microgravity Application   26(4) 260-268   2009年10月
Kawahara J
Journal of experimental psychology. Human perception and performance   35(4) 1043-1061   2009年8月   [査読有り]
Lleras A, Kawahara J, Levinthal BR
Journal of vision   9(3) 26.1-12   2009年3月   [査読有り]
Osugi T, Kumada T, Kawahara J
Vision research   49(8) 851-861   2009年3月   [査読有り]
Kawahara J, Enns JT
Journal of experimental psychology. Human perception and performance   35(1) 146-158   2009年2月   [査読有り]
Olivers CN, Spalek TM, Kawahara J, Di Lollo V
Psychonomic bulletin & review   16(1) 214-8; discussion 219   2009年2月   [査読有り]
Lleras A, Levinthal BR, Kawahara J
Progress in brain research   176 195-213   2009年   [査読有り]
Kihara K, Kawahara J, Takeda Y
Neuroreport   19(15) 1493-1496   2008年10月   [査読有り]
Intertrial inhibition of focused attention in pop-out search.
Lleras A, Kawahara J, Wan XI, Ariga A
Perception & psychophysics   70(1) 114-131   2008年1月   [査読有り]
Ono F, Kawahara J
Psychological research   72(1) 61-64   2008年1月   [査読有り]
Ghorashi S, Jefferies L.N, Kawahara J.-I, Watanabe K.
Psyche (Pasadena)   14(2008)    2008年   [査読有り]
Lleras A, Kawahara J.-I, Wan X.I, Ariga A.
Perception and Psychophysics   70(1) 114-131   2008年   [査読有り]
Auditory-visual contextual cuing effect.
Kawahara J
Perception & psychophysics   69(8) 1399-1408   2007年11月   [査読有り]
Dividing attention between two different categories and locations in rapid serial visual presentations.
Yamada Y, Kawahara J
Perception & psychophysics   69(7) 1218-1229   2007年10月   [査読有り]
Kawahara J, Nabeta T, Hamada J
Perception   36(5) 670-685   2007年   [査読有り]
Ignorance is bliss: the role of observer expectation in dynamic spatial tuning of the attentional focus.
Jefferies LN, Ghorashi S, Kawahara J, Di Lollo V
Perception & psychophysics   69(7) 1162-1174   2007年10月   [査読有り]
Kawahara J, Enns JT, Di Lollo V
Psychological research   70(6) 405-413   2006年11月   [査読有り]
The subjective size of visual stimuli affects the perceived duration of their presentation.
Ono F, Kawahara J
Perception & psychophysics   69(6) 952-957   2007年8月   [査読有り]
Feature-based attention influences later temporal perception.
Ono F, Yamada K, Chujo K, Kawahara J
Perception & psychophysics   69(4) 544-549   2007年5月   [査読有り]
Kawahara J.-I.
Perception and Psychophysics   69(8) 1399-1408   2007年   [査読有り]
Nabeta T, Kawahara J
Memory (Hove, England)   14(3) 307-315   2006年4月   [査読有り]
Yamada Y, Kawahara J.-I.
Perception and Psychophysics   69(7) 1218-1229   2007年   [査読有り]
Ono F, Kawahara J
Consciousness and cognition   14(3) 474-482   2005年9月   [査読有り]
Ono F, Yamada K, Chujo K, Kawahara J.-I.
Perception and Psychophysics   69(4) 544-549   2007年   [査読有り]
Jefferies L.N, Ghorashi S, Kawahara J.-I, Di Lollo V.
Perception and Psychophysics   69(7) 1162-1174   2007年   [査読有り]
Ono F, Jiang Y, Kawahara J
Journal of experimental psychology. Human perception and performance   31(4) 703-712   2005年8月   [査読有り]
Ono F, Kawahara J.-I.
Perception and Psychophysics   69(6) 952-957   2007年   [査読有り]
Di Lollo V, Kawahara J, Shahab Ghorashi SM, Enns JT
Psychological research   69(3) 191-200   2005年1月   [査読有り]
Ariga A, Kawahara J
Journal of vision   4(10) 891-903   2004年10月   [査読有り]
The attentional blink is governed by a temporary loss of control.
Kawahara J, Kumada T, Di Lollo V
Psychonomic bulletin & review   13(5) 886-890   2006年10月   [査読有り]
Two noncontiguous locations can be attended concurrently: evidence from the attentional blink.
Kawahara J, Yamada Y
Psychonomic bulletin & review   13(4) 594-599   2006年8月   [査読有り]
Maruishi M, Muranaka H, Miyatani M, Kawahara J, Tsuji T, Noda S, Kajima T.
Acta Neurochirurgica, Supplementum   (87) 75-78   2003年   [査読有り]
Kawahara J.-I, Zuvic S.M, Enns J.T, Di Lollo V.
Perception and Psychophysics   65(3) 339-351   2003年   [査読有り]
Kawahara J.-I.
Japanese Psychological Research   45(2) 109-114   2003年   [査読有り]
Tamaoka K, Sakai H, Kawahara J.-I, Miyaoka Y.
Journal of Psycholinguistic Research   32(4) 431-454   2003年   [査読有り]
Nabeta T, Ono F, Kawahara J
Perception   32(11) 1351-1358   2003年   [査読有り]
Kawahara J.-I, Kumada T, Di Lollo V.
Psychonomic Bulletin and Review   13(5) 886-890   2006年   [査読有り]
Kawahara J.-I, Yamada Y.
Psychonomic Bulletin and Review   13(4) 594-599   2006年   [査読有り]
System reconfiguration, not resource depletion, determines the efficiency of visual search.
Di Lollo V, Smilek D, Kawahara J, Ghorashi SM
Perception & psychophysics   67(6) 1080-1087   2005年8月   [査読有り]
Priority information used for the processing of Japanese sentences: thematic roles, case particles or grammatical functions?
Tamaoka K, Sakai H, Kawahara J, Miyaoka Y, Lim H, Koizumi M
Journal of psycholinguistic research   34(3) 281-332   2005年5月   [査読有り]
Tamaoka K, Sakai H, Kawahara J.-I, Miyaoka Y, Lim H, Koizumi M.
Journal of Psycholinguistic Research   34(3) 281-332   2005年   [査読有り]
Lollo V.D.I, Smilek D, Kawahara J.-I, Ghorashi S.M.S.
Perception and Psychophysics   67(6) 1080-1087   2005年   [査読有り]

Misc

 
佐藤 広英, 河原 純一郎
基礎心理学研究   28(2)    2010年3月
木原 健, 河原 純一郎
基礎心理学研究   28(2)    2010年3月
竹中 一平, 佐藤 広英, 河原 純一郎, 熊田 孝恒
基礎心理学研究   28(2)    2010年3月
大杉 尚之, 熊田 孝恒, 河原 純一郎
基礎心理学研究   27(2)    2009年3月

書籍等出版物

 
悩める人間―人文学の処方箋(北大文学研究科ライブラリ 15)
河原純一郎 (担当:分担執筆, 範囲:思考抑制(8章))
北海道大学出版会   2017年6月   
注意
河原純一郎・横澤一彦
勁草書房   2015年11月   ISBN:978-4-326-25108-7
勁草書房   2010年11月   ISBN:4326298960

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 河原 純一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 河原 純一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 犬飼 朋恵
本研究では,性ホルモンが認知機能に及ぼす影響を調べることにより,認知機能の男女差をもたらす要因と,そのメカニズムの解明を目的として実験を行った。最初にどういった課題が性別によって課題成績が異なるのかを明らかにし,その上で性ホルモンの1つであるテストステロンがこれらの課題の遂行に与える影響を検証した。課題については,女性に比べて男性が優れているとされる空間認知の課題と,テストステロンの分泌量が影響するとされる社会的地位に関する課題を中心に検討した。複数の課題について難度を調整して検討した結果...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 河原 純一郎
本年度は,注意の時間的配分を特徴的に示す現象である注意の瞬き(attentional blink)に及ぼす,急性ストレスの影響を調べる実験を行い,刊行した。急性ストレスを生じさせるためにTSST法を用いた。注意の瞬きは課題ごとに配分する資源が不足することで起こると考えられていた。急性ストレスは資源消費を起こすといわれている。こうした資源が共通のものであるならば,TSST法で注意剥奪が起こっているときに注意の瞬きの増大が起こると予測した。先行研究では,さまざまなタイプのストレスが混在しており...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 犬飼 朋恵
本研究では,月経周期に伴うホルモンバランスの変化が注意制御機能に及ぼす影響を検討した。そのため,標的以外の刺激(妨害刺激)に注意が逸脱することによって,標的の同定成績が低下する注意の捕捉現象を利用した。女性被験者は月経周期のMP期,FP期,LP期に実験を実施し,実験前に唾液を採取することによって,エストラジオールとプロゲステロンの測定を行った。時間的及び空間的探索課題を用いて実験を行ったところ,両課題において注意の捕捉が認められた。時間的探索課題を用いた場合には,男性に比べて女性の方が注意...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 河原 純一郎
平成23年度は心理物理実験を用いて顔などの社会的情報価の高い刺激を広い範囲でテストした。基本的な現象を発生させる条件を特定し,その事態でメタ認知の測定を行うことを目的とした。具体的には,これまで申請者は予備実験としてFolk,Leber,& Egeth(2002)と類似した実験事態において,非空間属性による注意制御の不全が生じることを確認している。そこで,本年度はa)からc)に基づいて実験要因を操作した。顔刺激が存在するために本来無視できた妨害刺激が標的同定成績を低下させる要因の特定色や形...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 河原 純一郎
本研究では,ノイズを追加したときに却って認知成績が向上するという,一見直感とは矛盾する現象を追求した。まず,ノイズを追加すると標的同定率が向上するという結果と,逆に低下するという結果を追試によって確認した。さらに,その条件分析をすることで,ノイズ刺激追加が標的同定成績を向上もしくは低下させる要因の特定を行った。実験事態では,注意の瞬き現象を利用して,第2標的の検出率が低下しているときにノイズ刺激を追加して呈示した。間接的に類似した条件を含む先行研究の比較に基づき,ノイズ刺激追加効果の出方を...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 熊田 孝恒
本年度は、言語的な情報によって標的属性を被験者に与えた際に見られる、視覚的注意の配分の促進効果を、ターゲット検出の有効性、および、妨害項目の無視の効率の観点から、視覚的な探索課題を用いて検討した。また、非言語的な情報の関与を調べるために、手がかりが与えられた際のターゲット属性の切り替えコスト、および、直前の試行からのキャリーオーバー効果との関係を同時に調べた。その結果、言語情報を与えた試行の直後のみならず、その次の試行まで課題切り替えコストの減少が見られた。この結果は、言語情報がターゲット...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 河原 純一郎
本研究では,意識的知覚を支える主要認知機能の一つである心的構えとその制御方略を調べた。意識的知覚が損なわれる例として知られる注意の瞬き(attentional blink)現象は,これまでの研究では,時間的に先行して呈示される第1標的に注意資源が占有されるため,その後に呈示される第1標的の知覚が損なわれると考えられてきた。本研究では,3つの標的を連続して呈示し,第3標的の知覚成績が第2標的よりも高いことを示し,従来の説明では不十分であることを示した。加えて,こうした意識的知覚の欠如としての...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 酒井 弘
繰り返し適用可能な統語的操作によって新たな文構造を無限に処理・産出する再帰的計算能力は、人間に固有な言語能力の中核として、言語機能の理論的モデル構築を日指す言語学者にとっても、機能を支える皮質構造の解明を目指す脳科学者にとっても、極めて興味深い研究対象である。この研究では、統語的プライミング現象を手がかりに統語処理の過程を純粋に抽出し、fMRIを使用した脳機能イメージング実験を実施することで、再帰的計算能力を支える皮質構造を特定しその機能を解明することを目指している。言語処理の脳機能イメー...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 利島 保
14年度は,光トポグラフィ装置(NIRS)とサーモグラフィーの測定可能性を確認した結果,乳幼児の認知・情動的クオリアが,母親顔刺激,音声,触覚的接触等に対する心理生理的反応が現れた。脳損傷者の認知・情動的クオリアの研究では,弁別学習課題で脳損傷患者の高次情報処理能力の機能不全を検討し,刺激要素の処理に関わる前頭前野の移行能力の不全に関係することが示唆された。15年度は,母子相互作用下での乳児の脳内でのマルチモーダル処理についてNIRSを用いて検討するため,健常成人を対象とする視覚的対象処理...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 宮谷 真人
認知的ストレスとして,時間的切迫感,複数課題の同時遂行,および認知的葛藤をとりあげた。反応選択課題におけるP300潜時は,刺激評価が困難な場合にのみ時間的切迫感によって短縮した。また,刺激と反応のマッピングが困難な場合にのみ,時間的切迫感により反応準備から反応出力までの時間が短縮された。時間的切迫感が説明文理解における図の促進効果にもたらす影響について検討した結果,時間的切迫感はテキストベースの構築には影響するが,状況モデルの構築には影響しないことがわかった。二重課題がワーキングメモリの中...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 酒井 弘
複雑な動詞形態処理の神経基盤を探るために、(i)心理言語学的研究、(ii)神経科学的研究、(iii)計量言語学的研究、(iv)理論言語学的研究、(v)コネクショニストモデル構築研究を実施した。日本語の派生語を材料としてCross-Modal Primingと呼ばれる実験パラダイムを使用した形態処理の認知実験を実施し、規則的接辞付加による派生語は、意味的・音韻的類似性はあるが派生関係のない関連語より、強いプライミング効果を示すと言う結果を得た。動詞形態処理の脳機能を探るため、広島県立リハビリ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 河原 純一郎
本研究の目的は,短時間のうちに連続して2つの課題を行うとき,2つ目の課題がうまく遂行できず,見落としたりするというヒューマンエラーの原因を探ることであった.具体的には,(1)1つ目の課題を行っているときに注意はどこに向けられているか,(2)2つの課題の成績に影響する環境変数(妨害刺激の有無,(3)2つの課題を行うときの空間的特性,(4)課題を行うときの心的構えの影響という4つの観点で目的を設定した.これらの4つの観点に対応した実験は全て終了し,次のような成果が得られた.1.高速逐次視覚呈示...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 松田 文子
【知識獲得モデルの構築】時間,距離,速さの関係についての知識構造の発達過程を文章題などを用いて,小学校高学年の児童を対象に調べた.また時間の知識と空間の知識について,その獲得過程の対比研究を行った.時間の知識のかなり高度な使い分けについても,思春期以降の子どもや大学生について調べ,記憶容量や認知方略との関係を調べた.さらに,大学生の時間の管理についての知識の現状を調べ,実践的な観点から,その獲得についての研究を継続中で,その最初の段階についてはすでにまとめた.【知識獲得とメタ認知】第1に,...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 横澤 一彦
高次視覚研究用の実験ソフトウェアと実験データベースの作成を行った。新たな実験環境を実現するにあたり、様々な環境で動作することを念頭に置き、Jaba環境で動作する実験ソフトウェアと実験データベースを作成し、インターネットで公開した。更に、シミュレーション・モデル構築を目指す高次視覚研究を展開した。線運動錯視探索のモデル(Kawahara & Yokosawa,2001)では、探索の誤答率を,線運動がおのおの独立して生起するという仮現運動モデルによって予測した。その結果、様々な状況での探索成績...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 河原 純一郎
本研究では,短時間のうちに2つの課題を行うとき,2つ目の課題が見落とされたり,うまく遂行できないというヒューマンエラーの原因を探るため,a)2標的間の空間的関係(標的位置の同異),b)2課題の性質(同じ課題か,異なる課題か),c)切り替え負荷の時間的特性,d)標的後に呈示される物体のマスキング特性,e)標的位置での局所的情報処理促進の有無という5つの観点で目的を設定した.これらの5つの観点に対応した実験は全て終了し,次のような成果が得られた.1.短時間内で連続2作業を行うときの認知負荷の評...

その他

 
2016年   S社 共同研究資金
顔,注意
2016年 ユニチャーム社 共同研究資金
ユニチャーム社 共同研究資金
2015年   H社 共同研究資金
ユーザーインターフェイス
2015年   ユニチャーム社 共同研究資金
ユニチャーム社 共同研究資金
2014年   S2社 共同研究資金
飲料
2014年   本田技研工業株式会社 共同研究
本田技研工業株式会社 共同研究
2014年   S社 共同研究資金
顔,化粧,注意
2013年   本田技研工業株式会社 共同研究
心理測定
2012年   いすゞ自動車中央研究所 共同研究資金
いすゞ自動車中央研究所 共同研究資金
2011年   いすゞ自動車中央研究所 共同研究資金
トラック後退時におけるドライバーの認知的問題の検討