日誌

活動記録 (2012) >> 記事詳細

2012/02/03

組込みシステム開発セミナー(募集終了)

Tweet ThisSend to Facebook | by nsaito.nmiri
RXマイコンを用いたMP3プレーヤーイメージ

3月にRXマイコン基板を使用したハンズオン形式のセミナーを企画しました.
お題としてMP3プレーヤーの製作にチャレンジします.
  • マイコン基板として CQ出版(株)の Interface 2011年5月号に付属のRXマイコン基板を使用します.
  • 拡張基板として (有)ウィル電子(またはこちら) から発売予定の基板を使用します.
  • 拡張基板はSDカードスロット,外部SRAM,液晶LCDを実装可能(ただし未実装).
  • 講師は(有)松浦商事の松浦 光洋さん.CQ出版 Interface誌などでマイコンの活用事例について多くの記事を執筆されています. 
  • 午前は部品の半田付けを行い,午後にプログラム作成およびROMへの書き込みを行います.
  • 前提とするスキルは問いませんが,当日のハンズオンの参考としていただくための情報を提供します.
    • 当日使用する基板です.この基板上に部品をハンダ付けしてゆきます.
基板画像
    • 主な部品はチップ部品(抵抗,コンデンサ),SRAM(TSOPパッケージ44pin,ピン間0.8mm), 液晶モジュール(フラットケーブルを基板へ直接ハンダ付け),SDカードスロット,その他の各種コネクタ類,などがあります.

実際に動作している様子が確認出来る動画のデモ(その1その2その3)もあります.

2012年2月25日にCQ出版(株)より発売される「Interface 2012年4月号」にて,講師の松浦氏によるMP3プレーヤーの製作記事(「LCDとタッチ・パネルによる選曲機能付きMP3プレーヤの製作」)が掲載されます.

ご興味のある方はぜひご参加ください.
  • 日時:平成24年3月16日(金)
  • 場所:名古屋市工業研究所 電子技術総合センター 5階 コンピュータ研修室(会場アクセス
  • 教材費: 7,000円(ボード等,資料代含む)
    • 教材として CQ出版社『Interface』2011年5月号付属基板を用いますので雑誌及び基板をご持参になる場合は4,500円で参加可能です.
  • 定員:10 名
  • 申込方法:次の申込内容を電子メールにて3月8日(木)までにお知らせください.折り返しご連絡の電子メールをお送りします.※募集終了しました.
    • 氏名
    • 会社名
    • 所属
    • 所在地
    • 電話番号
    • E-mail
    • Interface 2011年5月号 および 付属基板の持参の有無
    ※ ご記入頂きました個人情報は、受講者への連絡などセミナー目的以外には使用しません。

配布用の案内文書はこちらからダウンロードできます(rx62n_seminar_120316.pdf


なお,本セミナー開催にあたり,太洋電機産業株式会社および株式会社インフローの2社にもご協力いただきました.この場を借りて御礼申し上げます.
16:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | セミナー・講演会

閲覧回数

10326