研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2009/09/09

「伊勢湾台風高潮データベース」と「鉛直台風」をオープン

Tweet ThisSend to Facebook | by kitamoto
伊勢湾台風で浸水した鍋田干拓地

本日は二つのウェブサイトをオープンしました(お知らせ)。

  1. 伊勢湾台風高潮データベース
  2. Vertical Typhoon(鉛直台風)
この記事では、主に「伊勢湾台風高潮データベース」の方を紹介したいと思います。

このサイトは、間もなく50周年を迎える伊勢湾台風の高潮災害を振り返るために、伊勢湾台風によって発生した高潮関連データをまとめてデータベース化することを目的としています。被災直後に撮影されて図書館に眠っていた空中写真や、1961年に発行された報告書などの歴史的な資料をデジタル化し、現代の地図と重ねられるようにしました。こうして完成したのが伊勢湾台風高潮データベース、そしてデータを地図で検索できる「伊勢湾台風高潮マップ」です。

上の航空写真は、伊勢湾台風高潮マップで検索した「鍋田干拓地」の被災直後の様子です。この「鍋田干拓地」は伊勢湾台風で最も被害が甚大だったと言われる場所で、台風襲来当時の入植農家164戸はすべて全壊流失、33戸では家族が全滅、入植者318名中の133名が死亡するという惨事となりました(伊藤安男著「台風と高潮災害ー伊勢湾台風ー」2009より)。犠牲者の多くは若い入植者や新婚早々の女性で、新しい地でこれから農業を始めようと張り切っていた人々が犠牲になりました。上の航空写真を見ると、海側の堤防(写真では下側)がほとんど残っておらず、ズタズタに引き裂かれていることがわかります。この堤防の切れ目から、高さ4メートルの高潮がどっと流れ込んだのです。

現在の鍋田干拓地(2009年)

災害後は鍋田干拓地の復旧も進み、現在も農地として利用されています。災害の教訓を生かして現在の鍋田干拓地は巨大な堤防で囲まれており、もはや台風の高潮による災害は過去のものとなったかもしれません。しかし巨額の費用を考えると、すべての場所にこれだけの分厚い堤防を作ることは難しいでしょう。

伊勢湾台風から50周年を迎え、その土地で起きた過去の出来事の記憶を新たにするのに、「伊勢湾台風高潮データベース」が活用できればと思っています。

なお宣伝ですが、このデータベースを活用したイベント「伊勢湾台風メモリーズ2009」を、9月12日(東京)と9月23日(名古屋)で開催します。詳細については一つ前のエントリ伊勢湾台風メモリーズ2009をご覧いただき、お越し下さい。なお防災科学技術研究所が併催する講演会台風災害を見る聞く学ぶの方は事前申し込みが必要です。

21:52 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

ブログパーツ