研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2017/04/26

『戦うことに意味はあるのか』、販売してます

| by 横地徳広

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジュンク堂MARUZENhonto)さんが、東京のリアル書店でも
戦うことに意味はあるのか』を売ってくれてます。
https://honto.jp/netstore/pd-book_28454736.html

ちなみに最近は出張のおり、東京駅近くの丸善@オアゾなどによります。


在庫〇 → △ ジュンク堂 池袋本店 
東京都豊島区南池袋2-15-5 03-5956-6111


※買ってくれた方、ありがとうございます!

池袋本店さんには、持田さんの論集ワークショップ日程が決まったら、
そのご案内と、『戦うことに意味はあるのか』&『生きることに責任はあるのか』の
表紙2つを並べたカラーコピーをお送りしようと思っていましたが、
そうしないで済みました。というのも、入荷を多くしてくださったのを見て、
「売れ残ったら、わるいな・・・」とずっと思っていましたが、
ご購入いただき、肩の荷がおりたからです。

ちなみに私は、《某理由》により、これから国政選挙や国民投票に行きません。
なんかメディアで見るに、たとえばヤラセで賛成/反対の喧嘩をしたり、
表裏や偽の右左で役割分担して権力維持に執着し、これらのことを統一教会込みの
キリスト教カルト、デモクラシービジネスのフリードマニト&偽右左翼カルトが
「率先垂範」しているように見えるのは、私だけ?

キリスト教カルト信者とかフリードマニト、偽右左翼カルトって、リーダー論やグローバリズム、
ウソの無限反復が大好物なのかも。報道などを見ても、統一教会の執拗な暴力や
ウソは桁違いに酷いですし。なぜでしょう。

池袋など日本各地のみなさんもお気をつけくださいませ。

在庫△→×→△ MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店 
ジュンク堂 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店7階 03-5456-2111

※買ってくれた方、ありがとうございます。
再入荷してくださった渋谷店さん、どうもありがとう。

超越のエチカ』合評会をしていただいたさい、最後はなぜか渋谷の寿司屋で
飲みました。《某理由》により、ずっと「寿司屋断ち」をしていたのですが、
「この流れは断れねぇな」と思い、「寿司屋断ち」はその日でやめたわけです。
表裏右左が仲良く跋扈してそうな《某理由》でした。

まあ、その《某理由》により、一部で「寿司屋断ち」を再開してます。
グローバリストが「食の安全と文化」をシロアリ工作で内側から破壊したい理由は、
学術的にも書けそうですけどね。

実は、沖縄のお寿司はおいしいです。島ダコ、イカ、白身が独特です。ちなみに
おじいの船にのり、幻の島・新城(あらぐすく)でシャコガイをとったことがあります。
海の香りがして歯ごたえもよく、おいしいです。
ただし、私はノンポリなので、沖縄政治にはかかわりませんし、
それゆえ、ヤラセ政治ビジネスの表裏右左を敬遠しつつ、
一庶民として危険なものはいらないと感じます。

ひっそり、「食」や「住」の安全にまつわる諸々を研究していますが、
その安全が損なわれる仕組みを隠蔽することばかりが目立ちます。

在庫△ ジュンク堂 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺B館6階〜7階 0422-28-5333

※よく飲んだ街です。昼間はあまり行ったことがありません。
ただし、私はノンポリなので、政治とはかかわりたくありません。 

在庫△ MARUZEN&ジュンク堂 梅田店
大阪府大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町 地下1階~7階 06-6292-7383

※大阪梅田でも、販売してくれています。秋に大阪で学会があるので、
そのときは、串揚げかお好み焼きを食べたいです。

私は永田町とカルトが存在しない世界に生きているので、
記述に政治的意味は一切ないです。言い換えれば、歪んだ政治的意味にあふれる、
息苦しいカルト・ネットワークを敬遠しております。

在庫△ MARUZEN&ジュンク堂 福岡店
福岡県福岡市中央区天神1-10-13 メディアモ-ル天神地下1階~4階 092-738-3322

※梅田店もびっくりしましたが、福岡店さん、どうもありがとうございます。
諸政治拒否、諸カルト拒否で、いずれ必ず博多屋台で朝まで飲みたいです!

在庫△ ジュンク堂 三宮店
兵庫県神戸市中央区三宮町1-6-18 078-392-1001


※またまたびっくり、神戸三宮店さんが販売してくれています。
阪神淡路大震災とフリードマニトによる「ショック・ドクトリン」は
激しいものだったと思いますし、今でもカルト・メンタリティーのフリードマニトが
手を変え品を変え、執拗に神戸・兵庫蹂躙を継続しているのかもしれませんが、
地元の方々は、どうぞしのいでください。今後の再生を祈ります。

書店に並んだばかりなのに、各店で買ってもらえるし、
友達も、市立図書館に購入リクエストをしてくれるし、うれしいかぎりです。





生きることに責任はあるのか』も、hontoさんのウェブ書店で販売してくれています。
https://honto.jp/netstore/pd-book_25374648.html

現象学ファンのみなさま、どうぞよろしく。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


20:00