錯視アート展へようこそ.数学による錯覚アート、オプアートの世界

錯視アート展では、私のオリジナル錯視アートを展示していきます。さらにご関心のある方は,ぜひウェッブミュージアム


もご覧ください.
本アート展の文及び画像の無断複製・転載を禁止します.

新井仁之(東京大学大学院教授)
 

錯視アート展

錯視アート展 >> 記事詳細

2016/02/05

錯視アート:バレンタインラウンドハート

Tweet ThisSend to Facebook | by araih
錯視アート・オプアート展 No.11

Round Hearts for St. Valentine's Day 
- A Valentine's chocolate can designed by a fuyuu illusion -


Hitoshi Arai and Shinobu Arai



 紀元270年頃の2月14日。この日,ローマのキリスト教の聖職者であるヴァレンティヌスが殉教したと言われています。当時、兵士たちの結婚はローマ皇帝により禁止されていました。結婚すると士気が下がるというのがその理由だったそうです。しかし、ヴァレンティヌスはそれに背いて、兵士の結婚式を行いました。そのため処刑されてしまったのです。
 そののち,2月14日はいつしか想いをよせる人や、親しい人にカードや花などを贈る日になりました。そして日本では、女性が男性にチョコレートをプレゼントする日として定着しました。
 
 そんなバレンタインデーチョコレートの缶のために、浮遊錯視アートを創作してみました。六花亭のバレンタインラウンドハートです。缶に顔をゆっくりと近づけたり遠ざけたりすると、ハートが浮遊して見えます。

 ちょっと言葉をかけにくい人にも、
   『ほら、動いて見えるよ。』
  何か話のきっかけができるといいですね。


2016VTRoundHeart
2016年バージョン(筆者撮影)
画像に顔をゆっくりと近づけたり遠ざけたりすると、ハートが浮遊して見えます。
缶の中はハート型の五つの味のチョコレートの詰め合わせです。

錯視アート
2015年バージョン(筆者撮影)
見方は2016年バージョンと同じです。

浮遊錯視チョコレート
2014年バージョン(筆者撮影) 
錯視の見方は2016年バージョンと同じです。


2016年バージョンは六花亭のカタログの表紙になりました。


なお、2013年にはホワイトデー バージョンがありました。

 缶の浮遊錯視は、浮遊錯視生成プログラム(特許、新井・新井、科学技術振興機構)を使って作成しました。
 本技術は、従来のように、単にできあいの錯視図形を用いてデザインをしていた時代から、メーカーさんと相談しながらニーズにあった(浮遊)錯視を作っていくという新時代の幕を開けたといえるでしょう。

本技術の問い合わせ先:

19:20 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)

カウンタ

来客数35523