下川 淳

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/12 10:32
 
アバター
研究者氏名
下川 淳
 
シモカワ ジュン
所属
名古屋大学 大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻
部署
有機合成化学分野
職名
助教
学位
博士(薬学)(東京大学)
Twitter ID
jshimok
ORCID ID
0000-0002-4023-4640

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
名古屋大学大学院 創薬科学研究科 助教
 
2006年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 助教
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
東京大学大学院  薬学系研究科
 
1998年4月
 - 
2003年3月
東京大学 薬学部 
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本薬学会 ファルマシア誌  地区通信委員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
日本薬学会 ファルマシア誌  トピックス小委員会
 

受賞

 
2017年3月
日本薬学会 日本薬学会奨励賞
 
2016年11月
Asian Core Program Asian Core Program/Advanced Research Network Lectureship Award, Malaysia
 
2016年11月
Asian Core Program Asian Core Program/Advanced Research Network Lectureship Award, China
 
2014年12月
田辺三菱製薬 有機合成化学協会研究企画賞(田辺三菱製薬)
 
2013年12月
Georg Thieme Verlag Thieme Chemistry Journals Award 2014
 

論文

 
Abe Kazuhiro, Shimokawa Jun, Naito Mao, Munson Keith, Vagin Olga, Sachs George, Suzuki Hiroshi, Tani Kazutoshi, Fujiyoshi Yoshinori
SCIENTIFIC REPORTS   7    2017年7月   [査読有り]
Kazuya Douki, Hiroyuki Ono, Tohru Taniguchi, Jun Shimokawa, Masato Kitamura, Tohru Fukuyama
Journal of the American Chemical Society   138(44) 14578-14581   2016年10月   [査読有り]
Takaaki Harada, Jun Shimokawa, Tohru Fukuyama
Organic Letters   18(18) 4622-4625   2016年8月   [査読有り]
Jun Shimokawa, Koji Chiyoda, Hirotatsu Umihara, Tohru Fukuyama
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   64(8) 1239-1241   2016年5月   [査読有り]
Hirotatsu Unihara, Tomomi Yoshino, Jun Shimokawa, Masato Kitamura, Tohru Fukuyama
Angewandte Chemie, International Edition   55(24) 6915-6918   2016年5月   [査読有り]
Ideue E, Shimokawa J, Fukuyama T
Organic letters   17(20) 4964-4967   2015年10月   [査読有り]
Jun Shimokawa
Tetrahedron Letters   55 6156-6162   2014年11月
© 2014 The Author. Published by Elsevier Ltd. Divergent strategy in natural product synthesis allows the comprehensive synthesis of family natural products. Efficient formulation of this idea requires the biosynthetic/biosynthesis-inspired insight...
Takayuki Yamakawa, Eiji Ideue, Jun Shimokawa, Tohru Fukuyama
Angewandte Chemie - International Edition   53 8808   2014年8月
Ren Takeuchi, Jun Shimokawa, Tohru Fukuyama
Chemical Science   5 2003-2006   2014年5月
The epidithiodioxopiperazine skeleton is found in a variety of biologically active compounds. Despite numerous attempts at constructing this highly functionalized structure within a bicyclo[2.2.2]octane skeleton, asymmetric synthesis of this uniqu...
Kaise H, Shimokawa J, Fukuyama T
Organic letters   16(3) 727-729   2014年2月   [査読有り]
Katsushi Kitahara, Jun Shimokawa, Tohru Fukuyama
Chemical Science   5 904-907   2014年1月
The asymmetric synthesis of spirotryprostatin A was achieved by employing an intramolecular Heck reaction to introduce the quaternary spiro center. The stereochemistry of the reaction was controlled by a tethering system, which was selectively int...
Yuri Iwai, Takashi Ozaki, Ryo Takita, Masanobu Uchiyama, Jun Shimokawa, Tohru Fukuyama
Chemical Science   4 1111-1119   2013年3月
The traditional McFadyen-Stevens reaction requires harsh alkaline reaction conditions, thus precluding application to the synthesis of aliphatic aldehydes. Our modified McFadyen-Stevens reaction enables the transformation from the N,N-acylsulfonyl...
Convenient Synthesis of alpha-Diazoacetates from alpha-Bromoacetates and N,N'-Ditosylhydrazine: Preparation of Benzyl Diazoacetate
Eiji Ideue, Tatsuya Toma, Jun Shimokawa and Tohru Fukuyama
Org. Synth.   89 501-509   2012年5月   [査読有り]
Efficient Synthesis of Oxime Using O-TBS-N-Tosylhydroxylamine: Preparation of (2Z)-4-(Benzyloxy)but-2-enal Oxime
Katsushi Kitahara, Tatsuya Toma, Jun Shimokawa and Tohru Fukuyama
Org. Synth.   89 480-490   2012年5月   [査読有り]
Jun Shimokawa, Takaaki Harada, Satoshi Yokoshima, and Tohru Fukuyama
Pure Appl. Chem.   84(7) 1643-1650   2012年5月   [査読有り]
Koji Chiyoda, Jun Shimokawa, and Tohru Fukuyama
Angewandte Chemie International Edition   51(10) 2505-2508   2012年1月   [査読有り]
Jun Shimokawa, Takaaki Harada, Satoshi Yokoshima, and Tohru Fukuyama
J. Am. Chem. Soc.   133(44) 17634-17637   2011年10月   [査読有り]
Yuji Fujita, Mitsuhiro Yonehara, Katsushi Kitahara, Jun Shimokawa, Yuichi Hashimoto, and Minoru Ishikawa
HETEROCYCLES   83(11) 2563-2575   2011年10月   [査読有り]
Takayuki Yamakawa, Eiji Ideue, Yuzo Iwaki, Ayumu Sato, Hidetoshi Tokuyama, Jun Shimokawa, Tohru Fukuyama
Tetrahedron   67(35) 6547   2011年6月   [査読有り]
Takayuki Yamakawa, Eiji Ideue, Jun Shimokawa and Tohru Fukuyama
Angew. Chem. Int. Ed.   49(48) 9262-9265   2010年10月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 下川 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 下川 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(特別推進研究)
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 福山 透
日本は高齢化社会を迎え、がんやアルツハイマー病といった難治性疾患の克服に対する社会的要請が強く、新規医薬品の開発に対する期待は極めて大きい。とりわけ新規医薬品のシーズとして、幅広い構造および生理活性の多様性を持つ天然有機化合物に注目が集まっている。しかしながら天然有機化合物は複雑な構造を有する化合物が多く、優れた活性を有していながらも、その複雑さ故に化合物およびその類縁体の合成・供給に問題を生じ、医薬品開発にまで至らないことがある。そこで本研究では、合成デザインの卓抜性を追求することにより...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 下川 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 下川 淳
がんの治療においては新しい薬物療法が常に重要な位置を占めている。本研究では新たな抗がん剤として有望なトリプロスタチンAとBの合成について検討を行った。その結果、オルトアルケニルイソシアニドのラジカル環化反応と続くパラジウムカップリング反応によって2,3-二置換インドール骨格を構築することに成功し、トリプロスタチンA及びBの全合成を達成した。また大量合成法への展開及び類縁体合成についても検討を行った。