斉藤貢一

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/11 15:57
 
アバター
研究者氏名
斉藤貢一
 
サイトウ コウイチ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/40386347.ja.html

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2014年
星薬科大学 薬学部 教授
 

Misc

 
坂本 泰洋, 方波見 志織, 岩崎 雄介, 伊藤 里恵, 斉藤 貢一
日本食品化学学会誌   20(3) 209-214   2013年12月
A simple, rapid, and precise method was developed for the determination of colistin [CL: mixture of colistin-A (CLA) and colistin-B (CLB)] in chicken tissues by LC/FL using an on-column fluorescence derivatization and column-switching technique. C...
坂本 泰洋, 岩崎 雄介, 伊藤 里恵, 斉藤 貢一
日本食品化学学会誌   20(3) 170-177   2013年12月
食肉中ゲンタマイシン(GMs)の残留分析を行うために、GMsに特異的なイムノアフィニティークロマトグラフィー(IAC)による試料精製を試みた。その際、IACの操作をオンラインで自動化するためにカラムスイッチングシステムを構築した。GMsの測定は、9-フルオレニルメチルクロロホルメートで蛍光誘導体化後、液体クロマトグラフ/蛍光検出器を用いて行った。その結果、オンラインで自動化したIACによる試料精製は、操作を簡便化し、良好な再現性が得られた。更に、本法は従来法である固相抽出法に比べ、夾雑物の...
阿久津 守, 杉江 謙一, 斉藤 貢一
日本法科学技術学会誌   21(1) 75-85   2016年
  In order to prove synthetic cannabinoid abuse, it is necessary to detect intact synthetic cannabinoids or their metabolites from such biological samples as urine or blood. Generally, blood is used as the biological sample because it is usually d...
阿久津 守, 杉江 謙一, 斉藤 貢一
日本法科学技術学会誌   0(0)    2015年
  In order to prove synthetic cannabinoid abuse, it is necessary to detect intact synthetic cannabinoids or their metabolites from such biological samples as urine or blood. Generally, blood is used as the biological sample because it is usually d...
岡田 恵美子, 佐々木 成子, 西條 泰明, 鷲野 考揚, 宮下 ちひろ, 小林 澄貴, 小西 香苗, 伊藤 陽一, 伊藤 里恵, 中田 彩子, 岩崎 雄介, 斉藤 貢一, 中澤 裕之, 岸 玲子
北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia   87(4)    2012年8月