ブログ

12345
2016/12/11

白眉合宿@関西セミナーハウス

Tweet ThisSend to Facebook | by KatsuKagaya
この二日間、全員ではありませんが、7期の人達も含めた研究会合宿に参加してきました。さまざまな分野から選ばれた人達とマブダチになれるというのは、この白眉プロジェクトのいい(オイシイ)ところのひとつだと思います。二日目には、白眉プロジェクトが目指すものとして思うところを述べたりもしました。
23:08 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/12/11

動物学会(沖縄)

Tweet ThisSend to Facebook | by KatsuKagaya
先月になりますが、はじめての沖縄で、国際動物学会とのジョイント開催であった動物学会でポスター発表しました。

Behavioral plasticity of ultrafast smashing in a Skinner box
加賀谷 勝史
22nd International Congress of Zoology / 第87回 日本動物学会   2016年11月17日 

アメリカへ行って、1年あまりでラボが引越しになり、シャコが死んでしまったこともあり継続を止めた研究内容でした。手探りでシャコのオペラント箱のプロトタイプを作製してどうにかデータが取得できるようになったとき、いきなりの異動を知らされショックでした。受け入れ先ラボの都合というのは予想できないとは覚悟していたものの、研究遂行の妨げになったと言わざるをえませんでした。しかし、その中でイチから自分で作製したオペラント箱でとったデータを発表でき、フィードバックをもらえてよかったです。
22:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/09/15

比較生理生化学会

Tweet ThisSend to Facebook | by KatsuKagaya
昨年は参加できなかったし、その前は米国にいてしばらく参加していなかった、比較生理生化学会。今年は玉川大学で行われ、吉田奨励賞の講演をさせてもらいました。

論文至上主義が完全に蔓延してしまった学術の世界では、どんどん分野が細分化して、ひとつ隣の領域の研究については理解できなくなり、研究成果の価値もなかなか理解できなくなってきているのも事実。その中でこういった賞ならば、他の方にも認めてもらえることにつながりやすい。これは昨年ある研究者の意見を聞いて、そうかもなと思い、今回応募しました。いただけることになって大変嬉しかったです。

また、個人的には、学生のころに退官記念公演を聞いて感動した、S先生に話を聞いてもらえ、「面白かったよ」と懇親会で言っていただけたのがとくに嬉しかった。そう、単純に研究を発表して、それを理解してくれる人が一人でも増えるという機会が得られるだけで価値あることでした。
15:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/31

白眉合宿

Tweet ThisSend to Facebook | by KatsuKagaya
白眉にはセミナーワーキンググループと、PRワーキンググループがあり、僕はセミナーの方に所属しています。セミナーWGの仕事は文字どおりセミナーの進行や、年次報告会、白眉合宿、白眉の日の進行運営をします。今回は、白眉合宿を白浜の瀬戸臨海実験所で行うと自分で提案しまして、世話係をやりました。また、合宿終わりには、PRグループのニュースレターの「白眉対談」の収録がありました。石本さんがPRグループの担当として、セッティングしてくださいました。メンバーは、めったに京都では集合できない生物系研究者ということで、僕と原村さん、山道さん、越川さんでした。瀬戸臨海実験所の実習室を借りて「生物学のさまざまな視点」というテーマで話し合いました。最初はなんとなくこういう経験がはじめてなため、ぎこちないところがありましたが、気がつけばもう帰らなければいけない時間となりました。
13:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/04/22

白眉年次報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by KatsuKagaya
面白がってくれる方々がいることが僕の研究の支えです。
11:17 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345