中台枝里子(鹿毛枝里子)

J-GLOBALへ         更新日: 14/02/25 12:04
 
アバター
研究者氏名
中台枝里子(鹿毛枝里子)
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40453790
所属
大阪市立大学
部署
複合先端研究機構
職名
特任准教授
学位
博士(薬学)
その他の所属
東京女子医科大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
現在
大阪市立大学 複合先端研究機構 特任准教授
 
2012年
 - 
2014年
東京女子医科大学 医学部 講師
 
2007年
 - 
2012年
東京女子医科大学 医学部 助教
 
2004年
 - 
2007年
三共株式会社(現・第一三共株式会社) 研究員
 
2001年
 - 
2004年
東京大学大学院薬学系研究科 博士課程
 

論文

 
Yaguchi Y, Komura T, Kashima N, Tamura M, Kage-Nakadai E, Saeki S, Terao K, Nishikawa Y
European journal of nutrition      2014年2月   [査読有り]
Ohba Y, Sakuragi T, Kage-Nakadai E, Tomioka NH, Kono N, Imae R, Inoue A, Aoki J, Ishihara N, Inoue T, Mitani S, Arai H
The EMBO journal   32(9) 1265-1279   2013年5月   [査読有り]
Lee HC, Kubo T, Kono N, Kage-Nakadai E, Gengyo-Ando K, Mitani S, Inoue T, Arai H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms      2012年8月   [査読有り]
Zhang Y, Wang H, Kage-Nakadai E, Mitani S, Wang X
Current biology : CB   22(14) 1276-1284   2012年7月   [査読有り]
Hagiwara K, Nagamori S, Umemura YM, Ohgaki R, Tanaka H, Murata D, Nakagomi S, Nomura KH, Kage-Nakadai E, Mitani S, Nomura K, Kanai Y
PloS one   7 e43050   2012年   [査読有り]
Nawa M, Kage-Nakadai E, Aiso S, Okamoto K, Mitani S, Matsuoka M.
Cell Death & Differentiation   19(8) 1398-1407   2012年   [査読有り]
Murata D, Nomura KH, Dejima K, Mizuguchi S, Kawasaki N, Matsuishi-Nakajima Y, Ito S, Gengyo-Ando K, Kage-Nakadai E, Mitani S, Nomura K
Molecular biology of the cell      2012年2月   [査読有り]
Kage-Nakadai E, Kobuna H, Funatsu O, Otori M, Gengyo-Ando K, Yoshina S, Hori S, Mitani S
BMC biotechnology   12 1   2012年1月   [査読有り]
Kage-Nakadai E, Uehara T, Mitani S
Biochemical and biophysical research communications   410(3) 471-477   2011年7月   [査読有り]
Nomura KH, Murata D, Hayashi Y, Dejima K, Mizuguchi S, Kage-Nakadai E, Gengyo-Ando K, Mitani S, Hirabayashi Y, Ito M, Nomura K
Glycobiology   21(6) 834-848   2011年6月   [査読有り]
Imae R, Inoue T, Kimura M, Kanamori T, Tomioka NH, Kage-Nakadai E, Mitani S, Arai H
Molecular biology of the cell   21 3114-3124   2010年9月   [査読有り]
Wang X, Li W, Zhao D, Liu B, Shi Y, Chen B, Yang H, Guo P, Geng X, Shang Z, Peden E, Kage-Nakadai E, Mitani S, Xue D
Nature cell biology   12(7) 655-664   2010年7月   [査読有り]
Nakagawa A, Shi Y, Kage-Nakadai E, Mitani S, Xue D
Science (New York, N.Y.)   328(5976) 327-334   2010年4月   [査読有り]
Teramoto T, Sternick LA, Kage-Nakadai E, Sajjadi S, Siembida J, Mitani S, Iwasaki K, Lambie EJ
PloS one   5 e9589   2010年3月   [査読有り]
Kage-Nakadai E, Kobuna H, Kimura M, Gengyo-Ando K, Inoue T, Arai H, Mitani S
PloS one   5 e8857   2010年1月   [査読有り]
Lai HJ, Lo SJ, Kage-Nakadai E, Mitani S, Xue D
PloS one   4 e7348   2009年10月   [査読有り]
Hayashi Y, Hirotsu T, Iwata R, Kage-Nakadai E, Kunitomo H, Ishihara T, Iino Y, Kubo T
Nature neuroscience   12(8) 981-987   2009年8月   [査読有り]
Geng, X., Zhou, Q.H., Kage-Nakadai, E., Shi, Y., Yan, N., Mitani, S., Xue, D
Cell Death & Differentiation   16(10) 1385-1394   2009年10月   [査読有り]
Kunieda T, Fujiyuki T, Kucharski R, Foret S, Ament SA, Toth AL, Ohashi K, Takeuchi H, Kamikouchi A, Kage E, Morioka M, Beye M, Kubo T, Robinson GE, Maleszka R
Insect molecular biology   15(5) 563-576   2006年10月   [査読有り]
Kage E, Hayashi Y, Takeuchi H, Hirotsu T, Kunitomo H, Inoue T, Arai H, Iino Y, Kubo T
Current biology : CB   15 1554-1559   2005年9月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
物質透過性を規定する有窓細胞の孔構造とサイズ決定の分子的基盤解明
加藤記念バイオサイエンス振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 中台枝里子(鹿毛枝里子)
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年
極長鎖アシルCoAシンテターゼの表皮バリアー形成における役割の解析―線虫C. elegansを用いた機能解析―
花王芸術・科学財団: 研究助成
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 中台 枝里子(鹿毛 枝里子)
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2007年 - 2008年
RNAiが組織間を伝播するsystemic RNAi は線虫において発見された現象でるが、様々な生物種で共通した機構である。本研究ではsystemic RNAi に必須な膜タンパク質SID-1 に着目し、その生理機能を解析した。またsystemic RNAi にはエンドサイトーシス経路の関与が示唆されていることから、一連のエンドサイトーシス経路の遺伝子群の線虫変異体を用いて体系的にRNAi の作用様式を解析した。その結果、systemic RNAi に関わる2つの遺伝子を新規に同定した。
生体膜リン脂質多様性の構築機構の解明と高度不飽和脂肪酸要求性蛋白質の同定
科学技術振興機構: 戦略的創造推進事業CREST
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 新井洋由