西本寛

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/02 09:44
 
アバター
研究者氏名
西本寛
 
ニシモト ヒロシ
ハンドル
kakura
eメール
cinafloxgmail.com
URL
http://teslabar.org/
所属
愛知大学
部署
法学部
職名
助教
学位
理学(博士)(名古屋大学)
科研費研究者番号
40609757

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
   
 
愛知大学 法学部 助教
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2011年3月
名古屋大学 環境学研究科 
 
2003年4月
 - 
2007年3月
金沢学院大学 美術文化学部 文化財学科
 

受賞

 
 
日本文化財科学会 第一回ポスター賞 真脇遺跡出土環状木柱列の高精度14C年代測定による伐採年代の推定
 

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 西本 寛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 中村 俊夫
日本産試料について得られた14C年代を暦年較正データIntCalを用いて較正すると,予想される年代よりも古くなる傾向にある.IntCalが日本産試料に適用できるか否か,さらに日本産試料の14C年代と暦年代との関係を示すデータを増やすために,現代から2000年前に遡る年輪について,高精度の14C年代測定を行った.その結果,日本の樹木年輪の14C年代は,IntCalの対応する14C年代よりも古くSHCal(南半球の試料に適用可能とされる暦年代較正データセット)のそれよりは新しい.日本産樹木年輪...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 西本寛
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 中村 俊夫
本研究は,木質文化財資料に注入した異質な炭素を含む保存剤(PEG)をほぼ完全に除去し,信頼できる放射性炭素(14C)年代を得るための基礎研究である.現状では,含浸されたPEGを2%残すまでに除去できたが,完全に除去する方法を確立するまでには至っていない.しかし,洗浄処理後の木質試料の14C年代を測定し,さらに試料中にわずかに残留するPEGを定量して,その効果を補正することにより,木質試料のより確からしい本来14C年代を得ることが可能である.保存処理されている多くの貴重な木質文化財に対して高...