加茂将史

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/27 17:59
 
アバター
研究者氏名
加茂将史
 
カモ マサシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90415662.ja.html
所属
独立行政法人産業技術総合研究所
部署
安全科学研究部門
職名
主任研究員
学位
理学
ORCID ID
0000-0002-6972-3333

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2012年
独立行政法人産業技術総合研究所 研究員
 

受賞

 
2014年9月
日本環境毒性学会 CERI学会賞
 

論文

 
Criteria for deviation from predictions by the concentration addition model
Jun-Ichi Takeshita, Msanori Seki and Masashi Kamo
Environmental Toxicology and Chemistry   35(7) 1806-1814   2016年   [査読有り]
A biotic ligand model for predicting toxicity of copper to medaka (Oryzias latipes)
Wilmy Etwil PElle, Masashi Kamo, Takehiko I. Hayashi, Takeshi Kimura, Yohei Shimasaki, Yuji Oshima
環境毒性学会誌   18(2) 59-71   2016年   [査読有り]
Metal Mixture Modeling Evaluation project: 2. Comparison of four modeling approaches
Kevin J. Farley, Joseph S. Meyer, Laurie S. Balistrieri, Karel A. C. De Schamphelaere, Yuichi Iwasaki, Colin R. Janssen, Masashi Kamo, Stephen Lofts, Christopher A. Mebane, Wataru Naito, Adam C. Ryan, Robert C. Santore and Edward Tipping
Environmental Toxicology and Chemistry   34(4) 741-753   2015年3月   [査読有り]
Testing an application of a biotic ligand model to predict acute toxicity of metal mixtures to rainbow trout
Iwasaki, Y., Kamo, M., Naito, W.
Environmental Toxicology and Chemistry   34(4) 754-760   2015年3月   [査読有り]
Theoretical lessons for increasing algal biofuel: Evolution of oil accumulation to avert carbon starvation in microalgae
Akita Tetsuya and Masashi Kamo
Journal of Theoretical Biology   380 183-191   2015年   [査読有り]
Explanation of non-additive effects in mixtures of similar mode of action chemicals
Masashi Kamo and Hiroyuki Yokomizo
Toxicology   335 20-26   2015年   [査読有り]
藻類に対する金属複合毒性のモデリング:Biotic Ligand Model, 濃度加算、独立加算性の比較
永井孝志、加茂将史
環境毒性学会誌   17 57-68   2014年   [査読有り]
金属の生態リスク評価を例にして今後の生態リスク評価を考える
加茂将史、岩崎雄一
環境毒性学会誌   16 59-68   2013年
Setting the most robust effluent level under severe uncertainty: Application of information-gap decision theory to chemical management
Yokomizo, H., Naito, W., Tanaka, H., Kamo,
Chemospere   93(10) 2224-2229   2013年   [査読有り]
Y. Iwasaki, H. Hayashi, M. Kamo
32(6) 1396-1402   2013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
病原性物と宿主の進化
加茂将史、佐々木顕 (担当:分担執筆, 範囲:感染症の生態学第10章)
共立出版   2016年   
中西 準子, 内藤 航, 加茂 将史 (担当:共著)
丸善   2008年5月   ISBN:4621079875
感染症の数理モデル
加茂将史 (担当:分担執筆, 範囲:第八章 季節変動と感染症動態)
培風館   2008年   ISBN:978-4563011376
Disease evolution: models, concepts, and data analyses
Boots M, Kamo M, Sasaki A (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 1: Mathematical analysis by approximation: limits and directions)
American Mathematical Society   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 加茂将史
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 加茂将史
重金属毒性予測モデルであるBiotic Ligand Model (BLM)を用いて、重金属複合毒性の推定を行った。BLMはミジンコにおける毒性を予測するよう構築し、銅と亜鉛の複合毒性を例として推定した。モデルからは、銅と亜鉛の複合毒性は相乗的に作用することが示唆された。また、毒性における相乗作用は水の硬度が高いほど高くなることが示唆された。モデルの検証を行うため、オオミジンコを用いた48時間急性毒性試験をおこなった。銅(硫酸銅)と亜鉛(硫酸亜鉛)の半数致死濃度(LC50)におけるオオミジ...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 松田裕之
奄美大島マングースについては、罠の捕獲効率の低減の詳細なデータを用いて行動生態学的応答(捕獲効率の非線形性)を考慮した個体群動態モデルを開発した。空間明示的なデータ解析により、各区画における非線形性は予想より低く、移動率が十分低い場合には根絶に成功する可能性が示唆され、国際外来動物研究集会で口頭発表した。エゾシカについては、捕獲実績と個体群動態を考慮したベイズ推定法による個体数ならびに相対個体数指数を推定する方法を開発し、論文公表とともに北海道管理計画に反映した。カワウ保護管理については、...