金谷一朗

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/03 12:33
 
アバター
研究者氏名
金谷一朗
 
カナヤ イチロウ
ハンドル
kanaya
URL
http://www.pineapple.cc/
所属
長崎県立大学シーボルト校
部署
情報システム学部
職名
教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)
科研費研究者番号
50314555
Twitter ID
kanaya

プロフィール

Computer scientist, majored in design and mathematics. / 計算幾何学・計算機科学を専門にする研究者.

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
大阪大学大学院工学研究科 准教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
大阪大学大学院工学研究科・コミュニケーションデザインセンター 准教授
 
2008年4月
 - 
2011年3月
大阪大学医学部附属病院未来医療センター 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科 助教
 
2004年10月
 - 
2008年3月
科学技術振興機構 さきがけ研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年6月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
関西大学 工学部 電気工学科
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
エンターテイメントコンピューティング2012  実行委員
 
2012年
 - 
現在
日本バーチャルリアリティ学会第18回大会  企画委員長
 
2011年
 - 
2011年
ヒューマンインタフェース学会「アートとヒューマンインタフェース」特集号  編集委員
 
2010年
 - 
現在
情報処理学会インタラクション  編集委員
 
2008年
 - 
2012年
日米先端工学シンポジウム(JAFOE)  運営委員長
 

受賞

 
2011年
神戸ビエンナーレ 奨励賞
 
2008年
芸術科学会 論文賞
 
2007年
文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品
 
2005年
計測自動制御学会パターン計測部会 優秀論文賞
 
2003年
情報考古学会 論文賞
 

書籍等出版物

 
Progressive inclusive design; Communication Design
大阪大学コミュニケーションデザインセンター (担当:共著)
2010年   
3D映像の技術と市場2011
千原國宏, 落合克人, 金谷一朗, 吉田裕之, 高橋俊也, 四角英孝, 宮沢篤, 石井源久, 田村尚希, 加藤博一, 中郡聡夫, 盛川浩志, 河合隆史, 氏家弘裕 (担当:共著)
2010年   
Giza Laser Scanning Survey 2006, Giza Occasional Paper 3 edited by Mark Lehner, Mohsen Kamel and Ana Tavares
Yukinori Kawae, with contributions by Hiroyuki Kamei, Toshio Tsukamoto, Ichiroh Kanaya, Atsushi Okamoto (担当:共著)
2009年   
Saqqara Laser Scanning Survey 2008, Giza Plateau Mapping Project Season 2008 Preliminary Report, Giza Occasional Papers 4, edited by Mark Lehner, Mohsen Kamel, and Ana Tavares
Yukinori Kawae, Kosuke Sato, Hiroyuki Kamei, Tomoaki Nakano, Ichiroh Kanaya (担当:共著)
2009年   
El Zayyan Temple, New Valley, Egypt
Hiroyuki Kamei, Hiroyuki Ako, Katsura Kogawa, Mariko Watanabe, Tomoaki Nakano, Michinori Ohshiro, Toshio Tsukamoto, Atsushi Okamoto, Ichiroh Kanaya, Tetsuro Hishida, Hidemasa Hashimoto, Mika Akiyama, Magdy A. Atya, Noubi M. Ahmed (担当:共著)
2008年   

論文

 
System Design for Automated Time Study for Nursing
Shohei Nakamura, Ichiroh Kanaya, Yuko Ohno, Kazuo Kawasaki
E-Health   228-230   2010年   [査読有り]
亀井宏行, 河江肖剰, 塚本敏夫, 金谷一朗, 岡本篤志
西アジア考古学会誌   10 143-155   2009年   [査読有り]
小川 貴史, 舩山 俊克, 金谷 一朗, 川崎 和男
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   10(4) 521-528   2008年12月   [査読有り]
小川 貴史, 小川 直茂, 金谷 一朗, 川崎 和男
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌   46(4) 458-464   2008年8月   [査読有り]
Improvement of the quality of medical care is strongly required. Decreasing malpractice in medical treatment is quite important theme. Especially in the developing countries, numbers of people have been in the danger of accidental injection or sha...
山本景子, 金谷一朗, 佐藤宏介
芸術科学会論文誌   7(3) 102-112   2008年   [査読有り]
久田 理, 山本 景子, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
情報処理学会論文誌   48(12) 3873-3881   2007年12月   [査読有り]
本論文は,複合現実感技術を応用した工業デザイン向け製品デザインシステムHYPERREALに関するものである.従来のコンピュータ支援設計(CAD)システムでは,ユーザが自由に形状を変形できる反面,表示は平面ディスプレイや両眼視差を利用したステレオディスプレイを用いており,最終製品の持つ「ボリューム感」,「実在感」の提示や表現は不十分であった.本論文では,複合現実感技術を応用し,モックアップにバーチャルな陰影情報を重畳することで,モックアップの実在感を損なわずに,かつCADシステムのように自由...
Classification of Aesthetic Curves and Surfaces for Industrial Designs
Ichiroh Kanaya, Yuya Nakano, Kosuke Sato
Design Discourse   4(2)    2007年   [査読有り]
Modeling Real Objects for Kansei-based Shape Retrieval
Yukihiro Kouda, Ichi Kanaya, Kosuke Sato
Int'l Journal of Automation and Computing   4(1) 14-17   2006年   [査読有り]
岩井 大輔, 金谷 一朗, 日浦 慎作, 井口 征士, 佐藤 宏介
情報処理学会論文誌   46(7) 1582-1593   2005年7月   [査読有り]
本論文では, 熱画像を用いたタブレット型入力装置とそれを用いた描画システムThermoPainterを提案する.センサ面上にセンサ面と異なる温度を持ったオブジェクトが接触した際, 面上の温度変化領域を接触領域として検出する入力装置を構築する.提案システムでは, 温・冷水を利用することで絵筆やエアブラシといった実世界での描画作業で使用する画材や, 体温を持つ手指・呼気を直接用いて描画することが可能である.これによって, 使い慣れた画材の操作感と従来のデータタブレットのスタイラスの操作感とが異...
金谷 一朗, 安川 慶, 眞鍋 佳嗣
情報考古学   9(1) 1-12   2003年
高精細3次元形状データを用いた拓本画像作成
多井堅一郎, 金谷一朗, 塚本敏夫, 佐藤宏介
情報考古学   8(2)    2002年   [査読有り]
Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtule Shape Stone) Using Data Fusion of Heterogeneous Measurements
Mastaka Imura, Yoshito Tabata, Ichiroh Kanaya, Tomohiro Kuroda, Yoshitsugu Manabe, Osamu Oshiro, Kunihiro Chihara
Int'l Archives of Photogrammetry      2001年   [査読有り]
Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtle-shaped Stone)
Masataka Imura, Yoshito Tabata, Ichiroh Kanaya, Tomohiro Kuroda, Yoshitsugu Manabe, Osamu Oshiro, Kunihiro Chihara
Asian Journal of GEOINFORMATICS   2(1) 49-54   2001年   [査読有り]
山崎 潔, 陳 謙, 金谷 一朗, 島田 哲夫
日本包装学会誌 = Journal of packaging science & technology, Japan   9(4) 235-240   2000年8月   [査読有り]
Ichiroh Kanaya, Yuko Kanemoto, Qian Chen, Kunihiro Chihara
IEEE MULTIMEDIA   7(2) 42-44   2000年   [査読有り]
考古遺物復元の支援に関する研究
金谷一朗
   1999年   [査読有り]
Evolutionary Design of Analog Electric Circuits Using Genetic Programming
Ichiroh Kanaya, Tetsuo Shimada, Hitoshi Hemmi, Katsunori Shimohara
Journal of Three-Dimensional Images   13(3) 89-94   1999年   [査読有り]
VR技術を応用した遺物復元システム
金谷一朗, 陳謙, 千原國宏
情報考古学   3(1) 35-46   1998年   [査読有り]

Misc

 
Digitizing Egyptian Heritage
Ichiroh Kanaya, Yukinori Kawae, Kosuke Sato, Hiroyuki Kamei
Proc. Virtual Archaeology 2012      2012年   [査読有り]
The Mirror of Transfiguration
Mayuko Kanazawa, Masataka Imura, Ichiroh Kanaya
Proc. ACM ACE      2011年   [査読有り]
Sweet Home
Mayuko Kanazawa, Masataka Imura, Ichiroh Kanaya
Proc. ACM Siggraph Asia      2011年   [査読有り]
Visualization of Geometric Properties of Flexible Objects for Form Designing
Goshiro Yamamoto, Ichiroh Kanaya, Keiko Yamamoto, Yuki Uranishi, Hirokazu Kato, Visualization of Geometric Properties of Flexible Objects for Form Designing"
Proc. IEEE Int'l Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR)   227-228   2011年   [査読有り]
エジプトケントカウエス女王墓の三次元計測
岡本篤志, 亀井宏行, 塚本敏夫, 金谷一朗, 河江肖剰
文化財保存修復学会第32回大会      2010年6月
タイムプロセススタディ手法を用いた外来化学療法部門の業務分析と増床前後の治療待ち時間比較
坂田奈津美, 大野ゆう子, 清水佐知子, 横内光子, 岩佐真也, 大西喜一郎, 王媛媛, 山田憲嗣, 金谷一朗, 田墨惠子, 水木満佐央
ITヘルスケア雑誌   5(1) 94-99   2011年
神戸ビエンナーレアートインコンテナ国際展出品作品「Polyphonic Jump!」
金澤麻由子, 井村誠孝, 金谷一朗
環境芸術学会大会予稿集      2011年
金谷 一朗
生体医工学   48(6) 513-516   2010年12月
金谷 一朗
機能材料   30(4) 20-26   2010年4月
金澤 麻由子, 井村 誠孝, 金谷 一朗
環境芸術 : 環境芸術学会論文集   (9)    2010年3月
The Working Process and Time Efficiency of Patient Transportation in Cardiovascular Hospital Using Time Process Modeling
Ojima H., Ohno Y., Shimizu S., Oi S., Inoue Y., Ishii A., Kasahara S., Hirakawa K., Nakamura S., Kanaya I., Kawasaki K., Tanaka A., Motosugi F. and Okada, C.
IFIP Advances in Information and Communication Technology   232-233   2010年   [査読有り]
The Impact of Electronic Medical Records on the Work Process of Outpatient Care
Shimizu S., Ohno Y., Noda H., Nakamura S., Kanaya I., Yamada K., Ishii A., Kasahara S., Hirakawa K., Nakagawa R. and Matsumura Y.
IFIP Advances in Information and Communication Technology   230-231   2010年   [査読有り]
K. Matsushima, M. Nakamura, S. Nakahara, I. Kanaya
Proc. ACM Siggraph      2010年   [査読有り]
The Mirror of Transfiguration
Mayuko Kanazawa, Masataka Imura, Ichiroh Kanaya
ACM Siggraph CG source      2010年   [査読有り]
ペンの把持情報を利用したペンタブレット型ドローイング支援インタフェース
山本景子, 金谷一朗, 佐藤宏介
情報処理学会インタラクション2010予稿集(査読付き)      2010年
スイートホーム〜想像力との対話を生む装置としてのメディアアート;環境芸術学会大会予稿集,6A,2010.
金澤麻由子, 井村誠孝, 金谷一朗
   2010年
ロボットの表情に関する考察
金谷一朗, 土井彰一, 川崎和男
日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集   (1B3-5)    2010年
オブジェクト指向業務モデリングによる患者移送関連看護業務の検討
清水佐知子, 大野ゆう子, 尾島裕子, 坂田奈津美, 森本明子, 中村昌平, 金谷一朗, 山田憲嗣, 岡田志麻, 牧川方昭, 石井豊恵, 笠原聡子, 平河勝美, 田中あつ子, 本杉ふじえ, 岡田千鶴
ITヘルスケア雑誌   5(1) 100-106   2010年
オブジェクト指向に基づく患者移送関連看護業務モデリングの試み
清水佐知子, 大野ゆう子, 中村昌平, 金谷一朗, 川崎和男, 冨澤理恵, 尾島裕子, 坂田奈津美, 石井豊恵, 山田憲嗣
   2010年
薄 雄斗, 大野 ゆう子, 山田 憲嗣, 金谷 一朗, 岡田 千鶴
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   37 208-209   2009年7月
野田 裕子, 大野 ゆう子, 清水 佐知子, 金谷 一朗, 岡田 千鶴
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   37 150-151   2009年7月
中村 昌平, 金谷 一朗, 川崎 和男
デザイン学研究. 研究発表大会概要集   (56) 138-139   2009年6月
Blood investigation is important test for our daily life because blood that control our homeostasis is one of the elements to measure our health condition. In spite of that, the information that got from this investigation is not conveyed appropri...
Application of the Time Process Modeling Language for the dynamic workflow analysis of the patient transportation in acute care hospital
Hiroko Noda, Yuko Ohno, Atsue Ishii, Sachiko Shimizu, Mitsuko Y., Ichiroh Kanaya, Kazuo Kawasaki, Fujie M., Atsuko T., Chizuru Okada
Proc. 6th Asia Pacific Association for Medical Informatics      2009年   [査読有り]
Development of Automatic Head-count method at Nurse Station using Omnidirectional Camera
EBIHARA Shogo, FUKUMURA Hajime, OKADA Shima, KANAYA Ichiroh, OHNO Yuko, IKEDA Sei, MANABE Yoshitsugu, CHIHARA Kunihiro, KAWASAKI Kazuo, MAKIKAWA Masaaki
Proc. 6th Asia Pacific Association for Medical Informatics      2009年   [査読有り]
Motion Structure: tablet-based interface for motion design tool using drawing
Haruki Kouda, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. HCI      2009年   [査読有り]
Motion Stroke --- ペンタブレットを用いたモーションデザインツール ---
甲田春樹, 金谷一朗, 佐藤宏介
インタラクション2009論文集   33-34   2009年   [査読有り]
エジプト・アラブ共和国の階段ピラミッドの幾何・光学情報のディジタル化に関する報告
金谷一朗
第4回文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ予稿集      2009年
プロダクトデザイン開発手法にもとづくプレフィルドシリンジに関する研究
土井彰一, 金谷一朗, 川崎和男
日本医工学治療学会第25回学術大会予稿集      2009年
オプティカルトラッキングを用いた看護士の行動モニタリング
金谷一朗, 川崎和男他
日本医工学治療学会第25回学術大会予稿集      2009年
人工心臓コンセプトモデル "KAWASAKI G5-model" の理論的背景
金谷一朗, 小川貴史, 川崎和男, 阿部裕輔, 磯山隆, 斎藤逸郎
第48回生体医工学会大会予稿集      2009年
デザインコンセプトモデルを基にした波動型完全人工心臓の開発
阿部裕輔, 川崎和男, 磯山隆, 斎藤逸郎, 金谷一朗, 三浦英和, 小野稔, 中川英元, 時偉, 山口さち子, 井上雄介, 岸亜由美, 河野明正, 小野俊哉, 鎮西恒雄, 井街宏
第48回生体医工学会大会予稿集      2009年
分散型人工心臓に関する基礎的検討
舩山俊克, 小川貴史, 金谷一朗, 川崎和男
第48回生体医工学会大会予稿集      2009年
移送業務と移送業務実態からの病棟階設計の考察
野田裕子, 大野ゆう子, 石井豊恵, 清水佐知子, 吉岡なつき, 林剣煌, 岡田千鶴, 金谷一朗, 川崎和男
生体医工学シンポジウム2009講演予稿集   117   2009年
差分処理を用いた看護師の移動距離の測定と業務量の推定
薄雄斗, 大野ゆう子, 山田憲嗣, 金谷一朗, 川崎和男, 岡田千鶴
生体医工学シンポジウム2009講演予稿集   116   2009年
移送業務実態と移送業務からの病棟階設計の考察
野田裕子, 大野ゆう子, 石井豊恵, 清水佐知子, 吉岡なつき, 林剣煌, 岡田千鶴, 金谷一朗, 川崎和男
生体医工学会研究速報      2009年
血液検査コミュニケーションのデザイン
中村昌平, 金谷一朗, 川崎和男
臨床病理(第56回日本臨床検査医学会学術集会)   (57) 238   2009年
金谷 一朗
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   13(4)    2008年12月
山本 景子, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   108(282) 135-140   2008年10月
本稿は,コンピュータによるペンタブレット型ドローイング支援インタフェースに関するものである.従来のコンピュータドローイングインタフェースは,ペンの筆圧,傾き,回転をセンシングし,ストロークの濃度,太さに対応させるにとどまり,これら以外のパラメタの調整(ストロークのカラー,テクスチャなど)には,メニュー,アイコンなどのGUI要素をユーザが操作する必要があった.そこで,本稿では,ペン握り圧力(バレルプレッシャ)を用いてストロークのパラメタを調整する手法を提案し,その実現可能性を探るための基礎実...
鷹田 陽介, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   107(427) 133-140   2008年1月
本研究は,考古調査会議での利用を想定した写真ブラウジングシステムの研究である.本システムでは,調査図面を入出力インタフェースとして用い,写真の検索や提示を行う.ユーザは,実物の図面を用いて写真の見たい位置・方角を直観的に入力することで,入力した位置・方角で撮影された写真を素早く引き出すことが出来る.本システムにより,会議での写真検索時間の短縮,提示された写真の内容理解の促進,多人数での写真操作や情報共有の促進,写真管理に要する時間の軽減が可能になる.
金谷 一朗
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   47(1) 36-40   2008年1月
鷹田 陽介, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]   2008(3) 353-360   2008年1月
本研究は,考古調査会議での利用を想定した写真ブラウジングシステムの研究である.本システムでは,調査図面を入出力インタフェースとして用い,写真の検索や提示を行う.ユーザは,実物の図面を用いて写真の見たい位置・方角を直観的に入力することで,入力した位置・方角で撮影された写真を素早く引き出すことが出来る.本システムにより,会議での写真検索時間の短縮,提示された写真の内容理解の促進,多人数での写真操作や情報共有の促進,写真管理に要する時間の軽減が可能になる.
A basic discussion to introduce design methodology to the development of the artificial heart
Toshikatsu Funayama, Takashi Ogawa, Ichiroh Kanaya, Kazuo Kawasaki
Proc. ICDHS      2008年   [査読有り]
Medical Design and Design Awards
Takashi Ogawa, Toshikatsu Funayama, Ichiroh Kanaya, Kazuo Kawasaki
Proc. ICDHS      2008年   [査読有り]
Photo Browsing System for Sharing Information in Archaeological Research
Yosuke Takata, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Virtual Systems and Multimedia (VSMM) 2008      2008年   [査読有り]
モーションスケッチシステム ---ドリーイングによる多変数モーション設計 ---
甲田春樹, 金谷一朗, 佐藤宏介
ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集   1139-1144   2008年
山本 景子, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   107(332) 115-120   2007年11月
本論文は,工業デザイン支援システムのための三次元造形操作インタフェースに関するものである.従来のコンピュータ支援設計(CAD: Computer Aided Design)システムは,操作が複雑かつ非直観的であるため,専門のCADオペレータを介して形状操作する必要があり,デザイナの意図を直接表現することが困難という問題がある.本論文では,複合現実感技術による造形支援システムのための新たなユーザインタフェースを提案する.本提案インタフェースは,道具を握るときの手のフォームをコンピュータに取り...
Complete 3-D digital model of the monument of the Queen Khentkawes
I. Kanaya, Y. Kawae, K. Sato, H. Kamei
Proc. 3D-Arch Workshop on Virtual Reconstruction and Visualization of Complex Architectures, ISPRS      2007年   [査読有り]
Puni Puni Light
Yusuke Sekiya, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. ISMAR WS Art and Entertainment      2007年   [査読有り]
Synthesis and Analysis of Aesthetic Fractal Patterns for Textile Design
Takeshi Sakamoto, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. NPAR      2007年   [査読有り]
4-D/n-D Computer Aided Design System
Ichiroh Kanaya, Yoshito Ogata, Kazuo Kawasaki
Proc. Siggraph      2007年   [査読有り]
fuwapica suite
Ichiroh Kanaya, Studio Mongoose
Proc. ACM Siggraph      2007年   [査読有り]
A Free-Hand Drawing with Simultaneous Projection of Predicted Guideline
Hirokatsu So, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. ACM Siggraph      2007年   [査読有り]
Hyperdraw: A New Computer Aided Drawing System based on Prediction of Drawing Action
Hirokatsu So, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. Advances in Computer Entertainment (ACE)   234-235   2007年   [査読有り]
HYPERREAL三次元形状デザイン支援システム
山本景子, 久田理, 金谷一朗, 佐藤宏介
情報処理学会インタラクション2007予稿集(査読付き)   145-152   2007年   [査読有り]
フラクタルパタンデザインシステム --- Fractal Creator ---
坂本武士,金谷一朗,佐藤宏介
エンターテインメントコンピューティング2007講演論文集,pp.265-266      2007年
Puni-Light 投影型複合現実重畳による実物体の視覚的軟化
関谷祐輔,金谷一朗,佐藤宏介
エンターテインメントコンピューティング2007講演論文集,pp.261-262      2007年
質感表現可能な絵画制作支援システム
関谷祐輔, 金谷一朗, 佐藤宏介
システム制御情報学会2007年度大会予稿      2007年
インタラクティブな物理情報可視化システム
富樫淳, 金谷一朗, 佐藤宏介
システム制御情報学会2007年度大会予稿集      2007年
考古調査情報共有のための写真ブラウジングシステム
鷹田陽介, 金谷一朗, 佐藤宏介
情報考古学会大会予稿集      2007年
千原 國宏, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
光学   35(4) 204-210   2006年4月
金谷 一朗
情報処理   47(4) 340-345   2006年4月
高瀬 和彦, 久田 理, 山本 景子, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006    2006年3月
Germination of the Active Lighting: An Introduction and Brief History of Our Research
Shinsaku Hiura, Kosuke Sato, Ichiro Kanaya
Proc. Int'l WS Projector-Camera Systems (Procams)      2006年   [査読有り]
Modeling Real Objects for Kansei-based Shape Retrieval
Yukihiro Kouda, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. 12th Int'l Conf. Virtual Systems and Multimedia (VSMM)      2006年   [査読有り]
User interface by real and artificial shadow
Huichan Xu, Ichi Kanaya, Shinsaku Hiura, Kosuke Sato
Proc. ACM Siggraph      2006年   [査読有り]
Synthesis and Analysis of Aesthetic Fractal Patterns for Textile Design
Takeshi Sakamoto, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Nonlinear Theory and Its Application (NOLTA)      2006年   [査読有り]
The RGBy desk
Shinya Matsuyama, Makoto Hirahara, Ichi Kanaya
Proc. ACM Siggraph      2006年   [査読有り]
Free-form Shape Design System using Stereoscopic Projector HYPERREAL 2.0
Masaru Hisada, Keiko Yamamoto, Ichiro Kanaya, Kosuke Sato
Proc. SICE-ICASE International Joint Conference 2006      2006年   [査読有り]
The HYPERREAL Design System
Masaru Hisada, Kazuhiko Takase, Keiko Yamamoto, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Virtual Reality (IEEE VR)      2006年   [査読有り]
Computer Aided Drawing System based on Prediction of Drawing Action
Hirokatsu Sou, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Advances in Computer Entertainment (ACE)      2006年   [査読有り]
距離画像用IDタグの開発とその考古調査への応用
三好裕樹, 江田幸弘, 金谷一朗, 佐藤宏介, 亀井宏行, 岡本篤史, 塚本敏夫, Magdy A. Atya, Noubi M. Ahmed
情報考古学会第19回全国大会予稿集      2006年
テキスタイルのためのフラクタルパタンの合成と解析
坂本武士,金谷一朗, 佐藤宏介
システム制御情報学会大会予稿集      2006年
ドローイング動作の先読みによる手書きデザイン画制作支援システム
宋寛勝, 金谷一朗, 佐藤宏介
システム制御情報学会大会予稿集      2006年
遺跡の3Dデジタルアーカイブと発掘現場のリアルタイム3Dデジタル計測-エジプト西方砂漠ハルガオアシスにあるアルザヤーン神殿西遺跡の調査を中心として-
塚本敏夫, 岡本篤志, 金谷一朗, 三好裕樹, 亀井宏行
日本文化財科学会第22回大会研究発表要旨集   92-93   2005年7月
The HYPERREAL Design System --- Virtual Forming of Real Object Using Virtual-Shade Projection
Ichiroh Kanaya, Masaru Hisada, Keiko Yamamoto, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Human and Computer Interaction (HCI)   1-8   2005年   [査読有り]
The HYPERREAL Design System --- An MR-Based Shape Design Environment ----
Keiko Yamamoto, Ichiroh Kanaya, Masaru Hisada, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   201-208   2005年   [査読有り]
The HYPERREAL Design System
Keiko Yamamoto, Masaru Hisada, Ichi Kanaya, Kosuke Sato
Proc. ACM Siggraph 2005      2005年   [査読有り]
Three-Dimensional Modeling of Archaeological Site and Real-Time Digitizing of Excavation Site: Case of Al Zayyan Temple
Hiroyuki Kamei, Kosuke Sato, Toshio Tsukamoto, Ichiroh Kanaya, Atsushi Okamoto, Yuki Miyoshi, Magdy A. Atya, Noubi M. Ahmed
Proc. Int'l Conf. Archaeological Prospection      2005年   [査読有り]
ハイパーリアル三次元形状デザイン支援システム
山本景子, 金谷一朗, 佐藤宏介
システム制御情報学会大会予稿集   (4C4-4)    2005年
デザイン感性に基づいた3次元形状モデルの検索手法
江田幸弘, 金谷一朗, 佐藤宏介
システム制御情報学会大会予稿集   (4C3-2)    2005年
デザイン言語に基づいた3次元形状モデルの検索のための形状表現法
江田幸弘, 金谷一朗, 佐藤宏介
計測自動制御学会パターン計測シンポジウム予稿集      2005年
久田 理, 金谷 一朗, 佐藤 宏介
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004    2004年3月
Visual Forming of Real Object Using Virtual-Shade Projection
Masaru Hisada, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Virtual Systems and Multimedia (VSMM)      2004年   [査読有り]
Obtaining BRDF Under the Sky
Yuki Miyoshi, Ichiroh Kanaya, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Virtual Systems and Multimedia (VSMM)      2004年   [査読有り]
形状デザインのための意匠曲面の感性的分類法
金谷一朗, 中野雄也, 佐藤宏介
未来開拓学術研究推進事業「感性的ヒューマンインタフェース」公開シンポジウム発表資料      2004年
形状デザインのための意匠曲面の感性的分類法
金谷一朗, 中野雄也, 佐藤宏介
計測自動制御学会パターン計測部会第66回研究会予稿集      2004年
屋外物体の表面反射特性の計測法
三好裕樹, 金谷一朗, 佐藤宏介
システム制御情報学会第48回大会予稿集   (3052)    2004年
画像分析に基づく屋外物体の双方向反射分布関数の取得法
三好裕樹, 金谷一朗, 佐藤宏介
情報処理学会関西支部大会予稿集   (A-05)    2004年
佐藤 宏介, 金谷 一朗, 片寄 晴弘, 木村 朝子, 堀井 千夏
情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]   140 127-134   2003年9月
中野 雄矢, 金谷 一朗, 佐藤 宏介, 井口 征士
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003(2)    2003年3月
千原 國宏, 金谷 一朗
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   8(1) 6-9   2003年3月
Frequency Analysis for Unorganized Point Clouds
Okane Shinji, Yasumuro Yoshihiro, Imura Masataka, Kanaya Ichiroh, Manabe Yoshitsugu, Chihara Kunihiro
Proc. Int'l WS Advanced Image Technology      2003年   [査読有り]
吉本 恵子, 井村 誠孝, 金谷 一朗, 安室 喜弘, 眞鍋 佳嗣, 千原 國宏
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   57(10) 1314-1319   2003年   [査読有り]
This paper proposes a method of synthesis of lighting environment based on the atmospheric conditions for creating highly realistic outdoor scenes. The optical atmospheric model takes into account the effects of Rayleigh and of Mie scattering as a...
Ichiroh Kanaya, Yuya Nakano, Kosuke Sato
Proc. Int'l Conf. Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   289-296   2003年   [査読有り]
This paper aims to figure out difference of our impressions on curves that are used in shape designs, and also contribute industrial designers by implementing a smart computer aided design (CAD) systems which have as same feelings on curves as hum...
複数の画像認識アルゴリズムの協調による認識の信頼性向上
白丸淳, 金谷一朗, 千原國宏
第47回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   47(6027) 637-638   2003年
立体曲率対数分布図を用いた意匠曲面の感性的分類
中野雄也, 金谷一朗, 佐藤宏介
情報科学技術フォーラム2003予稿集   (J-028)    2003年
立体曲率対数分布図を用いた意匠曲面の感性的分類
中野雄也, 金谷一朗, 佐藤宏介
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演論文集   574-585   2003年
岡根 慎治, 金谷 一朗, 安室 喜弘, 井村 誠孝, 眞鍋 佳嗣, 千原 國宏
情報処理学会研究報告. グラフィクスとCAD研究会報告   2002(109) 11-16   2002年11月
近年,三次元形状計測装置により物体の形状を高精度に計測することが可能となった.これらから三次元点群の状態で物体表面の形状を得ることができ,従来は主にポリゴンモデルを用いたサーフェスレンダリングによって可視化が行われて来た.しかし,点の数が多くなるとポリゴンモデルの生成が高コストとなるため,ポイントレンダリングなどの非サーフェスレンダリングが注目されている.ポイントレンダリングを行う際には,点密度が一様であることが望ましいが,三次元形状計測装置から得られる点群データは,物体の形状や計測位置に...

講演・口頭発表等

 
金谷一朗
2012年2月   JDPU
Design and Engineering [招待有り]
金谷一朗
Symposium for Japan/America Frontier of Engineers   2011年   
Toward Digitizing Whole Giza Plateau [招待有り]
金谷一朗
eHeritage workshop, Microsoft Research Asia   2010年   
Design and Earth [招待有り]
金谷一朗
Symposium for Japan/America Frontier of Engineers   2009年   
Design Language [招待有り]
金谷一朗
Symposium for Japan/America Frontier of Engineers   2008年   
Design of Design [招待有り]
金谷一朗
Symposium for Japan/America Frontier of Engineers   2007年   

担当経験のある科目

 

Works

 
Pineapple II コンピュータ
金谷一朗   コンピュータソフト   2012年3月 - 現在
メディアアートのためのマイクロコンピュータおよびそのファームウェア.
光鈴 (2012)
松尾高弘(技術協力:エレキット,金谷一朗)   芸術活動   2012年6月 - 2012年6月
LIGHT EMOTION (2012)
松尾高弘(技術協力:金谷一朗)   芸術活動   2012年6月 - 2012年6月
Polyphonic Jump! (Hotel Okura Kobe)
金澤麻由子, 井村誠孝, 金谷一朗   芸術活動   2012年1月 - 2012年1月
Air Lights
松尾高弘(技術協力:金谷一朗,山本豪史朗)   芸術活動   2010年 - 2012年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 金谷一朗
超大規模三次元形状のポータブルデバイス上での閲覧・編集環境の構築
大阪大学: 工学研究科マッチングファンド
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 金谷一朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大野ゆう子
本研究では、大学病院を社会医療の安定供給の駆動力と位置づけ、タイムスタディ等業務実態調査を通じて(i)大学・大学病院の駆動力を数理モデルにより明示化し医療の将来シナリオにおける影響を検討する、(ii)医療関連施設の業務実態に基づき社会医療における大学・大学病院の駆動力の構造を検討することを目的とする。本年度はA大学病院の電子カルテ化が2010年に予定されたこと、外来化学療法部の増床が行われたことから、電子カルテ導入前後、外来化学療法部増床前後のタイムスタディ、診療データ収集を中心に行い、併...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 金谷一朗
本研究は画像処理技術,画像生成技術,バーチャルリアリティ技術を用いた,三次元形状デザイン支援に関するものである,これまでに,職業デザイナによるデザイン活動の計測および活動パタンの収集を行い,デザイン活動の効果的な支援方法について知見を得ている.また,コンピュータと画像処理技術,画像生成技術,バーチャルリアリティ技術を用いたデザイン支援環境を二次元デザイン(グラフィックデザイン)および三次元デザイン(造形デザイン)の双方で試作し,ユーザビリティ,フィージビリティの試験を行っている.具体的には...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 大城道則
古代エジプトの宗教的拠点テーベの主神であり、エジプトの国家神的存在であった羊の容貌を持つアムン神に対する信仰が如何にして、ナイル河谷から西へ砂漠を約200km進んだ所に存在するカルガ・オアシスにまでたどり着き、そこで土着の人々に受け入れられ、定着していったのか。地理的に離れ、環境的に異なる二つの空間(ナイル河谷と西方砂漠のオアシス地域)における文化の受容過程とその変化の原因を主に碑文史料(カルガ・オアシス周辺に点在するナドゥーラ、エル=グエイタ、エル=ザヤーンなどの神殿遺跡に存在するアムン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 亀井宏行
エジプトの最南のハルガオアシスにあるアルザヤーン神殿遺跡は,標高も最も低い地点にあり,水との関連性を指摘されている遺跡である。2000年度から物理探査による調査を開始し,2004年度からは発掘調査も開始した。我々は,周辺の水利環境も含めアルザヤーン神殿遺跡の調査を進め,オアシス地域での古代生活史の解明を目指している。当該期間の研究では,サハラ砂漠のなかのオアシスという辺鄙な地域で,調査期間も限定され,地形図の入手も困難な状況で,効率よく考古調査をすすめるために,科学技術,特に情報技術の導入...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 佐藤宏介
小型カメラと無線ネットワークを装備した複数のプリント基板モジュール化されたセンサノードを試作により、様々な接続方式に基づくカメラ内蔵型無線センサネットワークを構築して、それらの動作特性を明らかにした。実スケール計測原理、三次元光到来方向センサ、蛍光灯特殊照明、遠隔インタフェースなど、要素技術とアプリケーション提案を研究し、建屋内のユビキタス情報環境の技術基盤である三次元位置同定の実装論を確立した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 金谷一朗
本研究は、造形デザインにおけるデザイナの感性を言語化し,デザイナ感性を理解するコンピュータ支援設計システムを制作することを目標とする。本研究では,平面,および立体デザインにおける基本デザイン曲線,基本デザイン曲面について,その幾何学的特徴を割り出し,数学的に記述することに成功した。また,より複雑なデザイン曲線について,フラクタル幾何学を応用することで,デザイン曲線の感性的特徴量と数学的特徴量との対応付けに成功した。
Hyperdimensional Design System II
大阪大学フロンティア研究機構: 科学技術振興調整費戦略的研究拠点
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 金谷一朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 日浦慎作
プロジェクタを用いた複合現実感情報提示技術は遠隔地への作業指示・作業支援に有用であり,特に汎用性や簡便さ,作業環境の情報取得の点でメリットがあることが分かった.しかし,プロジェクタでは平面上に投影像が現れるため,立体的な指示が理解されにくく,特に物体の回転を理解させることが難しい場合があることが実験により確かめられた.そこで人の形状を模したヒューマノイドロボットを用いると,そのジェスチャによりプロジェクタでは提示が難しかった回転の指示が理解されやすいことが実験により確かめられた.特に,ヒュ...
Hyperdimensional Design System
大阪大学フロンティア研究機構: 科学技術振興調整費戦略的研究拠点
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 金谷一朗
デザイン言語を理解するメディア環境の構築
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業さきがけ型
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 金谷一朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 佐藤宏介
集中制御されたテレメトリ・センサ群ではなく、センサ自体が近距離無線通信機能とデータルーティング機能を備え、自律的に計測ネットワークを環境中で構成する知能センサにアドホックセンサネットワークがある。そこで、ユビキタスコンピューティング用途の三次元位置計測機能、特に今年度は姿勢位置計測の手法を研究した。さらに微弱無線通信ではなく、画像処理と光空間通信のみによる無線レスの三次元計測技術を確立した。同時に、GHz帯のアナログ無線伝送カメラを分散し、中央に画像処理ホストを有する新たな構成論についても...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 金谷一朗
研究実績は次の4点である.(1)デザイン分析システムの構築とデザイン事例の収集:工業デザイン,建築,彫刻などの立体造形芸術の三次元形状デザインをデザイン要素に分解し,デザイナ感性による分類を行い,それらの分類における微分幾何的,位相幾何的特徴を抽出した.(2)デザイン行為分析システムの構築とデザイン行為事例の収集:工業デザイナ,立体造形デザイナ(アーティスト)のデザイン行為(発想,プランニング,ドローイング,プロトタイピング,制作など)を行為要素に分解し,解釈するためのシステム(デザイン支...
Artistic Artificial Intelligence
大阪大学フロンティア研究機構: 科学技術振興調整費戦略的研究拠点
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 金谷一朗
感性的ヒューマンタフェース
日本学術振興会: 未来開拓学術研究推進事業
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 原島博
没入型仮想融合空間の構築・提示技術に関する研究開発
通信・放送機構: 奈良リサーチセンター
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 千原國宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 眞鍋佳嗣
本研究では,装着型計算機技術と分散協調視覚技術を利用し,歩行者の持つ装着型計算機と交通インフラが創発することで歩行者の利便と安全を確保する「創発型歩行者ITS」システムの構築を目的とした.平成13年度は視覚障害者用端末として,レーザポインタとCCDカメラを用いた小型の距離計測器を搭載した電子白杖を試作し,計測器で計測された距離をもとに歩行面の状態を推定し,ユーザに提示することが可能となった.また,歩行者に情報を提示するための情報収集・解析システムとしての街角端末の試作を行った.本研究では,...

特許

 
特開2000-331054 : アナログ電気回路の自動設計方法
金谷一朗,邊見均, 下原勝憲
特開2000-331113 : 再構成可能な疑似アナログ電気回路装置
金谷一朗, 邊見均, 下原勝憲

その他

 
2012年2月
TEDxKyoto カンファレンス運営委員.
2011年9月
Technology x Art x Design シンポジウム主催(京都市).
2011年4月
NPO法人こどもアート理事.