井ノ口 馨

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/27 10:44
 
アバター
研究者氏名
井ノ口 馨
URL
http://www.med.u-toyama.ac.jp/bmb/index-j.html
所属
富山大学
部署
大学院医学薬学研究部 (医学)
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2009年7月
 - 
現在
富山大学大学院医学薬学研究部(医学) 教授
 
2001年4月
 - 
2009年9月
横浜国立大学 客員教授
 
1999年4月
 - 
2001年3月
早稲田大学 理工学総合研究センター 客員助教授
 
1993年7月
 - 
2009年9月
株式会社三菱化学生命科学研究所 主任研究員・グループディレクター
 
1993年1月
 - 
1993年7月
ニューヨーク州立精神医学研究所 博士研究員
 
1991年1月
 - 
1993年1月
HHMI 博士研究員
 
1991年1月
 - 
1993年7月
コロンビア大学医学部 博士研究員
 
1985年4月
 - 
1991年1月
株式会社三菱化成生命科学研究所 副主任研究員
 

受賞

 
2013年4月
文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門
 
2012年6月
AND Investigator Award
 
2010年9月
時實利彦記念賞
 

論文

 
Yokose J, Okubo-Suzuki R, Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Sasahara M, Kato F, Inokuchi K
Science (New York, N.Y.)   355(6323) 398-403   2017年1月   [査読有り]
Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Yokose J, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Kato F, Inokuchi K
Nature communications   7 12319   2016年8月   [査読有り]
Okubo-Suzuki R, Saitoh Y, Shehata M, Zhao Q, Enomoto H, Inokuchi K
Molecular brain   9 36   2016年3月   [査読有り]
Nihonmatsu I, Ohkawa N, Saitoh Y, Inokuchi K
Biology open   4(11) 1387-1394   2015年10月   [査読有り]
Omura Y, Carvalho MM, Inokuchi K, Fukai T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(43) 14585-14601   2015年10月   [査読有り]
Ohkawa N, Saitoh Y, Suzuki A, Tsujimura S, Murayama E, Kosugi S, Nishizono H, Matsuo M, Takahashi Y, Nagase M, Sugimura YK, Watabe AM, Kato F, Inokuchi K
Cell reports   11(2) 261-269   2015年4月   [査読有り]
Tsubota T, Okubo-Suzuki R, Ohashi Y, Tamura K, Ogata K, Yaguchi M, Matsuyama M, Inokuchi K, Miyashita Y
PLoS biology   13(2) e1002070   2015年2月   [査読有り]
Shehata M, Inokuchi K
Reviews in the neurosciences      2014年3月   [査読有り]
Kitamura T, Inokuchi K
Molecular brain   7 13   2014年2月   [査読有り]
Shehata M, Matsumura H, Okubo-Suzuki R, Ohkawa N, Inokuchi K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32 10413-10422   2012年7月   [査読有り]
Kitamura T, Okubo-Suzuki R, Takashima N, Murayama A, Hino T, Nishizono H, Kida S, Inokuchi K
Molecular brain   5 5   2012年2月   [査読有り]
Ohkawa N, Saitoh Y, Tokunaga E, Nihonmatsu I, Ozawa F, Murayama A, Shibata F, Kitamura T, Inokuchi K
PloS one   7 e45270   2012年   [査読有り]
Yamamoto K, Ueta Y, Wang L, Yamamoto R, Inoue N, Inokuchi K, Aiba A, Yonekura H, Kato N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31 11100-11109   2011年8月   [査読有り]
Kataoka M, Yamamori S, Suzuki E, Watanabe S, Sato T, Miyaoka H, Azuma S, Ikegami S, Kuwahara R, Suzuki-Migishima R, Nakahara Y, Nihonmatsu I, Inokuchi K, Katoh-Fukui Y, Yokoyama M, Takahashi M
PloS one   6 e25158   2011年   [査読有り]
Kitanishi T, Sakai J, Kojima S, Saitoh Y, Inokuchi K, Fukaya M, Watanabe M, Matsuki N, Yamada MK
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   15(7) 737-747   2010年6月   [査読有り]
Ageta H, Ikegami S, Miura M, Masuda M, Migishima R, Hino T, Takashima N, Murayama A, Sugino H, Setou M, Kida S, Yokoyama M, Hasegawa Y, Tsuchida K, Aosaki T, Inokuchi K
Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.)   17 176-185   2010年4月   [査読有り]
Kitamura T, Saitoh Y, Murayama A, Sugiyama H, Inokuchi K
Molecular brain   3 13   2010年4月   [査読有り]
Kitamura T, Saitoh Y, Takashima N, Murayama A, Niibori Y, Ageta H, Sekiguchi M, Sugiyama H, Inokuchi K
Cell   139(4) 814-827   2009年11月   [査読有り]
Tsuchida K, Nakatani M, Hitachi K, Uezumi A, Sunada Y, Ageta H, Inokuchi K
Cell communication and signaling : CCS   7 15   2009年6月   [査読有り]
Okada D, Ozawa F, Inokuchi K
Science   324(5929) 904-909   2009年5月   [査読有り]
Inoue N, Nakao H, Migishima R, Hino T, Matsui M, Hayashi F, Nakao K, Manabe T, Aiba A, Inokuchi K
Molecular brain   2 7   2009年3月   [査読有り]
Sekiguchi M, Hayashi F, Tsuchida K, Inokuchi K
Neuroscience letters   452 232-237   2009年3月   [査読有り]
Maekawa M, Takashima N, Matsumata M, Ikegami S, Kontani M, Hara Y, Kawashima H, Owada Y, Kiso Y, Yoshikawa T, Inokuchi K, Osumi N
PloS one   4 e5085   2009年   [査読有り]
Ohkawa N, Sugisaki S, Tokunaga E, Fujitani K, Hayasaka T, Setou M, Inokuchi K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   13 1171-1183   2008年11月   [査読有り]
Yang H, Takagi H, Konishi Y, Ageta H, Ikegami K, Yao I, Sato S, Hatanaka K, Inokuchi K, Seog DH, Setou M
PloS one   3 e2809   2008年7月   [査読有り]
Okubo-Suzuki R, Okada D, Sekiguchi M, Inokuchi K
Molecular and cellular neurosciences   38(2) 266-276   2008年6月   [査読有り]
Ageta H, Murayama A, Migishima R, Kida S, Tsuchida K, Yokoyama M, Inokuchi K
PloS one   3 e1869   2008年4月   [査読有り]
Ueta Y, Yamamoto R, Sugiura S, Inokuchi K, Kato N
Journal of neurophysiology   99 950-957   2008年2月   [査読有り]
Shoji-Kasai Y, Ageta H, Hasegawa Y, Tsuchida K, Sugino H, Inokuchi K
Journal of cell science   120(21) 3830-3837   2007年11月   [査読有り]
Ohkawa N, Hashimoto K, Hino T, Migishima R, Yokoyama M, Kano M, Inokuchi K
Neuroscience research   59(1) 93-100   2007年9月   [査読有り]
Yao I, Takagi H, Ageta H, Kahyo T, Sato S, Hatanaka K, Fukuda Y, Chiba T, Morone N, Yuasa S, Inokuchi K, Ohtsuka T, Macgregor GR, Tanaka K, Setou M
Cell   130(5) 943-957   2007年9月   [査読有り]
Ohkawa N, Fujitani K, Tokunaga E, Furuya S, Inokuchi K
Journal of cell science   120(8) 1447-1456   2007年4月   [査読有り]
Niibori Y, Hayashi F, Hirai K, Matsui M, Inokuchi K
Neuroscience research   57(3) 399-410   2007年3月   [査読有り]
Matsumoto M, Setou M, Inokuchi K
Neuroscience research   57(3) 411-423   2007年3月   [査読有り]
Kudo T, Fujii T, Ikegami S, Inokuchi K, Takayama Y, Ikehara Y, Nishihara S, Togayachi A, Takahashi S, Tachibana K, Yuasa S, Narimatsu H
Glycobiology   17(1) 1-9   2007年1月   [査読有り]
Stokely ME, Hwang SY, Hwang JY, Fan B, King MA, Inokuchi K, Koulen P
Journal of neuroscience research   84 1727-1737   2006年12月   [査読有り]
Tanaka M, Duncan RS, McClung N, Yannazzo JA, Hwang SY, Marunouchi T, Inokuchi K, Koulen P
FEBS letters   580(26) 6145-6150   2006年11月   [査読有り]
Kataoka M, Kuwahara R, Matsuo R, Sekiguchi M, Inokuchi K, Takahashi M
Neuroscience letters   407 258-262   2006年10月   [査読有り]
Maekawa M, Takashima N, Arai Y, Nomura T, Inokuchi K, Yuasa S, Osumi N
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   10(10) 1001-1014   2005年10月   [査読有り]
Yamamoto K, Sakagami Y, Sugiura S, Inokuchi K, Shimohama S, Kato N
The European journal of neuroscience   22 1338-1348   2005年9月   [査読有り]
Sakagami Y, Yamamoto K, Sugiura S, Inokuchi K, Hayashi T, Kato N
The European journal of neuroscience   21 3229-3239   2005年6月   [査読有り]
Inoue K, Fukazawa Y, Ogura A, Inokuchi K
Neuroscience research   51(4) 417-425   2005年4月   [査読有り]
Ehrengruber MU, Kato A, Inokuchi K, Hennou S
Molecular neurobiology   29 213-227   2004年6月   [査読有り]
Inaba Y, Tian QB, Okano A, Zhang JP, Sakagami H, Miyazawa S, Li W, Komiyama A, Inokuchi K, Kondo H, Suzuki T
Journal of neurochemistry   89(6) 1347-1357   2004年6月   [査読有り]
[Spine actin dynamics and morphological plasticity]
Inokuchi K, Saitoh Y
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   49 282-286   2004年2月   [査読有り]
Activity-inducible protein Homer1a/Vesl-1S promotes redistribution of postsynaptic protein Homer1c/Vesl-1L in cultured rat hippocampal neurons.
Inoue Y, Honkura N, Kato A, Ogawa S, Udo H, Inokuchi K, Sugiyama H
Neuroscience letters   354 143-147   2004年1月   [査読有り]
Giustetto M, Hegde AN, Si K, Casadio A, Inokuchi K, Pei W, Kandel ER, Schwartz JH
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100(23) 13680-13685   2003年11月   [査読有り]
Activation of ERK cascade promotes accumulation of Vesl-1S/Homer-1a immunoreactivity at synapses.
Kato A, Fukazawa Y, Ozawa F, Inokuchi K, Sugiyama H
Brain research. Molecular brain research   118 33-44   2003年10月   [査読有り]
Vesl/Homer proteins regulate ryanodine receptor type 2 function and intracellular calcium signaling.
Westhoff JH, Hwang SY, Duncan RS, Ozawa F, Volpe P, Inokuchi K, Koulen P
Cell calcium   34 261-269   2003年9月   [査読有り]
Differential functional interaction of two Vesl/Homer protein isoforms with ryanodine receptor type 1: a novel mechanism for control of intracellular calcium signaling.
Hwang SY, Wei J, Westhoff JH, Duncan RS, Ozawa F, Volpe P, Inokuchi K, Koulen P
Cell calcium   34 177-184   2003年8月   [査読有り]
Homer-1a/Vesl-1S enhances hippocampal synaptic transmission.
Hennou S, Kato A, Schneider EM, Lundstrom K, Gähwiler BH, Inokuchi K, Gerber U, Ehrengruber MU
The European journal of neuroscience   18 811-819   2003年8月   [査読有り]
Estrogen protects the inner retina from apoptosis and ischemia-induced loss of Vesl-1L/Homer 1c immunoreactive synaptic connections.
Kaja S, Yang SH, Wei J, Fujitani K, Liu R, Brun-Zinkernagel AM, Simpkins JW, Inokuchi K, Koulen P
Investigative ophthalmology & visual science   44 3155-3162   2003年7月   [査読有り]
Fukazawa Y, Saitoh Y, Ozawa F, Ohta Y, Mizuno K, Inokuchi K
Neuron   38(3) 447-460   2003年5月   [査読有り]
Morita M, Kobayashi A, Yamashita T, Shimanuki T, Nakajima O, Takahashi S, Ikegami S, Inokuchi K, Yamashita K, Yamamoto M, Fujii-Kuriyama Y
Molecular and cellular biology   23(7) 2489-2500   2003年4月   [査読有り]

Misc

 
鈴木(大久保)玲子, 井ノ口馨
分子精神医学   12(2) 74-82   2012年4月
岡田 大助, 井ノ口 馨
生化學   83(5) 395-399   2011年5月
井ノ口馨
分子精神医学   11(2) 152-153   2011年4月
井ノ口馨
生化学   83(2) 93-104   2011年2月
井ノ口 馨
富山大学医学会誌   21(1) 6-9   2010年
新堀洋介, 林文彦, 井ノ口馨
生化学   78(10) 931-938   2006年10月
井ノ口馨
日本物理學會誌   56(1) 44-45   2001年1月
井ノ口馨
日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   19(4) 155-158   1999年8月
武内恒成, 山田竜一, 井ノ口馨, 高橋直樹
日本生理学雜誌   60(10) 383-399   1998年10月
児島伸彦, 井ノ口馨
日本生理学雜誌   60(7) 301-317   1998年8月
井ノ口馨
蛋白質核酸酵素   43(10) 1355-1364   1998年8月
[Synaptic plasticity regulates alternative 3'-end processing that modulates the production of alternatively spliced RNA]
Niibori Y, Hayashi F, Inokuchi K
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   78 931-938   2006年10月   [査読有り]
Aiba A, Inokuchi K, Ishida Y, Itohara S, Kobayashi K, Masu M, Mishina M, Miyakawa T, Mori H, Nakao K, Obata Y, Sakimura K, Shiroishi T, Wada K, Yagi T
Neuroscience research   58 103-104   2007年6月   [査読有り]
井ノ口馨
高分子   45(1) 25-28   1996年1月
菱沼文男, 井ノ口馨, 徳永正雄, 酒井明
日本農藝化學會誌   62(3)    1988年3月
井ノ口馨, 水野猛
化学と生物   23(3) 181-186   1985年3月

書籍等出版物

 
井ノ口 馨
KADOKAWA   2015年   ISBN:9784047035607
井ノ口 馨
岩波書店   2013年   ISBN:9784000296083
井ノ口馨
学研メディカル秀潤社   2011年4月   ISBN:4780901189
岡本 仁, 坂井 克之, 石浦 章一, 井ノ口 馨
岩波書店   2009年11月   ISBN:4000069640

競争的資金等の研究課題

 
記憶アップデートの分子・細胞メカニズム
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2011年6月       代表者: 井ノ口 馨
恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSDの根本的予防法・治療法の創出
科学技術振興機構(JST): 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2007年10月 - 2013年3月    代表者: 井ノ口 馨
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
アクチビンの機能改変動物を作成しその行動解析を行うことで,アクチビンが記憶の形成や保持に果たす役割を調べた。学習課題として文脈依存的恐怖条件付けを用いて,脳のアクチビン機能が恐怖記憶の固定化に必要であることを明らかにした。さらに,恐怖記憶の再固定化・消去過程における前脳のアクチビン機能を検討した。Tet-OFF systemを利用して,アクチビン阻害タンパク質ラォリスタチン(fol)の発現を前脳特異的にDOX で ON/OFF 制御できるtransgenic miceを作成した。Fol/O...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年
記憶の保持や長期増強(LTP)などのシナプス可塑性の長期的持続には、ニューロンにおける遺伝情報の発現が必要である。さらに、記憶が固定化される際には、シナプス形態の変化による新しい回路網の形成が惹起され、安定した情報として回路網に蓄えられる可能性が示唆されている。我々が単離した海馬LTPに伴い発現が誘導されるLTP応答遺伝子のうちの一つがコードするアクチビンは、TGF-betaファミリーに属するリガンド蛋白質で分化誘導因子としての機能が知られていた。我々は、アクチビンが海馬LTPの後期相(L...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2001年 - 2001年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2001年 - 2001年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2000年
vesl-1S遺伝子は海馬の長期持続型LTP(L-LTP)に伴い発現が誘導される。遺伝子産物であるVesl-1Sタンパク質はmGluR1/5やIP3受容体と相互作用する足場タンパク質であり、これら受容体のシナプス部位での機能的な配置を調節していると考えられている。
まずVesl-1Sを特異的に認識する抗体を作成し、シナプス可塑性に伴うVesl-1Sタンパク質の細胞内局在を調べた。海馬歯状回の1つの顆粒細胞はentorhinal cortexからmedial-(MPP)とlateral-(...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2000年 - 2000年
vesl-1S遺伝子は海馬の長期持続型LTP(L-LTP)に伴い発現が誘導される。遺伝子産物であるVesl-1Sタンパク質はmGluR1/5やIP3受容体と相互作用する足場タンパク質であり、これら受容体のシナプス部位での機能的な配置を調節していると考えられている。
Vesl-1Sを特異的に認識する抗体を作成し、シナプス可塑性に伴うVesl-1Sタンパク質の細胞内局在を調べた。海馬歯状回の1つの顆粒細胞はentorhinal cortexからmedial-(MPP)とlateral-(LP...