加藤弘之

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/12 15:46
 
アバター
研究者氏名
加藤弘之
eメール
katonii.ac.jp
URL
http://research.nii.ac.jp/~kato/
所属
国立情報学研究所
部署
コンテンツ科学研究系
職名
助教

研究分野

 
 

論文

 
Context-preserving XQuery Fusion
加藤弘之,日高宗一郎,胡振江,中野圭介,石原靖哲
Mathematical Structures in Computer Science   25(04) 916-941   2015年5月   [査読有り]
Optimization for iterative queries on MapReduce
鬼塚真、加藤弘之、日高宗一郎、中野圭介、胡振江
40th International Conference on Very Large Data Base (VLDB 2014), Hanzhou, China September 1-5, 2014. PVLDB   7(4) 241-252   2014年9月   [査読有り]
A Parameterized Graph Transformation Calculus for Finite Graphs with Monadic Branches
浅田和之、日高宗一郎、加藤弘之、胡振江、中野圭介
15th International Symposium on Principles and Practice of Declarative Programming (PPDP 2013)   73-84   2013年9月   [査読有り]
Structural Recursion for Querying Ordered Graphs
日高宗一郎、浅田和之、胡振江、加藤弘之、中野圭介
18th ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming (ICFP 2013)   305-318   2013年9月   [査読有り]
Structural Recursion for Querying Ordered Graphs
Soichiro Hidaka, Kazuyuki Asada, Zhenjiang Hu, Hiroyuki Kato, Keisuke Nakano:
第15回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL 2013), カテゴリ1      2013年3月   [査読有り]

Misc

 
高談闊論:双方向変換の原理と実践(解説論文)
加藤弘之 胡振江 日高宗一郎 松田一孝
日本ソフトウェア科学会論文誌コンピュータソフトウェア   31(2) 44-56   2014年5月   [査読有り]
Marker-directed Optimization of UnCAL Graph Transformations (revised version)
Soichiro Hidaka, Zhenjiang Hu, Kazuhiro Inaba, Hiroyuki Kato, Kazutaka Matsuda, Keisuke Nakano and Isao Sasano
GRACE Technical Report (GRACE-TR-2011-06)      2011年11月
blinkit: Maintaining Invariant Traceability through Bidirectional Transformations - A Technical Report
Yijun Yu, Yu Lin, Zhenjiang Hu, Soichiro Hidaka, Hiroyuki Kato, and Lionel Montrieux
Technical Reports at the Centre for Research in Computing, Faculty of Mathematics, Computing and Technology, The Open University   2011(9)    2011年9月
GRoundTram: An Integrated Framework for Developing Well-Behaved Bidirectional Model Transformations
Soichiro Hidaka, Zhenjiang Hu, Kazuhiro Inaba, Hiroyuki Kato, Keisuke Nakano
GRACE Technical Report (GRACE-TR-2011-05)      2011年8月
Marker-directed Optimization of UnCAL Graph Transformations
Soichiro Hidaka, Zhenjiang Hu, Kazuhiro Inaba, Hiroyuki Kato, Kazutaka Matsuda, Keisuke Nakano and Isao Sasano
GRACE Technical Report (GRACE-TR-2011-02)      2011年6月

書籍等出版物

 
トピックマップ入門
加藤弘之,桐山孝司,小町祐史,瀬戸川教彦,中林啓司,吉田光男
東京電機大学出版局   2006年12月   ISBN:4-501-54210-1
Advances in Databases and Multimedia for the New Century (Advanced Database Research and Development Series Vol.10)
未入力
World Scientific Publishing   2000年4月   ISBN:981-02-4310-3
Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environments 1998 (Advanced Database Research and Development Series Vol.9)
未入力
World Scientific   1998年1月   

講演・口頭発表等

 
ノードの並べ替え処理と重複削除処理の回避によるXQuery最適化
石原靖哲,加藤弘之,Torsten Grust
電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会   2016年3月10日   
制限されたDTDクラスのもとでのXQuery式の型推論
杉村憲司,石原靖哲,加藤弘之,藤原融
電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会   2016年3月10日   
A Parameterized Graph Transformation Calculus for Finite Graphs with Monadic Branches
浅田和之、日高宗一郎、加藤弘之、胡振江、中野圭介
日本ソフトウェア科学会第30回大会、東京大学本郷キャンパス   2013年9月   
An Experimental Implementation of Self-adjusting Bidirectional Transformations
Vo Huu-Phuc、加藤弘之、日高宗一郎、胡振江
日本ソフトウェア科学会第30回大会、東京大学本郷キャンパス   2013年9月   
Query Reformulation in XML Data Integration Systems
加藤弘之
Asian Workshop on Advanced Software Engineering   2013年7月21日   

担当経験のある科目

 
 
  • XML Databases (Department of Informatics, School of Multidisciplinary Sciences, The Graduate University for Advanced Studies)

Works

 
Soichiro Hidaka, Zhenjiang Hu, Kazuhiro Inaba Hiroyuki Kato, Kazutaka Matsuda, Keisuke Nakano   コンピュータソフト   2011年3月
Kato mainly contributed to desugaring from UnQL+ to UnCAL expressions.
Hiroyuki Kato, Soichiro Hidaka   コンピュータソフト   2010年6月

競争的資金等の研究課題

 
データ相互運用問題解決のためのスキーママッピングを用いたXQueryの書換え手法
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 加藤弘之
グラフ構造を対象としたデータ統合問題解決のための文脈を保存する融合変換の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 加藤弘之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年
カジュアルな問合せの変換後の問合せとしてXQueryを選択し、その最適化手法として今年度行った研究やその結果生じた成果は次の通りである。
1.XQueryの中で我々の最適化手法が適用可能な箇所を形式的に特定するCore XQuery(CXQuery)を再帰的に定義
2.CXQueryのコストモデルをXQueryの形式的意味に基づき定義
3.経路式中の冗長なエレメントコンストラクタの削減による最適化手法「経路式の畳み込み」を帰納原理として定義。これは、従来の、コンストラクタにコピーを要請しな...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年
拡張可能データベースシステムの拡張データ型としてXMLデータを扱う型に着目し、問合せの書き換えによる最適化機構について研究を行なった。まずXMLデータを従来の関係データやオブジェクト指向データベースで用いられてきた述語論理に基づいてモデル化した。ここでXMLデータのエレメント名が述語名として内容データがその定義域として自然にモデル化される。XMLデータに関する問合せ言語はW3Cでその標準化が進められており、その問合せ記述能力としてエレメント名に対する問合せが要求されている。これは上記のモデ...

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
情報処理学会会誌編集委員会  FWG委員