河野広朗

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/20 22:08
 
アバター
研究者氏名
河野広朗
 
カワノ ヒロアキ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/60409133
所属
株式会社エイジェック
部署
R&D group
職名
研究員
学位
工学博士(東洋大学)
科研費研究者番号
60409133

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2016年3月
大阪薬科大学 戦略的研究基盤形成事業 研究員
 
2012年3月
 - 
2009年7月
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 助教
 
2006年11月
 - 
2009年6月
協和発酵キリン株式会社 フロンティア研究所 研究員
 
2005年4月
 - 
2006年10月
日本大学歯学部 解剖学教室第1講座 日本大学助手
 
2002年4月
 - 
2005年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 極限環境生物圏研究センター 研究推進スタッフ
 

受賞

 
2004年12月
極限微生物学会 第5回極限微生物学会年会ポスター賞 好圧性細菌Shewanella violacea DSS12株におけるRNAポリメラーゼの諸性質の解析及び新規シグマ因子の同定
 
2003年12月
極限微生物学会 第4回極限微生物学会年会ポスター賞 好圧性細菌Shewanella violacea DSS12株におけるRNAポリメラーゼの高圧下での安定性について
 

論文

 
Kawano H, Miyamoto K, Negoro M, Zushi E, Tsuchiya T, Tanabe T, Funahashi T, Tsujibo H
Biometals : an international journal on the role of metal ions in biology, biochemistry, and medicine      2017年2月   [査読有り]
Miyano N, Igarashi T, Kawano H, Miyamoto K, Tsuchiya T, Tomoo K, Tsujibo H
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications   71(Pt 8) 1078-1082   2015年8月   [査読有り]
The RND protein is involved in the vulnibactin export system in Vibrio vulnificus M2799.
Kawano H, Miyamoto K, Yasunobe M, Murata M, Myojin T, Tsuchiya T, Tanabe T, Funahashi T, Sato T, Azuma T, Mino Y, Tsujibo H.
Microb Pathog   75 59-67   2014年   [査読有り]
Role of periplasmic binding proteins, FatB and VatD, in the vulnibactin utilization system of Vibrio vulnificus M2799
Kawano H, Miyamoto K, Sakaguchi I, Myojin T, Moriwaki M, Tsuchiya T, Tanabe T, Yamamoto S, Tsujibo H.
Microb Pathog   65 73-81   2013年   [査読有り]
Genetic manipulations restored the growth fitness of reduced-genome Escherichia coli.
Hirokawa Y, Kawano H, Tanaka-Masuda K, Nakamura N, Nakagawa A, Ito M, Mori H, Oshima T, Ogasawara N.
J Biosci Bioeng   116 52-58   2013年   [査読有り]

Misc

 
連載私達の研究(88)「抗インフルエンザ薬の開発」
河野広朗、春山貴弘、小林信之
化学療法の領域   26(7) 137-147   2010年
Proteins, under high-pressure environments discoveries of deep-sea piezophiles, and their pressure adapted enzymes-.
Kato C, Sato T, Ishii A, Kawano H, Abe F, Ohmae E and Nakasone K.
The proceedings of International Symposium on Extremophiles and Their Applications 2005   148-155   2007年
仲宗根 薫, 河野 広朗, 加藤 千明
近畿大学工業技術研究所研究報告書   5 1-4   2005年
The effect of hydrostatic pressure on activity of RNA polymerase from piezophilic Shewanella violacea.
Kawano H, Nakasone K, Kato C, Usami R and Horikoshi K.
JAMSTECR   47 9-14   2003年

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 河野広朗
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 河野広朗