浅川 和秀

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/09 10:23
 
アバター
研究者氏名
浅川 和秀
 
アサカワ カズヒデ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30515664
所属
国立遺伝学研究所
部署
初期発生研究部門
職名
助教
学位
博士(理学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学(総研大)

プロフィール

身体の動きを生み出す神経回路の構造や、動的メカニズムを細胞・分子レベルで明らかにするために日々奮闘しています。研究戦略としては、多様な行動・運動パターンを示し、透明度の高い脳神経組織をもっているゼブラフィッシュを研究素材に用います。神経回路の構造と機能に迫るために独自に開発した遺伝学的手法を主に用いて、行動パターンや、身体の動き方を規定する脳脊髄神経回路の基本的な細胞・遺伝子構造や、個体内、あるいは個体間での動きの多様性を生み出す動的性質に迫りたいと思います。また、運動系には特異的なニューロンや筋細胞が機能しなくなる疾患が数多く知られています。運動器疾患、特に運動ニューロン病に着目し、疾患メカニズムの解明に取り組み、治癒への貢献を目指します。

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
現在
国立遺伝学研究所 助教
 
2006年
 - 
2009年
国立遺伝学研究所 JSPSリサーチフェロー(PD)
 
2004年
 - 
2006年
国立遺伝学研究所 プロジェクト研究員
 
2002年
 - 
2004年
Cancer Research UK リサーチフェロー
 

学歴

 
1997年
 - 
2002年
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学
 
1993年
 - 
1997年
京都大学 理学部 生物系
 

委員歴

 
2016年
 - 
2016年
日本遺伝学会  年会プログラム委員
 
2015年
 - 
2015年
日本糖質学会  年会プログラム委員
 
2014年
 - 
2014年
日本発生生物学会  年会プログラム委員
 

受賞

 
2007年
Best Poster at 5th European Zebrafish Genetics and Development Meeting
受賞者: Asakawa, K.,Mizusawa, K.,Nagayoshi, S.,Kotani, T.,Urasaki, A.,Kishimoto, Y.,Hibi, M.,Kawakami, K.
 

論文

 
Ohki Y, Wenninger-Weinzierl A, Hruscha A, Asakawa K, Kawakami K, Haass C, Edbauer D, Schmid B
Molecular neurodegeneration   12(1) 6   2017年1月   [査読有り]
Kamezaki A, Sato F, Aoki K, Asakawa K, Kawakami K, Matsuzaki F, Sehara-Fujisawa A
Scientific reports   6 28873   2016年7月   [査読有り]
Kawakami K, Asakawa K, Hibi M, Itoh M, Muto A, Wada H
Advances in genetics   95 65-87   2016年   [査読有り]
Kawakami K, Asakawa K, Muto A, Wada H
Methods in cell biology   135 19-37   2016年   [査読有り]
Ogino K, Low SE, Yamada K, Saint-Amant L, Zhou W, Muto A, Asakawa K, Nakai J, Kawakami K, Kuwada JY, Hirata H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112 2859-2864   2015年3月   [査読有り]
Takeuchi M, Matsuda K, Yamaguchi S, Asakawa K, Miyasaka N, Lal P, Yoshihara Y, Koga A, Kawakami K, Shimizu T, Hibi M
Developmental biology      2014年10月   [査読有り]
Kwon HB, Fukuhara S, Asakawa K, Ando K, Kashiwada T, Kawakami K, Hibi M, Kwon YG, Kim KW, Alitalo K, Mochizuki N
Development (Cambridge, England)   140 4081-4090   2013年10月   [査読有り]
Wada H, Ghysen A, Asakawa K, Abe G, Ishitani T, Kawakami K
Current biology : CB   23(16) 1559-1565   2013年7月   [査読有り]
Kishimoto N, Asakawa K, Madelaine R, Blader P, Kawakami K, Sawamoto K
Nature neuroscience   16(7) 884-888   2013年5月   [査読有り]
Yamanaka I, Miki M, Asakawa K, Kawakami K, Oda Y, Hirata H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms      2013年1月   [査読有り]
Asakawa K, Abe G, Kawakami K
Frontiers in neural circuits   7 100   2013年   [査読有り]
Fukui H, Shiba D, Asakawa K, Kawakami K, Yokoyama T
FEBS letters   586(16) 2273-2279   2012年6月   [査読有り]
Pujol-Martí J, Zecca A, Baudoin JP, Faucherre A, Asakawa K, Kawakami K, López-Schier H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32(9) 2976-2987   2012年2月   [査読有り]
Hirata H, Wen H, Kawakami Y, Naganawa Y, Ogino K, Yamada K, Saint-Amant L, Low SE, Cui WW, Zhou W, Sprague SM, Asakawa K, Muto A, Kawakami K, Kuwada JY
The Journal of biological chemistry   287(2) 1080-1089   2012年1月   [査読有り]
Asakawa K, Higashijima SI, Kawakami K
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   241(2) 327-332   2012年1月   [査読有り]
Kishimoto N, Alfaro-Cervello C, Shimizu K, Asakawa K, Urasaki A, Nonaka S, Kawakami K, Garcia-Verdugo JM, Sawamoto K
The Journal of comparative neurology   519(17) 3549   2011年12月   [査読有り]
Asakawa K, Kawakami K
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   239(10) 2695-2699   2010年10月   [査読有り]
Kawakami K, Abe G, Asada T, Asakawa K, Fukuda R, Ito A, Lal P, Mouri N, Muto A, Suster ML, Takakubo H, Urasaki A, Wada H, Yoshida M
BMC developmental biology   10 105   2010年10月   [査読有り]
Rodríguez-Marí A, Cañestro C, Bremiller RA, Nguyen-Johnson A, Asakawa K, Kawakami K, Postlethwait JH
PLoS genetics   6 e1001034   2010年7月   [査読有り]
Asakawa K, Kawakami K
Methods (San Diego, Calif.)   49(3) 275-281   2009年11月   [査読有り]
Koide T, Miyasaka N, Morimoto K, Asakawa K, Urasaki A, Kawakami K, Yoshihara Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(24) 9884-9889   2009年6月   [査読有り]
Esaki M, Hoshijima K, Nakamura N, Munakata K, Tanaka M, Ookata K, Asakawa K, Kawakami K, Wang W, Weinberg ES, Hirose S
Developmental biology   329(1) 116-129   2009年5月   [査読有り]
Suster ML, Kania A, Liao M, Asakawa K, Charron F, Kawakami K, Drapeau P
Developmental biology   325(2) 422-433   2009年1月   [査読有り]
Suster ML, Kikuta H, Urasaki A, Asakawa K, Kawakami K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   561 41-63   2009年   [査読有り]
Urasaki A, Asakawa K, Kawakami K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(50) 19827-19832   2008年12月   [査読有り]
Asakawa K, Kawakami K
Development, growth & differentiation   50 391-399   2008年8月   [査読有り]
Nagayoshi S, Hayashi E, Abe G, Osato N, Asakawa K, Urasaki A, Horikawa K, Ikeo K, Takeda H, Kawakami K
Development (Cambridge, England)   135(1) 159-169   2008年1月   [査読有り]
Asakawa K, Suster ML, Mizusawa K, Nagayoshi S, Kotani T, Urasaki A, Kishimoto Y, Hibi M, Kawakami K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(4) 1255-1260   2008年1月   [査読有り]
Toya M, Sato M, Haselmann U, Asakawa K, Brunner D, Antony C, Toda T
Nature cell biology   9(6) 646-653   2007年6月   [査読有り]
Scott EK, Mason L, Arrenberg AB, Ziv L, Gosse NJ, Xiao T, Chi NC, Asakawa K, Kawakami K, Baier H
Nature methods   4(4) 323-326   2007年4月   [査読有り]
Matsuo Y, Asakawa K, Toda T, Katayama S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70(8) 1992-1994   2006年8月   [査読有り]
Asakawa K, Kume K, Kanai M, Goshima T, Miyahara K, Dhut S, Tee WW, Hirata D, Toda T
Molecular biology of the cell   17(3) 1421-1435   2006年3月   [査読有り]
Cooperation of EB1-Mal3 and the Bub1 spindle checkpoint.
Asakawa K, Toda T
Cell cycle (Georgetown, Tex.)   5 27-30   2006年1月   [査読有り]
Asakawa K, Toya M, Sato M, Kanai M, Kume K, Goshima T, Garcia MA, Hirata D, Toda T
EMBO reports   6 1194-1200   2005年12月   [査読有り]
Wang SW, Asakawa K, Win TZ, Toda T, Norbury CJ
Molecular and cellular biology   25(6) 2288-2296   2005年3月   [査読有り]
A defect of Kap104 alleviates the requirement of mitotic exit network gene functions in Saccharomyces cerevisiae.
Asakawa K, Toh-e A
Genetics   162 1545-1556   2002年12月   [査読有り]
Mitotic exit network controls the localization of Cdc14 to the spindle pole body in Saccharomyces cerevisiae.
Yoshida S, Asakawa K, Toh-e A
Current biology : CB   12 944-950   2002年6月   [査読有り]
A novel functional domain of Cdc15 kinase is required for its interaction with Tem1 GTPase in Saccharomyces cerevisiae
Asakawa K, Yoshida S, Otake F and Toh-e A
Genetics   157 1437-1450   2001年   [査読有り]

Misc

 
浦崎 明宏, 浅川 和秀, 川上 浩一
細胞工学   28(6) 586-591   2009年6月
浅川 和秀, 川上 浩一
バイオテクノロジージャーナル   7(5) 603-606   2007年9月
浅川 和秀, 吉田 知史, 東江 昭夫
細胞工学   19(4) 556-563   2000年4月
Gene trapping
Kazuhide Asakawa
Brenner's Encyclopedia of Genetics, 2nd edn   

講演・口頭発表等

 
PI3 kinase activation alleviates TDP-43-induced axonopathy in the spinal motor neuron in a zebrafish ALS model
浅川 和秀
27th International Symposium on ALS/MND   2016年12月7日   
PI3K activation alleviates TDP-43-induced axonopathy in a zebrafish ALS model
浅川 和秀
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
PI3K activation alleviates TDP-43-induced axonopathy in a zebrafish ALS model
浅川 和秀
4th RNA Metabolism in Neurological Disease   2016年11月10日   
Loss of VIPL/LMAN2L lectin function results in an epileptic seizure-like phenotype in zebrafish
浅川 和秀
第35回日本糖質学会年会   2016年9月1日   
PI3K activation alleviates TDP-43-induced axonopathy in a zebrafish ALS model
浅川 和秀
The 22nd Japanese Medaka and Zebrafish Meeting   2016年8月20日   
PI3キナーゼ経路の活性化はTDP-43によって誘導される脊髄運動ニューロンの機能障害を緩和する
浅川 和秀
第39回日本神経科学大会   2016年7月20日   
脳機能の発達におけるVIPLレクチンの役割 [招待有り]
浅川 和秀
野口研究所セミナー   2016年2月25日   
Dysregulated activity levels in distinct hindbrain areas caused by the VIPL/LMAN2L lectin mutation in zebrafish
浅川 和秀
第38回日本分子生物学会年会   2015年12月1日   
Modeling disease pathways of neurological disorders using zebrafish [招待有り]
浅川 和秀
NIG研究会「ゼブラフィッシュ研究の新展開」   2015年11月24日   
Hypo- and hyper-activation of the distinct hindbrain areas caused by the zebrafish vipla/lman2la mutation [招待有り]
浅川 和秀
第34回日本糖質学会   2015年8月2日   

競争的資金等の研究課題

 
小型魚類ALSモデルを用いたTDP-43毒性の理解と制御
文部科学省: 科研費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 浅川 和秀
PI3K activation alleviates TDP-43-induced axonopathy in a zebrafish ALS model
公益財団法人 日本科学協会: 平成28年度海外発表促進助成金
研究期間: 2016年11月       代表者: 浅川 和秀
TDP-43の発現増量による運動ニューロン変性のメカニズムの理解
公益信託「生命の彩」ALS研究助成基金: 助成金
研究期間: 2014年9月 - 2016年8月    代表者: 浅川和秀
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 浅川 和秀
筋萎縮性側索硬化症(ALS)に準えた疾患モデルゼブラフィッシュの樹立と解析
第一三共生命科学研究振興財団: 第30回研究助成
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 浅川和秀
ロコモーションの発達に必要な糖タンパク質輸送システムの解明
住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2012年11月 - 2014年5月    代表者: 浅川和秀
ロコモーションに必要な糖タンパク質輸送系の解明
ノバルティス科学振興財団: ノバルティス研究奨励金
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 浅川和秀
サプレッサー変異スクリーニングに応用可能な脊椎動物ALSモデルの構築
公益財団法人 武田科学振興財団: 2013 年度 医学系研究奨励
研究期間: 2013年       代表者: 浅川和秀
調和した体幹の動きを生み出す脳幹神経回路の遺伝学的解析
三菱財団: 自然科学研究助成
研究期間: 2011年10月 - 2012年9月    代表者: 浅川和秀
調和のとれた体幹運動に必要な脳幹における糖タンパク質輸送システムの解明
総研大学融合推進センター: 若手研究者研究支援事業
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 浅川和秀
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 浅川和秀
皮膚感覚に基づいた反射運動の発達における糖タンパク質輸送系の役割の解明
総研大学融合推進センター: 若手研究者研究支援事業
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 浅川和秀
後脳を介した感覚運動制御系の構築メカニズムの解明
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 浅川和秀
皮膚への触覚刺激によって反射運動が起こるしくみ
花王芸術・科学財団: 科学技術研究助成
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 浅川和秀
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 浅川和秀
ゼブラフィッシュGal4エンハンサートラップ法の開発とその器官形成研究への応用
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 浅川和秀
ゼブラフィッシュを用いた脊椎動物の器官形成を制御する遺伝子機能ネットワークについての解析
日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 浅川和秀

社会貢献活動

 
日本発生生物学会 秋季シンポジウム2016
【編集, 企画, 運営参加・支援】  日本発生生物学会  2016年10月19日 - 2016年10月21日
高校生サイエンスツアー
【講師, 実演】  国立遺伝学研究所  2016年7月27日
科学プレゼンテーショントレーニングコース
【助言・指導】  国立遺伝学研究所  2014年11月18日 - 2014年11月20日
遺伝研見学会
【講師, 実演】  国立遺伝学研究所  2014年10月31日
第17回日本小型魚類研究会
【編集, 企画, 運営参加・支援, その他】  浅川和秀、新屋みのり、平田普三、酒井則良、川上浩一  17th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting  (三島)  2011年9月8日
NIG training course for zebrafish imaging and transgenesis
【講師】  National Institute of Genetics  2015年7月29日 - 2015年8月8日
ゲノムひろば2009
【実演】  文部科学省科学研究費特定領域ゲノム4領域  2009年8月1日 - 2009年8月2日