池中 一裕

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/23 19:48
 
アバター
研究者氏名
池中 一裕
所属
生理学研究所
部署
分子生理研究系・分子神経生理
職名
教授

研究分野

 

経歴

 
2006年
   
 
大学共同利用機関法人自然科学研究機構・生理学研究所 教授
 
2006年
   
 
久留米大学・大学共同利用機関法人自然科学研究機構(共通施設)・生理学研究所 教授
 
2004年
 - 
2009年
生理学研究所 教授
 
2004年
 - 
2007年
生理学研究所 分子生理研究系 教授
 
2004年
 - 
2007年
大学共同利用機関法人自然科学研究機構(共通施設)・生理学研究所 教授
 

論文

 
Murakami S, Ohki-Hamazaki H, Watanabe K, Ikenaka K, Ono K
The Journal of comparative neurology   518(11) 2019-2034   2010年6月   [査読有り]
Shimono C, Manabe R, Yamada T, Fukuda S, Kawai J, Furutani Y, Tsutsui K, Ikenaka K, Hayashizaki Y, Sekiguchi K
Journal of biochemistry   147(4) 565-579   2010年4月   [査読有り]
Tanaka KF, Ahmari SE, Leonardo ED, Richardson-Jones JW, Budreck EC, Scheiffele P, Sugio S, Inamura N, Ikenaka K, Hen R
Biological psychiatry   67(8) 770-773   2010年4月   [査読有り]
Piao H, Minohara M, Kawamura N, Li W, Mizunoe Y, Umehara F, Goto Y, Kusunoki S, Matsushita T, Ikenaka K, Maejima T, Nabekura J, Yamasaki R, Kira J
Journal of the neurological sciences   288(1-2) 54-62   2010年1月   [査読有り]
Tanaka H, Ma J, Tanaka KF, Takao K, Komada M, Tanda K, Suzuki A, Ishibashi T, Baba H, Isa T, Shigemoto R, Ono K, Miyakawa T, Ikenaka K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 8363-8371   2009年7月   [査読有り]

Misc

 
後藤仁志, 池中一裕
蛋白質核酸酵素   53(4) 400-405   2008年3月
池中一裕
神経化学   46(4) 844-845   2007年12月
田中謙二, 李海雄, 池中一裕
Brain and nerve   59(7) 747-753   2007年7月
池中一裕, 成瀬雅衣
生体の科学   57(3) 158-161   2006年5月
中北愼一, 長束俊治, 池中一裕, 長谷純宏
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   48(1) 1-4   2004年3月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年
glial cells missing(gcm)遺伝子はDrosophilaにおいてグリアと神経細胞間の運命決定を担う。哺乳類からは2種類のgcmホモログ(gcm1,gcm2)が単離されているが、中枢神経系における発現レベルが低く、その機能は不明な点が多い。研究代表者は、gcm1/2ダブルノックアウトマウスを詳細に解析することにより、gcm1/2遺伝子のグリア細胞さらには神経幹細胞の発生における役割の解明を目指した。gcm1/2ダブルノックアウトマウスは胎生8.5日までに致死となるため、通...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2009年
我々は悪性脳腫瘍組織および細胞におけるN結合型糖鎖を自動化,簡易化されたHPLCシステムを用いてN結合型糖蛋白質糖鎖の網羅的解析を行い,biantennary bigalactosylated structure with one outer arm fucosylation(Gal β1,4-GlcNAc β1,2-Man α1,3-)(Gal β1,4-GlcNAc β1,2-Man α1,6-)Man β1,4-GlcNAc β1,4-(Fuc α1,6-)GlcNAc,以下A_2G...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年
本研究において我々は、主にノイラミニダーゼ消化物あるいはα2,3-sialidase消化物をMonoQカラムで分取後、それぞれの分画に対して2D-HPLC解析(3D-HPLC)を行った。これらの解析結果を比較すると、酵素によって消化され中性糖鎖画分に移行したα2,3結合のシアル酸を有するN結合型糖鎖を同定することができ、そのほとんどがtype2型のN結合型糖鎖である事がわかった。次にα2,3-sialidase消化で切断されなかった糖鎖をMonoQカラムにて分画し、2D-HPLC糖鎖解析を...